オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
今一番安くワーキングホリデーで行く方法
娯楽記事

Cheers インタビュー


映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて

阿部勉(映画監督)

18/11/2010

このエントリーをはてなブックマークに追加

松竹株式会社、立命館大学、京都府から協力を得て、今まで前例のない「産・学・公」の連携を実現し制作された話題作『京都太秦物語』。阿部勉監督、山田洋次監督、そして立命館大学の22人の学生と共に作り上げたこの作品がSydney Japanese Film Festivalにて上映される。その上映に先駆け、今回チアーズ編集部では監督の阿部勉氏に映画制作について話しを伺った。11月23日には阿部勉監督によるパネルディスカッションも企画されているのでお見逃しなく。

 

今回の作品が第2回目の監督作品と伺っております。1本目と比べ制作はスムーズに進みましたか?

決してスムーズではありませんでした。まったく同じ作品を作るのであれば、2本目はスムーズに進むのかもしれませんが、映画は1本1本まったく違う作品なので、違った難しさがあります。映画を作る時は、いつも迷い、悩みながら作ります。 

制作を無事に終えた今のお気持ちを聞かせてください。

始まる前は果たして終わるのだろうか、ちゃんとした映画になるだろうかと不安になるものですが、終わってしまうと嬉しさよりも、少し寂しい気分になります。充実感と寂しさを同時に感じるのは、映画という仕事の特長かもしれません。

阿部勉監督、山田洋次監督、それと立命館大学の22人の学生と共に作り上げたこの作品で、阿部監督はどのような役割を担当されたのでしょうか?

日本映画では、共同監督というのはほとんど例がありません。あったとしても、オムニバスのように、撮影するシーンを分担することがほとんどです。しかし今回はすべてのシーンを山田監督とふたりでどう撮るか、このシーンで何を表現すべきかを話し合い撮影に臨みました。山田監督は日本でも一番忙しい監督ですから、打合せをした後で、僕がひとりで監督するシーンも多くありました。撮影現場で俳優を演出し、スタッフに号令をかけるのは僕の仕事です。ポストプロダクションの作業はすべて僕が担当しました。

学生の方たちは映画に関しての経験や知識が少ないと思うのですが、彼らからプロである阿部監督が何か学ぶことはありましたか?

未経験の学生たちと一緒に仕事をすることは、とても面倒なことでストレスや負担になるのではないかと始まる前は不安もありました。しかし、一生懸命映画作りを学ぼうとする彼らが、毎日成長していく姿を間近で目にすることは、我々にとっても大きな喜びでした。山田監督も「学ぶことは喜びだが、教えることもまた喜びである」と言っていますが、学生たちに映画とは何かを伝えることによって、僕たちもまた、新鮮な映画作りを体験できたと感謝しています。

今回の映画では大映通り商店街の方々が多数出演をしています。大映通り商店街の方々から映画に対してのインスピレーションを受けましたか?

長年、人生の大部分をその仕事に費やして来た方たちは、独特の雰囲気と存在感を持っています。俳優が器用にアイロンをかける真似をしたり、豆腐をつくる真似をしたとしても、それは形が少し似ているだけで、職人が全身から発する存在感にはかないません。商店街の皆さんに出演してもらうことによって、大映通り商店街がどのような歴史を持ち、今どのような問題を抱え、どこへ進もうとしているのかがスクリーンに映し出されたと思っています。 

松竹株式会社、立命館大学、そして京都府からの協力も得て、映像制作において類を見ない「産・学・公」のコラボレーションで仕上がった作品を実現なされました。2008年から今年の頭までの制作ということでしたが、現場で一番苦労されたことは何でしょうか?

学生たちが経験不足であることは、大きな障害にはなりませんでした。知らないことは、教えれば分かるようになるからです。商店街の皆さんに協力をお願いすることも、丁寧に話していけば理解していただけます。一番苦労したのは、このプロジェクトをスタートさせるために、関係者の理解を得ることでした。 「産・学・公」の連携による本格的な映画制作は日本では初めてのことでした。前例のないことは理解されにくいのです。映画会社と大学が一緒になって映画を作るということ自体は、皆がすぐに賛成してくれます。しかし、学生の単なる実習作品レベルではなく、きちんと劇場公開し、お客さんに入場料をいただけるような作品を作ろうということはなかなか理解されませんでした。人材育成のため、映画を学ぶためにそこまでやる必要があるのかと。きちんとした商業映画を作るということは、それなりに製作費も掛かり製作日数も必要です。しかし、そこまでやらなければ、映画作りの真髄は伝わらないとぼくたちは考えたのです。中途半端な作品を作っても勉強にはならない、映画とは何かは分からないと。こうした我々の考え方を関係者に理解してもらうことが一番大変だったように思います。

映画の節々で学生の方たちの「よい物を作り上げたい」という純粋な気持ちが伝わるシーンが多々ありました。彼らの気持ちをどのように引きだすことができたのですか?

観客が感動する映画を作るためには、スタッフと出演者が一緒になっていい映画を作りたいという思いを持たなければダメなんだと繰り返し学生たちに話しました。作っている僕たちが、こんなもんでいいだろうと妥協していたら、観客には伝わらない。迷い、悩み、考え抜いた表現でなければ通用しないのだと言い続けました。そのためには、全員の努力が必要なんだということが、彼らにも分かってもらえたのだと思います。

この作品からはどこか懐かしい青春の香りを感じることができますが、今日では人間同士、愛やつながりが希薄になってきたと言われている中で、こういった純粋で素朴な愛をコンセプトにした映画を制作された意図を教えていただけますか?

ストーリーの骨格はきわめてシンプルです。しかし、ノスタルジックなラブストーリーを作るつもりはありませんでした。クリーニング屋に生まれた娘と豆腐屋の息子の話が軸になっていますが、このふたりの設定はほとんど実話で取材に基づくものです。クリーニング屋の姉妹と親子の関係も、豆腐屋夫婦と息子との葛藤も、実在の親子関係の話がベースになっています。現代の家族関係、商店街の人々の生活も、掘り下げて行けば、いろいろなことが見えてくるということではないでしょうか。

初上映の際は思ったとおりの反応をえることができましたか?

完成した映画は時として、作り手の思いとは違った歩みを始めるものです。この映画が初めて関係者以外の目に触れたのは、実はベルリン国際映画祭での上映でした。映画が始まってしばらくすると、観客があちこちで笑い始めたのです。最初は小さな笑いでしたが、やがて大きな笑いも起きるようになりました。僕たちは理解できず顔を見合わせたものです。続いて上映された香港映画祭では、床を踏み鳴らさんばかりの大爆笑でした。5月22日に京都から始まった国内での上映は、終わった後で涙を拭う姿があちこちに見えました。いずれも、思った通りの反応というよりは、思ってもみなかった反応と言えるかもしれません。

今回USA(EXILE)さんを起用していますね。キャスティングのコンセプトを教えてください。

USAさんは日本のトップダンサーと言っていい存在だと思いますが、演技者としての夢も持ち続けていたようです。山田監督の映画が大好きで、いつかは山田監督の映画に出演したいと思っていたようです。映画は今回が初出演となりますが、僕たちも初めて彼に会った瞬間から、康太は彼以外にいないと思いました。不思議な存在感をもった青年というのが第一印象でした。

最後に在豪している日本の方へ、阿部監督からのメッセージを宜しくお願いいたします。

大映通り商店街は、かつて映画の街として栄えた歴史を持っていますが、それ以外は日本のどこにでもある小さなショッピングストリートです。今、小さな商店街は、どこも存亡の危機に瀕しています。大きなショッピングセンターやインターネットショッピングにはかなわないからです。この映画は、そんな現代に対するプロテストでもあります。日本は小さな国ですが、生まれた街に住み続けるのか、飛び出すのか、多くの若者たちは悩みながら人生の岐路に立ちます。そんな彼らを見守りながら、この映画を楽しんでいただければと思っています。

阿部勉
1957年、宮城県出身。東北大学経済学部卒業後、松竹株式会社へ入社。山田洋次監督などのチーフ助監督を務めながら、1999年『しあわせ家族計画』で監督デビューを果たす。本作が第33回ヒューストン国際映画祭ファミリーチルドレン部門金賞を受賞する。

「しあわせ家族計画」DVD $29.95
フィルムフェスティバル初日より、インフォメーションデスクにて購入可能! さらにご購入頂いたDVDには、11月23日のW上映セッション中に阿部監督のサインがもらえます!

京都太秦物語
舞台は京都太秦(うずまさ)にある大映通り商店街。東出京子(海老瀬はな)はクリーニング店の娘で立命館大学の図書館に勤めている。幼なじみである梁瀬康太(USA)は豆腐店の息子で、アルバイトをしながらお笑い芸人を目指しオーディションを受け続ける日々。ある日、京子は図書館で白川静文字学を研究する榎大地(田中壮太郎)と出会う。学問一筋の大地は京子に一目惚れしてしまい、一途な情熱を京子へ注ぎはじめる。一方、康太はコンビの相方とも別れを告げ、自分の将来について悩みはじめる。京子との関係もうまくいかない。次第に揺れ動く京子、それを取り巻くふたりの男性との心情を描くヒューマンドラマ。


 

CHEERS 2010年12月号掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

ブリスベンでのファーストギグを終えたばかりのLICCAの素顔に迫った。

この記事を詳しく見る

交換留学を終えた後も、幾度となくシドニーに訪れ、現在までスタンダップ・コメディアンとして活躍してきたWAKAさんが、今回『シドニー・コメディ・フェスティバル』に出場すべく、再びシドニーの地に舞い戻った。

この記事を詳しく見る

日本やアメリカでプロの経験を経て、オーストラリアでチャレンジするバスケットボーラー伴晃生選手にインタビュー!

この記事を詳しく見る

オランダやベルギーなど海外でのプレー経験を経て、Jリーグでは、清水エスパスルに所属していたブロスケ。グラハム・アーノルドが監督に就任後、UAEアル・アインに所属していたブロスケをシドニーFCに連れ戻したことは記憶に新しい

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

DJ LICCA TAKASHI WAKA 伴 晃生  Alex Brosque  アレックス・ブロスケ 岡涼介さんに インタビュー! 西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase