オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheers インタビュー


豪日交流

七人のブルー 子サムライ の出稽古

22/02/2010

このエントリーをはてなブックマークに追加

1月10日、真夏のシドニー空港に降り立った日本のサッカー少年7人(全員小学生)。TOCの生徒たちだ。TOCとは、Touch Of Classの略で、英語とサッカーを教えるスクール(東京:http://www.naocastle.com/blog)。主催するのは、今矢直城TOC代表。真新しいヒルズ・スポーツ・インドア・センター(セブンヒルズ)で行われたオーストラリア側のFUTBOL TECの夏季キャンプに合流。相撲で言う〝出稽古〟である。合計42名の子どもの中には、2022年のワールドカップに備えて選手として育成されている子もいた。TOCシドニー夏季キャンプは、1月11日~14日まで4日間行われ、日本の少年たちは、シドニーの家庭にホームステイして、実際に異文化を体験した。

将軍家指南役は3人。TOC今矢直城代表は、兵庫県生まれの29歳。ヌーシャテル・ザマックス(スイス・スーパーリーグ) 、ラ・ショー=ド=フォン(スイス2部)、ニュージーランド・ナイツ(Aリーグ、NZ)、マルコーニ・スタリオン(NSWプレミアリーグ)、VFBリューベック(ドイツ)で活躍してきた。

オーストラリア側のコーチは、トリフィロ兄弟。 兄のジェイソン・トリフィロさん : U17のオーストラリア代表。2005年のワールドカップ・ペルーに出場。2人とも、テクニシャン系。サッカースクールのフットボール・テックを主宰。今回共同開催で合意し、TOCシドニー・キャンプが実現した。
弟のグレン・トリフィロさん : 2008年にU20のオーストラリア代表でベトナム遠征。2006年、2007年にオーストラリア高校生キャプテン。現在パースグローリー所属。


今矢代表は、TOCシドニーキャンプの目的をこう語る。

「日豪の架け橋を目指したい。選手時代からの夢で、日本でサッカー・スクールを開いて、オーストラリアにつなげていきたいと強く思っていました。私自身、10歳でオーストラリアにきて、文化の違い、考え方の違いを肌で感じとってきました。それを、子どもたちに経験してもらいたいんです。ライフ・エデュケーション、人生をどうやって生きていけばいいのかをオーストラリア人は分かっていると思います。人生にはこれが大切だということを、オーストラリアで経験してほしいという願いがあります。必ずしも一流のサッカー選手にならなくても、別の分野で生かしていけばいいわけです。そのためには、日本の中だけで終わるのではなく、とにかく海外に出て、外を見るということが大事です」

今いる場所で全力を尽くす
今矢代表は、折に触れ、自分の思念をノートに書き止めている。

「ジュニアチームから17歳以下までのチームを含めると100人以上の選手がユースチームにいたが、最終的にプロサッカー選手になれたのは自分と、イギリスのウエストハム・ユナイテッドのキャプテンで活躍しているルーカス・ニール選手(当時15歳=最近トルコのガタラサライに移籍)だけだ。まあ、自分と彼との間には、かなりの格差があるが…。彼は、シドニーに帰っても決して気取りもせず、人間としてもできていて、尊敬できる素晴らしいプレーヤーのひとりである。しかしユース時代にうまかった周りの選手が、プロになろうとした道を20歳にもならぬままになぜ、諦めていったのか…。自分もサッカー以外にも人生はあるだろうと思うし、サッカーを続けるには犠牲にしなければならないことも出てくると思う。どんな道を選ぶにしても、今いるその場所で、できることを精一杯やっている人はやはり美しい。そしてその努力がまた、新しい道を生み出すと確信する」

試行錯誤からの展開!
今矢代表は、2日目、日本の子の動きが鈍い…と悩んでいた。このまま行けばずるずるいく…ここは手を打つ時だ、と。

「2 2の練習試合をやらせました。オーストラリアの子と組むのです。これが転換点でした。とにかくコミュニケーションをとって、『今のはゴールだとか、そうでないとか』、オーストラリアの子が助けてくれたんです。日本ではありえないようなことが起きて、ここはこうしようと、対応能力を磨く必要があるというのは分かったと思います。ルールなんか関係なくなって、なんとしても勝とうとするオーストラリア側がせこくて、このまま黙っていたらだめだというのが日本の子にわかって、その時初めて「What?」とか、「No goal」とか、英語が飛び出し、テンションは高くなりました。私が日本でコーチしていても変わらなかったろうと思う子が、ここでがらっと変わったり、現地のコーチの指導を受けて、視野が広がったと思います」「今回の目的は、もうひとつ。私はオーストラリアが大好きなので、オーストラリアの子どもたちに、日本の子どものテクニックを見せて、触発したかったこと。特に、ボールを持ってからの動きなどですね。そういうものを、こちらの子どもたちが修正していければ、世界トップレベルの選手になっていくと思います」

心地よい手ごたえ!
Beyond the Camp

ホームステイ先のホストの献身的な協力もあって、今矢代表は予想以上の成功を喜ぶ。そして、日本の子どもたちのマナーの良さから、逆(子どもたちが日本に行く)はいつ実現するのか、という声がシドニーの親たちからあがっている。「サッカーがユニバーサル・ランゲージと言われるゆえんです。来年もまたやりたいです」と、〝来年〟を描く。TOCも新年度は、現在30人の生徒を50人か60人に拡大することを検討している。子どもの評判の良さとは全く関係なく、彼は、帰国当日、小学生に2つのことをさせた。ホストファミリーに手紙を書かせた(写真下)。日本語を英語にしてあげたのも彼だった。さらに、子どもたちの親にも手紙を書かせた。大事なことである。感謝の気持ち、報告…親から離れたときに何をすべきかを教えたのである。子どもが書いた手紙は、やがて彼らの〝決意〟へと昇華する。前進させるためには、中心の車軸がしっかりしていれば安心だ。「良い選手ということに限れば、オーストラリアの選手の方がハングリーです」。可愛い子どものポテンシャルがゆえに、彼の目は鋭く捉えていた。執念こそ勝利の母と言いたいのだ。「不屈。始める人のことではなく、続ける人のこと」というレオナルド・ダ・ビンチのメモとも一致する。同じ時代に生きるなら、自分の生き方が、誰かに勇気と希望を与えるものでありたいと、彼は心の中で願っている。(終わり)(文責:北村 元)

1) 波塚 陽介くん 小学校4年  

「TOCのチームを作って、オーストラリアのチームと戦ったことが一番楽しかった。皆頑張って、高校生にも勝ててよかった。ホームステイは楽しかった。また、来たい。シュートの威力というのが勉強になった

2) 本橋 周馬くん 小学校4年  

「オーストラリアに来て、技術がちょっと上がったと思います。オーストラリアの人たちはうまかった。日本の人が使わないフェイントが勉強になった。ホームステイは楽しかった。ご飯食べる時も楽しかったし、家に犬もいたし、プールもあったので、また来たいです」

3) 杉山 豪希くん 小学校5年  

「こちらへきて楽しかったのは、日本グループとオーストラリア・グループで対戦できたことです。負けはなしで、勝ちと引き分けだけでした。英語で伝えるのは難しかったけど、ジェスチャーを使えばなんとか伝えられるとわかった。オーストラリアの人は、マルセーユルーレット(註)を使ったり、体で当ててドリブルしてきたり…勉強になりました。ホームステイは楽しかったです。家の人がとてもよくしてくれました」  註:フェイントのこと、この表現は日本人以外あまり使わない。ジダン(仏)のテクニックからついた。

4) 梅田 至くん 小学校6年  

「こちらの人は体が強いから、もっと鍛えなくちゃと思いました。相手の人は体はめっちゃくちゃ強かったけど、日本対オーストラリアの子ども同士でやった時は勝てました。とても楽しいキャンプでした。練習をちゃんとやっていなくて、上から下に1個落とされました。ショックだった。こちらの人の家に泊めさせてもらって、家にプールがあって泳ぎました。ホーステイの人に親切にしてもらいました」

5) 大竹 晃平くん 小学校6年  

「日本では経験できない体格の差を実感できました。当たりが日本人よりも激しかったです。こんなこともするんだ、ということもありました。オーストラリアの人は負けたくないという気持ちの強さを感じました」

6) 板倉 達弥くん 小学校6年  

「オーストラリア人とサッカーできたのが、何より楽しかったです。全部が勉強になりました。来たかいがありました。コーチから言われたことで、一番頭に残っていることは、次の動きを考えろ!ということです」

7) 下澤 悠太くん 小学校6年  

「今度のキャンプで一番勉強になったことは、日本と違って、プレッシャーが早いことです。オーストラリアの人とサッカーできたことが一番うれしいです。外国の人とやったのは、初めてです。シザーズ(註)とか、抜いた後の次の動きなどをもっと磨きたいです。コーチから『やる気があるのか!』と言われました。いや、びっくり! ホームステイは優しくしてくれたので、気軽に楽しめました」 註:内側から外側、あるいは外側から内側へ、ボールに触れずに腿を上げることなく、ボールの横を高速でまたいでディフェンスを惑わすフェイント。逆シザーズもある。


兄のジェイソン・トリフィロさん


弟のグレン・トリフィロさん


CHEERS 2010年03月号掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ブリスベンでのファーストギグを終えたばかりのLICCAの素顔に迫った。

この記事を詳しく見る

交換留学を終えた後も、幾度となくシドニーに訪れ、現在までスタンダップ・コメディアンとして活躍してきたWAKAさんが、今回『シドニー・コメディ・フェスティバル』に出場すべく、再びシドニーの地に舞い戻った。

この記事を詳しく見る

日本やアメリカでプロの経験を経て、オーストラリアでチャレンジするバスケットボーラー伴晃生選手にインタビュー!

この記事を詳しく見る

オランダやベルギーなど海外でのプレー経験を経て、Jリーグでは、清水エスパスルに所属していたブロスケ。グラハム・アーノルドが監督に就任後、UAEアル・アインに所属していたブロスケをシドニーFCに連れ戻したことは記憶に新しい

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

DJ LICCA TAKASHI WAKA 伴 晃生  Alex Brosque  アレックス・ブロスケ 岡涼介さんに インタビュー! 西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase