オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

娯楽記事 > インタビュー

184 見つかりました

世界トップクラスのエンターテイメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ(以下:シルク)」のビッグトップツアーショー、『TOTEM(トーテム)』が、オーストラリア・プレミアとなるシドニー公演を10月28日スタートした。元オリンピアンやトップアスリート、アーティストなど、世界トップレベルのパフォーマーたちによって結成される集団の中に、2010年のショー結成以来、活躍している日本人、宮海彦さんの姿がある。今回はシドニーのオープニングを終えた宮さんにインタビューを依頼。知られざる素顔に迫る。

この記事を詳しく見る

2014年4月16日にカナダ・ケベック州ケベックシティで開催されたUFCの大会のひとつ、UFC Fight Night「Bisping vs Kennedy」(別名The Ultimate Fighter Nations Finale)にて、UFCのデビュー戦を勝利で飾ったオージーファイター、リチャード・ウォルシュ選手(以下リッチー)。現在6連勝中と勢いに乗るリッチーが、9月20日に行われるUFC JAPANという大舞台での試合が決まった。対戦相手は国本"ストラッサー"起一選手。日本国内総合格闘技団体、H

この記事を詳しく見る

世界トップクラスのエンターテイメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」のビッグトップツアーショー、『TOTEM(トーテム)』が、オーストラリア・プレミアとなるシドニー公演を10月28日にスタートする。元オリンピアンやトップアスリート、アーティストなど、世界トップレベルのパフォーマーたちによって結成される集団の中に、2010年のショー結成以来、活躍している日本人、宮海彦さんの姿がある。今回はシドニーのオープニングに先立ち、現在ニュージーランドで公演中の宮さんにインタビューを依頼。なお、12月号(11月15日発行

この記事を詳しく見る

朝日新聞社の木村伊量社長は会見で、「従軍慰安婦」の問題を巡る自社の報道のうち、「慰安婦を強制連行した」とする吉田清氏の証言に基づく記事を取り消すまでのいきさつや、国際社会に与えた影響などについて、第三者委員会を設置し検証することを明らかにしたうえで、「誤った記事を掲載したこと、そしてその訂正が遅きに失したことについて、読者の皆様におわび申しあげます」と謝罪した。

この記事を詳しく見る

朝日新聞は8月5日、慰安婦問題の特集を組み、1982年以来同社が報道して来た「韓国・済州島で慰安婦を強制連行した」とする吉田清治氏の証言が事実誤認であることを認め、訂正した。紙面では、1面と1617面を費やして慰安婦問題特集を組み、1982年9月以降「慰安婦は強制連行された」と報道して来た根拠のある吉田氏の話、いわゆる吉田証言を「虚偽だと判断し、記事を取り消します」とした。間違った主張をし続けたことについての謝罪はなかった。

この記事を詳しく見る

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

ストラスフィールド市議会は、中国系と韓国系のコミュニティが連携して同市に慰安婦像設置の嘆願書を提出したことを受け、4月1日に公聴会を行い、本件については判断を州や連邦政府に委ねるという結果を発表した。あれからヵ月半が経過したが、事態はどう進んでいるのだろうか。

この記事を詳しく見る

オーストラリアのファッション誌「1am」の連載をはじめ、NZの「REMIX MAGAZINE」ではレギュラーのコントリビューティング・エディターとして活躍、日本のカルチャーマガジン「FIERCIVE(フィアシブ)」にもレギュラーのページを抱えている在豪スタイリストのRenji。2011年に自身の世界観をより明確にするためにシドニーに渡ると、その肩書きから解放された当初は苦労の連続だったと振り返る。ローカルのショールームやプレスルームは簡単には彼を信頼せず、一切洋服を貸し出さなかったという苦い経験を経て、現

この記事を詳しく見る

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

ストラスフィールド市議会は、中国系と韓国系のコミュニティが連携して同市に慰安婦像設置の嘆願書を出したことを受け、4月日に設置の当否をめぐる初の審議会を開催した。非公開審議に入る前、地域住民ら人が、賛成と反対の立場から意見を表明した。

この記事を詳しく見る

米国カリフォルニア州グレンデール市に設置された「慰安婦少女像」の撤去を求めて、日系人や在米日本人らが立ち上がり、2014年2月20日にグレンデール市の日系人住民らが慰安婦像の撤去を求める訴訟を同州の連邦地方裁判所に起こした。一連の騒動を世界中の日本国民が見守る中、今度はオーストラリア在住の韓国・中国のコミュニティが、オーストラリア全域に慰安婦像の共同設置を決議したというニュースが流れた。問題のニュースは下記。早速韓国コミュニティの中心人物へコンタクトを取ったところ、韓国人会会長の宋錫準さんの側近から、話を

この記事を詳しく見る

聴覚を刺激する変幻自在なラップを放つポチョムキン(左)、固く踏まれた韻から展開される硬質ラップのYOSHI(右)という対照的な2MC。打ち込みとオリエンタルな音感がビートを基調とするトラックメーカーGP(中央)。2000年前半のヒップホップ・シーンに大きな足跡を残し、突然の活動停止から、飛躍的な進化を遂げて蘇った餓鬼レンジャーに迫る。

この記事を詳しく見る

「6872年のファンクサウンドを現代に蘇らせる」ことに執心し、20年に渡り第一線を走り続けてきたてきたオーサカ=モノレール。ジェイムズ・ブラウン・スタイルを基本として、ソウルファンクの魅力に真摯に取り組むグループが再びシドニーに現れる。“CHINA & AUSTRALIA & NZ TOUR 2014”を目前に控えたオーサカ=モノレールのリーダーでボーカルの中田亮さんに現在の心境をうかがった。

この記事を詳しく見る

国内外から722名のアーティストが集結し、音楽、ダンス、演劇、展覧会などあらゆるジャンルの芸術をシドニー各地で披露するSydney Festival 2014が現在開催中だ。そのフェス内で1月25日に予定されている『Paradiso at Town Hall』に、UKやヨーロッパで大注目を集めている6人編成の日本人ジャズバンド、「SOIL&"PIMP"SESSIONS(以下ソイル)」がゲスト出演する。来豪を目前に意気込むアジテーター“社長さん”(上記写真右から一番目)にインタビュー。

この記事を詳しく見る

走行距離8000キロ、約8ヵ月に及ぶチャレンジ 東日本大震災復興支援のドネーションを募りながら オーストラリア、ニュージーランドをピースラン!

この記事を詳しく見る

「音楽が好きだから」この言葉がまるで彼らの合言葉のようだった。それぞれ駆け抜けた時代を超えて集結した「アスタラビスタ」は、adios a.k.a YUTAKA(Full Of Harmony)、GooF (SOFFet)、DJ ISO (MELLOW YELLOW)、AKALITTLE(KICK THE CAN CREW)、MASSATTACK (SPONTANIA)、JEFF兄 a.k.a Ryo-Z (RIP SLYME)からなるMC1DJ。それぞれの個性がファンタスティックに融合された異色ヒップ

この記事を詳しく見る

語学留学でゴールドコーストを訪れとても気に入り、WHで再渡豪を果たした佐藤真理氏。ゴールドコーストを拠点として、チョークアートのレッスンに励んだ。もともとアートをやったことがあるわけではなかったが「オーストラリアでしかできないことをしたいと思っていたとき、たまたま雑誌で見たチョークアートが楽しそうで、まずやってみようと思ったんです」。それがはじまりだった。オーストラリアならではのポップでカラフルな色使いと立体感、そして本物以上に美味しそうに見える絵が最大の魅力だという。第一人者のモニーク・キャノン氏のもと

この記事を詳しく見る

2012年、日本人初のシドニーズ・ベストバリスタの称号を得た佐々昌二氏。そんな彼のスタート地点もWHだ。WH時代、最も苦労したのは英語だという。「父に背中を押されてきた以上、手ぶらで日本に帰るわけにもいかないし、せめて英語だけでもマスターしたい」という気持ちもあり、日本語環境ではない場所を探して、たくさんのレジュメを落とした。とにかく足で稼いで、ようやく見つけたのは現地のカフェでの仕事だ。英語環境で働くことに抵抗はなかったが、思っていることを完全には伝えられないこと、また相手の言うこともすべては理解できな

この記事を詳しく見る

「日本と同じように海外でも働き、生活をすることができるのか試してみたかったんです」。オーストラリアのワイルドフラワーに興味を持ち、渡豪を選んだ青井友紀氏。WH中にはいくつかのアルバイトを通じて、英語力の大切さを痛感したという。仕事では大変だったこともあったが、仲間に恵まれ、協力して働くことの大切さ、またそれが売上にも通じるということを学べた。

この記事を詳しく見る
Side girl 20190702
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示