オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheers インタビュー


挑戦し続けることに意味がある

五郎丸歩

01/06/2016

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

挑戦し続けることに意味がある

 

五郎

 

誰もいなくなった無音のグランドで、澄みきったブリスベンの青い空に迷いなく突き抜けていくラグビーボール。2015年、ラグビーW杯代表選手として、日本中に感動と希望を導いた五郎丸は、高校生以来ぶりとなるオーストラリアのグラウンドを再び踏みしめている。5月21日のサンウルフルズ戦の前に、現在の心境をうかがった。

 

 

いつも全体練習後に残ってキックをされているんですか?

 

そうですね、練習が終ってから。レッズに来たからとかではなくて、いままで通りずっと日課でやってます。

 

こちらでの生活には慣れましたか?

 

もう3ヵ月経ちますんで、だいぶ慣れたと思います。

 

ご家族の方も一緒に来られたとお聞きしましたが。

 

家探しなどゼロからのスタートだったんで、最初は大変でしたけど、今はもう落ち着いて暮らしています。こちらでは家族との時間を楽しめています。でもそろそろオージービーフは飽きてきました。やっぱり日本食が恋しいですね。

 

食事の管理などは、基本的にチームが管理するのですか?

 

いえ、奥さんが管理してくれています。

 

オーストラリアに来る前に「まずは、どれだけ失敗して帰って来れるのかというのが僕としては楽しみ」ということをおっしゃっていました。実際のスーパーラグビーでのプレーはどうでしょうか?

 

想像していた通りですね。そんなに世界は甘くないし、コミュニケーションの部分でも、来たらどうにかなるかなという気持ちもありましたが、まだまだという印象です。しかし、プレーの部分でも英語の部分でも、まだまだ伸びシロは自分にあると思っています。いい環境でやらせていただいているというのが印象ですね。

 

練習を見学させていただいて、英語でのコミュニケーションは円滑にできているなと感じました。エディ監督の言葉を借りると、チームとしてのジグソーパズルのピースはハマり始めていますか?

 

レッズとして他のチームと戦っていますが、その前にここ(チーム内)でも戦っているという印象ですね。

 

3月27日に3試合ぶりの試合に参加されています。ハイランダースにはスーパーラグビーのパイオニアの田中史郎選手がいて、非常に注目を浴びた一戦となりましたが、振り返っていかがでしたでしょうか?

 

出場機会がどうしても少ない状況だったんですけど、あの試合は20分くらい出れましたし、前年度のチャンピオンのチームと試合ができたこと、そしてホームで勝つことができたことは非常にいい思い出になりました。

 

21日にいよいよサンウルフルズとの試合が行われますが、今の心境をお聞かせください。

 

当日は日本から多くのファンの方が来てくださるそうで、自分自身も試合に出たいという気持ちはあります。ただラグビーをきっかけにせっかくオーストラリアまで足を運んでくださるのなら、ラグビーだけではなく、観光の面でも素晴らしい国ですから、この街のいろんな場所を見ていただいて、日本とは違う文化を感じて楽しんでいただければなと思います。

 

五郎丸選手がブリスベンに来ていることで、日本に住んでいる方にも、ブリスベンという町が浸透していってるように思います。

 

でもやっぱりシドニーのイメージが強いですからね。ブリスベンも素晴らしいところなんで、ぜひ知ってもらえれば。普段、家の近所とかで日本人にほとんど会わないんですよね。

 

福岡出身ということですが、今回の熊本震災を受けてどのように感じていますか?

 

実際に僕が目で見ているわけではないんですけど、東北のときと同じショックを受けた印象がありますね。僕自身も九州で産まれた人間なので。一日も早い復興を願っています。

 

3.11のさいには、釜石で復興祈願をこめて、釜石シーウェイブスと試合をされていますね。

 

そうですね、復興ということで釜石に一試合しに行きました。今回も、もちろん行きたいという気持ちはありますが、いまはこういう状況でなかなか難しくて。タイミングが合えばぜひ行きたいと思っています。

 

3ヵ月を振り返って印象的だった出来事はありますか?

 

メンバーから外れたことですね。でもネガティブに捉えていません。

 

3歳でみやけヤングラガーズに入っていますが、そもそもラグビーを始めたきっかけは? おじいちゃんの影響も大きかったのですか?

 

親が好きだったので、兄弟みんなで同じタイミングで始めました。おじいちゃんは、ラグビーというよりスポーツが好きでしたね。

 

中学校まではサッカーとラグビー両方に打ち込んでいらしたそうですが、どの時点でラグビー選手を意識しだしましたか?

 

高校に行ってからですかね。高校ラグビーで初めて自分が全国レベルに立てるということがわかって、そこからです。

 

フルバックを意識されたのはいつ頃からでしょうか? また、他のポジションに興味を持ったことは?

 

中学ではフルバックというポジションはなかったので、高校からフルバックをやりました。他のポジションに興味はなかったですね。

 

佐賀工ラグビー部では恩師の小城先生と巡り会っていますね。

 

ずっと父親みたいな感じでした。僕は福岡から佐賀に来て兄と同じ寮に下宿して同じ学校に通っていたんですが、小城先生はラグビー以外にも人生のことなど、練習が終わった後に色々僕らの前で話してくれるんです。それが、すごくためになることが多くて、今でもベースになっていますね。

 

その頃に一度ブリスベンに来ていますね。

 

高校三年生のときですね。ホームステイしていたと思います。そこがどこだったのか、いまドライブして探しているんですけどね。よくホームステイ先の子供とバスケットボールをして遊んでました。

 

そのときに言葉が違ってもスポーツで仲良くなれるということを感じたと伺いました。

 

まあそれだけでスポーツ選手になったというわけではないですけど、プロを目指すひとつのきっかけにはなりましたね。

 

五郎丸選手がキッカーとして成長していくきっかけとなったのが、ジョニー・ウィルキンソン選手のキッククリニックだったとお伺いしたんですが、具体的にどのような心境の変化があったのでしょうか。

 

世界のトップでやってる選手でさえも、これだけキックに対してこだわって練習しているんだなと肌で感じました。自分もそうしていかないといけないと刺激をもらった感じです。

 

大学卒業後にヤマハ発動機ジュビロに入られるわけですが、しばらくして、会社の経営問題などからチームの不調が続き、成果をあげられないことが続いたようですが、それまでトップとしてプレーしてきた五郎丸選手にとって、歯がゆい思いはありましたか?

 

実際プロでもトップチームでやりたいとそのとき思っていれば、そのままできたかもしれないですけど。違う世界と言うか、優勝していなかったチームで一緒に成長していく道を大学のときに決断しましたので。

 

一時期はトップリーグから降格問題まで行ってしまったヤマハ発動機ジュビロが、2015年の第52回日本ラグビーフットボール選手権大会において初優勝を果たしています。ラグビー活動縮小などで少ない選手数で戦ってきた経緯を経ての優勝はどう感じましたか?

 

活動縮小したためにチームを離れた選手もいましたし、自分も含めてプロだった選手が社員になったり。ギリギリの中でチームを存続させていかなければならなかったですし。本当に色々な大変な思いをしました。それがあったからこそ、他のチームより優勝した喜びが大きかったと思います。

 

2019年にはW杯が日本で開催されます。そして2020年にはオリンピックも控えています。五郎丸選手は今年で30歳を迎えるわけですが今後の展望は?

 

神のみぞ知るという感じですかね。

 

オーストラリアで生活している日本人には言葉の壁などになかで頑張っていて、自分の姿を五郎丸選手に重ね合わせて共感する方が多いと思いますが、そんなファンにコメントをお願いします。

 

あんまり人に合わせすぎる必要はないということですかね。自分らしくいられればそれでいいと思うんです。オーストラリアですから英語がわかればもちろんいいと思いますけど。オーストラリア人は日本語が話せないから日本人が英語を話すというか。われわれの方が上に立つくらいの気持ちで考えてたらいいんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

五郎丸歩

1986年3月1日 福岡県福岡市に生まれる。
3歳の時に兄弟と、みやけヤングランガーズでラグビーを始める。筑紫丘ジュニアラグビースクール、佐賀工高校に進学。高校2年、3年と連続で花園準優勝、国体では優勝を果たす。2005年、早稲田大学在学中の2年生の時に日本代表デビュー。2008年ヤマハ発動機とプロ契約を果たす。2011年、2012年度トップリーグ得点王、ベストキッカーを受賞。2015ー2016年シーズンまで5年連続5回のベストフィフティーンを受賞。同じ年、トップリーグ史上2人目となるリーグ通算1000得点で、特別賞も受賞。2016年2月よりオーストラリアのクイーンズランド・レッズでプレー中。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

ブリスベンでのファーストギグを終えたばかりのLICCAの素顔に迫った。

この記事を詳しく見る

交換留学を終えた後も、幾度となくシドニーに訪れ、現在までスタンダップ・コメディアンとして活躍してきたWAKAさんが、今回『シドニー・コメディ・フェスティバル』に出場すべく、再びシドニーの地に舞い戻った。

この記事を詳しく見る

日本やアメリカでプロの経験を経て、オーストラリアでチャレンジするバスケットボーラー伴晃生選手にインタビュー!

この記事を詳しく見る

オランダやベルギーなど海外でのプレー経験を経て、Jリーグでは、清水エスパスルに所属していたブロスケ。グラハム・アーノルドが監督に就任後、UAEアル・アインに所属していたブロスケをシドニーFCに連れ戻したことは記憶に新しい

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

DJ LICCA TAKASHI WAKA 伴 晃生  Alex Brosque  アレックス・ブロスケ 岡涼介さんに インタビュー! 西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase