オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheers インタビュー


落語は究極の芸

月亭方正

23/01/2017

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

真夏を感じさせる炎天のもと、シドニー・ダーリングハーバーに、笑いを求めて日本人による長蛇の列が連なった。『ガキの使いやあらへんで』(日本テレビ)、『マルコポロリ』(関西テレビ)などの人気番組で活躍しながらも、40歳を転機に落語の世界へと転身した月亭方正さんの落語をシドニーで聴くことができるからだ。300席が即完したうえに公演では期待値以上の満足度で盛り上がりを見せたその理由は、テレビで受ける印象とは異なった月亭方正さんの芸を見ることができたからにほかならない。公演を終えた月亭方正さんに早速インタビューを行った。

 

 

今日は300席が満席だったようですね。

 

ありがたいことです。喜んでもらえたらと思いながら一生懸命にやりました。

 

昨年度末も大晦日特番『絶対に笑ってはいけない科学博士24時!』(日本テレビ)にてタイキックやケツバット、スリッパ、蝶野さんのビンタなどを受けながら、月に4~5本の落語の公演会をこなし、多忙な年末年始を過ごされたかと思います。そんな中で行われたオーストラリア公演でしたが、感触はいかがでしたか?

 

ケアンズ公演は今回で3回目を数えるんですが、ケアンズの初公演とシドニーの初公演を比較するとシドニーのお客さんはなにしろ明るい印象を受けました。お客さんが楽しもうと思ってくれているのがすぐに伝わりました。初めのあいさつで、「あ、大丈夫や」て思わせてくれました。シドニーは全体的に年齢層が若かったですから、笑いの反応が早い。落語は初めての方が8割9割くらいだったと思うんですけど、「落語ってこういうもんなんや、あ、全然難しくないんや」と思ってくれたなというのは感じました。

 

オーストラリアへはよくいらっしゃるのでしょうか。どのような印象をお持ちですか?

 

今回を含めて6回来ています。ケアンズ公演3回のほかに一番初めは25年前にロケで来ました。とてもいい場所だなと思ってその後ケアンズに嫁と一緒に来ましたね。海外と言えば結局オーストラリアしか来ないんですよ。ケアンズはゆっくりできて好きですね。今回シドニーに来てこんなに都会なんだと思いました。物価の高さにびっくりしましたね。ペプシ買ったら3ドル80セントやったかな。聞いたら別にぼられているわけでもない。あとサマータイム。地球上のルールを無視した時間を作ってる。あ、そういうことかって思って。シドニーって突出してて独自の考え方がある。そういう文化を今回来て肌で感じましたね。

 

40歳を期に、月亭八方さんのもとで、上方落語の世界へ飛び込んだそうですが、そのきっかけはどのようなものだったのでしょうか。

 

やっぱりえらいもんでね。中国の孔子さんが精神的成長を言っているじゃないですか。30歳は而立、40歳は不惑、50歳は知命、60歳は耳順。40歳のときに不惑が来たんですよ。人生惑わず行くにはどうすんねんて、初めて人生を立ち返る瞬間がきて、そのときに僕、なにもなかったんですよね。

 

すごく活躍されている印象でしたが、その頃でも不安があったんですね?

 

例えば営業に行くでしょ。学園祭とかで20分30分山崎邦正として与えてくれるんですよ。僕が出ていくとギャーと喜んでくれるんですが、さあいざ舞台に立つとやることがないんですよ。僕、テレビの仕事で行き当たりばったりのことばっかりやってたんですよ。瞬間瞬間の芸で、ひらめきで笑わせてきただけだったんですよ。ノンスタイルのようにコンビネタをやってみんなを笑わすとか、そういうのがなかったんです。20分間与えられても本気でやれることがなくて落ち込んだんですよ。この芸人人生20年て一体なんだったんやろう?と思ったんですね。これはあかん、これはなんとかせなって。

 

そこで東野幸治の勧めで桂枝雀の「高津の富」を聞いて古典芸能の面白さに目覚めたわけですね。月亭方正さんを魅了した落語の魅力とは、どんな部分なのでしょうか。

 

落語の魅力はいっぱいありますけど。面白いなと思うのは、例えばあそこから「色白の綺麗な人が来る」とか情報が最小限なんですよ。例えば「色白の、目元が涼しい、鼻筋の通った、眉のきりっとした」とかあんまり多くの情報を言わないんですよ。これなんでやと思います?

 

想像させるためですか?

 

そうなんです。あんまり細かいことを言ったら、噺家のイメージにより近い像が聞き手にもできてまうけど、「ものすごい綺麗な人が来た」と最小限だけで伝えたら、聞き手の人生そうなんです。あんまり細かいことを言ったら、噺家のイメージにより近い像が聞き手にもできてまうけど、「ものすごい綺麗な人が来た」と最小限だけで伝えたら、聞き手の人生経験の中でそれぞれ綺麗な人を思い浮かべるわけなんです。でも悲しいところ、泣くところは皆一緒。笑うところも一緒。これね、究極の芸だと思うんです。聞き手側が楽しいように面白いように、綺麗なように自分で自由に想像して一番面白く描けるでしょ。だから一度落語を聞くと皆やめられなくなるんですよ。そりゃそうですよね。自分の中で一番面白く描いたものを自ら楽しんでいるわけだから。

 

なるほど、話に乗って自分で想像したイメージを自ら笑う。確かに究極ですね。色々な役を同時進行で演じられてた話芸の技術にも引き込まれました。

 

最小限で与えるもので、例えば僕が子役をやるときは目線を上にしたり、親方が子供と話すときはちょっと下をみたり、そのくらいはやるようにしています。声色を変えてしまうのが、まだ僕のあかん部分なんですけどね。本来声色を変えんと、間だけでいま旦那や、いま子供やとせんとあかんのですけどね。

 

現在、落語の世界で活躍されていますが、高座でひとつの噺をかけるまで、どのような方法で練習をされているのでしょうか。

 

先人からいただいた噺を練習していくうえで、自分なりの〝くすぶり〟というのを入れるんですね。例えば今日かけた『シジミ売り』やったら、「あれ、実はわしのことや、お前なんとなく雰囲気でわからんかったか?」と言う部分はもともとあった噺に僕がつけたものです。200年以上前から色々な先人がつけて取ってつけて取って積み重なって来た噺ですから。聞き手が想像しやすいように、言葉羅列がしゃべりやすいようにどんどん改善されて世に出るわけなんですね。落語に出会ってからは、毎日欠かさず練習してます。旅行に来てても何をしていても落語のことは忘れたことはないですね。1500席くらいは常に携帯に入っていますし。寝る前に口ずさんだりしていますよ。

 

落語を始められる以前、特に関東のテレビでは『ガキの使いやあらへんで』で活躍されていた印象が強いのですが、テレビでの団体での笑いと、落語の個人でとる笑いとではどのように違いますか? 

 

それがねえ、チャンネルを変えんかったらできないんですよ。落語のチャンネルでバラエティには出れないんです。誰も俺をそういう風に求めてないから。俺がテレビで求められているのは子供なんですよ。MCが大人で、「座れ座れ、なにアホなこと言ってんねん」て言われるのが求められるんです。逆に落語では子供はあかんのです。大人なんですよ。チャンネルが違うんですね。わかりやすく言ったらロングバケーションから仕事に戻ったときにバカンス気分からチャンネルを切り替えんかったら仕事が回らないでしょ。あの感覚です。もう慣れましたけどね。今回の『絶対に笑ってはいけない科学博士24時!』は、しっかり山崎方正のチャンネルでやってきました。

 

『ガキの使いやあらへんで』は第2回からレギュラーとして活躍されています。方正さんの結婚式なども放送されていたのが印象的でしたが、落語の道へ進むことに関して、ダウンタウンの松本さんや浜田さんは何かおっしゃっていましたか?

 

『ガキの使いやあらへんで』が僕のテレビ史だと自分でも思っているんです。もちろんダウンタウンの番組やけど。松本さんには「ヤマザキ」、浜田さんには「山ちゃん」とそれぞれ呼ばれてるでしょ。月亭に変えるって言ったときに、「ちょっとやめてくれるかな」って言われるかなと思ったんですよ。『ガキの使いやあらへんで』の空気がそうかなと思っていたんですよ。でも落語をやっていく以上、これはどこかで変えないといけないと思っていて、松本さんに相談したら、「それは自分の人生だからええやん」とすぐ言ってくれたんです。浜田さんは「もったいないんちゃう?」と言われたあとで「自分がそう思ってするんやったらええんちゃう? 面白いやん」って言ってくれたんです。俺が考えてたような、そんなちっちゃな人間ではないんですよね。ダウンタウンのおふたりは。

 

40歳で新しい道へ転身された月亭方正さんですが、当時は不安などはなかったのでしょうか。8年経過したいま、そのチャレンジをふりかえってどのように思いますか?

 

転身した直後は周りにも「もったいないな」とか「大丈夫?」とか言われたんですけど。僕の中では、20分をようもたせんかった人間が、落語と出会えて1時間も2時間ももたすことができるようになれたことの方が本当に嬉しくて。すごく人生観も変わりましたし、当時、落語と出会えたことは本当にありがたいことだったなと思いますね。

 

ワーキングホリデーもこれから上限が35歳までとなる予定で、30代でのキャリアチェンジを目指す方も今後シドニーにどんどん増えると思います。40歳で転身された方正さんから、これから頑張る読者にアドバイスをお願いします。

 

まず一番大事なことは年齢ではないんです。自分に嘘つかんとこれが本当にやりたいというものを判断すること。これが間違いないものだと思えたら、あとはそれを一生懸命やるだけのことです。一生懸命やることで神様がゴールをもらえるかどうかに関わってますから。

 

月亭方正さんにとって落語とは?

 

もう落語は僕の人生ですね。僕を支えてくれるものが家族で、挑戦とかいまからのもんが落語、それだけです。神社やお寺でお祈りをするときに、20~30代はコロコロお祈りする内容が変わっていたけど、落語と出会ってからは家族の健康と立派な噺家になれますようにって毎年迷いなく願っていますよ。

 

最後に

 

2年周期でオーストラリアに来ていますので、また2年後に皆様にお会いできることを楽しみにしています。

 

 

 

プロフィール
芸名:月亭方正(つきていほうせい)

日本の落語家、お笑いタレントで、NSC6期生。兵庫県西宮市出身。
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
生年月日:1968年 (昭和43)年 2月15日
血液型:O型
趣味:ピアノ、ジェットスキー、映画、読書
特技:すぐ寝ること、英語
ひとこと:今までの芸歴を活かし、楽しい高座をしていきます。


立正大学心理学部卒業後、1988年に軌保博光と「GSX(ガスペケ)」を結成し、デビューを果たす。翌年の東京進出を機にコンビ名を「TEAM-0」に改名。1990年には初のレギュラー出演番組となる『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』に出演する。1991年、第12回ABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞を受賞。1993年からは「TEAM-0」を解散してピン芸人として活動開始。2001年に11歳年下の一般女性と結婚。現在息子が1人と娘が2人いる。2008年、芸能活動20周年で40歳を境に、今後の芸能活動や路線について悩んでいたところ、東野幸治の勧めで桂枝雀の「高津の富」を聞き、古典芸能はの面白さに目覚める。「聞くだけでなくやってみたい」と考えるようになり、本格的に落語の勉強を始め、月亭一門に入門。同年5月11日には月亭八方から「月亭方正」を名乗ることを許可され、5月11日の八方の勉強会で「阿弥陀池」落語を演じる。同年12月8日京橋花月で落語家として高座に上がる。2009年12月に上方落語協会へ加入。2013年1月に芸名を本名・山崎邦正から、高座名「月亭方正」に改名する。

<

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

日本やアメリカでプロの経験を経て、オーストラリアでチャレンジするバスケットボーラー伴晃生選手にインタビュー!

この記事を詳しく見る

オランダやベルギーなど海外でのプレー経験を経て、Jリーグでは、清水エスパスルに所属していたブロスケ。グラハム・アーノルドが監督に就任後、UAEアル・アインに所属していたブロスケをシドニーFCに連れ戻したことは記憶に新しい

この記事を詳しく見る

「日本なんかクソ食らえだ!」そう思って、1999年にワーキングホリデーで日本を飛びだした岡涼介さん。日本では何度も挫折を経験した彼が一念発起し、NSW Business Collegeにて経営学とマーケティングを学んだことで人生が変わり始めた。

この記事を詳しく見る

今回弊紙は、オーストラリアでの公開を記念して、西村義明プロデューサー、『借りぐらしのアリエッティ』や『思い出のマーニー』で知られる米林宏昌監督、そしてスタジオの国際部責任者を務めるジェフリー•ウェクスラーさんの名様のインタビューを行った。この物語に秘められた彼らの熱い思いをお届けしたい。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

伴 晃生  Alex Brosque  アレックス・ブロスケ 岡涼介さんに インタビュー! 西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&amp;B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase