オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
今一番安くワーキングホリデーで行く方法
娯楽記事

Cheers インタビュー


荒削りの鬼才たち インディーズバンド

Ghoul

16/12/2010

このエントリーをはてなブックマークに追加

「シドニーなんて田舎でつまらない」と日頃思われている方、ジ・エンドです。在豪している日本人の方にもっとシドニーのローカルシーンを肌で感じてほしいというお節介な思いで始まったこのコーナー。メジャーどころかアンダーグラウンドまで活気あふれたローカルミュージックシーンをご紹介します。第2回目となる今回に迎えるバンドは、来年1月に待望のミニアルバム発売予定の『Ghoul』。インディーズの中ではよく知られるレコード会社、『Speak N Spell』とも契約を交わした今注目のバンド。年明けの発売とともに羽ばたくことができるのか?

Ghoulを結成してどのくらい経つのですか?

アンドリュー:もう2年以上になるんじゃないかな。
パブロ:始まったのは2008年の2月頃だと思う。
アンドリュー:僕はイヴァンと元々知り合いだったんだけど、他の3人とは面識はなかったんだ。彼らは他のバンドで一緒にプレイしていたんだけど、新しいバンドを組むってことになって。イヴァンは僕がドラムの経験があるのを知っていたんだ。どれだけ下手だったのかは知らなかったみたいだけどね...(笑)。 パブロ:僕らの最初のライブは練習を始めてわずか2週間後のことだったんだ。既にイヴァンがライブを予定していて。曲を書いて、リハーサルをして…。「準備ができてない」なんてとても言えなかったね。
アンドリュー:実際ステージに立った時は未熟さが完全にバレていたと思う。
パブロ:そうだね…確かにひどかった(笑)。
アンドリュー:でもそこからの1年半はすごく成長した時期だったと思う。ドラマーとしてだけではなくて、バンド全体でも、曲作りの面でも。

Ghoulの曲作りの過程を教えてもらえますか? ジャムを中心にするバンドもあれば、作曲家みたいなリーダーがひとりで全部創りあげるスタイルもありますが…。

パブロ:昔はやっぱりジャムをしながら曲を完成させていく感じだったかな。結構ラフに書き上げていたと思う。曲の一部やアイデアそのものを録音して、それを中心に曲を創っていくんだ。昔は録音機材なんてほとんど持ってなかったし、知識も全くなかったから、マイクロコーグとフロアトムだけを使って曲の基礎作りをしてた。だからライブをするようになったらそんな単純な曲をどうやってバンドとして演奏するか、っていうのが問題だった。シンセで書いたメロディーをギターで弾くなんて…。当時はうまくできていると思ってたけど、その頃のライブ音源を聴き直すと全然できてなかった、と思ってしまうね。最近でもこのプロセスはあまり変わってないかな…。おもしろいサンプルだとか、ドラムビートとか、なんでもいいから見つけてきて、録音して、その上に色々レイヤーを乗せていくんだ。
アンドリュー:僕らのバンドとしての演奏や担当の楽器が上達しているのと同じような間隔で、イヴァンのレコーディングやプロデューサーとしてのレベルもかなり上達してきたと思うよ。自分のバンドも手がけて、さらに音楽関係の大学にも通っているから、毎日音楽漬けで成長が手に取ってわかるようだよ。

成長のスピードと言えば、バンド結成が2008年の2月で、最初のEP、「A Mouthful of Gold(以下Mouthful)」をリリースしたのも同じ年でしたよね? そして収録されている曲はどれも3分以内と、とても短いですよね。でも「Mouthful」はとても興味深い作品だとずっと思っていました。アルバム全体が曲というよりも、アイデアで成り立っているような…。

パブロ:その通りなんだ。「Mouthful」での目標は「アイデアを必要以上にいじらない」ということだったんだ。元々どう発展させるかわからなかったし、「Aメロ、Bメロ、コーラス」みたいな典型的な作曲はしたくなかった。それに無駄に背伸びして視聴者の集中を切らせたくなかったしね。作曲においては段々と典型的な曲調に仕上げるようになってきたかな。わざとそうしているわけではないんだけどね。それに、昔と比べてもっと色んな音楽を聴いている影響もあるかな…。

どんなものを聴いているのですか?

アンドリュー:色々あるけど、僕たちに影響を与え続けているバンドと言えばRadioheadとTalking Headsかな。特にTalking Headsの『Remain in Light』というアルバムが素晴らしいよ。

そうですよね。ところで、フルアルバムも予定してるんですよね?

アンドリュー:その予定なんだけど、焦らずゆっくり完熟させたい気持ちもあるかな。日程は未定で、「来年中」という結構漠然とした予定なんだ(笑)。

楽しみですね。ではミニアルバムはフルとはどう違うのでしょうか?

アンドリュー:ミニアルバム『Dunks』は、それぞれの楽曲がすごくかけ離れた時期に創られたものなんだ。『Mouthful』を終えた直後から約2年間の月日をかけて仕上げものだから、バラエティに富んだ音が収録されているよ。

2年間かけて書いた曲をミニアルバムに? 収まるのでしょうか?

パブロ:色々考えた結果なんだ。フルアルバムにできる曲数はあったんだけど、中には完成度の低いものも入っていて…。何しろ2年も作曲し続けたから、枠から外れてしまうような曲もあったんだ。アルバムにするなら全体的にまとまったものを創りたかったから、去年予定していたアルバムリリースも取り消したんだ。長い間待たせてしまったけど、誇りをもって「いいアルバムができた」って言える。ここ数ヵ月間にリリースした「Milkly」と「3mark」も入っているよ。サンプルを色んなところから引っ張ってきたり、それぞれが違う楽器を担当したりと、フルアルバムと比べると『Dunks』の楽曲は色彩豊かだけど、それなりに一連性のあるものができたかな。

皆さんは基本的に担当楽器がありますが、エレクトロニックなもの、例えばサンプルやループは誰が担当しているのですか?

パブロ:エレクトロニックなビートやBGMはイヴァンがエイブルトンでよく創ってくるんだ。ライブで使われるものは実際にレコーディングで使われたものばかりだよ。サンプルの中にはアンソニーがその場でギターをケオスパッドとループペダルに通して創っているものもあるんだ。それで僕がビートやサンプルをコンピュータで起動している。曲によって違うけど、サンプルをまとめてその場で再変更したりして、その場の雰囲気やスピーカーの違いに対応している。今書いている楽曲はこれなしでは演奏できないんだ。もちろん、バンドを10人編成にしたらすべて生ライブでできるだろうけど、そんなの非現実的だよね。
アンドリュー:逆にライブでできないことは抜いて「ライブバージョン」として使うことはできるけど、レコーディングと比べるとどこか迫力がなくなってしまうんだ。

レコーディングそのものを演奏しようと? やはりそれがベストなバージョンということですね。既に録音されたものに沿ってライブで演奏するということは、パフォーマンスに支障をきたすかと思っていましたが、それに慣れることができれば毎回レコーディング通りの演奏ができるということですね。

両方:うん、その通りだね。

『Dunks』のレコーディングはどこでされましたか?

パブロ:『Mouthful』も『Dunks』も僕ら自身でやったよ。両方ともベッドルームで収録したんだ。レコーディングスタジオに行くお金なんかないし、スタンスの違うプロデューサーやエンジニアの下でやるつもりもないんだ。僕らのレコーディング過程では、収録したものを見直すのがほとんどだから、時間制限があったり他人に口を出されるのが嫌なんだ。そのせいで『Dunks』はものすごく時間がかかった。合計で40ぐらい持ち曲があったんだけど、そのうち20曲を収録したんだ。次のフルアルバムのデモはすでに30を超えているんだけど、ホリデーを通してこれらを見直して、さっさとフルアルバムを創ってしまいたいね! 今までの経過を見ているとまだまだ時間がかかりそうだけど、今のうちはミニアルバムを楽しんでほしいよ。ライブもたくさん予定しているから是非僕らと一緒にパーティしよう!

Ghoul
2008年から活動を始める。イヴァン・ヴィジンティンの丸みを帯びたボーカルは一度聞いたら忘れられない声。結成して間もなくリリースしたEP、「A Mouthful of Gold」はその未完成度ならぬ魅力を多いに発揮し、Ghoulを一躍シドニー音楽業界の見物に成り上がらせた。しかし、これと言った理由の発表をせずに、2009年中旬に予定していたフルアルバムをキャンセル。注目の的から一気に謎に包まれた彼らだったが、ここ数ヵ月でようやく新曲2曲「Milkly」と「3mark」のリリースを始め、2011年ミニアルバム『Dunks』を発表する予定。今年10月にはあのThe Dandy WarholsやThe Horrors を手がけるSpeak N Spellとレコード契約を組み、来年にはフルアルバムをリリースする予定。


 

CHEERS 2011年1月号掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

ブリスベンでのファーストギグを終えたばかりのLICCAの素顔に迫った。

この記事を詳しく見る

交換留学を終えた後も、幾度となくシドニーに訪れ、現在までスタンダップ・コメディアンとして活躍してきたWAKAさんが、今回『シドニー・コメディ・フェスティバル』に出場すべく、再びシドニーの地に舞い戻った。

この記事を詳しく見る

日本やアメリカでプロの経験を経て、オーストラリアでチャレンジするバスケットボーラー伴晃生選手にインタビュー!

この記事を詳しく見る

オランダやベルギーなど海外でのプレー経験を経て、Jリーグでは、清水エスパスルに所属していたブロスケ。グラハム・アーノルドが監督に就任後、UAEアル・アインに所属していたブロスケをシドニーFCに連れ戻したことは記憶に新しい

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

DJ LICCA TAKASHI WAKA 伴 晃生  Alex Brosque  アレックス・ブロスケ 岡涼介さんに インタビュー! 西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase