オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheers インタビュー


“Gaijin”が肌で感じた日本とは?!

SEAN MURPHY

28/09/2015

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

  

“毛深い青い瞳の外人”が日本に降り立った。日本を知り尽くしているつもりが、実際に住んでみると、そこは想像を遥かに越えた世界だった。恥ずかしかったこと、わからなかったこと、学んだこと…。そんな自身の経験をネタにしたコメディショー、『Turning Japanese』が、「シドニー・フリンジ・フェスティバル」の一環として、ジャパンファンデーションで無料公開される。“Gaijin”が見た日本とは一体? 今月は公演前のコメディアン、ショーン・マーフィーさんを直撃!

 

 

 

今回ジャパンファンデーションでプレミア公演される『Turning Japanese』について教えてください。

『Turning Japanese』はオーストラリアで日々起きている文化統合やカルチャーショックを題材にしたコメディショーです。

 

なぜ「日本」に焦点を当てられたのですか?

高校では日本語を専攻し、取り付かれるように日本語を勉強していました。卒業後、1年間、日本で暮らしたことがあるのですが、そこで私が経験した数々の異文化やカルチャーショックが今回のネタなんです。オーストラリアはいま、日本をはじめアジア各国との繋がりが深まってきていますが、その国の食を口にすることがあっても、歴史や言語、その他のカルチャーについて、我々、毛深い青い瞳の外人はどれだけ知っているだろう…。私はそこに目を見つけたんです。

 

なぜ日本で暮らそうと思われたのですか?

高校はシドニーのセレクティブ・ハイスクールだったのですが、全校生徒の約8~9割がアジア人でした。幼い頃からアジア人、特に日本人に囲まれてきた私は、SBSで日本のアニメを鑑賞したり、漢字を独学したり、暇さえあれば、アジアンスーパーマーケットに足を運んで、キムチやドリアンを物色していました。当時は〝アジアのエキスパート〟と自負していましたね。中国人の友達がいて、日本食を食べ、Kポップを聴いて…しかし、実際に住んだことはなく、自分の知識がいかに表面的であるかということに後から気づいたんです。だから高校卒業後、おもいきって東京に引っ越しました。

 

日本では、実際どういったところにカルチャーショックを感じられましたか?

東池袋で約1年生活していましたが、初めてのカルチャーショックは、個人空間の狭さでした。オーストラリアでは庭付きの大きな一戸建てに住んでいたのに、日本では毎日ギューギュー詰めの満員電車で通勤していました。また日本の学校では、清掃員を雇わず、生徒たち自らが掃除することは、大変驚きました。日本では当たり前のことですが、オーストラリアでこのようなことが1日でも起きたら、それは「ミラクル」としか言えない!

また、深いレベルのお話になりますが、日本人は自身の発言や行動がどう周りに影響するかを常に考えていると思います。初めはそういった、日本人の気質を知らず、戸惑うこともありました。オーストラリアではどちらかというと、個人的な焦点が意思決定や行動に反映されますから。

ひとつ困ったのは、日本人が持つ、オーストラリア人に対する偏見です。留学先の高校では、私がオーストラリア人というだけで、ラグビー部に招待されたのですが、私はラグビーは愚か、ボールすらキャッチできなかったので、大変恥をかいたのを覚えています。

 

そういった環境の中で、どう溶け込んでいかれたのですか?

まずはガラケーを購入し、ワードローブを日本のファッションに入れ替えました。そしてロックバンドに入り、音楽を通して友達を築いていきました。今オーストラリアで暮らす皆さんも、自分が得意とする分野、または興味を持つグループアクティビティに参加すれば、より一層オージーに溶け込んでいけるのではないでしょうか?

 

逆に、カルチャーショックから学ぶことはありましたか?

共同努力というものを学びました。日本は周りとのハ―モニーを気にするため、責任感が強いように思います。日本では「下駄タップダンス」のグループパフォーマンスをしていたのですが、オーストラリアのグループ活動では経験したことのない一体感を味わいました。

 

日本の「お笑い」は理解できましたか?

毎日欠かさずお笑い番組を見ていました。当時は『貧乏アピール対決』(テレビ朝日系)にはまりました。貧乏人が互いの貧乏話で対決し、実際にお笑い芸人がその自宅を訪ねて、その貧乏ぶりを拝見するというものです。残酷のようですが、なぜかそこにあるポジティブなフィーリングがたまらない。日本のコメディはいたずらやどたばた喜劇的なユーモアがあるので、誰にでも理解できると思います。そして何を言っているのか、聞き取れなくても、しっかりとテロップが出てるから、助かります!

 

そもそもコメディアンになったきっかけを教えてください。

昔から冗談を言うのが好きで、どんなに辛くて悲しい場面でも、面白い面を見て、人々を笑わせてきました。アマチュアコメディアンとしてステージに初めて立ったのは、シドニー大学に在籍していた頃。その後、子供のパーティエンターテイナーのバイトに就き、バットマンやスパイダーマンに扮して、パーティを盛り上げるなか、スタンドアップコメディに最高なたくさんのネタに出会うことができました。私にとって初めてのスタンドアップコメディのタイトルは「Kid’s Party Confidential」。以来、フルタイムコメディアンとして活動しています。

 

コメディを通して学んだことはなんですか?

忍耐力です。ひとつのショーを完成させるには、たくさんの試行錯誤が必要で、ネタを書いてはひたすら観客にためさなければなりません。面白いショーを作り上げるには、失敗は必要不可欠。

 

もし笑いが取れなかったら?

悪夢だ! まず大切なのは、観客を非難しないこと。笑ってくれないのは、観客がネタを理解できないのではなく、ただたん面白くないから。そして2番目に重要なのは、別のラインで攻めてみること。もともと準備したネタから外れたショーが、意外と笑いを取ったりするんです。

 

『Turning Japanese』は、今回初めて公開されますが、どのような期待を持たれていますか?

観客は日本人とオーストラリア人のミックスとなるので、双方が同じ場面で笑ってくれるか興味深いです。ショーの後にはフィードバックタイムがあるので、皆さんの意見を聞きたい。コメディショーというのは、少しずつ改良されていくもので、毎回内容が微妙に変更されるんです。

 

ショーは英語で展開されますが、日本語を母国語とする私たちにユーモアを理解することはできるでしょうか?

ショーは言葉とフィジカルの両方を入り交えたものです。それに、ピエロもパントマイムも、年齢・カルチャー問わず、誰でも楽しめる、とても強力なコメディだと思います。また、ミュージックやサウンドエフェクトなども取り入れているので、言葉を理解することができなくても、絶対笑わせる自信はあります!

 

最後に、日本人コミュニティにメッセージをお願いします。

私の観客として日本人の方々が加わってくれることを切望しています。皆さんのオーストラリアでの経験やカルチャーショックの話も聴きたい。ネットワークを作りに、ぜひ無料パフォーマンスに足を運んでください。

 

 

プロフィール
Sean Murphy
ショーン・マーフィー

シドニーを拠点に活躍するコメディアン。スタンドアップ、シエター、クラウンと、あらゆるコンビネーションの笑いを取り入れ、日々人を笑わせることに専念している。国内はもとより、国外のフリンジフェスティバルなどに参加。
※フリンジ:イギリスのコメディの形態。主に一人漫談が多いが、複数もある。

 

『Turning Japanese』

※60分間のショー、15歳+対象
日時: 9月24日(木)7pm
9月25日(金)7pm
9月26日(土)2:30pm
会場: The Japan Foundation
Level 4, Central Park,
28 Broadway, Chippendale
チケット: 無料   ※予約必須 予約先: turningjapaneseshow.com

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

ブリスベンでのファーストギグを終えたばかりのLICCAの素顔に迫った。

この記事を詳しく見る

交換留学を終えた後も、幾度となくシドニーに訪れ、現在までスタンダップ・コメディアンとして活躍してきたWAKAさんが、今回『シドニー・コメディ・フェスティバル』に出場すべく、再びシドニーの地に舞い戻った。

この記事を詳しく見る

日本やアメリカでプロの経験を経て、オーストラリアでチャレンジするバスケットボーラー伴晃生選手にインタビュー!

この記事を詳しく見る

オランダやベルギーなど海外でのプレー経験を経て、Jリーグでは、清水エスパスルに所属していたブロスケ。グラハム・アーノルドが監督に就任後、UAEアル・アインに所属していたブロスケをシドニーFCに連れ戻したことは記憶に新しい

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

DJ LICCA TAKASHI WAKA 伴 晃生  Alex Brosque  アレックス・ブロスケ 岡涼介さんに インタビュー! 西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase