オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheers インタビュー


富樫 勇樹選手 独占インタビュー

バスケットボール日本代表ポイントガード

24/10/2018

このエントリーをはてなブックマークに追加

%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89 10

 

バスケットボール日本代表ポイントガード

富樫勇樹選手 独占インタビュー

シドニー大学ブライデンズ・スタジアムにて8月10日、オーストラリア・プロバスケットボールリーグNBL所属のシドニーキングスと日本代表の親善試合が行われた。コート内でウォーミングアップする選手たちの中に一際小さな身長の選手がいる。アメリカNBAの下部リーグである Dリーグ(現Gリーグ)を経て、日本プロバスケットボールリーグのBリーグに所属している千葉ジェッツに入団した富樫勇樹選手だ。今回弊誌では、2014年から日本代表のポイントガードとして活躍する富樫選手にインタビュー!

 

本日(8月10日)対戦したシドニー・キングスの印象をお聞かせください。

6月29日に行われた日本対オーストラリアの代表戦で試合した選手もいましたし、1年前にレバノンにアジアカップで行ったさいに戦った選手もいましたので、もちろん強いという認識はありました。NBAでチャンピオンリングを獲得したアンドリュー・ボーガット(センター)選手もいましたしね。日本代表はフルメンバーで臨めませんでしたが、すごく良い経験になったと思います。シドニー・キングスはアジアの中でも頭ひとつ抜けて強いチームなので、こういうフィジカルと技術の両方があるチームと対戦することができてすごく良い経験になりました。

 

試合中、ピック&ロールのオフェンスが展開しづらそうでしたね。

そうですね。毎回対戦して感じるのがビックマンの上手さというか、位置取りといった部分が、他国と比較すると常にチーム全体で完成度が高く、そこをどう攻めるのかがポイントでした。以前のオーストラリア代表戦でも日本代表はニック・ファジーカス選手や八村塁選手に頼っていた部分があるので、彼らのいない今日の試合の、特に前半はなかなか攻めあぐねてしまったと思います。

 

シドニーのプロバスケットボールチームと対戦してみて、オーストラリアのリーグへ移籍を意識したりしますか?

オーストラリアに関しては2~3年前、それこそちょうどアメリカのDリーグに挑戦する頃なんですけど、当時オーストラリアのプロバスケットボールリーグNBL(以下NBL)にアジア枠があって、そのときにお話をいただいたことがあり、挑戦しようかなと思うことはありました。しかし、いろいろなタイミングが重なり、行くことができませんでした(アジア枠は今季2019年シーズンから復活)。オーストラリアは、世界のトップリーグNBAに何人も選手を送っている強豪国であり、すごく良いリーグだと聞いていたので、機会があれば挑戦をしたいと思いますし、常に自分が成長できる環境でやっていきたいと思っています。アメリカのDリーグを経験して感じたことは、日本のリーグだけではなく、他国のリーグも経験することはすごく大事なことだと思うので、若い世代の人たちにはまず1年でも国外に出て経験してほしいと思います。

 

2019年シーズンに千葉ジェッツと、海外挑戦ありきの契約をされましたが、どこか他国での挑戦をお考えですか?

いや、今の一番の目標はオリンピックに出場することなので特にはありません。自分がそこに向けて一番良い環境でプレーすることがベストだと思っているので、そこが海外なのか日本なのかというところをしっかり自分の中で判断していきたいです。海外に行ったからといって良いわけではないこともDリーグを経験して思いますし、もちろん試合に出る出ないでかなり変わります。チームスタイルによって自分のプレーができないことがけっこうあると思うので、そういう部分で一番良い環境を求めていきたいですね。

 

日本代表のチームメイト、比江島慎選手が初の日本人選手として、ブリスベン・バレッツと今シーズン契約をされましたが、どう思いますか?

比江島選手の移籍は色々な選手の刺激になったと思いますし、特に彼の性格的なところで、ああいう選手が海外に挑戦するということでみんなビックリしたと思います。海外では生活できないだろう…っていうような性格なので(笑)。1人で英語でのコミュニケーションを取れるっていう感じでもないのに、そんな選手が1人で海外挑戦するっていうのはほかの選手たちにも本当によい刺激になったので、活躍してくれることを願ってます。

 

NBLに日本人選手が増えることを筆者も願っています。

そうですね。NBLはすごく良いリーグだと思いますし、せっかくアジア枠があるので、チャレンジャーが増えてほしいですね。

 

ワーキングホリデーや留学生たちに贈る、富樫選手が考える英語や留学の重要性とは。

正直、自分の場合は英語を使って仕事をしたいという気持ちがまったくないのですが、やっぱり高校3年間をアメリカ留学して、いわゆる英語が話せる、普通にコミュニケーションを取れるレベルの英語力が付いてからは世界が広がりました。それこそ海外挑戦するさい、もし自分のスキルがそのレベルにあったとしても英語が話せなかったら、海外挑戦しに行けるかと言われるとすごく悩むと思うんです。今はまったくコミュニケーションの問題がないので、その心配はなく海外に行けますけど。そういう部分で思い切って高校3年間アメリカに渡り、英語を学べたことで世界が広がって、バスケの人生としてもそうですし、バスケの選手として日本でもアメリカ人と英語でコミュニケーション取れるということは大きなアドバンテージになっていますね。英語が喋れるから良いっていうわけではないし、もちろん人によって英語をどう使いたいかはそれぞれ変わってくるとは思いますが、海外に住む、日本から飛び出すということは良い刺激になると思うので、バスケ関係なく、留学というものは本当に良い経験になると思います。

 

オーストラリア在住でバスケットボールを楽しむ日系の子供さんたちに向けてメッセージをお願いします。
    
オーストラリアはトップレベルの選手たちを間近で見ることができる恵まれた環境です。彼らを観て学ぶのはスキルアップにすごく大事なことなので、ぜひオーストラリアでたくさんプロの試合を観てもらいたいなと思います。今後オーストラリアで揉まれてBリーグを目指す選手が出てきたら面白いですね。トップレベルの選手を見て成長していってもらいたいなと思います。

 

取材を終えて

試合後に快くインタビューを受け入れてくれ、写真撮影などにも応じてくれた富樫勇樹選手。目が真っ直ぐで、今までに取材で出会ったプロ選手と同様にプロ特有の集中力や熱さなどを試合中も試合後も感じた。身長が低い富樫選手がアメリカNBAのサマーリーグに挑戦し、日本人史上2人目となるNBAとの契約を勝ち取り、日本ではトッププレイヤーとして日本バスケ会を牽引している姿は本当に輝かしい。バスケットボールはどうしても身長ありきのスポーツ。それでもその中で一際小さな身体の選手が30センチ近く、もしくはそれ以上も身長差のある選手たちを翻弄し、得点やアシストをする姿は、m日本人に限らず小柄なプレイヤーたちにすごく良い刺激になっている。まだまだ日本人は英語が話せないという理由で海外挑戦をする機会が少ないが、英語力や本来なら気にするべきではない些細なことを理由に海外挑戦を諦めたり、悩んだりすることなく、富樫選手のように海外にどんどん出てきて挑戦していただきたいと願う。今回この記事を読まれた方々もぜひ一度、Bリーグはもちろん、NBLや日本代表の試合を観て、バスケットボールの楽しさを感じていただきたい。(文/写真:池谷 宥斗)


 

富樫 勇樹(トガシ ユウキ)選手プロフィール
1993年7月30日生まれ、新潟県新発田市出身、身長167cm
ポジション:ポイントガード
日本プロバスケットボールリーグ「Bリーグ」の千葉ジェッツ所属。高校時にアメリカの高校に留学し、卒業後の2012年には日本のプロバスケットボールリーグ「bjリーグ」の秋田ノーザンハピネッツに入団。1年目にbjリーグ新人賞を受賞し、2年目にはアシスト王を獲得し、ベストファイブにも選出される。2014年には日本人2人目となるNBA選手契約をDallas Mavericksと結ぶ。2016年に開幕したBリーグでは千葉ジェッツの司令塔としてプレーし、アシスト王を獲得。2017年には天皇杯でもチームを優勝に導き、オールスターゲームでMVPも獲得。


富樫 勇樹選手所属 千葉ジェッツの試合日程
2018-2019シーズンは10月4日から始まり、合計60試合が 行われる予定
試合日程はこちら:https://chibajets.jp/schedule/
チケット購入はこちら:https://chibajets.jp/ticket_info/


Sydney Kings VS比江島 慎選手の所属するBrisbane Bulletsの試合日程
■シドニーで開催される試合
12月29日(土) @Qudos Bank Arena
2月3日(日) @Qudos Bank Arena
■ブリスベンで開催される試合
1月25日(金) @Brisbane Convention & Exhinition Centre
2月1日(金) @Brisbane Convention & Exhinition Centre

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

CATEGORY

Cheers インタビュー

インタビュー: 本田圭佑選手の元専属シェフ〝世界を旅する料理人〟沢山慶充 世界を駆ける和太鼓集団 YAMATO THE DRUMEERS OF JAPAN 独占!来豪インタビュー チャド・マレーン 看板娘 Vol.33 ジャイアントマンタが大接近! DJ GingerのMy Playlist Vol.2 ベトナム枯れ葉剤被害者支援の会 看板ムスコ Vol.32 看板娘 Vol.32 内戦前のシリアを訪れる DJ GingerのMy Playlist Vol.1 ベトナム枯れ葉剤被害者支援の会 忽那汐里 Shioli Kutsuna 南極点への究極な旅 地球の真下に立つ! シドニー出身の女優、日本映画祭ゲストとして来豪  忽那汐里 無重力飛行への挑戦 富樫 勇樹選手 独占インタビュー 後藤昌代さん インタビュー 笑福亭笑子 ボンダイ・フィーストに登場! DJ LICCA TAKASHI WAKA 伴 晃生  Alex Brosque  アレックス・ブロスケ 岡涼介さんに インタビュー! 西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side girl 2019 0701
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示