オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

ひろっぺのTennisウラ話


赤ちゃんを抱えて テニス留学生のお世話を!

10/05/2018

このエントリーをはてなブックマークに追加

Hiroppe

その228

赤ちゃんを抱えてテニス留学生のお世話を!

 

みなさん、こんにちは! テニスにちょうど良いシーズンになりましたね。私は前回原稿を書いてからイースターが終わるまでテニス留学生のお世話や、お出かけやらで外出しまくっていたので疲れがどっと出て、へたっております。やはり自分や主人とだけで外に出て行くのと赤ちゃんを連れて出て行くのとでは何かと事情が違い、今まで見えなかったお母様方の苦労を身にしみて感じました。


つい前に生まれたと思った我が息子はすでに生後9ヵ月になっており、私に連れられて、それはそれはさまざまなところに顔を出しておりました。仕事中(レッスン以外)にも一緒にいることが多いので、お客さんも慣れて来ちゃってます。特にテニス留学生の滞在期間中は「赤ちゃん連れてどうやってお世話していたの?」と疑問に思われた方がいらっしゃったようなのですが、前回の記事に書いたように「7ヵ月の赤ちゃんを連れて日本からシドニーにトーナメント遠征の引率をされていた名古屋からの女性コーチ」がいましたので、それに比べれば全然楽なはずです。ということで、今回は3月1日から数週間来ていた信州からのテニス留学生らの滞在様子に私の失敗談や息子の様子などを交えながらレポートを書きます。


3月1日にやって来たテニス留学生は2人だったのですが、1人は去年の同じ頃に来ていたKihiro君で、今回はKihiro君がトーナメントで仲良くなったMizuki君を連れて一緒にやってきました。覚えている方もいらっしゃるかもしれませんが、Kihiro 君は去年上海で乗り換え便を逃して、そのまま上海に滞在し3日遅れでシドニーに到着した留学生です。「今回はKihiro君も慣れて来てるし2人いるから大丈夫やろう!」と思いながらも、空港で1時間過ぎても出て来なかったときはちょいと焦りました。その直前にGP(病院)に行って息子の8ヵ月検診を受けていたのです。理由は6ヵ月検診であまりにも小さかったので再チェックです。今回7キロはあるやろうと思ったら6.95キロ。「7キロもないんかい!」と、チーンと肩を落としたまま空港に行ったのですが、ボーイズをハラハラして待っていたらそのショックも忘れてしまいました。


2人のホームステイ先は対照的で、Kihiro君の家庭はエジプト人夫婦。イスラム系のご家庭かと思えば、キリスト様が描かれた写真を各部屋に飾ってあったのでキリスト教だと思います。ちなみに私が20年以上前にイギリスに留学したときのホームステイはイスラム家庭だったのですが、貴重な体験をしましたよ。Kihiro君は食べられないものが多く、お野菜が苦手で特にマメは拒絶気味だったのですが、食べられないものリストにマメを加えてなかったために毎晩マメ料理が出てきて、頑張っても食べられなかったとのことです。1週目を迎えたところで、いよいよホストマザーに「無理です」と言おうかと思った矢先、ホストマザーが気を利かしてメニューを変えてくれたとのことです。他にも深夜にピンポンがなり続けるやら知らない人が常に家にいるなど理解できないところがありましたが、本人は「我慢します」と最終的には納得して3週間を何とか頑張りました。


一方でMizuki君の方はベトナム系のご家庭で、テニスを趣味でされるというホストファザーとお化粧バッチリで綺麗なフェミニンなホストマザーがいるところでした。「日本人は礼儀正しくて大好きだから、この先Hirokoの生徒さんは私に送るようにエージェントに勧めてちょうだい!」と嬉しいことを言ってくれました。このホストファミリーにもたくさんの生徒さんが滞在しているけど、ホストペアレンツが仲良くて(笑)リビングに入れないことがあるとのことでした。またお弁当代は料金に入っていなかったのですが、お弁当も毎日(帰国の日の分まで)作ってくれました。


アカデミーの初日は、私もトレーニングが始まる時間に合わせて行く予定だったのですが、息子の離乳食やら着替えやらが入ったバッグを持ったまま車庫と家の鍵を家に残してロックアウト。息子を抱いて(抱っこ紐なし)歩いて合鍵を取りに行き、フラフラになりながら1時間遅れでアカデミーに着きました。もちろん腕もその後2日間筋肉痛です。元々おっちょこちょいで、妊娠したときに注意散漫になって来たなと思っていたのですが、子供を生んでからはさらに酷くなってアホになって来たと思っています。遅れて行ったもののボーイズは既にすっかりアカデミーの仲間に溶け込んでいて、初日から練習試合をさせられていました。普段日本人がひとりいるかいないかという環境のアカデミーですが、春休みの時期と重なっていたので今回は合計5人でした(約10パーセント)。

 


トレーニングは月曜日から金曜日の朝10時から夕方までで、その日によって終わる時間が違います。よくトレーニングが終わって街に出て観光したり、何か食べていたりしたそうですので、その時期に真っ黒で大きなテニスバッグをかついでいる高校生ぐらいの男の子たちを見かけていたら、それはほぼ彼らだと思って間違いありません。週末はオリンピックパークでトレーニングがないので、観光に連れて行ったり私の所属する市内のコートで練習やら試合やらを組みました。長野県の高校でトップクラスの彼らは私のクラブの上級者では手に負えませんでした。しまいには超上級者に連絡しまくってお願いしたほどでした。

 


2週間後の3月14日にMizuki君が帰国したのですが、その直後の大会でまさかの優勝! さっそくトレーニングの成果が結果となって出てきました。24日まで滞在だったKihiro君はこちらの試合(先月号に触れたUTR)に出てランキングを上げようと頑張っていました。とりあえず3試合をして全勝したので、アカデミーのトレーニング中にもっと強い人と対戦させてくれとお願いしたので、その先は強い相手との試合が組まれて勝てなかったかな? Mizuki君がいなくなって孤立するのではと心配したのですが、逆にアカデミーに来ている他の仲間と上手くやっていましてそこも安心でした。Kihiro君の帰国直前はお決まりコースのルーシーとのプライベートレッスンでしごかれて空港に向かいました。飛行機の中ではぐっすりと眠れたようです。
Kihiro君は去年も来ているので、私のお腹が大きいところも見ていますが、高校生の男の子たちって妊婦や赤ちゃんに接触する機会が一番ない年頃だと思います。2人とも始めは恐る恐る8ヵ月の息子に近づいていましたが、帰国までには打ち解けていました。と言うのも私は「ちょっと見ておいてくれる?」だの、「ちょっと抱っこしてて!」と言ってボーイズに息子をポイッと渡しちゃうのでね。しまいには息子が泣き始めたらサッと抱いてくれていました。これも良い経験として日本に持ち帰ってもらっちゃおう! おかげさまで息子は人見知りがほとんどありません。


息子がまだこの世に存在しなかったときと同じ要領の仕事をしていますが、息子を試合会場に連れて行ったときに大変だったのは離乳食を持って行ったりで大量な荷物になったり、いつもの昼寝などのルーティンが組めなかったりだけでなく、ベビーカーで通るために階段を避けなきゃいけないとか、ちょっと動き始めているのでビニールシートを轢いて観戦する場所を確保しなきゃいけないなどでした。今まで考えたことのなかったことですね。息子が歩き出したら別の意味で大変なんだろうなと思っているこの頃です。もうすぐに歩きそうな感じなので、私も体力をつけておかないといけませんね。


さて、我々のクラブは5月3週目に行われるクラブチャンピオンシップという年間の最大の行事(クラブ内の試合)に向けて準備を開始するところです。雨の少ない期間を選んでやっていますが、ここ数年雨に悩まされていますので、今年は雨が降らないことを祈っています。シドニーでローカルの試合に出てみたい方はこれを機会にどうですか? また、その次の週からは毎週日曜日の朝に行われるESTC(Eastern Suburb Tennis Community)のコンペも始まります。これはイースタン・サバーブ方面のテニスクラブから1組に2人から4人のチームが集まって3ヵ月かけて行なわれる団体戦で、レベルもテニスの試合を覚えたての初級者さんから現役で大会に出ている選手らまで細かく別れています。初級者さんのレベルは少ないので特に大募集します。チームは自分たちで作ってもよいし、おひとりで申し込みの場合は私が地元人とのチームを作ります。


英語を学びに来たのにあまりローカルの人と交流できないテニス経験者は、こういったコンペに参加することが一番だと思います。私はイギリス留学時代にローカルのテニスクラブでレディースのコンペに出ていました。これに参加できたことでどれだけ辛いイギリス留学生活が救われたか…。色々なテニスクラブを訪問して試合をするので、テニスの輪が広がりますし、チームに他の国の人が入れば英語でのコミュニケーションが必須です。City Community Tennis (Jensen)からのチームの管理は私が担当していますので、ご興味のある方はご連絡を!ひとりで申し込みの場合は私がチームを作りますので、不安な方も勇気を出して申し込んでください。


HP Tennis活動のスケジュール

Social と Singles Ladder Competition 

金曜日 6-9pm    Social Tennis(レベル:初級から上級)
土曜日 2-5pm    Social Tennis(レベル:中級)
土曜日 6-9pm    Social Tennis(レベル:中級から上級)
日曜日 12-3pm    Singles Ladder Comp
日曜日 3-6pm    Social Tennis(レベル:初級のみ)

Social:ダブルスでのテニス交流会。地元の方と一緒にテニスしたい方にお勧め。
Singles Ladder Comp:クラブ内のシングルスランキングを決めるコンペ。 

 

クラブ内では毎週約50のレッスンが行われています。クラブ側のサイト(citycommunitytennis.com.au)からレッスンのタイムテーブルのリンクがあり、そこから予約ができます。今のところ日本語のレッスンはありませんが、プライベートレッスンやプライベートのグループでは日本語でも可能です。

 

料金

Social Tennis:メンバー$20 / ビジター$24 / 学生$20
Lesson:メンバー$25 / ビジター$30
Singles Ladder Game:メンバー$38 / ビジター$45

 

場所

Prince Alfred Park内, Surry Hills
(セントラル駅から徒歩5分で青いコートが目印です)

HPTennisの活動 練習は日本人中心の活動ですがクラブ内のコンペや国際イベントにどんどん斡旋しております。

 

白男川寛子 (ひろっぺ)
Facebook HP Tennis(ひろっぺテニス)
HP Tennis Web www.tennishiroppe.com
Tennis Centre Web www.citycommunitytennis.com.au
Blog http://ameblo.jp/tennis-hiroppe
E-mail Raito@citycommunitytennis.om.au

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase