オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
今一番安くワーキングホリデーで行く方法
娯楽記事

STORY


STORY -母は立派な仕事

01/06/2018

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生を楽しむあの人に、楽しみ方や大切にしているもの、それをそう考えるのはなぜ?をインタビューして、幸せに暮らすコツをおすそ分けしてもらう企画です。

 

vol.10 Yuka
取材地: Sydney, Crows Nest
仕事:主婦・秘書・イベントマネージャー

 

 

母は立派な仕事

「主婦」の定義ってなんだろう、こんな働き方もあるんだと思わされるご夫婦に出会いました。ご主人のMatさんは元トヨタのエンジニア。現在無職ですが、3Dプリンターで作った義手を指や腕のない人たちに無償で提供しています。オーストラリアン・オブ・ザ・イヤーのVIC州のローカルヒーローに選ばれると、メディアからの取材や講演の依頼が殺到。そのMatさんの講演会をプロデュースしたり、スケジュールやメール管理をするのがYukaさんの仕事です。
「就職せずに義手の活動を続けると決めたときは正直不安もありましたが、生き生きとして好きなことを全力でしている彼はとても輝いてかっこよく見えました」と、彼を信じ、新たな発見や未知の可能性も広がっていくはずだから、と応援したYukaさん。
自分も手に職を持って仕事をしなければ、と考えたこともあったそう。また、どんどん有名になっていくご主人を見て、自分に何ができるんだろうと焦る中、自分にしかできなくて心からやりたいことに気づきます。「想いを形にして行動すれば奇跡は起こる。Matが見せてくれた生き方をたくさんの人に知ってほしい!」。
何も社会に貢献していないお母さん「だけ」と葛藤したこともあったけれど「母は立派な仕事」というYukaさんと、「今まで10年間、Yukaは俺より一生懸命働いていたよ」というMatさん。閃きで行動したいMatさんが苦手とする事務作業は、Yukaさんが得意とする分野。チームワークがあっての今の活動だそう。 
「心から湧き上がる想いを行動に移したり形にしたりすることで必ず現実は変わる。自分にも周りにも奇跡が起こり、それがまた広がりをみせ、さらには世界も明るくなっていくのではないかと思っています」。そう話すYukaさんは、今後ますます精力的にこのメッセージを伝える活動をされる予定。ぜひこちら(https://www.facebook.com/free3dhands)でチェックを。
※フルストーリーはウェブサイト
(www.photographybykimiko.com)に掲載。

 

 

フォトグラファー 三國希実子
1975年大阪生まれ。ボンダイ在住、一児の母。個人や企業のブランドイメージをコンサルティングし、写真撮影や販促物のディレクションをするブランディングフォトグラファー。
ブログ    http://ameblo.jp/joidea/
ウェブサイト    http://www.photographybykimiko.com/
Facebook    https://www.facebook.com/kimiko.mikuni(フォロー歓迎)
Instagram    @joidea

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase