オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
今一番安くワーキングホリデーで行く方法
娯楽記事

Cheers インタビュー


シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド

A Casual End Mile

18/11/2010

このエントリーをはてなブックマークに追加

「シドニーなんて田舎でつまらない」と日頃思われている方、ジ・エンドです。在豪している日本人の方にもっとシドニーのローカルシーンを肌で感じてほしいというお節介な思いで始まったこのコーナー。メジャーどころからアンダーグラウンドまで活気あふれたローカルミュージックシーンをご紹介します。記念すべき第1回は、業界中で今密やかに話題を呼んでいる、バンド「A Casual End Mile」。1年に渡るソロ活動を経て、新しいメンバーを入れてのバンド編成、今年9月にリリースしたシングルやローカルバンドの聖地であるレコーディングスタジオBJB(Big Jesus Burger)で収録したフルアルバムについての話などを聞いてみた。

Madelineはいつ頃から音楽活動を始めたの?

Madeline:小さい頃から色々な楽器を弾いていたけど、A Casual End Mile(以下ACEM)のような曲調の音楽を実際に曲としてまとめ始めたのは2007年あたりから。最初は実家の自分のベッドルームでレコーディングをしたわ。2008年はスッパリ音楽から離れ、旅をしながらインスピレーションを感じて過ごし、昨年からライブ活動を始めたの。

Madelineの父親は33年に渡り活躍してきた有名なパンクバンド「X」のボーカル/ギターリストですね。彼の存在はあなたの音楽、また音楽に対する姿勢に影響を与えたと思う?

Madeline:実際に音楽に対する姿勢で似ているところがあるし、彼のそばで育ったことで学んだことはたくさんあった。「浮かれた気持ちでは音楽業界で生きていけない」ということは、彼の背中を見てきちんと理解したつもり。もちろん、音楽はエンターテイメントとして楽しいものだけど、彼はこのエンターテイメントを常に真剣に捉えていたと思う。

今年からメンバーを入れバンドとして活動を始めたけど、ソロ活動はどういうものだった?

Madeline:バンドとの大きな違いは、自分ひとりで大勢の観客とコミュニケーションをとることの難しさ。観客がひとつになって、私と一緒に空間を作ろうとしてくれる雰囲気の時はとても心地よいけど、そういう空間が作れる機会ってあまりなくて。バンドとステージに立つ時の方が正直楽しいし、安心する。フロントウーマンというポジションだから観客とコミュニケーションをとるのは結局自分だけど、バックで一緒にいい空間を作ろうとしている仲間がいるだけで心が楽になるの。

ソロ時代の曲調は、雰囲気に応じてテンポを変えたり、間を大切にしていて突然沈黙を入れたりと、ソロならではの自由さがあったよね。それがACEMの大きな特徴だったけど、バンドとして演奏することで何か変化はあった?

Madeline:音楽に入れ込む信念や感情は変わってないから、基本的に何も変わってないわ。結成当初こそバンドとして意識しすぎて、一定のテンポで演奏することに集中していたけど、いい雰囲気が作れれば曲中テンポが変わってもいいと思えたの。RobとLukeは以前から曲作りに関わっていて、ACEMの曲のイメージは完璧に理解していたから問題なかったわ。
Luke:バンドと言っても僕らは随分ゆるい方のバンドだと思うよ。
Rob:僕らの音楽は良い意味であまりタイミングやテンポにこだわらない方だと思う。
Luke:僕らはテクニックや正確さよりも、感情や雰囲気を観客に伝えることに重点を置いているからね。ヘビーメタルのようにがっちりとした演奏をすることはまったく考えていないんだ。
Madeline:ハートとソウルがあればそれだけでいいの。もしレコーディングでテンポが少しずれていたり、アクシデンタルな音が入ったとしても、それが曲の新しい特徴になる。それってとてもリアルな表現だと思うの。だからスタジオでレコーディングした時も、ひとり一人別撮りではなく、99%全員で一緒に撮ったし、クリックトラックは一度だって使わなかったわ。この方法が結果に大きな影響を与えたと思う。

Lukeは以前ピアニストとして、そしてRobは「SOONERS」のギターリスト/ボーカリストとして活躍していたけど、このバンド編成では過去の楽器経験とはあまり関係なく、Lukeはギターとピアノ、Robはドラムを担当しているよね。どういう経緯でこうなったの?

Madeline:私とLukeは1年ほど一緒に音楽を創ってきたの。けど、こういう形で一緒にバンドをやることを当時まったく想像していなかった。私はレコーディングするにあたって絶対にLukeとRob両方に参加して欲しかったの。その願いが通じてジャムし始めて。いつの間にかバンドになっていた。 Luke:このバンドでギターを担当することになって、とても面白い経験を積んでいる気がするよ。ギターリストとしての経験はあまりないけど、練習をしているとふたりとも上達しているのが目に見えるようにわかるからね。 Rob:僕もドラムを叩いた経験はほぼゼロに近いんだ。だからテクニカルな演奏はもちろん、演奏する上での引き出しはかなり少なくて。使える武器はフィーリングだけなんだ(笑)。ACEMの音楽はもともと感情やその時の雰囲気に重点を置いているので、そういう意味では発揮しているけどね。

ではこれからのACEMの音楽は少しテクニカルになる?

Madeline:ないですね(爆)。私がいる限りそれはありえないです。
Rob:それは最も避けたいことだね(笑)。

アルバムに収録されている曲の中には、ソロ時代の曲もバンドの曲として収録されています。編曲の過程はどんな感じだった?

Madeline:レコーディングが決まる前から、今回はゲストとして色んな人に参加してもらおうって決めていたの。曲のデモを聴いていたら自然と必要なパートが聴こえて。例えば「Devils and Devotion」ではRobのシンバルが鳴り響くパートがあるんだけど、これは編曲作業を始める前にすでに想像していたわ。

今年9月にシングルをリリース、そして今回のレコーディングではフルアルバムを収録しましたね。シングルの出来具合はどうだった? そしてアルバムの発売予定はいつ頃になりそう?

Madeline:いい質問ですね…。実はアルバムの発売日はまだ決めてないんです。でも、来年の始めあたりに出せればいいと思っています。1曲目は父と収録した「Fox and a Prayer」、2曲目はBJB(Big Jesus Burgerというスタジオ)で初めて「The Scare」のBrookeと収録した「Vampire Hours」を収録しているわ。両方とも私にとってすごく思い出深い曲なので是非チェックしてね。

ソロでの経験を生かし、そして今のバンド編成を説明するには十分説得力のあるシングルを先日Low Barにて発表しました。ライブの感触はどうだった?

Madeline:バンドとしてのシングル発表は私たちにとってとても大きな壁だった。ソロでやっていた曲をバンドとして演奏することを、聴き手にどう受け止められるのか、とても不安があったけど、観客の反応は素晴らしかった。私の成長を始めから見ていてくださった人々が次のステップを認めてくれて。こんな素敵なことってなかなか味わえないから。

A Casual End Mile
2009年中旬から活動を始めた「A Casual End Mile」は、1980年代に活躍したパンクバンド「X」のギター/ボーカリストを父に持つマダリン・ルーカスによるソロプロジェクトとして幕を開けた。アコースティックギターの穏やかな音色に、透き通る歌声で恋愛を歌い上げる至ってシンプルなものであった。2010年中旬に「SOONERS」のギター/ボーカリスト、ロブ・アイリッシュとソロピアニストのルーク・ベーコンとコラボレートを始める。「The Dirty Three」や「Mazzy Star」等の影響を受け、3人はバンドとして結成を迎える。フルアルバムの製作をローカルバンドの聖地とも言われるBJB(BigJesus Burger)で終え、Low Barでのシングル発表を成功に収めた。今やシドニーの音楽シーンを揺るがす存在になりつつある。


 

CHEERS 2010年12月号掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

ブリスベンでのファーストギグを終えたばかりのLICCAの素顔に迫った。

この記事を詳しく見る

交換留学を終えた後も、幾度となくシドニーに訪れ、現在までスタンダップ・コメディアンとして活躍してきたWAKAさんが、今回『シドニー・コメディ・フェスティバル』に出場すべく、再びシドニーの地に舞い戻った。

この記事を詳しく見る

日本やアメリカでプロの経験を経て、オーストラリアでチャレンジするバスケットボーラー伴晃生選手にインタビュー!

この記事を詳しく見る

オランダやベルギーなど海外でのプレー経験を経て、Jリーグでは、清水エスパスルに所属していたブロスケ。グラハム・アーノルドが監督に就任後、UAEアル・アインに所属していたブロスケをシドニーFCに連れ戻したことは記憶に新しい

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

DJ LICCA TAKASHI WAKA 伴 晃生  Alex Brosque  アレックス・ブロスケ 岡涼介さんに インタビュー! 西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase