オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

25件目 「Grounds」

cheers

24/01/13




 アレキサンドリアの倉庫が大変身!


いまカフェ業界で話題の「Grounds」







今年4月にオープンして間もなく、もっぱらの評判になっているアレキサンドリアの「グラウンズ」。週末ともなると長蛇の列ができ1時間待ちはザラというほどの盛況ぶりだ。もともと倉庫とパイ工場だった広い敷地は、インダストリアルな雰囲気を残しながらラスティックなカフェ空間に生まれ変わった。店内には工場さながらの大型コーヒー焙煎マシーンが並び、すべてグラウンズオリジナルのテイストに仕上げていく。入ってすぐのカウンターに並ぶパンや焼き菓子もすべて自家製。「いつでも最高のコーヒーと食事を提供していきたい」と語るのはオーナーのジャックさん。店の外にはグラウンズガーデンとして、料理に使うハーブや花が栽培され、片隅では鶏も飼われている。店産店消の、まるで〝小さな都会の農園〟とでもいえる、今までのカフェにない自由な発想で、できる限りのものをここで作り上げていく。近いうちにアルコールも用意し、夜の営業も始めるというから、こちらも楽しみだ。









1 香ばしく上品な苦味があるPiccolo latte($3.50)。

2 オーナーのジャックさん(右)は07年ワールドラテアートのチャンピオンに輝いた経歴をもつ。









3自家製ハーブとレモンが香る、さっぱりしたシンプルな味付けのConfit Ocean Trout with Pearl Barley($16)。 4 たっぷりのアスパラガスやトマトに半熟玉子がとろりとマッチする。Rolled Egg with Crispy Quinoa($16) 5 バンズが抜群においしく、ピクルスとマスタードが利いた大人のバーガー。The Grounds Burger($18)

 



    User comments
    Comment1    ※10文字以下
    Comment4    ※8文字以下
    Comment2    ※30文字以下
    ・コメントは全角で500文字まで。
    ・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
    ・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。

    関連記事

    25件目 「Grounds」

    24/01/2013

    cheers

    アレキサンドリアの倉庫が大変身! いまカフェ業界で話題の「Grounds」 今年4月にオープンして間もなく、...

    食べる・飲む
    Banner3
    Side girl 20200116
    Side 2

    FOLLOW US

    SNSで最新情報をゲット!

    NEWSLETTER

    メールで最新情報をゲット!

    メールを登録する

    COUPON

    オトクなクーポンをゲット!

    全てのクーポンを表示