オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
今一番安くワーキングホリデーで行く方法
娯楽記事

Cheers インタビュー


岡涼介さんに インタビュー!

『一寸のムシにも五分のタマシイ』著者で 元ワーキングホリデーメーカー

28/02/2018

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

『一寸のムシにも五分のタマシイ』著者で元ワーキングホリデーメーカー

岡涼介さんにインタビュー!

 

「日本なんかクソ食らえだ!」そう思って、1999年にワーキングホリデーで日本を飛びだした岡涼介さん。日本では何度も挫折を経験した彼が一念発起し、NSW Business Collegeにて経営学とマーケティングを学んだことで人生が変わり始めた。その後University of Western SydneyでITを学び、卒業後にはシドニーで大手日系や外資系でITエンジニアとして勤務。オーストラリアで過ごした最後の3年間はIBM Australiaにも従事した。2011年の日本帰国後も、シニア・システム・アーキテクトとして活躍している岡さん。そんな彼自身の挫折や失敗から学んだ教訓が詰まった著書『一寸のムシにも五分のタマシイ』が昨年10月に出版され話題を呼んでいる。今回弊紙ではワーキングホリデーメーカーの先輩であり、『一寸のムシにも五分のタマシイ』著者、そして元弊誌コラムニストの岡涼介さんに出版後の気持ちを伺った。
 

今回が第一作目の作品となります、『一寸のムシにも五分のタマシイ』ですが、タイトルに使 用されているこのことわざは、著書を通して岡さんご本人を比喩されているのでしょうか。著書のテーマを簡潔にお聞かせください。

 

タイトルは私自身の「生き様」と読者に感じてもらいたいメッセージとして選びました。一言で表すと「雑草魂」です。社会に出れば学歴などそれほど関係なく、本気でやる気があれば道は開ける。どんなちっぽけな存在でも「譲れない意地」があるという思いを表現しています。他の人と違う道を進んで行くことに対しての不安は誰でもあると思いますが、ハングリー精神を忘れずに常に前進するという攻めの気持ちが人を成長させると感じてもらえると幸いです。

 

著書を執筆しようと思ったきっかけとはどのようなことだったのでしょうか。

 

以前チアーズさんでSuccessful mindというコラムを書かせていただいていた頃に、週2、3冊ぐらいのペースで本を読んでいました。また社内で「読み会」を立ちあげたりするほど本から学べることが多いことを感じていました。そして一冊の本に著者の考え方や人間性が凝縮されており、本を読み終わる頃には著者が昔からの知人になっていました。そのため本を通じて読者と繋がることができれば良いなと思い出版を決意しました。

 

著書の特徴として、要所要所に幸せに生きるための教訓が掲げられているのが印象的でした。どのような方が主なターゲット層でしょうか?  

 

本の主なターゲットは10代、20代の若者ですが、その年代の親たちにも人生はさまざまな生き方があり、子供たちは無限の可能性を秘めていることを感じてもらいたいと考えています。出版などが決まるずっと前から本を書き始めていて、本の中にある教訓は常日頃から感じているものを執筆中に挿入しました。

 

海外生活においての教訓の中で特に印象的だったのが、「『習うより慣れろ』での経験が人間を成長させる」という言葉だったのですが、これはどういった教訓なのでしょうか。

 

人はテレビで見たことやネットで知ったことで賢くなった気分になってしまいます。ただ本来は実際に経験して、初めて物事が自分のものとなるし、知識だけでは知らないと大して違わないと感じています。多分、一人でもできる領域に達することで人は成長するんだと思います。子供(後輩)が失敗する前に、あれはダメ、これはダメと言う人が日本には多くいるようです。ただ失敗を含めての経験なので、まずはやらせて、自分で「成功・失敗」の経験を積ませることが大切ではないでしょうか。そのような環境で育って、初めて次にどうするかの判断が自分でできるようになるのだと思います。

 

岡さん自身が以前に留学を経験されていたことが文中には綴られていましたが、留学中の読者には著書を通して、具体的にどのようなことを伝えたいでしょうか。

 

留学かワーキングホリデーかなどの形にこだわりを持つ必要はなく、海外生活で日本の良い所/悪い所をきちんと理解してくることが大切だと考えています。

 

ワーキングホリデーは使い方によって、帰国後の就職に不利に働いてしまうとも言われています。これから日本に帰国するワーキングホリデーメーカーなどの若者がいま何を学び、どのように準備をしたらいいでしょうか。

 

海外生活から吸収して、学んできた貴重な経験をないがしろにするような企業であれば「こちらから願い下げだ!」ぐらいの気概を持ってよいと思います。たった数年の海外生活でも日本でのほほんと過ごしているより倍以上の濃い経験をすることは可能です。またそこから新しい自分を発見できる可能があるかもしれません。要するに、人が何と言っても自分自身が納得した時間を過ごせればそれは一生の宝となります。

 

中学2年生の頃に実の母親をガンで亡くされています。それから何をするでも諦め癖がつき、周りのせいにして過ごしてきた少年だったことが赤裸々に語られています。低かったモチベーションをあげるきっかけとはどのようなことだったのでしょうか。また、その後留学をするきっかけとはどのようなことだったのでしょうか。

 

最初はモチベーションを上げるために本を読んだりセミナーに行ったりしました。ただどんなことをしても次の週には元に戻ってしまう場合がほとんどでした。そこで以前に会ったオーストラリアの叔父のことを思い出し、環境を変えないと自分は変わらないと考えたことが最終的な理由です。ただし最初は特別な目的があったわけではなく、単純に「海外生活で英語ができるようになればカッコいいな!」というものでした。

 

オーストラリアに来た当時の印象をお聞かせください。

 

オーストラリアの第一印象を一言で表すとeasygoingですね。あまり細部にとらわれずコアな部分が間違えていなければよいという感じであり、とても新鮮でした(困ったことも多々ありましたが)。

 

留学当初はLower Intermediateとの英語の評価を受けていた岡さんが、大学進学後、ITエンジニアとして大手日系や外資系への就職を経てIBMでの勤務を果たしています。一方で同じようなチャンスを与えられたケースでも、岡さんのように人生を順調に進めることができない方もいると思います。岡さんが局面において、人と違うことをしてきたと思える行動や思いなどはありますか?

 

渡豪して最初の後悔は英語の勉強をあまりしていなかったことでした。この時点で、日本できちんと勉強していた人とスタートラインが明確に違い、成果を出すために、人の倍以上の努力が必要でした。他の人と同じように生活しては絶対に追いつけないと思い、苦しかったですが、日本人のいないアコモデーションや仕事を探し、少しでも英語力を伸ばすように努力しました。また、経済的な理由から大学も3年で絶対に卒業しないと行けないというプレッシャーがあったため、学校とバイトの往復の毎日、休みはホリデーだけという感じで生活をしていました。バイト代で生活費を稼ぎながら、単位を落とさないように勉強する生活から「事前に準備をする大切さ」「毎日少しでも勉強する重要性」を学び、日々成長している自分を感じていました。この苦しい時期の貴重な経験があったので、手に負えないような仕事であっても乗り切ることができる能力が身に付き、会社で評価されるようになったと考えています。分岐点となる局面で評価されるかどうかは、大事な場面で腹をくくれるかどうかではないかと思います。

 

著書の中ではオージーの働き方にも触れています。オージーと日本人の働き方についてそれぞれどのように感じていますか?

 

一般的に日本の人は会社や上司に評価されるために仕事しています。例えば、効率的な良い方法があったとしても上司に評価されないと思えばその方法をとりません。一方でオーストリアの人は結果がすべてです。過程にはあまりこだわらず、結果を出せば誰にも文句は言われないという考え方です。双方ともに一長一短があるので良い所と悪い所を見極め、そこから最善策を引き出せるのが自分の長所だと感じています。また、仕事におけるコミュニケーション能力の重要性を感じ、同僚や顧客との日々のやり取りに気を使って来たこともプラスに働いていると思います。そのため、職場が日本であってもオーストリアであっても、自分の立ち位置は変わりません。

 

著書の冒頭では、本を読むことの重要性を綴っていましたが、大学進学のさいにインフォメーションテクノロジーの利便性と重要性を感じています。岡さんにとって紙と電子はそれぞれどのような立ち位置で考えていますか?

 

紙と電子の違いは単なる媒体の違いだと考えており、ユーザーの需要に応じて最善の媒体を提供することでマネタイズすることができると思います。読み返したり熟読したい内容であれば本や雑誌などの紙媒体の方が絶対に便利ですが、ただ流して読む程度の内容(最新のニュース)であればオンライン媒体で十分だと考えています。

 

日本からオーストラリアへ渡り、その後日本へ帰国し、今年再びオーストラリアへと戻ってくると伺いました。2度目のオーストラリアでの生活ではどのような計画を立てていますか?  

 

日本に戻って約8年間暮らしましたが、日本は物価も安く、サービスも充実しているので本当に暮らしやすいです。また、仕事も私生活も順調なので、オーストリアに戻ることに対して腰が重くなっていたことは事実です。ただ日本は便利過ぎるので、子供たちには違う生活と価値観を感じてもらいたいと考えて再びオーストリアへ戻ることに決めました。一例を挙げると、日本の教育では、人と違うことをよしとせず、協調性という言葉ですべての子供を同じフレームに押し込め個性を伸ばす努力をしません(没個性)。逆にオーストリアは良い所を伸ばす教育なので、それが子供たちの将来の糧になると信じています。

 

今後のご予定をお聞かせください。

 

2回目の渡豪は、再度5年後に日本へ戻ったときに設立を計画しているIT専門学校への準備期間と考えています。現時点で明確な具体案があるわけではないので、最終的にどのような形になるかまだ分かりませんが、これからの数年間は色々な意味で人生の大きな節目になると予感しています。

 

『一寸のムシにも五分のタマシイ』

内容紹介
「日本なんかクソ食らえだ!」そう思って日本を飛びだした著者。日本で何度も挫折したちっぽけな存在でも、物事を前向きに捉えて行動すれば、何かが起きる。人生は一度きり。あなたの人生をどのようなストーリーにするか、決めるのはあなた自身です。読めばやる気がみなぎるエッセイ。著者自身が挫折や失敗から学んだ教訓が、あなたを変える! Do it now! (今すぐ行動! )

プロフィール
岡涼介

現Pega Japanシニア・システム・アーキテクト。前、日本IBMセールス・スペシャリスト。
1999年にワーキングホリデーで日本を飛び出し、オーストラリアNSW Business Collegeで経営学とマーケティングを学ぶ。その後University of Western SydneyでITを学ぶ。卒業後シドニーで大手日系や外資系でITエンジニアとして勤務しオーストラリアで約10年を過ごす。最後の3年間はIBM Australiaでソフトウエア・エンジニア、問題解決コーチに従事。オーストラリアの月刊誌にコラムなども連載。日本ではITmediaのオルタナティブ・ブログのブロガー。2011年に日本に戻り、IBMで英語クラブIBM Makuhariトーストマスターズを設立し、President/Vice Presidentとしてクラブの立ち上げ、運営に奮起。また震災後に少しでも被災地の人々の役に立ちたいという想いから「検見浜でEnglish」(英語クラス)を立ち上げ、被災地などへ寄付を開始。今年で7年目に突入し、新たに「英語でGoグローバル」というクラスを仲間と一緒にスタート(「親子でGoグローバル」は中止しているが「英語でGoグローバル」は現在も活動中)。日本人では珍しい、Marriage celebrant(オーストラリアNSW州の資格で牧師のように結婚を法律的に認めることができる)の資格保持者。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

ブリスベンでのファーストギグを終えたばかりのLICCAの素顔に迫った。

この記事を詳しく見る

交換留学を終えた後も、幾度となくシドニーに訪れ、現在までスタンダップ・コメディアンとして活躍してきたWAKAさんが、今回『シドニー・コメディ・フェスティバル』に出場すべく、再びシドニーの地に舞い戻った。

この記事を詳しく見る

日本やアメリカでプロの経験を経て、オーストラリアでチャレンジするバスケットボーラー伴晃生選手にインタビュー!

この記事を詳しく見る

オランダやベルギーなど海外でのプレー経験を経て、Jリーグでは、清水エスパスルに所属していたブロスケ。グラハム・アーノルドが監督に就任後、UAEアル・アインに所属していたブロスケをシドニーFCに連れ戻したことは記憶に新しい

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

DJ LICCA TAKASHI WAKA 伴 晃生  Alex Brosque  アレックス・ブロスケ 岡涼介さんに インタビュー! 西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase