オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

北村はじめの『ちょっと立ち読み』


気高き 真白の

氷川丸

26/02/2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

長い鎖国の結果、大船の建造技術も操船能力も持たなかった日本人にとって、自国の乗組員を乗せて世界を雄飛する国産の商船隊を持つことは長い間の夢だった。氷川丸はその夢を叶えたシンボルであったわけだが、氷川丸が係留されている横浜市の山下公園も、関東大震災で出た瓦礫などを使って海を埋め立てた公園であり、瓦礫の中から立ち上がった横浜市民の不屈の精神のシンボルでもある。氷川丸が誕生する一ヵ月前の一九三〇年三月十五日に開園した、言わば“同期生”である。

一九三〇年に横浜で産声をあげた氷川丸は、竣工後直ちに日本郵船のシアトル定期航路に就航した。その後、太平洋戦争の開戦、日本の敗戦、日本経済復興という時代の流れのなかで、引揚船、病院船、復員船の任務を果たし、内航輸送船から、一九五三年に再びシアトル航路の定期貨客船へと復帰し、太平洋戦争中によく言われた七生報国(七度生まれ代わって国のために報いること)を地でゆく活躍をしたスーパーレディだった。

氷川丸は、戦前の大型貨客船としては世界で唯一現存する歴史的遺産である。船齢八十五歳を迎えた昨年八月、氷川丸の長編アニメーション映画も公開された。いくつもの歴史の荒波を乗りこえてきた日本を代表する貨客船「氷川丸」を紹介しつつ、平和の尊さを考えてみたい。(文中一部敬称略)

 

 

華やかなシアトル航路へ


 

一九三〇年四月二十五日、氷川丸は北米航路シアトル航路用に豪華貨客船として誕生した。五月十七日、横浜から処女航海としてシアトルに向け出港。船齢三〇年で一九六〇年に第一線を退くまでに、太平洋横断二百五十四回を含めて、九万人もの人を運んだ。

シアトル航路はアリューシャン列島の南海域を通る。北極圏に近く、暴風雨が吹き荒れることで有名な海だ。冬の北太平洋の厳しい自然条件のもとでも、すべてに航海ができるように、船底を二重にし、氷川丸は通常よりも厚い外板を使用して、頑丈な構造にした。また、船体に六つの水密隔壁を設け、衝突や座礁などで船体に亀裂や穴が開いても、一区画のみの浸水で止め、残りの区画で浮力を確保し、隔壁材で船体強度を増した。

五月二十七日、シアトルについた氷川丸は大歓迎を受けた。このとき、現地のラジオが「HIKAWAMARU」を「ハイカワマル」と放送したことから、シアトル市民が「ハイカワマル」と呼んで親しまれるようになった。

シアトル、バンクーバー、ビクトリアの寄港地で開催されたお披露目と見学会では、船内に人が溢れるほど多くの市民でにぎわったという。横浜などを経由して七月十二日香港に帰着。六十三日間に及ぶ処女航海は成功に終わった。

横浜からシアトルまでの片道一等料金は、二百五十ドル(当時の金で約五百円)。千円あれば家が建った時代だった。

 

 

 

氷川丸に乗船した有名人


 

船が海外渡航の唯一の手段だった当時、氷川丸にも多くの著名人が乗船した。

まずは、映画「街の灯」(一九三一年)のの撮影を終えて欧州から帰国の途中、東京を訪れたチャールズ・チャップリンだ。彼は、一九三二年六月二日、横浜から氷川丸に乗船して帰国の途に就いた。チャップリンにはいくつかの船会社が争奪戦を行ったが、決め手は、秘書の勧めと料理の美味しさだった。

チャップリンが、日本橋浜町の「花長」(現在は大森の大鳥居に移転)のお座敷天ぷらが気に入ったことを知った日本郵船は、「氷川丸」の料理人を同店に見習いに出して、横浜から乗船したチャップリンに、ルームサービスで天ぷらを供し、大変喜ばれたという。チャップリンは、もともと大西洋の豪華客船の雰囲気よりも、日本船の静かで家庭的なサービスが気にいり、欧州からハリウッドに帰る船旅も、日本郵船欧州航路の「諏訪丸」から「照国丸」に乗り継ぎ、太平洋も「氷川丸」で渡ることにしたのである。

一九三七年十月二日には、昭和天皇の名代として英国王ジョージ六世の戴冠式に列席した秩父宮雍人(やすひと)親王、勢津子妃両殿下夫妻が、北米経由で帰国のさい、カナダ太平洋岸のビクトリア港から「氷川丸」に乗船した。氷川丸は、一等特別室などの模様替えを行うなど両殿下の乗船に備えた。両殿下は、料理に舌鼓を打ち、他の船客ともふれあい、運動会にも参加するなど船内生活を楽しまれた。

翌一九三八年四月には、講道館の創立者の嘉納治五郎が、カイロでの国際オリンピック委員会で一九四〇年大会の第十二回オリンピックの東京大会の誘致に成功した。しかし、東京オリンピックは、欧州大戦と日中戦争の勃発に因り開催中止となり、戦後の一九六四年に初めて実現した。その後、欧米での柔道普及活動を行っての帰路、バンクーバーから「氷川丸」に乗船した。 
しかし嘉納は過労のため肺炎になり、横浜到着の二日前の五月四日に「オリンピックはどうなった」の言葉を残して亡くなった。

一九三九年六月には、アメリカ公演を終えた宝塚少女歌劇団の総勢五十六名の一行が「氷川丸」で帰国した。

「東洋のシンドラー」と言われた杉原千畝が在カウナス日本領事館領事代理となった頃には、ユダヤ人に対するナチス・ドイツの迫害が激しくなっていた。一九四〇年から翌一九四一年六月にかけて、ナチスの迫害を逃れシベリア鉄道、日本経由でカナダやアメリカに避難する多数のユダヤ人がいたが、一九四〇年七月二十二日発の氷川丸が七十七名を運んだ記録がある。

 

 

在外邦人引き上げの任務


 

華やかなシアトル航路に、戦争の影が落ちてきた。一九三七年日中戦争、一九三九年第二次世界大戦の勃発である。戦局の拡大で、遠洋航路は次々と休航へ。アメリカは日米通商航海条約の破棄を通告。

一九四一年七月、日本軍がインドシナに進駐すると、イギリス、アメリカを初めイギリス属国諸国が対日資産凍結令を発動。太平洋海域の情勢は、急速に悪化していった。

氷川丸は一九四一年七月二十日の大阪帰着が最終航海となり、シアトル航路は四十五年の歴史に幕を引いた。氷川丸は、一九四一年十月、貨物を積載しない引き揚げ船として逓信省に徴用され、白地に二本の赤線の煙突は黒く塗り潰された。戦局が直接「氷川丸」にも及び、在日外国人二百十六人を乗せてシアトルに向かい、帰りも邦人三百六十四人を乗せて十一月中旬横浜に帰着した。

 

 

南方戦線へ 病院船の任務


 

横浜に帰着したばかりの氷川丸は、海軍から特設病院船として徴用された。国際条約に則り、船体と煙突は白色塗装、船体側面には緑色の一本の帯が施され、両舷の中央と煙突に赤十字マークが描かれた。

海軍特設病院船とは、病院船として海軍特設艦船籍に編入され、任務は、戦地の海軍病院などから戦傷病者を収容して日本に帰国させることだ。

第四艦隊所属となった氷川丸は、一九四一年十二月二十三日、トラック島(現ミクロネシア連邦)へ向かった。第四艦隊は開戦前から日本の委任統治領になっていた南洋諸島方面に展開、トラック島を根拠地としていた。

激戦地から傷病兵を運び、治療を施しながら航行していた氷川丸だが、航路途中で治療及ばず死亡する将兵が多数いた。軍艦で戦死した兵は、海軍旗に包まれた滑り台から、弔砲と共に海中に滑り落とす「海葬」が習慣だが、病院船ではそれはしない。

氷川丸は、終戦までの三年半に、トラック、ラバウル、バリクパパン(インドネシア・ボルネオ島)、ジャカルタ、サイパン、マニラなどへ赴き、合計二十四回の航海で、三万人にのぼる戦傷病者を収容して、日本に運んだ。

任務中は傷病兵収容後のマニラ出港時に受けたグラマン戦闘機による猛烈な機銃掃射、終戦直前に受けた舞鶴軍港での百機あまりのカーチス急降下爆撃機による空爆など、氷川丸は幾多の危機に遭遇した。

さらにスラバヤ港外、ルオット水道(マーシャル諸島)、シンガポール海峡で、三度にわたり触雷したが、他の船と比べて厚い鋼板で頑丈に造られていたことから大破沈没を免れ、幸運船の異名をとった。

一九四五年四月末、触雷の損傷修理を終えた氷川丸は、横須賀を出港し、ジャカルタ、セレタ―軍港(シンガポール)、海南島で傷病兵を収容した。

その後、空爆の危険にさらされる佐世保の病院の患者や看護婦を安全な舞鶴に移す航海に二度従事し、舞鶴のドックで終戦を迎えた。

八月一五日正午、乗組員全員がプロムナードデッキで、あの有名な昭和天皇の「朕深ク世界ノ大勢ト帝国ノ現状トニ鑑ミ…」の終戦の詔書を聞いた。

たまたま私が日本滞在中の昨年十二月十八日に、今上天皇は、宮殿・石橋の間で、記者団に、こうお話しされている。

「今年(北村註:二〇一五年)は先の大戦が終結して七十年という節目の年に当たります。(中略)軍人以外に戦争によって生命にかかわる大きな犠牲を払った人々として、民間の船の船員があります。将来は外国航路の船員になることも夢見た人々が、民間の船を徴用して軍人や軍用物資などをのせる輸送船の船員として働き、敵の攻撃によって命を失いました。日本は海に囲まれ、海運国として発展していました。私も小さいとき、船の絵葉書を見て楽しんだことがありますが、それらの船は、病院船として残った氷川丸以外は、ほとんど海に沈んだということを後に知りました」

 

 

復員輸送の任務


 

復員とは、簡単に言えば、兵役を解いて帰省・帰国させることだ。終戦当時、海外に取り残された日本人は、軍人、軍属、民間人合わせて六百六十万にのぼったと言われる。

舞鶴で終戦を迎えた氷川丸は、第二復員省(旧海軍省)に用船され、一九四五年九月十五日より翌年の八月十五日まで、病院船のまま復員輸送にあたった。特に補給路を断たれて病気と飢餓状態にあった南洋諸島に取り残されていた復員兵の帰還が優先され、第一回の航海はマーシャル諸島のミレー島に配船された。

日本軍の拠点クワジェリンが玉砕し、戦力的価値なしとされたミレー島は、補給もないまま取り残された地獄の戦地だ。兵士たちは生き残りを図るために、終戦まで二年近くもの間、耕作地の殆どないミレー環礁の島々に分散し、自活を余儀なくされた。その多くが、飢餓と病で命を落とした。ネズミやトカゲ、草を貪り、木の根さえもかじって生きようと必死だった兵士たち。死に行く者を羨む程過酷な飢えとの戦いが続いた島だった。

ミレー島で収容した復員兵二千七十人を乗せて、十月に浦賀港に戻った。港では、たくさんの人々が日の丸の小旗を振って、復員兵と氷川丸を出迎えた。

氷川丸の救出先は、ウェーキ島、ウェワク(現パプア・ニューギニア)ラバウル、メナド、セラム島、ハルマヘラ、サルミ(ニューギニア)、ホーランディア(ニューギニア)、上海などで、輸送した復員兵は七航海で二万人近くに達した。

戦後、氷川丸の看護婦となった讃岐文子の遺歌集『氷川丸』には、看護婦歌人としての鋭い短歌が載っている。

遺棄されし病兵
幾千の収容を終えて
歓喜のドラ打ち鳴らす


涙と怒りなしでは鑑賞できない感性鋭い短歌だ。兵士は捨てられたのだ。

 

 

一般邦人引き揚げ 輸送の任務


 

引き揚げとは、一九四五年の太平洋戦争と日中戦争における日本の敗戦まで日本の植民地や占領地で生活基盤を有した一般日本人が、日本本土に戻されることをいう。

一般日本人の帰還では、現金千円と自力で運ぶことができる若干の荷物のみ帯行が許された。引き揚げにあたっては、敗戦時までに残っていた旧日本軍の艦船や民間船舶のみならず、二つの原爆を落としたアメリカ合衆国政府から、輸送船、戦車揚陸艦を合計百八十五隻、病院船六隻が貸与された。

復員輸送の任務を終えた氷川丸は、一九四六年八月十五日付けで大陸からの一般邦人の引き揚げ輸送の任務に就いた。

当時、中国東北部に残された日本人居留民は百三十万人。一九四六年五月、遼寧省葫蘆島(ころとう)経由での残留日本人百五万人の帰国事業が始まると、葫蘆島の住民は、日本人引き揚げ者にできる限りの救いの手を差し伸べてくれた。当時の引き揚げ者が、葫蘆島を「生命の駅」と呼んだのはそういう深い意味があることを忘れてはならない。

八月二十六日に横浜を出港して、満州引き揚げ者の集結地である葫蘆島(大連の北)へ向かった。九月六日夕方に引き揚げ者を乗せた病院列車が到着。氷川丸は直ちに、患者とその付添人約千七百人を収容した。九日朝に博多湾に到着し、十八日午前中に全員の下船が終了した。

祖国を目前にして船上で息を引き取る人も数多かった過酷な状況の中で、引き揚げ者は日本再建に向けての決意や医師、看護婦、乗組員への感謝の言葉を書き残した。彼らの手記は、「氷川丸に残す書」として保管されてきた。

①「内地の皆様の暖かい気持ちに接しただ感謝の気持ちで一杯です。此の上は一日も早く我が家に帰りつき、両親を安心させ、新日本の建設に努力致したいと思います」
②「船腹には真紅もくっきりと赤十字が輝き、その横には、氷川丸の文字が書いてある此の船に乗ったのは六日(九月六日)の夕方でした。看護婦さんと乗組員の方々の恩愛ある瞳に迎えられる中を、感激の涙にぬれた私たちは乗船しました。此の事は永久に忘れないでせう」

③「待望の御船に便乗致し、御丁寧なる御取り扱いに私共は祖国の有難さをつくづく感じました。(中略)おいしい麦とお米の御飯、何日ぶりかのお風呂、おやつのミカン、ほっとする気持です。私共は新京(長春)出発以来の苦労がすっかりほぐれ、只有難いという感謝のみでございます。氷川丸便乗の日々は一生の思い出となることでしょう。本当に有難うございました」

竹澤鍾(あつむ)は、氷川丸が海軍特設病院船時代の一九四五年から復員・引揚船時代の一九四六年にかけて、三等航海士として乗船した。竹澤鍾は、有隣堂主催の座談会でこう話している。

「私は復員船が終わってから、中国からの引き揚げを三航海やりました。私は航海士ですので、当直が終わると船内巡回をするんです。そのときに九歳と八歳の女の子と男の子の孤児と知り合って、その子たちが降りるときに私は『何か困ったことがあったら連絡しなさい』と名刺を渡しました。

その子たちは富山県のおばさんの所に預けられて、おばさんに名刺を渡したらしいんですね。それでおばさんが亡くなる前にその名刺を見せられ、女の子が富山県の日本郵船の支店に問い合わせて私の住所を調べて、(四十年後の一九八六年に)手紙をくれたんです。そこから文通を始めて、(その十年後に)半世紀ぶりに氷川丸で会ったんです。いいお母さんになって…。現在も健在です」 博多―葫蘆島の三航海、その直後のマニラー名古屋の一航海、合わせて約八千人を輸送した氷川丸は、一九四七年一月十二日をもって任務を終えた。

最後に、当時三等航海士だった竹澤鍾が作詞した「病院船氷川丸を讃える歌」(二番のみ) を紹介して、今回の特集を終えたい。

二 故国はなれて幾千里
南瞑(なんめい)飾る椰子の影
浮べし姿幾度ぞ
気高き真白の氷川丸 

                                                    おわり

 

【主な参考・引用文献】
●宮内庁ホーム・ページ 天皇陛下お誕生日に際し(平成27年)2016年1月9日アクセス
●日本郵船歴史博物館氷川丸ガイドブック
●讃岐昭雄編「氷川丸 讃岐文子遺歌集」(平成12年刊)
●Web版 有鄰 座談会 氷川丸・70年の航跡  http://www.yurindo.co.jp/static/yurin/back/394_1.html 2016年1月1日アクセス
●喜谷一郎右衛門著「海軍病院船 氷川丸日記」(昭和59年刊)
●H.W. McCurdy,“Marine History of the Pacific Northwest 1895-1965”, 1966,

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カナダに本社を置く「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」の表紙に、初めて、地球最後の日までの時間を示す地球終末時計が登場したのが、一九四七年。アメリカのハリー・トルーマン大統領が、広島と長崎に原爆の投下を命じた二年後のことだ。

この記事を詳しく見る

1752年、ベンジャミン・フランクリンによる有名な凧による雷の実験。雷が電気現象であることを実験によって解明したのがフランクリンの凧揚げ実験である、と教えられてきた私たち。凧が雷雲の中に消えていき…などと、見たような説明も独走している。実は、彼は凧揚げ実験をやっていないのではないかという学者がでて、すでに15年ほど。少し真相に迫ってみた。

この記事を詳しく見る

第二次世界大戦は、一九三九年から一九四五年までの六年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソ連、アメリカ、中華民国などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争だった。

この記事を詳しく見る

落語には枕がつきものだ。枕とは、演目へ入るさいの導入部分のこと。客席が本題の演目に入りやすくするための工夫のひとつである。 春風亭小朝師匠の枕話で、有名なのがある。「うちの師匠が脳梗塞で倒れまして。命はとりとめたんですが左半身がマヒしちゃうようなことになりましてね。看護婦さんが師匠にそのことを言いましたら、そっとおちんちんを右に寄せました」。 ある落語家が、枕で、日本の三大シツゲンというのがありまして…尾瀬沼、釧路、渡邊ミッチー…結構の笑いを客席からとった時代があった。ミッチーこと故渡邊美智雄代議士の

この記事を詳しく見る

CATEGORY

北村はじめの『ちょっと立ち読み』

トランプ・金正恩会談で 針は進むか、戻るか?! フランクリンは、ほんとうに凧を揚げたのか? もう一人の命のビザ発行者 卓袱台(ちゃぶだい)をひっくり返す言葉  ブロークンヒル 日本のウィスキーの父と母 元奴隷・元スパイ 豪州と日本に見るドイツ人捕虜 不毛の大地を潤した日本人水利技師 八田 與一 宇宙の銀河の数 学生三大駅伝三冠 箱根駅伝三連覇へ王手だ! キリシタンの夢を叶え続けた オバマ大統領の広島演説を読む ウズベキスタンの抑留日本兵のこの偉業! ロシア・バルチック艦隊発見 気高き 真白の 新年だ!御神酒あがらぬ神はなし 世界最長の郵便配達~QLDの空飛ぶ飛脚~ 鉄道王雨敬 ベルリンの壁 世界一 質素な大統領 いま、イギリスの ストーンヘンジがすっごく面白い! 台湾人日本軍兵士数百名を救った 「よお、備後屋、相変わらずバカか?」 日本の城物語(4/4回) 日本の城物語(3/4回) 日本の城物語(2/4回) 日本の城物語(1/4回) 2014年は「国際農家年」 2014年は「国際農家年」  おもしろ歴史散歩! 監獄の島 造船の島 故吉川利治教授からの聞き書き 2014年は「国際農家年」 江戸城に激震を起こした 絵島事件! 日米開戦阻止に 奔走した日本人がいた! 野口英世 この母ありて この息子あり 歴史の聞き書き ベトちゃん・ドクちゃん看護秘話 北村 はじめの『ちょっと立ち読み』 バレンタインデー雑学誌 ネッド・ケリーの前座を つとめた盗賊たち シンガポール血の粛清 陰で救った篠崎護 2013年は「国際水協力年」: アウトバック de 廃車復活戦 ルポ:彷徨える ベトナム軍退役兵士 東京大空襲から66年 ナナメ後ろから見た タスマニア物語 倫敦 ゴーストハンティング タイタニック沈没から100年(2012年) 戦争から平和へ ダンシングマン逝く

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase