オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheers インタビュー


UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター

Richard Walsh

25/09/2014

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

2014年4月16日にカナダ・ケベック州ケベックシティで開催されたUFCの大会のひとつ、UFC Fight Night「Bisping vs Kennedy」(別名The Ultimate Fighter Nations Finale)にて、UFCのデビュー戦を勝利で飾ったオージーファイター、リチャード・ウォルシュ選手(以下リッチー)。現在6連勝中と勢いに乗るリッチーが、9月20日に行われるUFC JAPANという大舞台での試合が決まった。対戦相手は国本"ストラッサー"起一選手。日本国内総合格闘技団体、HEATの第5代ウェルター級王者で、UFC2連勝中のベテラン柔術家だ。そこで仮想起一選手のスパーリングパートナーとしてお呼びがかかったのが、リッチーの長年のトレーニングパートナーであり、マーク・ハントのスパーリングパートナーの経験を持つ日本人格闘家「マサ」。UFC JAPANを前に、チャッツウッドにあるリッチーの所属ジムであるVT1 マーシャルアーツ・アカデミーを訪れ、試合目前に迫ったリッチーに今の心境を伺った。

 

 

現在、MMAの公式戦において8勝1敗と好調だけど調子はどう?

 

ベリーグッド。UFC JAPANに向けてマサやVT1のヘッドコーチのリアム先生とトレーニングをしているんだけど、周りのみんながたくさんヘルプしてくれるから感謝しているよ。

 

 

UFCカナダのFight Nightでオージーのクリス・インディチ選手との対戦はどうだった? 初のUFCだったよね?

 

UFCの舞台は特別だったよ。5000人の大観衆に囲まれてケージに入る前まではドキドキしていたけど、一旦ケージに入ったらもう観客も何も見えないし音も聞こえない。まぶしいライティングに照らされて、目の前にいるクリスだけしか目に映らないんだ。体が燃え上がって戦いたがっているのを感じたよ。そんなクレイジーな体験を今度は埼玉の4万5000人くらいのお客さんの前でできるから楽しみだ。

  

 

いよいよ9月20日のUFC JAPANが迫ってきたけど、対戦相手の国本起一選手についてどんなイメージを持っている?

 

起一選手はすでにUFCを2連勝していて、過去HEATでもチャンピオンを取っているレジェンドファイターだから、自分にとってすごくチャレンジングな戦いになるだろう。彼のスタイルはレスリングと柔術。ストライキングでは彼よりも早く動けるはず、と信じているよ。俺の方が若いしね。絶対勝ちたいな。

 

 

UFC2連勝中の起一選手とどんな戦い方をする?

 

スタンディングでは、自分の距離をとって彼をケージに追い詰めるように、インアウト、インアウトを早く繰り返す。決して自分が金網を背負わないように心がけていくよ。ストライキングは俺の方に分があるとは思うけど、決して侮ってはいけない。UFCに出る選手は誰でもデンジャラスだからね。彼のパンチも十分に俺を倒せるパワーがあるさ。何が起こっても不思議じゃないのがケージの中だから。起一選手のレスリングやグラウンドテクニックは素晴らしいけど、俺も9年の柔術経験があるから、レスリングやグラウンドでも戦うことが怖いとは思わない。自分の柔術に自信もあるしね。でも結果を求めるから今回はスタンディングで勝負したい。

 

 

当日はマーク・ハント選手も試合をするけど、ロイ・ネルソン選手にマークは勝てると思う?

 

実はマーク選手には会ったことがないんだけど、きっと彼が勝つだろうね。勝ってほしいな。彼のファイトスタイルは好きだから。今回の試合はどっちもデカイくて当たれば誰でも倒れてしまうほどのパワー同士の対決さ。マーク選手が勝つなら1ラウンドでノックアウト。ロイ選手が勝つなら、2、3ラウンドかな? マーク選手はPRIDEの頃より、グラウンドが大分成長しているしね。吉田選手に腕ひしぎ十字固めを取られた頃は柔術を全然知らなかったけど、今は別人のようだよ。

 

 

リッチーはいつからMMAを始めたの? きっかけはどんなことだった?

 

俺はレインコーブで育ったんだけど、高校ではラグビーをやっていたんだ。その頃からマーシャルアーツにすごく興味があって。ブルース・リーを見て憧れたりね。そしてグーグルでMMAを練習できる場所を探して、VT1を見つけたんだ。早速ジムに電話をかけて「I want to be a MMA Fighter」って伝えたら、「とりあえずジムに来いよ」ってヘッドコーチのリアム先生に言われて。ここには17歳から来ているんだけど、それから毎日通って今に続いているよ。まさにホームジムさ。

 

 

NSW大学で建設を専攻したと聞いたけど。そのキャリアに進む予定はなかったの?

 

NSW大学では建築学を、その後、アメリカのアトランタに渡ってジョージア・インスティチュートテクノロジーでも建築学を専攻し、オーストラリアに戻ってからはUTSで法学部にも籍を置いたんだけど、UFCが決まったとたんに1セメスターで辞めたんだ。迷いはなかったね。それほどUFCは特別なんだ。

 

 

オーストラリアの格闘業界はこれからどうなっていくと思う?

 

5、6年前から最近までは、国内にUFCファイターが少ないことが理由で格闘業界が停滞していたけど、最近ではFOXTELでもよくUFCを放送するようになって、また活気付いてきたね。ジムに通う人口も増えたしね。キッズが道場に通ってくれることが何より嬉しいよ。

 

 

リッチーにとってのMMAとは?

 

人生においてMMAはとてもいいものだと確信している。ジムに通っていれば、自然とお酒を飲みすぎないし、タバコも吸わないようになる。パートナーや関わる人をリスペクトする気持ちを持つことも学ぶことができる。目標があれば、辛い練習をこなして自分を追い込むこともできる。スポーツだから辛いときもあるし、悔しくて泣きたいときも当然あるよね。そういうことを乗り越えて成長できるのがスポーツでありMMAなんだ。

 

 

日本とオーストラリアの格闘技の違いとは?

 

格闘家それぞれの気持ちはそれほど変わらないかもしれないけど、日本の観客は皆真剣に、テクニックの深いところまで見てくれている、ということを理解しているよ。アメリカやオーストラリアではお酒を片手に騒ぎながら見る、ある種エンターテイメント色の強い楽しみ方だからね。どっちがいいとは言えないけど、僕も誰かの試合を見るときは日本の観客のように席に座ってじっと見るタイプさ。日本は格闘家にとって特別な聖地だと思うよ。

 

 

スパーリングパートナーのマサさんは選手としてどう?

 

マサはとても強いよ。起一選手を想定した動きで、肩固めや裸締めに対応することを意識したスパーリングをしてもらっているんだけど、先週までは彼に5本くらい取られてたんだ。今日の練習でも2本取られた。減ってきているからきっと俺が進歩しているってことだけどね。頼りになるパートナーさ。決して無茶をして僕を壊すこともないし。6週間のトレーニングでマサからはで色々なことを学んだよ。

 

 

最後にUFC JAPANに対しての意気込みを。

 

汗をかいていると、関節を決められそうになってもツルッと抜けたりするんだけど、体がドライなうちにグラウンドに入ることはとても危険だから、早めのラウンドは何しろ足を使って動き回って体を温めて、しっかり汗をかいておきたいね。サポートしてくれたマサやリアム先生、VT1のスタッフのためにもしっかりノックアウトして勝ちたいと思う。11月にはUFC Fight Nightもあるから、オーストラリアの格闘業界をしっかりチェックしてね。

 

 

ちなみにトレーナーのマサさんは、リッチー選手と起一選手との試合は、どんな展開になると思う?

 

リッチーが打撃、起一選手は得意のテイクダウンからの寝技の打撃対寝技の攻防になると予想してます。

 

 

日本人だからどっちを応援するか複雑?

 

日本人だけど今回は何年も前から一緒に練習してきた友人であるリッチーを応援しますよ。

 

 

今回の6週間のトレーニングではどんなリクエストを受けて練習しているの?

 

サイドコントロールやテイクダウン直後からの寝技を中心とした攻撃の中で、主に起一選手が得意な肩固めに重点を置いて攻めるようにと、コーチからリクエストを受けました。起一選手の動画を何度も見て、できるだけ彼の動きをコピーしてスパーリングしています。

 

 

どのように試合を運べば、リッチーは勝てると思う?

 

打撃を中心に距離を取った攻めを、そして相手の間合いに入った場合はタックルに気を付けて膝を合わせるかしっかりとタックルを切って行く。もし倒されても練習通りの対策でエスケープしてスタンドに戻ることができれば、試合をかなり有利に進め打撃で勝利できると思います。

 

 

9月20日のUFC JAPANに続き、11月3日のK-1復活、オーストラリアではUFC Fight Nightを開催と、年末にかけて再び盛り上がりを見せる格闘業界。果たしてリッチーがどこまで絡んでいけるのか、今後の活躍に期待したい。

 

 


リチャード・ウォルシュ
フィルスィーというニックネームを持つレインコーブ出身の知能派ストライカー。ブルースリーに憧れてVT1マーシャルアーツ・アカデミーに入る。UNSWで建築学などを学びつつMMAを続け、UFCとの契約が決まるとプロ格闘家の道一本へ。ブラジリアン柔術歴9年で紫帯。年齢: 25、身長: 182 cm、体重: 77 kg

 

 

 


プロフェッサーリアム・レスネコフ
ホイラー・グレイシーのもとでブラジリアン柔術の黒帯を取得。そのほか柔道やレスリングもハイレベル。VT1 マーシャルアーツ・アカデミーのヘッドコーチ兼オーナー。5歳から格闘技を始める。1994年にホイス・グレイシーがUFCの舞台で柔術技を使いファイターを倒していく様を見て、グレイシー柔術の門を叩いたグレイシー直系のグラップラー。「The best never rest」がモットー。

 

 

 


トレーニングパートナーマサ
2005年に来豪し、マンリーのグレイシーバッハの門を叩く。ブラジリアン柔術においてNSW州チャンピオンシップ優勝、オーストラリアンチャンピオンシップ優勝、オセアニアンチャンピオンシップ優勝。2007年には柔術世界選手権のロサンゼルス大会出場などで輝かしい成績を残す。2012年にシドニーでプロ総合格闘技デビューを白星で飾り、今年オーストラリア初のプロフェッショナルブラジリアン柔術大会でベスト8。マークハントなどプロMMA選手のトレーニングパートナーも勤める。現在ブラジリアン柔術茶帯。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ブリスベンでのファーストギグを終えたばかりのLICCAの素顔に迫った。

この記事を詳しく見る

交換留学を終えた後も、幾度となくシドニーに訪れ、現在までスタンダップ・コメディアンとして活躍してきたWAKAさんが、今回『シドニー・コメディ・フェスティバル』に出場すべく、再びシドニーの地に舞い戻った。

この記事を詳しく見る

日本やアメリカでプロの経験を経て、オーストラリアでチャレンジするバスケットボーラー伴晃生選手にインタビュー!

この記事を詳しく見る

オランダやベルギーなど海外でのプレー経験を経て、Jリーグでは、清水エスパスルに所属していたブロスケ。グラハム・アーノルドが監督に就任後、UAEアル・アインに所属していたブロスケをシドニーFCに連れ戻したことは記憶に新しい

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

DJ LICCA TAKASHI WAKA 伴 晃生  Alex Brosque  アレックス・ブロスケ 岡涼介さんに インタビュー! 西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase