オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

北村はじめの『ちょっと立ち読み』


2014年は「国際農家年」 

蝉たちのメガ成人式!

22/01/2015

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

プロローグの雑談

日本では、新成人は新しい服を着て成人を祝います。蝉の幼虫は古い殻を脱いで、成虫になります。シドニー周辺の今年は、蝉の大豊作。「蝉の大発生は、シドニー周辺とブルーマウンテンでは二〇〇六年以来最大だ。おそらく二〇〇七~二〇〇九年の発育状況が良かったせいだろう。春の十月は異常に暑かったので、蝉の全種類が地上に出てしまったようだ。通常クリスマス時期に鳴くダブル・ドラマーまでもそうだった」(オーストラリア博物館の博士、デイブ・ブリトン昆虫収集部長)。

ところが、大発生したにもかかわらず、蝉は都会ではあまり見られません。変ですね。マックス・モールズ博士(オーストラリア博物館)は、「木とほこりがコンクリートとアスファルト道路にとって代わられたので、新しく孵化する幼虫が潜る場所がなくなり、また成虫が地下で窮地に陥っている。蝉は、シドニーの周辺部に移動せざるを得なくなり、多くはローワー・ノースショーに行ってしまった」という見方をしています。
そこで、私は、目を付けていたシドニー北部のチャーチ・ポイントに急ぎました。大量の抜け殻をリサイクルできないものかと思うくらい、その量に腰を抜かしました。蝉たちのメガ成人式は粛々と行われていたのです。

 

 

 

 

①生態

蝉は、不完全変態といって、卵→幼虫→成虫というように、さなぎの時代がなく、幼虫が直接成虫に変る虫です。蝉、カマキリ、トンボ、バッタ、ゴキブリなどが代表です。
メスは交尾してから卵を作るのではありません。成虫になった時には既に卵は体の中にできていて、あとは交尾によって卵を受精するだけです。
交尾が終わったメス蝉は、産卵管をさし込んで木の枯れ枝や樹皮に卵を産み付けます。土の中じゃありません。枯れ木の上を移動しながら次々と産卵するため、蝉が産卵した枯れ木は表面がでこぼこになります。
産み付けられた卵はその最初の秋か、次の初夏に孵化(ふか)します。蝉の種類によって孵化するまでに二ヵ月~一年かかります。

 

 

 

 

②幼虫

孵化した幼虫は半透明の白色で、薄い皮をかぶっていて、いったん土の中に潜ぐり、木の根っこの樹液を吸って成長します。枯れ木の表面まで出た後に最初の脱皮を行なった幼虫は土の中に潜りこみ、長い地下生活に入ります。
幼虫として地下生活する期間は、三~十七年(日本のアブラゼミは六年)で、短命どころか昆虫類でも上位に入る寿命の長さです。アメリカには十七年も土の中で幼虫生活をする蝉がいるようです。

幼虫は、太く、鎌の形に似た前脚で木の根に沿って穴を掘り、長い口吻(くちさき)を木の根にさしこみ、導管から樹液をすって成長します。長い地下生活のうちに数回(アブラゼミは四回)脱皮します。地下なら安全かというと、モグラ、ケラ、ゴミムシなどの天敵がいて、中には菌類(「冬虫夏草」と言って、生き物の脳を支配し、乗っ取るきのこ)にやられて死ぬ幼虫もいるんです。
若い幼虫は全身が白く、目も退化していますが、終齢幼虫になると体が褐色になり、大きな白い複眼ができます。孵化を控えた幼虫は皮下に成虫の体ができて、複眼が成虫と同じ色になります。この頃には地表近くまで竪穴を掘って地上の様子を窺うようになるそうです。
蝉はこのように、幼虫として大部分の生活を地下で過し、夏の夕方に地上に出てきて、木に登り、脱皮して成虫になります。最後の数週間、あたふたと交尾します。成虫期間は、野外では通常三週間~一ヵ月ほどと言われています。

 

 

 

③種類

蝉の名前を見てみましょう。暗黒街の悪人を思わせる名前がついているのがありますよ。Masked Devil(変装の悪魔 ※私が勝手に訳をつけました)、Razor Grinder(カミソリ砥石)、Black Prince(漆黒の王子)。この三種は、今シーズンは早目に鳴き始めていました。この他にFloury Baker(粉まみれのパン屋)、Cherry Nose(サクランボの赤鼻)、Green Grocer(緑の雑貨商)=別名Yellow Monday(黄色の月曜日)などです。オーストラリアには二百二十種に及ぶ蝉がいるんですって。
蝉で鳴くのはオスだけ。メスに訴えるために、大きな声で鳴いて「ボクはここにいるぞぉ~」って知らせているんです。

