オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

厚顔無恥 第12本目

まさこ

19/06/08


あの日、あの時、あの場所で





「初体験」



物心ついた頃から男性が好きだったワタシ。初体験は15歳の夏。お昼のワイドショーで初めて新宿2丁目の存在を知った。きっかけは、あの美少年が監禁されたニュースを通じて。早速、2丁目の公園へ行ってみた。その当時のワタシはとっても自意識過剰で、公園へ着いた途端、たくさんの男にナンパされると思っていた。しかし、実際は全く声を掛けられなかった。諦めかけた1時間後、とあるイタリア系クオーターに声を掛けられた。自分好みだったから、近くにあるラブホテルへGO!ワタシの処女は、好きでもなんでも無いストレンジャーに奪われたのでした。





「SEX LIFE」



日本でのゲイライフは、ケータイの出会い系サイトの中で。田舎に住んでいたから、新宿2丁目まで出る気力が無かった。毎晩サイトで知り合った男とキャッチ・アップ。その当時は、まだカメラ付ケータイが無かったから、たま~に詐欺師と遭遇!文だけで自分好みの男性を想像して、実際のギャップと苦しみました。





「ワタシの淡い初恋」



出会い系サイトで知り合った男性に恋をした。ワタシのひと目ぼれ。彼の名前はダイスケさん。エグザイルのマキダイさんにそっくりで、筋肉質でクール。今でも忘れられない。初めてダイスケさんと会った夜。彼の仕事後、ワタシの地元まで車で迎えに来てくれた。大当たりでドキドキした。ダイスケさんとは、毎週会っていた。夜待ち合わせして、映画を観に行って、彼の部屋へ行って、熱いひと時を過ごす。翌朝は近くの定食屋で朝食がお決まりのデート・コースだった。関係を進展させたくて、勇気を出して告白したけど、振られてしまった。

ワタシの淡い初恋。





「あのね、ぼく、じつはね」



ワタシが自分の性的志向を受け入れ、周りに打ち明けたのは2002年4月。見た目や仕草からしてオカマちゃんなワタシ。周りの反応は「そうだと思ったよ!」。シドニーがゲイ人口の多い都市だとは、シドニーに来るまで知りませんでした。シドニーでのゲイライフを謳歌するきっかけとなったのは、とあるWEBのおかげ。Classifieldに「ゲイ友募集!」と、とあるオカマが載せていて、その人にコンタクトした。それから毎週末はオックスフォードでオカマ友達と戯れていました。いっきに交友関係が広がり、ナイトクラブ三昧でした。


    User comments
    Comment1    ※10文字以下
    Comment4    ※8文字以下
    Comment2    ※30文字以下
    ・コメントは全角で500文字まで。
    ・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
    ・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。

    関連記事

    厚顔無恥 第1本目

    26/03/2009

    まさこ

    Sydney Gay&Lesbian Mardi Gras チアーズ読者のみなさん、はじめまして!...

    サブカルチャー

    厚顔無恥 第4本目

    26/03/2009

    まさこ

    ゲイのイロハと魅惑な大人の世界 「ゲイ、ホモ、オカマ、ニューハーフ」 よく、「...

    サブカルチャー
    Banner3
    Side girl 20200116
    Side 2

    FOLLOW US

    SNSで最新情報をゲット!

    NEWSLETTER

    メールで最新情報をゲット!

    メールを登録する

    COUPON

    オトクなクーポンをゲット!

    全てのクーポンを表示