オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

娯楽記事 > feature

37 見つかりました

2012年から参加しているベトナム枯れ葉剤被害者支援の会に今年も取材同行した。今回の参加者は日本からの学生参加者を含めて12名を数えた。支援活動の対象者は、いまだジャングルに潜む不発弾以上に深刻な負の遺産、アメリカ軍による枯れ葉剤撒布の被害者やその家族。被害者と言っても症状は奇形、盲目、発達障害、知能障害とさまざまだ。

この記事を詳しく見る

2016年8月5日から8月21日の17日間、ブラジルのリオデジャネイロでリオデジャネイロ・オリンピック&パラリンピック2016が開催される。1896年にギリシャで第回が行われてから今回で31回を迎える夏季オリンピックとなる。ゴルフと7人制ラグビーが正式種目に追加されたことで話題を呼び、ついに大会まで秒読み段階に入った。日本にとっては、4年後の東京オリンピックに向けて終わり方が重要なリオ五輪で、メダルに手が届きそうな日本人選手を中心に紹介してみたい。

この記事を詳しく見る

5月日(日)にノーザンビーチのディーワイにあるポイント「ノーマンズランド」にて日本人のサーフィン大会『アロハジャパンカップ』が開催された。5年ぶりの復活で回目を数える同大会には、オープンA、オープンB、マスターズのカテゴリーで総勢名のエントリーを集めた。同大会第一回目から参加しているレジェンドからワーキングホリデーで来豪したばかりの選手まで、幅広いエントリーのなか、オープンAではハマノタケシさんが優勝、マスターズではトミタヒカルさんが2連覇、オープンBではシライトシナリさんが勝利をつ

この記事を詳しく見る

月14日21時26分にマグニチュード・の前震、その時間後である4月16日1時25分に、マグニチュード・の本震が熊本地方全域を襲った。「平成28年熊本地震」で、倒壊した住宅の下敷きになったり、土砂崩れに巻き込まれるなどして、熊本県であわせて49人の死亡が確認された。そのうち37人は家屋の倒壊、9人は土砂災害による死亡だった。また負傷者は熊本県・大分県内だけでなく、佐賀県、福岡県、宮崎県でも出たほか、避難生活や車中泊などによるストレスや病気などの震災関連死により、亡くなったとみられる人が17人に

この記事を詳しく見る

手付かずの自然が広がるニュージーランド南島の中で、標高2000メートル級の山脈に囲まれた壮大な景勝地、クイーンズタウン。四季折々の美しさから「ビクトリア女王にふさわしい」として名付けられたこの街は、風光明媚な南島の中でも随一のリゾートタウンとして国内外から130万人もの観光客が一年を通して訪れる。

この記事を詳しく見る

「動物大国」と称されるオーストラリアは、豊かな自然の中に数多くの野生動物が生息している。またペットとして人とともに暮らす動物も多く、約63パーセントの世帯がペットを飼っており、その割合は世界で最も高いという。そんな「動物愛護の国」というイメージが強いオーストラリアだが、実際は多くのペットが自分勝手な理由で捨てられ、殺処分されていることはあまり知られていない。身近なところでは、ワーキングホリデーでオーストラリアにやってきて、その期間中だけペットを飼い、日本に帰国するときには置いていってしまうケースも存在する

この記事を詳しく見る

3月11日(金)と12日(土)の日間に渡り、マンリーのセイント・マシュー教会にて、東日本大震災復興支援イベントが開催された。同イベントの初日には「東日本大震災追悼式典」が、日目には「東日本大震災復興支援コンサート」が行われたほか、「東日本大震災復興支援チャリティーイベント&マーケット」がザ・コーソーの遊歩道で開催された。JCSレインボー・プロジェクトが主催する同イベントは今年で5回目を迎え、日本とオーストラリアの絆を結ぶ恒例一大行事となっている。

この記事を詳しく見る

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

年から参加しているベトナム枯れ葉剤被害者支援の会に今年も取材同行した。支援活動の対象者は、ベトナム人枯葉剤被害者とその家族。多くが今なお困窮し、生活もままならない状況にある。ただ支援金を送金するのではなく、どんなに時間が限られていても、または費用がかかっても、実際に現地に出向き、触れ合うこと、苦しみを分かち合うことを目的としている。それが本当の支援と、弊紙コラムニストであり愛のベトナム支援隊の北村元氏は言う。弊紙読者に対し、今後の支援活動への理解を深めるきっかけになってもらえたら本望に思う。

この記事を詳しく見る

終戦記念日前日の月日午後時に、この言葉とともに幕を開けた安倍晋三総理大臣記者会見で、安倍首相は戦後年の節目に談話を発表した。

この記事を詳しく見る

2015年6月26日、アメリカの連邦最高裁判所の判決により、アメリカ全州で同性婚法案が合法化されることになった。同性婚に対する合憲・違憲論争のぜひを巡り、真っ二つに論争が分かれていたアメリカで歴史的な判決がくだされたことになる。アメリカで合法となったことで世界に与える影響力は大きく、これからは、好む好まざるに関わらず、LGBTについて知っておいた方がいい時代がやってきたと言える。「うちはパパがいなくてママがふたり」という子供は最早テレビの中のお話だけではなくなってきたのだ。知らないものは恐ろしく感じるもの

この記事を詳しく見る

太平洋の7107もの島から成り立つ笑顔の楽園フィリピン共和国。1年を通して平均気温が約27度、湿度を意外と感じない心地さと、国民が持つ人懐こい笑顔が実に印象的な国だ。そんなフィリピンがここ近年、経済成長真っ只中の、今まさに世界が注目しているアジアのハブ都市になっている。

この記事を詳しく見る

3月13日から14日に、南太平洋の島国バヌアツを、最大風速64メートルの超大型サイクロン「パム」が襲った。住居をはじめ、レジャー施設、政府庁舎、病院など大多数の建造物が倒壊するほどの壊滅的な被害を受け、首都ポートビラがあるエファテ島以外の離島にも被害が及んだ。被災者は人口のおよそ半数にあたる、13万人にも上ったという。

この記事を詳しく見る

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

昨年9月に、シドニー在住だった友人夫婦が、今後はフランスの「ルーアン」で暮すことを決め、別れ際の「朝子さん、遊びに来てね」とのお誘いの一言がいつも心の片隅にありました。機会があれば!と思っていたところ、今年になって偶然にもフランス行き希望の人のメンバーが揃い、私に旅行チャンスが到来! 今回のプランはシドニー発ドバイ経由でパリ着後、「ルーアン」(泊)、モン・サン・ミッシェル(泊)、サン・マロ(泊)。そしてメインは「7月14日の100年記念・パリ祭」を本場パリで迎える!と決め、10日間の「パリを暮す?

この記事を詳しく見る

2014年ブラジルW杯は、7月13日(オーストラリア時間14日)、リオデジャネイロのマラカナンスタジアムで決勝戦が行われ、ドイツが延長戦の末、でアルゼンチンを下し、6大会ぶり、回目の優勝に輝いた。回目の優勝はブラジルの5回に続き歴代2位タイ(イタリア)。また南米開催で欧州が優勝したのは初めてで、見事ジンクスを打ち破った。22歳で10番を背負う若きスーパースター、ネイマールとロドリゲスは涙を流し、キャプテンとしてチームを28年ぶりの優勝に導こうと奮起したメッシの夢も決勝の舞台で途絶えた。さまざまな

この記事を詳しく見る

歳で決意した世界一人旅。常識的に考えるとなんともギリギリの年齢だが、ある出来事が大きな原動力となった。それは歳のときに突然やってきた同級生の他界。「いつ死ぬか分からない。自分がやっていることは本当に一番やりたいことなのか?」と彼に問われているような気がした。当時、私が一番やりたかったこと、それは世界を旅することだった。

この記事を詳しく見る
Banner3
Side girl 20200116
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示