 

 

 

 

④蝉の鳴き声は120デシベルにもなる

鳴く時間帯は種類によって異なるため、種類を調べるのに役立ちます。たとえば日本産のセミ類ではクマゼミは午前中、アブラゼミやツクツクボウシは午後、ヒグラシは朝夕、ニイニイゼミは早朝から夕暮れまでなど、鳴く時間が分かれています。オーストラリアにも、日没近くにだけ、雌に訴える蝉がいます。

夏といっても真昼の暑い時間に鳴く蝉は少なく、比較的涼しい朝夕の方が多くの種類の鳴き声が聞かれます。それでも、蝉の大発生で、オーストラリアの一部の国立公園のパトロール隊員は耳栓をつけるほどの圧倒的な音量なのだそうです。

発音器はお腹にある発振膜と鳴筋と共鳴室からできています。鳴く時は鳴筋がちぢみ、発振膜が中へ引っぱられ音が出ます。続いて鳴筋が元に戻り、発振膜がまた元に戻り弱い音が出て、これを繰り返して連続音が出て、共鳴室で拡大されてセミの鳴き声になります。
この発振膜や鳴筋の振動は、アブラゼミで一秒間に百回、発音器は腹部の両側にあるので両方で二百回起こります。

中西悟堂さんという有名な野鳥研究家で歌人・詩人がいました。悟堂さんの本にこう説明されています。 『(発音器は)種類によって形も大きさも違うために、それぞれ違った鳴きかたになります。この発音器の大きさは、身体の四分の一を占めていますから、つまり腹全体が楽器のわけで、それだからこそ大声が出せるのです。蝉が昆虫のなかで、いちばん大音を出すのも、どんな動物にもないような、こんな道具がそろっているためです』。
(出典:「昆虫界のふしぎ」少年博物館② 中西悟堂著 昭和三十年四月二十五日 四版 ポプラ社発行)

蝉の鳴き声は、昆虫界の自動車盗難防止装置と言われ、オス蝉はメスを引きつけようと、一二〇デシベルの音の強さ出すことができます。音の大きさや、電波の強さをデシベル(dB)で示します。ちなみに、一二〇デシベルって、どんなもんでしょうか。あくまで目安ですが。

もし人間の大きさの蝉が墨田区のスカイツリーにくっついて鳴くと、その声は鹿児島まで届くんだ、とあるオタクが言いました。ホントでしょうか?

「音量があまり大きいと、多くの鳥は蝉を食べるのを諦めて、どこかへ飛び去って行くと思われる。鳥には、蝉の大音量の鳴き声を止めさせる手段はない。それに蝉には、聴力を失わないよう、聞こえなくする特殊の機能を持っている」と、ブリトン博士は言いました。 すごいですね、耳栓の機能があるんですって。
話しは脱線しますが、セミ愛好家に聞くと、セミの鳴き声は、一九七三年にシドニーで結成されたオーストラリアのハードロックバンド、AC/DCコンサートと同じくらいロマンチックだそうです。バンド名は、電化製品の裏側に書かれていた「AC/DC」に由来しており、ヤング兄弟のお姉さんが大音量で演奏していた彼らを、掃除機の音に例えて名付けたって聞きました。ここでは、AC/DCを「アッカ・ダッカ」と呼んでいます。

 

 

 

⑤天敵のこと

昆虫は大きな声を出せば出すほど、恋人や潜在的な恋人だけでなく、天敵すらも良い気分にさせ、引きつけます。 「仲間を呼び出しながら、木の上で上体を起こすことは、かなり危険な仕事だ」(オーストラリア博物館昆虫学者デイブ・ブリトンさんの説明)そうです。

蝉は昆虫界では、死を惜しまない虫のようです。数週間の恋歌と交尾のためなら、死んでも構わないのです。「多くの動物のように、オス蝉は、強くて、男らしくて、生殖力があることを自己宣伝し、たくさんの子供を作る可能性を表わすために、危険なふるまいをする。逆を言えば、蝉は、鳥とスズメバチのような一団の天敵たちを基本的に鍛え上げているようなもので、その行為はかなり自殺に近い」(ブリトン博士)のだそうです。

北アメリカの一部の蝉は、高等数学を使って天敵にフェイントをかけるそうです。短い命ゆえに天敵をかわすために、蝉は、素数間隔の周期で、七年ごと、十三年ごと十七年ごとに出てくるように進化していったのです。

難しいですが、ちょっと説明します。素数とは、一と自分自身以外に正の約数を持たない、一でない自然数(正の整数)のことです。百までの素数一覧は、2、3、5、7、11、13、17、19、23、29、31、37、41、43、47、53、59、61、67、71、73、79、83、89、97である。この素数との相性が、2、3、4または6年というライフサイクルでいけば、天敵から比較的守られる蝉になるというわけです。そういうDNAが、くみこまれているのでしょうか。

「蝉は、実は、樹液の流れと温度の変化から、何年地下にいるかを検出することができる。ところが、オーストラリアの蝉は、恋人と組むことになると、我慢力がなくなって、グリーン・グローサー、フローリー・ベーカーやレイザー・グラインダーのような蝉は、四~六年おきに出てきてしまうと考えられる」とは、ブリトン博士のお説です。

蝉のメガ成人式の背景には、二〇〇七~二〇〇九年に発育状況が良かったのではないかと書きましたが、少なくとも、その年が素数の年でなくても、安全な年だったと想像されます。蝉の集団が出す大騒音で、天敵を寄せ付けなくできるのです。

そういう集団防衛力がなければ、蝉の大量発生は、最も空腹の天敵の食欲を満たすだけになります。「鳥は蝉を食べると別のものを食べられなくなるくらいうんざりする。だから、多くのセミは結局生き残ることになる。蝉が大挙して出てくることは、天敵から守ることになる。昆虫はずっと進化した生物で、本当に奇妙な昆虫だ」(ブリトン博士)。

昨年十月のブルーマウンテンズの山火事で、Masked Devilの一世代が絶滅した可能性があります。オーストラリア博物館博士のマックス・モールズ上級研究員は、「山火事の被災地には、六年間は蝉が出てこないだろう。蝉の回復には、長い間がかかる」と話しましたが、地球温暖化になって、最大の天敵は山火事かもしれませんね。

 

 

 

⑥トリモチと蝉のおしっこのこと

昔、クロガネモチの大きな枝の皮をナイフで削り、はいだ皮を金槌で叩いて、トリモチを作った方はいませんか。これを竹竿の先に塗ります。この国で、トリモチで蝉をとったら、捕鯨と同じように、文句を言われそうですね。いよいよ蝉の背中をねらって、竹竿を素早く動かしますが、蝉を捕えられなくて、逃げざまに「おしっこ」をされます。私も子供の時にやられました。
蝉のおしっこは、飛ぶ時に体を軽くするためとか、膀胱が弱いからと言われています。体内のあまった水や消化吸収中の樹液を外に出しているだけで、外敵を狙っているわけではありません。そのため飛ぶ時だけでなく樹液を吸っている時にもよくおしっこをします。また、蝉のおしっこはほとんど水で、有害物質は含まれないようですよ。
このトリモチは鳥もつかまえることができるので、トリモチと言います。

 

 

 

エピローグの雑談

植物のジャカランダ、昆虫の蝉は、いずれも夏の到来を告げるものです。ですが、蝉は、実は暑さに弱いのです。蝉の鳴く時間は、早朝や夕方が多く、昼間はあまり鳴き声を聞きませんよね? これは、昼間は暑すぎて蝉もバテているんです。つまり、暑い年には蝉は早死にします。特に一番暑い月に成虫になった蝉は早死にする可能性が高くなります。 逆に、真夏を過ぎて成虫になった蝉の寿命は長くなると言えます。長寿の蝉になると、二ヵ月ほど生きる蝉もいるそうです。というように、環境や時期によって蝉の寿命は変化します。また、天敵の多いところで生まれた蝉は当然寿命が短くなるし、少ないところで生まれた蝉は寿命が長くなります。
「蝉は、〝夏告げ虫〟と言って、まったく貴重な昆虫だった。私の父の世代の子供たちは、お金ほしさに、〝ブラック・プリンス〟を1ペニーで売ったものだ」と、昔を懐かしむ人もいます。一時期の日本のカブト虫みたいですね。今年のような大発生になったら、蝉の値段は暴落したでしょうね。

ローワー・ノースショーのチャーチポイントで出会った抜け殻に、私は圧倒されましたが、いろいろ勉強になりました。(終わり)

 

【注意】地中での蝉の生態について十分に調査がされているとは言えません。したがって、ここに書かれていることも含めて、検証が不十分なことがあります。

 

 

 

【主な参考資料・引用文献】

●「昆虫界のふしぎ」少年博物館② 中西悟堂 著昭和 三十年四月二十五日 四版(ポプラ社刊)206頁
●Introducing cicadas - Cicadas - Te Ara Encyclopedia of New Zealand
●Jump up Flindt, R. (2006). Amazing Numbers in Biology, p. 10. ISBN 978-3540301462
●"THE CICADA.". The Sydney Morning Herald (NSW : 1842 - 1954)(NSW: National Library of Australia). 21 January 1928. p. 21. Retrieved 7 June 2013.
●"The Cicadas Are Coming, The Cicadas Are Coming", The New York Times (Ohio State University), 27 April 2004.
●沼田英治・初宿成彦 『都会にすむセミたち - 温暖化の影響?』 海游舎、2007年

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

1752年、ベンジャミン・フランクリンによる有名な凧による雷の実験。雷が電気現象であることを実験によって解明したのがフランクリンの凧揚げ実験である、と教えられてきた私たち。凧が雷雲の中に消えていき…などと、見たような説明も独走している。実は、彼は凧揚げ実験をやっていないのではないかという学者がでて、すでに15年ほど。少し真相に迫ってみた。

この記事を詳しく見る

第二次世界大戦は、一九三九年から一九四五年までの六年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソ連、アメリカ、中華民国などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争だった。

この記事を詳しく見る

落語には枕がつきものだ。枕とは、演目へ入るさいの導入部分のこと。客席が本題の演目に入りやすくするための工夫のひとつである。 春風亭小朝師匠の枕話で、有名なのがある。「うちの師匠が脳梗塞で倒れまして。命はとりとめたんですが左半身がマヒしちゃうようなことになりましてね。看護婦さんが師匠にそのことを言いましたら、そっとおちんちんを右に寄せました」。 ある落語家が、枕で、日本の三大シツゲンというのがありまして…尾瀬沼、釧路、渡邊ミッチー…結構の笑いを客席からとった時代があった。ミッチーこと故渡邊美智雄代議士の

この記事を詳しく見る

プロローグ NSW州最西部の町ブロークンヒルに、シドニーからドライブしたことがある人は、少ないだろう。シドニーから陸路一千キロは、ジェフリー・ブレイニーの著書のタイトルではないが、やはり“距離の暴虐”を感じる。 最寄りの最大の町は、南に三百キロ行ったVIC州のミルジューラ。最寄りの大都市では、南西に五百キロのSA州の州都アデレードだ。このような遠隔地での位置関係のために、ブロークンヒルはSA州と強いつながりを持ち、NSW州にありながら、東部標準時間より三十分遅れた中部時間で生活している。 かつてこの

この記事を詳しく見る

CATEGORY

北村はじめの『ちょっと立ち読み』

フランクリンは、ほんとうに凧を揚げたのか? もう一人の命のビザ発行者 卓袱台(ちゃぶだい)をひっくり返す言葉  ブロークンヒル 日本のウィスキーの父と母 元奴隷・元スパイ 豪州と日本に見るドイツ人捕虜 不毛の大地を潤した日本人水利技師 八田 與一 宇宙の銀河の数 学生三大駅伝三冠 箱根駅伝三連覇へ王手だ! キリシタンの夢を叶え続けた オバマ大統領の広島演説を読む ウズベキスタンの抑留日本兵のこの偉業! ロシア・バルチック艦隊発見 気高き 真白の 新年だ!御神酒あがらぬ神はなし 世界最長の郵便配達~QLDの空飛ぶ飛脚~ 鉄道王雨敬 ベルリンの壁 世界一 質素な大統領 いま、イギリスの ストーンヘンジがすっごく面白い! 台湾人日本軍兵士数百名を救った 「よお、備後屋、相変わらずバカか?」 日本の城物語(4/4回) 日本の城物語(3/4回) 日本の城物語(2/4回) 日本の城物語(1/4回) 2014年は「国際農家年」 2014年は「国際農家年」  おもしろ歴史散歩! 監獄の島 造船の島 故吉川利治教授からの聞き書き 2014年は「国際農家年」 江戸城に激震を起こした 絵島事件! 日米開戦阻止に 奔走した日本人がいた! 野口英世 この母ありて この息子あり 歴史の聞き書き ベトちゃん・ドクちゃん看護秘話 北村 はじめの『ちょっと立ち読み』 バレンタインデー雑学誌 ネッド・ケリーの前座を つとめた盗賊たち シンガポール血の粛清 陰で救った篠崎護 2013年は「国際水協力年」: アウトバック de 廃車復活戦 ルポ:彷徨える ベトナム軍退役兵士 東京大空襲から66年 ナナメ後ろから見た タスマニア物語 倫敦 ゴーストハンティング タイタニック沈没から100年(2012年) 戦争から平和へ ダンシングマン逝く

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase