オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

北村はじめの『ちょっと立ち読み』


2013年は「国際水協力年」: アウトバック de 廃車復活戦

05/08/2013

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 北村 はじめの『ちょっと立ち読み』2013年は「国際水協力年」:アウトバック de 廃車復活戦


とざい、とーざい!

本日はニギニギしくご来場、厚く御礼を申し上げます。舞台は1回限りのもの。演劇の劇は、劇薬の劇。つまり、演劇というものは激しくなければならない、というのは文芸春秋を起こした菊池寛が残した言葉でございますが、我々もチアーズ座中一同、激しく、一所懸命、舞台を務めますれば、お客様は我々から気を受け取って頂き、それを何層にもして投げ返して頂ければ、その気を感じた役者がよりいっそういい舞台を務めます。

ブルーマウンテンズを越え、バサースト、カウラを突き抜け、ブッシュレインジャーの特集でお馴染みのユーゴウラを後にして、フォーブスまでひたすらドライブ致しましたるところ、そこからさらに、オーサ村にたどり着き、左折して未舗装の道路をユート・イン・ザ・パドックまで、砂塵もうもうのドライブ。舞台は斯くも遠いのでございますが、そこに、オーストラリア人の発明となる廃車のユート20台ほどを使った野外展示場がございます。ブッシュ・ピープルに捧げるユニークな野外ギャラリー。毎年、何千という人が、このラクラン川流域のアウトバック・ギャラリーを訪れますが、ここに展示されている廃車ユートの芸術作品に、チアーズ編集部と、私北村が勝手に順位をつけてみましたる、

題して『廃車復活戦 2012年の年末年始』 ずずずいと、ご覧~~~いただきたく候。



優勝 ラム酒を守れ

グレート・バリア・リーフの「入り口の町」と呼ばれる、QLD州のバンダバーグ。延々とドライブしてきた者には、ここがオアシスになる。

この町の名物はたった2つ。砂糖にバンディ・ラム酒。バンダバーグのラム酒はバンディの愛称で知られる。このラムを有名にしたのは一頭のシロクマ。バンダバーグ・ラムはビールとワインばかり飲むオーストラリア人に何とかラムのおいしさを伝えようと宣伝方法を考えた。この踊って話せる人間くさいシロクマのテレビCMは大ヒットし、人気のラム酒に仕立てた。

アウトバックで黄金の液体といえば、ラム酒のバンダバーグ。こぼしちゃなるもんかと必死にボトルを立てようとする、まさに命の水を一滴も無駄にしない英雄的?行為を象徴する作品だ。このオーストラリアの古典話を、ピーター・モーティマーがユーモラスに、VS型ユートに表現した。バンディなしの奥地のパーティは考えられない。牧畜業者間の固い友情よりももっと聖なる物があるとすれば、それはバンディだ。

製作者のピーター・モーティマーは、馬を飼育しながらダボで創作活動をする。彼が馬を主題にするには十分な理由がある。曾祖父はイングランド・ブリストルの馬車鉄道の御者主任で、現代風にいえば、市バスの運転部長。気難しい馬に蹄鉄をはめるときに命を落とした。祖父は、1911年にオーストラリア移住前にイングランドで八頭立ての鋤を操る農夫だった。両親は、ともに馬乗りで、母親は乗馬のチャンピオンになっている。

 


準優勝 Ute of Arms

 製作者はブラッド・ブラウンとスコット・エドワーズ。“Utes in the Paddock”の草創のメンバーだ。題名は「ユートの手」。まるで、豪州のナショナル・エンブレムを見ているみたい。それもそのはず、1951年1月生まれで、初代のホールデンのクーペ・ユーティリティはFXとして知られ、完全にオーストラリア文化を担ってきた。ユートとオーストラリアのアウトバック文化を象徴した作品だ。カンガルーもエミューも前にしか進めない、後戻りができない動物だ。この国の開拓者精神を象徴している。

車の後方に倒れている風向計をやめて、むしろユートの後ろに「ヒルズ・ホイスト」を配したら、いかがなものか。第二次世界大戦後、アデレードの発明家、ランス・ヒルさんが、庭の木に張った洗濯ヒモに洗濯物を干すのに難儀をしていた奥さんの姿をヒントに、開発をし始めて、発売とともに大ヒット。

その状態で、アメリカの作曲家EE・バグリーの元気のいい「国民の象徴」という行進曲がぴったりだ。フォルテッシモの部分で二頭の動物が前に進み、メゾ・フォルテとメゾ・ピアノの部分では、カンガルーもエミューも踊りだし、ホイストはくるくる回り始めるに違いない…。



第3位 シャーウッドの森の男 "Drizakubra" by Belinda Williams

「ドライザクブラ」と題するこの作品、ドライザボーンとアクブラを一緒にした合成語。これは、アウトバックで見ると、いい作品だと思う。

創業100年を越える伝統のアウトドアメーカー「ドライザボーン」。そのはじまりは、海上で生活を送る水夫のためのコート作りだった。水夫が帆船のオイルを含侵させた帆布を再利用してコートを作ったことから誕生した、独自の防水加工素材“ オイルスキン”。

雨模様の日、タスマニアでコンヴィクトの話をしてくれたガイドが着ていたが、その高い撥水性、防風性から“骨のように乾いた”という意味を持つブランド名の意味がよくわかった。

そして、頭には、オーストラリア、アメリカ、ヨーロッパで大変有名な130年の歴史のあるアクブラハット。オーストラリア帽子のブランドだ。

作品の説明には、シャーウッドの森風の男と書かれていたように思うが、シャーウッドの森は、イギリス、イングランド・ノッティンガムシャーにある王室林。ロビン・フッドが隠れ住んだ森として知られる。彼は弓の名手で、アウトロー集団の首領とされる。この男性にも、そういう意味を込めているのか?

ユートをうまく使い、後ろ姿のふくらみがすばらしい。もっと、上位を占めてもいい作品だ。製作者は、モリー生まれの女性水彩画家、ベリンダ・ウィリアムズ。1997年から専業画家として活躍。

 


第3位 UteZilla  

ゴジラをもじって、ユートジラ。使用車は、FE型ユート。ジム・モジニーとスティーブン・コバーン、彫刻家と音楽家の共同制作。「レッドネック・ワンダーランド」という歌と、日本初の特撮東宝映画『ゴジラ』シリーズの影響を受けているそうだ。

強くて大きなものをイメージさせようと、ゴジラの名前はゴリラと、くじらを合わせて作られたことは、ご存知の通り。その流れを組んだこのユートジラも、やはり哺乳動物系らしい。

ジムはオーストラリアの伝説的バンド、シドニー出身のロックバンド、ミッドナイト・オイルの創立メンバーだ。2003年に環境と音楽産業への貢献で、オーストラリア勲章を受賞。現役時代は11個のARIA賞を受賞。リード・ボーカルだった世界的な反捕鯨主義者、ピーター・ギャレットは政界に進出。グループは25年後の2002年に解散した。ジムは、新バンド「ファミリー・ドッグ」で歌い続けている。

 


第5位 ネッド・ケリーでエコ走行

ネッド・ケリーの登場! でござる。有名なアウトバックの無法者が、製作者ポール・ブラフタにプレッシャーをかけたのかもしれない。使用車は、FJ型ユート。ポールは、カネをケチるアウトバックの生活、歴史と風景に欠かせないものとして、ネッド流の話が最適と考え、迷わずに決めた。面白い作品。だが、今は、馬の餌代とガソリンは、どちらが安いんだろう?

日本では、馬が一般公道を歩くことは禁じられていないが、道路交通法では軽車両扱いとなる。人が酔っ払って馬に乗ったら飲酒運転になるのか。公道に馬を止めておくと駐馬違反になるのか? その場合レッカー移動されるのか?? 

子供向けの一連の歴史本の共同イラストレーターとして、ポールの明るい色使いは、最も若年のオーストラリアの子供にも大人気。彼の創造の大規模さは、彼の作品の多くに共通した要素だ。

ブリスベン生まれ。ポールは8才で、絵画と、母と姉と自分とで作った電動の窯とドラフト灯油の窯でガラスをミックスさせる実験もして、陶芸を始めた。

高校の美術科目ではトップで卒業したポールは、1981年にブリズベンの「アート/セブンヒルズ大学」で学位を得た。

 


第6位 Go Vegemite

使用車は1960年型、ユートFB。製作者は、ロブ・キーン。寄贈者は、カーク・ファミリー。「ベジマイト」は、スーパーではジャムやハチミツ、ピーナッツバターなどと同じセクションに置かれているが、そもそもは健康食品。このオーストラリアのアイコン的食べ物はいつも賛否両論を呼ぶ。見てくれがチョコレートペーストに見えるため、知らない人は、勇んで買って口に入れて「ゲボ」となる。怖いもの見たさでお土産に買う人はいるが、食べ方をよく知らないので、日本でもらった人は大概は食いきらずにゴミ箱行きだ。

人から聞いておそるおそる買ってみた人、一口食べて諦めた友達から無理やりもらい受けた人、そんな外国人からの数々の仕打ちにもベジマイトはひたすら耐え、国民からの強い支持を頼りに、今日もジャムセクションで王者ヅラしている。

ベジマイトにはビタミンB群などが豊富に含まれているため、第一次、第二次世界大戦のさいは戦士たちに重宝がられた。半ば冗談でオーストラリアの国民食と言われるが、他の国ではめったに見られない。1923年にオーストラリアのフレッド・ウォーカー社がビール酵母からスプレッドを開発したさいに、食品技術者のクリル・キャリスターがベジマイトを発明した。

オーストラリアに来たら、騙されてでもいいから一度は試してみたい「ベジマイト」。私もすでに騙された。

 


第7位 デイム・エドナのルート  

ライラック色の髪、キャットアイの眼鏡…そう、メガネスター…ではなく、メガスター、デイム・エドナ・エヴァレッジである。NSW州ワガワガ郊外でお生まれになった。

この作品のすごいのは、オーストラリアのアイコンの中に人間のアイコンを入れこんでしまったことだ。私が隣で撮影しているとき、女性3人が、しきりとこの作品の前で笑っていた。それもそのはずで、ホールデンのユートをうまく使って奥地のトイレ(私は、最初バス停にばあちゃんが座っていると思っていた)に仕立て上げ、そこにエドナ夫人を配したのだから。上の排気管が生きている。おばちゃんのは臭いのかな。

エドナおばちゃん、トイレで雑誌を読んでいるのだ。他の人の写真では、トイレットペーパーの先が足元まで垂れ下がっていた。紙を補給するハウスキーパーがいるんだね。

1955年に「一介の主婦であるエドナ・エヴァレッジ」が芸能活動を開始、その後活動の場をロンドンに移して「メガスターとしての地位を不動のもの」にした。ウィリアム王子の結婚式にも、しっかりとライラック色の髪をして、例のメガネをかけてご臨席。

製作者のカレン・トゥースは、心理学と美術でディグリー、教育でディプロマをとっているが、絵画は自学だという。ビジュアル・アートで25年間教壇に立った。アウトバックをこよなく愛す芸術家。

 

 
第8位 ユート・ピア

ここオーストラリアでは、「ユート」という言葉は聞き慣れた言葉だ。ユーティリティの短縮形。農場用の軽車両だ。後ろの荷台はバケツと呼ばれ、家畜、犬、干し草、ビールなど運びたいものを入れる。ユートは運転手+1人か2人の同乗者に日陰と快適さを与える馬なしの馬車だ。サスペンションが強いので、メンテをする限り、相当のものを運べる。

串刺しに見えるのは、実は車を下から突き抜けて育った3本のグラース・ツリーを表す。「野生動物保護のための人工岩礁を作る船として、私のユートEJ62をアウトバックに沈めてその使命を終えた。野生生物のための住処となり聖域となった」と、製作者のシドニー生まれのスティーブン・コバーンはいう。マグパイ、エリマキトカゲ、ドラゴン。グラス・ツリーの根もとには、ワラビー、エミュー、ディンゴとウォンバットがいる。

ユートピアは、イギリスの思想家トマス・モアが1516年にラテン語で出版した著作『ユートピア』に登場する架空国家の名前。「理想郷」とも。トマスモアにより「ユートピア」という言葉が初めて使われてから約500年になる。反対語はディストピア。

スティーブン・コバーンは、1971年にセント・アイヴス高校卒業後、3つの学校を卒業し、1980年からキャンベラ・カレッジでさらに絵と美術の保存を専攻した。

 


第9位 ウィラジュリ“ユース”物語
若手の芸術家がウィラジュリ地域を旅行し、川、大地と動物の景色を表したもの。アボリジニの旗のように、赤は大地を、黒は人々を、黄色は太陽を表す。

白は、地域を貫流する川が大地に生命をもたらすことを表す。川と水溜まりの点は、生命力だけでなく水の流れを表し、より大きい点は水の流れの速さを示している。ボンネットと荷台にあるUの形は、キャンプファイアを取り囲んで座った人々の後に残されたマークなのだ。ウィラジュリの人々の強い絆と伝統を示している。絵の背景にある手は、我々の祖先の精神だそうだ。

ユート野外展示場に出品にあたって、地元住民が、コンドボリン(近くの町の名前)青年部のメンバーの中から推薦した。地元のアーティスト、レベッカ・シェパードが監督となり、若手アーティストが協力、ウィラジュリのストーリーを描いた。ユートとユース(若者)をかけて、ユース・ストーリーにした。

 



第10位 化石燃料の墓碑

作者は、シェーン・ゲラート。鮮明な色使いと強いイメージで、「化石燃料への墓碑銘」は、ユート・パドック野外美術館に価値ある一景を加えた。漢字も親しみやすい。枯渇を恐れる天然資源の象徴として「油」と「水」をあげているが、2013年は、「国際水協力年」であるので、取り上げた。「水」と「油」の醜い争奪戦は、国益、地域益に如実に現れる。

石油は元来、生物やプランクトンの死骸が降り積もってできた有機起源説が大勢を占めてきたが、近年、旧ソ連邦を中心に、石油は地球のマグマが炭化水素に圧力をかけて生成したものだという無機起源説が有力となってきた、という話である。だとすると、可採埋蔵量の減少によってパニックになっている現在の石油価格は何なのかということになる。

ジャッカロープ(ジャックウサギとレイヨウとの交配種とされる架空の動物)が描かれているのも面白い。オーストラリアの超現実的アーティスト、シェーン・ゲラートの変幻自在に動く野生の目を象徴する。シェーンは、アデレードで生まれ育ち、学校の休みは、広大な羊牧場の訪問に費やされた。やがて、鮮明な色と煌々とした光とのコントラストは、彼の心眼に永遠に刻まれた。 ブロークン・ヒル在住のアーティスト。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

1752年、ベンジャミン・フランクリンによる有名な凧による雷の実験。雷が電気現象であることを実験によって解明したのがフランクリンの凧揚げ実験である、と教えられてきた私たち。凧が雷雲の中に消えていき…などと、見たような説明も独走している。実は、彼は凧揚げ実験をやっていないのではないかという学者がでて、すでに15年ほど。少し真相に迫ってみた。

この記事を詳しく見る

第二次世界大戦は、一九三九年から一九四五年までの六年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソ連、アメリカ、中華民国などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の巨大戦争だった。

この記事を詳しく見る

落語には枕がつきものだ。枕とは、演目へ入るさいの導入部分のこと。客席が本題の演目に入りやすくするための工夫のひとつである。 春風亭小朝師匠の枕話で、有名なのがある。「うちの師匠が脳梗塞で倒れまして。命はとりとめたんですが左半身がマヒしちゃうようなことになりましてね。看護婦さんが師匠にそのことを言いましたら、そっとおちんちんを右に寄せました」。 ある落語家が、枕で、日本の三大シツゲンというのがありまして…尾瀬沼、釧路、渡邊ミッチー…結構の笑いを客席からとった時代があった。ミッチーこと故渡邊美智雄代議士の

この記事を詳しく見る

プロローグ NSW州最西部の町ブロークンヒルに、シドニーからドライブしたことがある人は、少ないだろう。シドニーから陸路一千キロは、ジェフリー・ブレイニーの著書のタイトルではないが、やはり“距離の暴虐”を感じる。 最寄りの最大の町は、南に三百キロ行ったVIC州のミルジューラ。最寄りの大都市では、南西に五百キロのSA州の州都アデレードだ。このような遠隔地での位置関係のために、ブロークンヒルはSA州と強いつながりを持ち、NSW州にありながら、東部標準時間より三十分遅れた中部時間で生活している。 かつてこの

この記事を詳しく見る

CATEGORY

北村はじめの『ちょっと立ち読み』

フランクリンは、ほんとうに凧を揚げたのか? もう一人の命のビザ発行者 卓袱台(ちゃぶだい)をひっくり返す言葉  ブロークンヒル 日本のウィスキーの父と母 元奴隷・元スパイ 豪州と日本に見るドイツ人捕虜 不毛の大地を潤した日本人水利技師 八田 與一 宇宙の銀河の数 学生三大駅伝三冠 箱根駅伝三連覇へ王手だ! キリシタンの夢を叶え続けた オバマ大統領の広島演説を読む ウズベキスタンの抑留日本兵のこの偉業! ロシア・バルチック艦隊発見 気高き 真白の 新年だ!御神酒あがらぬ神はなし 世界最長の郵便配達~QLDの空飛ぶ飛脚~ 鉄道王雨敬 ベルリンの壁 世界一 質素な大統領 いま、イギリスの ストーンヘンジがすっごく面白い! 台湾人日本軍兵士数百名を救った 「よお、備後屋、相変わらずバカか?」 日本の城物語(4/4回) 日本の城物語(3/4回) 日本の城物語(2/4回) 日本の城物語(1/4回) 2014年は「国際農家年」 2014年は「国際農家年」  おもしろ歴史散歩! 監獄の島 造船の島 故吉川利治教授からの聞き書き 2014年は「国際農家年」 江戸城に激震を起こした 絵島事件! 日米開戦阻止に 奔走した日本人がいた! 野口英世 この母ありて この息子あり 歴史の聞き書き ベトちゃん・ドクちゃん看護秘話 北村 はじめの『ちょっと立ち読み』 バレンタインデー雑学誌 ネッド・ケリーの前座を つとめた盗賊たち シンガポール血の粛清 陰で救った篠崎護 2013年は「国際水協力年」: アウトバック de 廃車復活戦 ルポ:彷徨える ベトナム軍退役兵士 東京大空襲から66年 ナナメ後ろから見た タスマニア物語 倫敦 ゴーストハンティング タイタニック沈没から100年(2012年) 戦争から平和へ ダンシングマン逝く

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase