オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheers インタビュー


チアーズブロガーが漫画家デビュー!

小野デラ

22/10/2010

このエントリーをはてなブックマークに追加

シドニーで学生生活を送りながら、チアーズブログに4コマ漫画を掲載していた小野デラさんが日本帰国後、コミックエッセイ『いちおう、英会話学校通ってました…』を出版した。英語習得に訪れたオーストラリアでの悪戦苦闘をもとにしたこの漫画作品がどのようにして生まれたのか? 現在、日本で会社員生活を送る小野デラさんに伺った。

チアーズのブロガーさんが日本で本を出版されたと聞いてびっくりしました。本の内容は具体的にはどういったものなのでしょうか?

オーストラリアでの失敗談と、日本での英語教育に関する疑問や使える英語がちょこっと入ったコミックエッセイです。オーストラリアに来る前に日本の英語学校に通っていたのですが、実際に来てみるとネイティブには全然伝わらなかったりという自身の体験を元にしました。オーストラリアに住んだことのある方なら120%楽しめると思いますよ。

出版することになったきっかけを教えていただけますか?

シドニーにいる時に自身のブログで4コマ漫画を描いていて、それを毎日更新していたのですが、それが出版社の方の目に留まり、出版に繋がりました。そしてそのブログを始めるきっかけがチアーズさんのブログで描かせていただいていた4コマ漫画でした。ただ、あまりに量が多いので、毎日更新したら迷惑になってしまうと思い、自身のブログを別に始めたんです。ですので本当に一番最初に私が漫画を描き、出版することになったきっかけは、チアーズさんのウェブのブログに乗せていた4コマなんです。

本を出版するときの実際の工程というのはどういったものになるのか教えていただけますか?

まず編集の方と「何を読者に伝えていくか」について話し合います。だいたいは喫茶店のような所で、アイデアを出し合い、方向性を決めます。その後、私が下描きし、OKが出たら本描きします。最終原稿になるまでは5~6回書き直しました。たとえば“台詞の流れがわかりにくい”とか、“登場人物が外国人に見えない”とか(笑)。また、漫画で使った英語に対して、校訂さんから「これ、アメリカ英語では使わない言い回しなんですが」とか言われたりして・・・。原稿が終わったらデザイナーさんと表紙の相談に入ります。最終原稿を全部入稿した後、見本で本の形になったものが確認用で印刷所から届けられるのですが、これに未来の日付が入っているんです。この時点でやっと「ああ本になるんだな」と実感するわけです。

実際に出版に携わってみて、楽しかった部分や感動したことを教えていただけますか?

楽しかったことはとにかく「漫画が描ける!」ということですね。それをたくさんの方が形にしていく、大人の真面目な文化祭という雰囲気に感動しました。

では、つらかったことは?

つらかったのは、時間がなかったことですね・・・。昼間8時間仕事をして、夜8時間漫画を描くという、盆もクリスマスも正月も自分の誕生日もない生活を送りました。人生で机に座っていた時間が最も長い時期だったと思います。

いやらしい話ですが、印税もけっこう入ってくるのでしょうか?

気になりますよねぇ(笑)。はいっ、結構入りました! でも結局、オーストラリアの大学院の学費を親に借りていたので、それを返した時点でおしまいです…。手元にあったのは10分ぐらいでした(笑)。

漫画はいつ頃から書き始めたのですか?

記憶にあるのは小学校の頃からです。クラス新聞で4コマを描いていました。いつも最後のコマが「おしまい」の4文字だけだったので、実質3コマみたいな地味なものを描いていました(笑)。その後も漫画は趣味でずっと描いていました。お正月に妙に気合の入った年賀状送ってくるひとって、一人ぐらいいませんでした? それが私です(笑)。

小野デラさん自身は、どういった漫画から影響を受けたのですか?

少年ジャンプです。特に鳥山明先生ですね。ドラゴンボールの孫悟空を上手に描けても何の得もないと思っていましたが、英語学校ではクラスメートに喜ばれ、そのときに報われたと感じました(笑)。

オーストラリア生活は漫画のネタの元としてはどうでした?

住まれてみるとわかると思うのですが、オーストラリアはネタの宝庫でした。天気予報は適当、バスの時間も適当、そして行き先まで適当だっていう。以前シドニーの裁判所の前で、かつら(オーストラリアの法廷で着用される伝統的なかつら)を指でくるくる回しながら携帯電話で週末のバーベキューの相談をする裁判官を目撃した時に、この国に来て正解だと思いました(笑)。ネタが勝手にやってくる国ですね。日本に帰ってくるとこういったネタがなくなってしまうのが実に残念です。

今後も継続的に本の出版を行っていく予定ですか? もしそうでしたら、どういったものを作っていきたいですか?

自分がビジネス英語で苦労しているので、ビジネス英語に関する漫画が出せればと思っています。たとえば今までは“とりあえず英語をマスター”と思っていたのに、いざ英語で仕事をするという環境に入ってみると会議中に皆が何を話しているのかさっぱりわからない。かかってきた電話もどこから名前でどこから部署名だかさっぱりわからない。こういう経験をされている方がいっぱいいらっしゃると思いますので…。

そもそも海外留学の先として、なぜオーストラリアを選ばれたのですか?

私が日本の英語学校にいた頃、面白いオーストラリア人の先生がいたのがきっかけです。最後までアメリカに行こうか、イギリスに行こうかと、散々悩みましたが、そのオーストラリア人の先生がいつも「もうシドニー帰りたい。シドニー大好き。ねぇねぇ、シドニーの話していい?」といった話をするんです。授業内容を無視してでも(笑)。先生として優秀かどうかは怪しいんですけど、そこまで魅力的なところならシドニーに行くしかないなと決心しました。

最初オーストラリアに渡るときには、どんな自分になろうという思いで来られましたか? 望んでいたものを実際に得ることはできましたか?

正直、望んでいた以上のものすべてが手に入ってしまいました。私は日本で通じる英語の資格、たとえば英検のような形に残るものが手に入ればいいなぐらいに思っていたのですが、まさか現地で大学院に行くことになるとは、そして卒業し、望んだ仕事を手に入れられるとは思ってもいませんでした。

今振り返って、オーストラリアでの生活を経験する前と後で自身の何かが変わったと感じますか?

簡単なことかもしれませんが「やればやった分だけ、すべて結果となって返ってくる」ということを学びました。以前の私は「どれだけやっても結局ダメなものはダメだな」と思うことが多かったのですが、オーストラリアではどんなにどん底で、もうダメだ!と思うことでも、後でプラスになって返ってくることが多かったように思います。きっと日本でも同じだったのだと思うのですが、日本で生活していただけでは気付きにくかったのだと思います。

現在、日本で生活をしていて、“海外留学をしておいてよかった”と感じるのはどんなときですか?

何か他の国、たとえばオーストラリア、中国、韓国などの国と日本の間で問題が発生した時、相手の国の立場になって物事を考えられるようになりました。「中国はどう思っているんだろう?」「日本は怒っているけれど、オーストラリアは悲しんでいるだろうな」とか。私がシドニーでお世話になったホストファミリーも同じことを言っていました。様々な人種と触れ合う、つまり“相手を知る”ということが、日本にいたままでは難しかったかもしれないので、その点はよかったなと純粋に思います。

小野デラさんと同じように学生やワーホリメーカーとしてオーストラリアで悪戦苦闘されている方々にメッセージをいただけますか?

「人生一回の海外生活だから」と自分を奮い立たせるのも大事ですが、変に“無理”はしなくてもいいんじゃないでしょうか。英語の勉強も旅行もバイトも心身ともに健康じゃなきゃできないことですし。ちょっと英語に疲れたと思ったらしっかりと休みを取る。ストレスを感じたら日本の家族や友達に長電話をする。海外にいるとついつい自分を追いこんでしまいがちだと思いますので、自分の心と体とうまく付き合いながら、楽しくオーストラリアでの時間を過ごしてほしいと思います。

小野デラ(おの・でら)
神奈川県出身。大阪芸術大学卒。卒業後、3年間OLをしながら、英会話学校に通うなどして英語を猛勉強。その後オーストラリアに3年間留学。2008年にオーストラリアの大学院を卒業し、日本の某アメリカ企業に就職。現在、ビジネス英語漬けの日々に奮闘中。


 

CHEERS 2010年11月号掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

日本やアメリカでプロの経験を経て、オーストラリアでチャレンジするバスケットボーラー伴晃生選手にインタビュー!

この記事を詳しく見る

オランダやベルギーなど海外でのプレー経験を経て、Jリーグでは、清水エスパスルに所属していたブロスケ。グラハム・アーノルドが監督に就任後、UAEアル・アインに所属していたブロスケをシドニーFCに連れ戻したことは記憶に新しい

この記事を詳しく見る

「日本なんかクソ食らえだ!」そう思って、1999年にワーキングホリデーで日本を飛びだした岡涼介さん。日本では何度も挫折を経験した彼が一念発起し、NSW Business Collegeにて経営学とマーケティングを学んだことで人生が変わり始めた。

この記事を詳しく見る

今回弊紙は、オーストラリアでの公開を記念して、西村義明プロデューサー、『借りぐらしのアリエッティ』や『思い出のマーニー』で知られる米林宏昌監督、そしてスタジオの国際部責任者を務めるジェフリー•ウェクスラーさんの名様のインタビューを行った。この物語に秘められた彼らの熱い思いをお届けしたい。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

伴 晃生  Alex Brosque  アレックス・ブロスケ 岡涼介さんに インタビュー! 西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase