オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheers インタビュー


伴 晃生 

NSWの2部バスケットリーグで 日本人が初契約!

28/03/2018

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

3月10日、シドニー郊外にある町ソンリーのブリックピット・バスケットボール・スポーツ・スタジアムにて、バスケットボールNSWのセミプロリーグ『ワラタリーグ』に参戦するチーム『ホーンズビー・クーリンガイ・スパイダース』の初戦が行われた。スターティングメンバーには体格に恵まれた長身のオージーに交じり、小柄な日本人の姿があった。日本やアメリカでプロの経験を経て、オーストラリアでチャレンジするバスケットボーラー伴晃生選手にインタビュー!
 

ワラタリーグ初戦となりましたが、本日の試合はどうでしたか?
※1991年に創立したワラタリーグは、11チームがリーグ戦を通して競い合うNSWの2部バスケットボールリーグ。

 

まずはシーズン初陣を楽しめたと感じています。オーストラリアの会場の雰囲気や試合中の雰囲気を感じることができ、やっとこの地でプレーできたんだなという実感があります。

 

スターティング・メンバーで選ばれていましたね。事前に通達があったのでしょうか。

 

いいえ、試合前に突然「コウセイはスタートだよ」と言われました。

 

選ばれてどう思いました?

 

ヘッドコーチとの普段の練習であったり、これまでのプレシーズンのゲームでの評価の結果だと思っているので、スターティングメンバーとしての起用は納得しています。

 

 

所属しているホーンズビー・クーリンガイ・スパイダースとはどのような特徴のチームでしょうか。

 

能力やテクニックがずば抜けて高い選手に頼るチームではなくて、チームプレイでスマートに効率よくバスケットをしましょう、というチームですね。自分もどちらかと言えば頭を使ってバスケットをするタイプなので、そういった意味で自分にスパイダースは合っていると思います。

 

英語でのコミュニケーションはどうでしょうか?

 

頭を使うチームなのでそれなりにコミュニケーションが必要ですが、最低限の意思疎通はとれているのかなと思います。練習中も言い合いがあったり、時には喧嘩もあったり。ゲーム前日の練習では自分も言い合いをしたばかりです。バスケット用語は基本的に英語で世界共通なので、アメリカでの経験も生きて、意思疎通はできていると思います。

 

 

試合中も結構喋ったりするんですね?

 

そうですね。喋りますけど自分はどちらかというと、言い合うタイプではなくてサインだけを出すタイプですね。

 

2枠しかない外国人枠のひとつを勝ち取った伴さんですが、トライアウトでは手応えを感じましたか?

 

手応えはありました。ほかのチームもいくつか受けてオファーはいただいたのですが、自分でスパイダースに入りたいと思えて決めました。それは、トライアウトでもチームプレーを重視したようなチーム作りが見えていたからです。そこが自分にも合ったし、また、そこを評価されたんだろうと思います。

 

ちなみに伴さん以外で注目選手はどの選手ですか?

 

4番のノアー・クリアはうまいですね。ハーフイタリアンのオージーで、以前イタリアのプロリーグなどでも活躍した選手です。テク二ックもフィジカルも強いし、何よりスマートな選手なのでリスペクトしています。

 

 

日本人で同リーグと契約を果たした選手は過去にいないようですが、どのような気持ちで初戦に望みましたか?

 

本当に情報がない中で、なんとか手探りで掴んだチャンスなので、不安とワクワクした期待と半々で試合には臨みましたが、やっぱりバスケットは楽しいですね。オーストラリアはオーストラリアなりのバスケットの文化があって、それは日本ともアメリカとも違う感覚ですごく新鮮です。初戦でこれだけ楽しめたので、次のアウェイ戦で別のチームと対戦したりすれば、また違う気づきがあるんだろうと思うとワクワクします。ただ、環境や状況は変わっても自分自身のプレーはブレずに、コンスタントにチームの勝利のために活躍して、日本人でもオーストラリアで通用するんだというところをアピールすることが自分の役割だと感じています。


今日の試合だけで、すでに日本人の評価が上がったのではないでしょうか。

 

前例がないから日本人もアタックできていないだけだと思うので、自分が先駆者となって道を作れたらなと思っています。もちろん自分自身が楽しんだり成長したりすることも大事ですが。しっかり結果を出して日本人の居場所を作るというか、そこは今後も意識してやっていくつもりです。

 

今回3度目の海外チャレンジとなりますが、オーストラリアを選んだきっかけは?

 

まず英語圏というところと、世界ランキングでもトップ10に入る国なので、ここでも何か自分が成長したり、日本人がレベルアップするためのチャンスがあるんだろうという思いを持って来ました。いろいろリサーチしていても情報が出てこなかったところで、ジャパマイトのイケタニさんと出会うことになりました。ジャパマイトではバスケット留学を押していて情報も詳しかったので、僕の方から連絡をすると話はスムーズに進みました。アメリカ経験もあったのですが、英語もまだまだ学びたいという気持ちが強かったので、いまは語学学校に行きながらバスケットをしています。そういった意味で考えると、オーストラリアは自分の理想にマッチする環境だと思います。

 

 

オーストラリアの選手と実際に肌を合わせてみて、どういった印象をお持ちでしょうか?

 

正直、スキルはそこまでではないと思いますが、フィジカルの強さを感じました。オージーの大胆な性格がバスケットにも出てるなと。とりあえず体を生かしたプレーが多く、質や細かさはやっぱり日本の方が優れていると感じました。ただここでの経験はすぐに自分自身のプラスになりました。もっとフィジカルを上げていかないと通用しないという課題が見えたので。世界で戦うことを突き詰めて考えるとフィジカルの強さは必至です。バスケットはボールが高いところを移動するため、どうしても大きい選手が有利なスポーツなので、そうなると小さな体でも負けない体の強さや小ささを補うテクニックが自分には必要で、そこはオーストラリアで活躍するための最低条件だなと。チビで体も弱いとその穴を攻め込まれるので、鍛えて対抗できるようにしなければいけません。日本ではそうは感じたことはなかったですが、海外に出るとやっぱり感じますね。

 

試合を観戦していていると、伴選手がパスを裁いて流れを作っていくパターンをよく観ることができました。初戦を経て、フィジカル以外にも自分自身に課題は見えましたか?

 

もっと得点を取るというか、リングに向かってアタックしたり、それに関わるプレーをした方がいいと感じました。どうしても点が止まる場面は生まれてしまうもので、そこで自分が攻めて打開する必要があると思いました。一方でチームとしては個々であるよりかは、チームオフェンスを重視するので、バランスが必要なんですけど、しっかり自分で状況判断して、試合の中でゲームを作りながら考えて、時折そういった空気を変えるプレーを出していけたらいいと考えています。

 

オーストラリアでの生活は慣れましたか?

 

いま5ヵ月ですが、自分の目的に沿って生活ができているのでめっちゃ楽しいですね。朝ジムに行ってから語学学校に行って、終わってからまたジムに行って。練習して週末には試合というルーティンなので、ノビノビと生活しています。いまはノースに住んでいますが、美味しいお店が多くて、体を大きくしたいのでたくさん食べるようにしていますね。

 

お休みの日はどう過ごされていますか?

 

あまりまとまった休みはとらないのですが、休めるときは釣りに行ったりとか、DVDを観たりしてリラックスしていますね。目的を持って毎日忙しくする生活が好きなので、あっという間に毎日が過ぎていきます。

 

アメリカでプレーされていたときのことをお聞かせください。

 

IBL独立リーグのベリングハム・スラムというチームで、完全にアメリカ人の中にひとりで入ってプレーしていました。2014年度のシーズンではリーグ優勝、チーム3連覇に貢献することができました。アメリカには外国人枠などはなく、完全に実力主義のなかでやっていました。バスケットの文化としてはアメリカが最上というのはありますが、生活の充実度はオーストラリアの方がはるかにいいですね。食べ物も美味しいし、生活のバランスがとてもいいので、気に入っています。

 

そもそもバスケットを始めるきっかけは?

 

4つ上の兄貴がいるんですけど、兄貴が最初にバスケットを始めて、それを見て自分もやりたくなって小1から始めました。たまたま小学校のチームも強くて日本で全国大会に出るようなチームで、練習は厳しく、ハードに鍛えあげるチームだったので、ある程度そこで技術やメンタルを鍛えられた部分はありますね。いま振り返ってもあの頃は毎日きつかったですね。

 

プロを意識しだしたのはいつ頃でしたか?

 

小学校3年生にはNBAとか日本のプロ選手をテレビで観てカッコいいなと憧れていて、いつか自分もこうなりたいなと思っていました。

 

 

たくさんの人がプロに憧れていてもプロになれる人は一握りです。なれる人となれない人の違いとは何でしょうか?

 

正直、運が大きいと思います。努力や考え方などの要素は確かにあると思うんですけど、僕はご縁と運が人よりも長けてる、という言い方をするかわからないんですけど、持っていたんだろうなと思います。世の中にバスケットがうまいヤツなんてたくさんいるし、そこで誰がなるかなんて本当にわかりません。もちろんどうやったらプロになれるかっていう追及は自分の中で考えてましたが、それは皆当然していることで。振り返るとたまたま運が良かっただけだと思っています。
 

今後の目標をお聞かせください。

 

よりレベルの高いところでプレーをしたいなという思いがあるのですが、プレーグランドはアメリカや北欧だけがいいとは思っていません。自分が成長できて充実した生活を送れる場所に身を置いて、バスケットのキャリアを積んでいければと思います。世界中どこでもバスケットはやっているので、チャンスがあればいろんな国でやってみたいですね。オーストラリア国内の目標は、NBL(ナショナル・バスケットボール・リーグ)。そのレベルだったらもっとフィジカルやテクニック、ファンダメンタルを上げないといけません。ワラタリーグでどれだけ自分ができるのか、また次のレベルで戦うにはいま自分に何が足りないのかを感じるために戦っています。

 

チアーズ読者へコメントをお願いします。

 

バスケット観戦は間近で観れて迫力もあるのでめっちゃ楽しいです。ゲーム展開が早く退屈になりにくいスポーツなのでぜひ一度観に来てみてください。外国人枠の外国人が一番小っちゃいんかい!とツッコミを入れたくなるような、小さな日本人の自分がオージー相手に何をするのか、そこが見どころですよ!

 

 

 

 

 

伴選手が直接キッズに教える! バスケアカデミー開校!


日時: 毎週日曜 14:00~15:30    
場所: Cook & Philip Aquatic and Fitness Centre
(4 College Street Sydney)
費用: 20ドル/1回 ※5-16歳対象
お問い合わせは
0432-552-683 (ユウト)までSMSをお送りください。

 ホームゲーム日程 

3月18日(日)16:00- vs Penrith Panthers
4月21日(土)17:00- vs Manly Sea Eagles
4月28日(土)17:00- vs Sutherland Sharks
5月5日(土)17:00- vs Hills Hornets
6月2日(土)18:00- vs Central Coast Crusaders
6月23日(土)17:00- vs New Castle Hunters
6月30日(土)20:00- vs Sydney Comets
7月14日(土)17:00- vs Norths Bears
8月4日(土)18:00- vs Bankstown Bruins

 

愛媛から世界へ
伴 晃生(バン コウセイ)


1993年9月3日生まれ、愛媛県松山市出身、身長170cm
小学校1年生のとき、兄の影響でバスケットボールと出会う。松山市立味酒小学校では、第36回全国ミニバスケットボール大会出場し、平成17年度愛媛県優秀選手賞受賞。松山市立勝山中学校では、クラブチーム「クロスロード」応時杯優勝。愛媛県立松山工業高等学校では第40回、41回、42回ウィンターカップ出場、第63回インターハイ出場、第65回国民体育大会出場、平成23年度愛媛県優秀選手賞受賞。その後幼い頃からの夢を実現するため、国士舘大学を中退して単身渡米。2012~2013年にアメリカ独立リーグ"IBL"のNippon Tornadoesに入団。その後、2014年にBellingham Slam (ベリングハム・スラム)に入団。2014年度シーズンにリーグ優勝。チーム3連覇に貢献した。日本帰国後の2015〜2016年に大分・愛媛ヒートデビルズ所属。2016〜2017年に愛媛オレンジバイキングス所属。2017年にSeattle Summer Leagueに参戦。2018年現在、オーストラリアのWaratah LeagueのHornsby Ku-Ring-Gai Spidersと契約。

 

オーストラリアで学びつくす、遊びつくす。アクティビティに強い留学紹介サービス
JAPAMATE


語学留学、バスケットボール留学、ダンス留学、インターンシップを斡旋している留学エージェントです。無料留学エージェントなので、留学についてのご質問はお気軽にご相談ください。

Web:japamate.com
Tel:0432 552 683
Suite 25 Level 21, 233 Castlereagh St., Sydney
Eメール:info@japamate.com

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

CATEGORY

Cheers インタビュー

インタビュー: 本田圭佑選手の元専属シェフ〝世界を旅する料理人〟沢山慶充 世界を駆ける和太鼓集団 YAMATO THE DRUMEERS OF JAPAN 独占!来豪インタビュー チャド・マレーン 看板娘 Vol.33 ジャイアントマンタが大接近! DJ GingerのMy Playlist Vol.2 ベトナム枯れ葉剤被害者支援の会 看板ムスコ Vol.32 看板娘 Vol.32 内戦前のシリアを訪れる DJ GingerのMy Playlist Vol.1 ベトナム枯れ葉剤被害者支援の会 忽那汐里 Shioli Kutsuna 南極点への究極な旅 地球の真下に立つ! シドニー出身の女優、日本映画祭ゲストとして来豪  忽那汐里 無重力飛行への挑戦 富樫 勇樹選手 独占インタビュー 後藤昌代さん インタビュー 笑福亭笑子 ボンダイ・フィーストに登場! DJ LICCA TAKASHI WAKA 伴 晃生  Alex Brosque  アレックス・ブロスケ 岡涼介さんに インタビュー! 西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side girl 20190702
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示