オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

「誰にでもできる護身術」から実際武道している人の場合

護身術

20/06/08





今回はいつもの「誰にでもできる護身術」から少し趣向を変えました。護身術とは本来危険から身を守るために特別にトレーニングをした人ができる高度な技です。その一部をこのコーナーでは、一般の人が突然のアクシデントから危険を回避するようにアレンジしています。そこで今回は、実際に空手や他の武道をしている人はどんな感じになるのか?と言うことで、前回の護身術を実際の空手道にするとどうなるか、空手衣を着た写真で解説いたします。いつもの護身術との違いは相手に攻撃をしている所です。前回の護身術はこの技が基本になっています。通常は街で襲われても相手に攻撃はしないでください。余計に状況を悪くする可能性がありますから。原則はすばやく立ち去ること。これを忘れずに。



        




1.     
相手が正面から右ストレートのパンチをしてきたら、





       



2.      体を左斜めに移動しながら相手のパンチを左手で受け流し、











3.      右手で相手の首を引っ掛けて、右のひざ蹴り












4.      けった足と右手を入れ替え、相手の首と右足を引っ掛けて












5.      そのまま相手を倒します。












6.      自分も下に倒れながら相手の右手を取り、ひじ関節を極めます。


※今回は解説と写真を見てもどうなっているのか分からないかもしれません。これはあくまでも実際の格闘技の技はどんなものか紹介したものですので、護身術の参考にしてください。




    User comments
    Comment1    ※10文字以下
    Comment4    ※8文字以下
    Comment2    ※30文字以下
    ・コメントは全角で500文字まで。
    ・書き込みはライターの判断で削除される可能性があります。
    ・詳細はチアーズ利用規約をご覧ください。

    関連記事

    「誰にでもできる護身術」から実際武道している人の場合

    20/06/2008

    護身術

    今回はいつもの「誰にでもできる護身術」から少し趣向を変えました。...

    スポーツ
    Banner3
    Side girl 20200116
    Side 2

    FOLLOW US

    SNSで最新情報をゲット!

    NEWSLETTER

    メールで最新情報をゲット!

    メールを登録する

    COUPON

    オトクなクーポンをゲット!

    全てのクーポンを表示