オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

44杯目 梅酒をオージーに飲ませると…!?

ソムリエK隊員

27/05/13




 44杯目 梅酒をオージーに飲ませると…!?


 








昨年に引き続き、NSW州はMudgee地方のワイナリー:LOWE Winesにて、刺身&寿司と日本酒のマッチング・ディナーのケータリングに行って来ましたが、そのときに和歌山県産の梅酒をローカルの方々にテイスティングさせる機会がありましたので、その模様を。


 


LOWE WinesNinja @ Tinjaディナー・イベントは今年で2回目。今回も車で片道3時間半をかけ、提供する食材などを積んでブルー・マウンテンの山道を越えて行ってきました。


今年はキングフィッシュ・カルパッチョとサーモン炙り寿司に合わせる日本酒に、富山県は満寿泉の純米吟醸酒を用意してもらいました。ただ今回は昨年の約半数の60名の参加者だったので、4号瓶(720ml)がたったの6本しか用意されておらず、ほんの一口ずつしか皆様にテイスティングしていただけなかったのは残念でした。カルパッチョと合わせていただいただけで、寿司が出てくるころには何も飲む物がなくなっていましたし…。


 


そんな中、今回は和歌山県の中野BC社の梅酒各種をテイスティングしてもらう機会も作ったのですが、その反応が面白かったですね。


中野BCは梅酒業界最大手で、南高梅という最高級の梅の実を使った、非常に味わい深い梅酒を造ることで知られています。今年10月中旬に、その他の和歌県の企業や県庁の方々と共にシドニーに1週間ほど滞在され、鱒屋やとりいちレストランで中野BCの梅酒や日本酒の試飲調査も行うなど、弊店とも関係も深いことから実現した企画ではあります。その南高梅を使った中野梅酒と緑茶、ハニー、柚子、紫蘇といったフレーバーの入った梅酒も並べて、即席試飲会をやってみました。各種フレーバーの梅酒も好評でしたが、紫蘇などは「この綺麗な赤色は何だ?」と聞かれて、ジャパニーズ・バジルとかレッド・ホース・ラディシュとか答えたのですが、今ひとつ味わいが伝わってなかったような感じかなと。で、一番ウケていたのが南高梅の中野梅酒でして、あっと言う間に飲み干されてしまいました。ココナッツやカシューナッツ、またバター・スコッチの香りがすると言ったオージーも何人かいて、梅酒に慣れ親しんだ日本人にはない感想だな~と、興味深かったですね。何にせよ、高級なデザート・ワインに匹敵する品質であることは、今回このイベントに多く参加したワイン関係業者が、一番高く評価されたことでも判りますね。ということで、今月の一本はこれで決まり!




    User comments
    Comment1    ※10文字以下
    Comment4    ※8文字以下
    Comment2    ※30文字以下
    ・コメントは全角で500文字まで。
    ・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
    ・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。

    関連記事

    52杯目 生々試飲会!? (やっぱりお米が大事!)

    19/08/2013

    ソムリエK隊員

    52杯目 生々試飲会!? (やっぱりお米が大事!) ...

    ワイン・お酒

    51杯目 新潟酒事情(魚沼編)

    26/06/2013

    ソムリエK隊員

    51杯目 新潟酒事情(魚沼編) 東北から新潟へ、3月でも雪深い南魚沼の酒蔵をふたつご紹介。...

    ワイン・お酒
    Banner3
    Side 2

    FOLLOW US

    SNSで最新情報をゲット!

    NEWSLETTER

    メールで最新情報をゲット!

    メールを登録する