オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
今一番安くワーキングホリデーで行く方法

木曜は、ロック曜日

バーシー

09/10/08


NEW YORK PUNK  

VARIOUS ARTISTS  PARTⅠ



ニューヨーク・パンクシーンに属していたと言われるバンドたち。それらのバンドはあまりにもバラバラ、しかしそれでいてとても魅力的であった。



そんなめくるめくニューヨーク・パンクの世界をオムニバス形式で二週にわたりご紹介いたします。







RICHARD HELL





このひとをオムニバス形式で紹介するのはなんというかあまりにも、もったいないことではある。ニューヨークパンクシーンを代表するといってもいい存在。そして超名曲ブランク・ジェネレーションはニューヨーク・パンクを象徴する曲といってもよい。ちなみにツンツンヘアー、破れた服ファッションはロンドン勢より先にリチャード・ヘルがやっていたと言われ、そういった部分でも元祖として評価されることが多い。超重要人物!

Blank generation





PATTI SMITH





70sパンクシーンでは女性もすごかった。パティ・スミスは素晴らしい詩人であり、またニューヨークパンクの女王とも呼ばれた。このひともまた最重要人物の一人である。芸術的闘争の色合いが強かったニューヨークパンクを代表するひととも言える。くどいようだが、パティ・スミスとラモーンズが同じジャンルにいたニューヨークパンクっていったい?・・・

Horses :http://jp.youtube.com/watch?v=HPvR7wNwRAo





SUICIDE





最高に美しくて、最高に狂っていたスーサイド。説明するまでもないが、音楽的には完全にアンビエント・ミュージックである。こんなバンドまでがパンクシーンに属していたというのが、本来のパンクのすごいところ。スーサイドはアングラな存在であったが、その後のテクノ界などのミュージシャンに大きな影響を与えていたりする。

Ghost rider :http://jp.youtube.com/watch?v=7WqOMPakGCg



Cheree :http://www.youtube.com/watch?v=NV0xwzCrFeA&feature=related







    User comments
    Comment1    ※10文字以下
    Comment4    ※8文字以下
    Comment2    ※30文字以下
    ・コメントは全角で500文字まで。
    ・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
    ・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。

    関連記事

    カンジのLet it Rock -The Specials-

    01/10/2010

    バーシー

    今回紹介するのは、スペシャルズの1stアルバム『Specials / 1979年発表』。1979年というと、...

    サブカルチャー

    カンジのLet it Rock -The Jam-

    01/10/2010

    バーシー

    御年52になったポール・ウェラーが今年4月にアルバム「Wake Up the Nation」を発表し、...

    サブカルチャー
    Side 1
    Side 2

    FOLLOW US

    SNSで最新情報をゲット!

    NEWSLETTER

    メールで最新情報をゲット!

    メールを登録する

    COUPON

    オトクなクーポンをゲット!

    全てのクーポンを表示
    Suitecase