オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

feature


ついに復活!第13回 ALOHA JAPAN CUP

2016開催!

01/07/2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

5月29日(日)にノーザンビーチのディーワイにあるポイント「ノーマンズランド」にて日本人のサーフィン大会『アロハジャパンカップ2016』が開催された。5年ぶりの復活で13回目を数える同大会には、オープンA、オープンB、マスターズの3カテゴリーで総勢46名のエントリーを集めた。同大会第一回目から参加しているレジェンドからワーキングホリデーで来豪したばかりの選手まで、幅広いエントリーのなか、オープンAではハマノタケシさんが優勝、マスターズではトミタヒカルさんが2連覇、オープンBではシライトシナリさんが勝利をつかんだ。

 

 

 

 

 

大会当日は晴天に見舞われ、波は3~5フィートのレフト、ライトともに早い波で風はオフショア。オープンAの選手でも沖までゲットアウトすることがやや困難なコンディションだった。ジャッジ席でノーザンビーチのレジェンド・シェイパーであるマイク・プシラキスさんが見守るなか、オープンAの予選開始を告げるホーンが鳴り響く。


早朝はロータイドで砂を巻き上げながらクローズアウト気味の波だったが、かろうじてライトのチューブを狙う選手や、速いライディングでセクションまで抜けてアクションを決める選手の姿などもあった。同大会常連で、ここ数年は常にファイナリストまで残っていたマルーブラ在住のヤスダマサテル選手が、波に恵まれず初戦で姿を消すという波乱も起きた。そんなハードなコンディションのなか、20歳前後のフレッシュな選手ふたりが輝いていた。決勝へは進めなかったものの、チューブやビッグフローターを決めたマスダタイヨウ選手や、フィンアウトするほどの、鋭角でスプレーの多いトップターンを見せていた、高校を卒業したばかりのアラカワタクト選手のパフォーマンスの高さに、近い将来に起こりえる世代交代を感じた人も少なくなかったはずだ。年々オープンAのレベルが上がっていることを感じた。


ハイタイドに向かうにつれて徐々にファンなコンディションに変わっていったところで、マスターズとオープンBの予選が行われた。マスターズは波を熟知したレジェンドサーファーが集まっただけあり、カットバックを多用しながらインサイドまでロングライドをする選手の姿が印象的だった。使用しているサーフボードもハイパフォーマンス系からクルージング系まで多種多様。年を重ねても若者に引けをとらないライディングが可能であることを体現した。オープンBには今回3名の女子が参加。サーフィン歴3年未満という条件を疑ってしまうかのようなレベルの高い戦いを展開していた。このハードなコンディションのなか、果敢にチャージする気持ちは、ほかのカテゴリーの選手のそれよりも強く感じた。


ハイパフォーマンスが可能なソフトボード『キャッチサーフ』のパフォーマンスが正午に行われ、いよいよそれぞれのカテゴリーのファイナルが開催される。オープンBファイナルでは、シモダエミ選手が女子ひとりファイナルまで上り詰めたことが印象的だった。優勝をつかんだのは終始落ち着いたライディングを見せたシライトシナリ選手。そして、マスターズのファイナルを制し2連覇を達成したトミタヒカル選手は、この日オープンAとマスターズの2カテゴリーでファイナルまで残るという偉業を成し遂げた。ファイナルでのスコアは、なんと2位に5ポイントの差をつけて14ポイントとハイスコア。他のファイナリストの倍の試合数をこなしながらのこのパフォーマンスには圧巻の一言。


オープンAファイナルでは、そのヒカル選手とゴールドコーストから参戦したマスダシン選手、ボンダイから参戦したハマノタケシ選手、そして過去2度の優勝経験を誇るアロハ・マンリー・スタイルのサカキカズ選手がラインナップ。アクションで魅せるシン選手に対し、綺麗に乗り継いでポイントを稼いでいったヒカル選手。ひとり左奥のレフトを狙ってきっちりとターンを量産していったタケシ選手。そしてやや出遅れたカズ選手が終了間際にバックサイドの大きなフローターを決めて、全員が高得点を予感させるライディングを見せると会場はヒートアップした。


常にノースのサーファーが優勝してきた同大会だったが、2016年、遂にタケシ選手の手によってチャンピオンの座がサウス側へと移動し、歴史が動く年となった。マンリーにあるアロハ・マンリー・スタイルにて行われた表彰式では、優勝者であるタケシ選手にサーフボードとトロフィーが贈呈された。また、その他の入賞者やラッフル当選者にも、ウェットスーツやスニーカー、DVD、美容院ギフトバウチャーなど、スポンサーからの豪華プライズが贈呈され、アフターパーティは大いに盛り上がりをみせた。なお、大会当日に行われた熊本地震へのチャリティーラッフルなどで集まった義援金は1029・60ドルへと昇った。集まった義援金は日本赤十字社を通じて熊本の被災者へと送金される。

 

 

 

 大会動画はこちら   www.youtube.com/watch?v=U-9Euki5Irk

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

ビクトリア・ハーバーを挟み北側に広がる九龍半島と南側の香港島、235もの連なる島々を含めたエリアで成り立つ香港。

この記事を詳しく見る

ビクトリア・ハーバーを挟み北側に広がる九龍半島と南側の香港島、235もの連なる島々を含めたエリアで成り立つ香港。

この記事を詳しく見る

ビクトリア・ハーバーを挟み北側に広がる九龍半島と南側の香港島、235もの連なる島々を含めたエリアで成り立つ香港。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

feature

すべての得点に絡む本田圭佑 4節で3回目のベストイレブン 旅スル 香港 part3 旅スル 香港 part2 旅スル 香港 part1 2018FIFAワールドカップ ロシア大会開催間近! グループH関連チアーズまとめ チアーズ的シドニーインスタ映えスポット特集 Water Park Beach Safety ベトナム枯れ葉剤被害者支援の会 1泊2日でゴージャズに楽しむ NAIDOC WEEK特別企画 2016 Censusを分析 チアーズ上半期マーケティングリサーチ 禁煙志願者に救世主が現れた? ニコチンフリーの代替品 ワンランク上のラグジュアリー感を提供 バレンタインデーに必ず行きたい 街をあげて芸術の祭典 『命のビザ』杉原千畝の意思を受け継ぐ姪孫 極彩色溢れる近未来型の都市国家 ベトナム枯れ葉剤被害者支援の会 南米初の夏季五輪8月5日から開幕! ついに復活!第13回 ALOHA JAPAN CUP 平成28年熊本地震発生 風光明媚なニュージーランド南島 ペットを迎える前にこれだけは知っておきたい We will never forget 3.11 オーストラリアの歴史を知って、もっと在豪を楽しもう! ベトナム枯れ葉剤被害者支援の会 8月14日発表 積極的平和主義 レインボーフラッグが全米で舞い踊る スペイン植民地時代の面影を残す城壁都市 大型サイクロン「パム」が襲ったバヌアツ共和国 「Pride of America」で行く永田朝子のハワイ4島巡り パリ祭100周年!パリを暮す 女4人旅 2014 FIFAワールドカップ 元ワーキングホリデーメーカーの30才アジア一人旅

CATEGORY

娯楽記事

Side girl 20190702
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示