オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheers インタビュー


今から目が離せない!将来有望なサッカー少年

ターナー比邑郁

目標は最高のクオリティのサッカープレイヤー!

16/12/2009

このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカー界の有望ジュニア選手

イタリアの強豪サッカーチーム、ACミランのコーチによって世界各国の有能ジュニア選手が選抜され、6月にミラノでACミラン・インターナショナル・カップが開催された。オーストラリアからは4人が選ばれ、イタリア人選手との合同チームを結成したが、なんとこの大会で見事に優勝を果たすことに。その栄えあるチームでキャプテンを務め、今回の快挙を成し遂げるキーパーソンとなったのが、11歳の比邑郁(ひゅうが)君。イギリス系オージーの父と日本人の母を持ち、5歳の頃からサッカーをはじめたという彼の元に駆けつけてインタビューを行った。

まず、ACミラン・インターナショナルカップでの優勝おめでとうございます。オーストラリア代表としてたった4人の中に選ばれ、さらに優勝された心境はいかがでしたか?

本当にエキサイティングな体験だったよ。世界の舞台で、他の国の選手から大きなモチベーションを与えられたと思う。これからどんなレベルに到達したいか、それに向けてどのぐらいの練習が必要なのかを考えるとてもいい機会になったよ。

チームではキャプテンを務められたそうですが、どのようにチームをリードしてきましたか? プレッシャーも相当あったと思いますが?

今回はイタリア人選手との合同チームだったんだけど、どうにかまとめることができたよ。彼らにも英語は少し通じたので、ジェスチャーも交えてコミュニケイトしたんだ。約1年前から、ACミランに13年所属していたアンドレア・イカルディの下でトレーニングを積んできたおかげで、イタリア式のプレイの仕方にはなじんでいて、全く違和感はなかった。プレッシャーは全然感じなかったよ。

アンドレア・イカルディのトレーニングはいかがでしたか?また、イタリアとオーストラリアのトレーニングの違いは何ですか?

彼はタフで選手をプッシュしてくれるとてもいいコーチだったよ。イタリアに行った時、現地の人たちはアンドレアがオーストラリアでコーチをしていたことにとても驚いていた。彼は国民にリスペクトされているスターのような存在なんだ。そんなコーチから指導を受けたことは、とても素晴らしい経験になったと思う。イタリアはオーストラリアに比べて練習の量も質も高いものが求められる。それと、もっともっとサッカーに対する情熱が必要となってくるよ。

今回世界のトップクラスの同世代たちと対戦してみて、彼らの印象はどうでしたか?

ボールのポゼッション(守り)の仕方が上手い。ただフィジカルな攻撃的な戦略よりも、いかにボールをキープするかが大切だと思う。

今大会で学んだことは何ですか?

いろんなスタイルのゲームの運び方があるんだなと思った。その都度、どのように対処すべきなのか、瞬時の判断が必要だということ。

自分が思い描くサッカー観と世界のサッカー観の違いは何でしたか?

皆同じボールを追うもの同士、共感できることは多いよ。ただ、いつも僕たちオージーボーイズは、一番最初にフィールドに到着していたし、ゲームの1時間前には準備できてた。

比邑郁君に対して、いろんな国のコーチから遠征のオファーがあったそうですが、その中で受けてみたいというものはありましたか?

可能であればできる限りいろんな国へ行って経験を積みたいと思っている。トレーニングの仕方も違うだろうし、きっといい刺激を受けると思う。

そもそも、サッカーを始めたきっかけは何でしたか?

小さい頃、パパと出かける時は必ずサッカーボールを持って行ってたんだ。パパも趣味でサッカーをやっていたことがあって、一緒にプレイするうちに、自然に好きになっていった。

日本の全国大会出場チームでトレーニングをされた経験が3回あるそうですが、日本でのトレーニングはいかがでしたか?日本にはよく行きますか?

日本に行く度にトレーニングに参加することができて、とてもラッキーだと思う。日本には1年に1回行くか行かないかというところかな。日本に行くのは大好き。

日本でのトレーニングで何かギャップは感じましたか?

サッカープレイヤーの姿勢と、コーチや周りの人たちへのリスペクト。練習の終わりには、きちんとお辞儀をしなくちゃいけなくて、僕は慣れていないから、あわてて皆のマネをしてお辞儀してた(笑)。それと、練習が始まる前に選手たちがグラウンドならしなどの準備をして、トレーニングが終わった後も自分たちですべて掃除をするのにも少し驚いたよ。オーストラリアではそういった準備、片付けはスクール側で全部行うんだ。

オーストラリアと日本、どちらのトレーニングが好みですか?

断然日本だよ! 日本の方が練習は厳しくて、選手のためになるから。オーストラリアはイージーゴーイングで、「失敗してもまたやればいい」という悠長な姿勢があるんだ。

8月頭からオーストラリア内で行われたJリーグ湘南ベルマーレのトライアルで、見事ファイナリストとして合格されたそうですね。10月から日本で行われるトライアルに向けて意気込みを聞かせてください。

今回は日本なんで気合いが入ってる。将来日本でサッカーをやりたいと思っているので僕にとってすごくいいチャンスだと思う。

キャンベラで行われた最終ステージでは難易度の高い課題が与えられたそうですが、クリアするのは大変でしたか?

どのステージも大変だった。自分のベストを見てもらいたかったから。

今回参加されたトライアルでは元浦和レッズで元日本代表の西野努選手が審査と指導にあたったそうですが、西野選手の指導はいかがでしたか? 何かインスピレーションは感じましたか?

西野選手はプロフェッショナルで強い人だと感じた。自分自身の心構えが必要だということを学んだ。

現在は1日何時間、週にどのぐらい練習されていますか?

1日1~2時間、火~土曜日までが練習で、日曜日は練習試合がある。休みは月曜日だけなんだ。

休みの日は何をしていますか?

リラックスして過ごしたいところだけど、学校は普通にあるし、普段時間がないから、宿題をこの日にできるだけやってしまうようにしてる。パパと今6歳の弟のサッカーの練習にコーチとして加わることもある。だからあまりのんびりはしていないかな…。

弟さんもサッカーを始めているんですね。兄からみて、弟さんは才能ありますか?

かなり才能あるよ!体も強いし、最高の選手になるのは間違いない!

学校や勉強は好きですか?

学校は大好き! 友達がいるし、一緒にサッカーができるし。勉強は正直言ってキライだね(笑)。でも、やらなきゃいけないことだから。両立できるように頑張ってる。

日本のサッカー選手で好きな選手はいますか?

中村俊輔が好き。僕と同じミッドフィールダーで、キック力があるしボールの回し方が上手いから。

他に目標とする憧れの選手はいますか?

イギリスのスティーブン・ジェリド。ポジションはやはりミッドフィールダーで、得点率が高いし、パスが強くて的確なんだ。

今後日本とオーストラリアが対戦することがあったら、どちらを応援しますか?

絶対に日本! 以前のワールドカップで対戦した時も日本を応援していたんだ。残念ながら、あの時は実力を発揮できていなかったけど、次に対戦の機会があったらぜひ勝利をものにしてほしい!

オーストラリアのサッカー名門校ウエストフィールド・スポーツに300人応募の中から6人が選ばれ、比邑郁君もその1人だそうですね。来年入学するにあたって、抱負はありますか?

競争率が高かった分、とっても楽しみにしているよ。この学校の卒業生は全体の40%がプロになるんだ。現時点では今だからこそできるいろんなサッカーを経験して、学校に入ったらひたすら練習に励んでいい選手になろうと思っているよ。

比邑郁君にとってサッカーの魅力とは何ですか?

チーム内のギャンブルがある部分がとても面白いし、とにかくプレイするのが好き。何でも球技は大好きだけど、サッカーが一番。僕にとってはベストなスポーツだよ!

将来の目標を教えてください。また、どこの国で活躍されたいですか?

最高のクオリティのサッカープレイヤー! 日本かイギリス、もしくはヨーロッパのどこかの国で活躍できたら嬉しい!

 

キラキラ輝く強いまなざしで、大人顔負けのしっかりした人生観を語ってくれた比邑郁君。ずば抜けたサッカーの才能と甘いマスクを備え、堂々とした物腰にはすでに大物オーラが漂っている。サッカー以外の話では無邪気な11歳の素顔を見せる比邑郁君だが、スターとしての資質を十分に携えた彼が、プロとして世間を騒がせる未来はそう遠くはないはず。そんな彼に今から要注目だ。

ターナー比邑郁(ひゅうが)

1997年生まれ、11歳。5歳からサッカーを始め、ローカルのサッカークラブで活躍。7歳からプライベート・コーチについて、3年間のトレーニングを受ける。06年から約1年間、オーストラリアン・エリート・サッカー・フットボール・アカデミーでトレーニング。07年1月にはオーストラリアン・フットサル・クラブ・チャンピオンシップ(全国大会)で優勝。また同年ACミラン・アカデミーのトライアルに選ばれ、その後約1年間に渡って元ACミランのアンドレア・イカルディの指導を受ける。08年5月、さらにその中から4人がオーストラリア代表として抜擢され、6月ミラノで開催されたACミラン・インターナショナル・カップに参加、キャプテンとしてチームを優勝に導く。帰国後オーストラリアで行われたJリーグ湘南ベルマーレのトライアルに参加し、ファイナリストとして合格、10月に日本で行われるトライアルに参加することに。また、超難関であるオーストラリアのサッカー名門校、ウエストフィールド・スポーツに来年入学が決定している。ポジションはセントラル/攻撃派ミッドフィールダー








CHEERS 2008年9月号掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

ブリスベンでのファーストギグを終えたばかりのLICCAの素顔に迫った。

この記事を詳しく見る

交換留学を終えた後も、幾度となくシドニーに訪れ、現在までスタンダップ・コメディアンとして活躍してきたWAKAさんが、今回『シドニー・コメディ・フェスティバル』に出場すべく、再びシドニーの地に舞い戻った。

この記事を詳しく見る

日本やアメリカでプロの経験を経て、オーストラリアでチャレンジするバスケットボーラー伴晃生選手にインタビュー!

この記事を詳しく見る

オランダやベルギーなど海外でのプレー経験を経て、Jリーグでは、清水エスパスルに所属していたブロスケ。グラハム・アーノルドが監督に就任後、UAEアル・アインに所属していたブロスケをシドニーFCに連れ戻したことは記憶に新しい

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

DJ LICCA TAKASHI WAKA 伴 晃生  Alex Brosque  アレックス・ブロスケ 岡涼介さんに インタビュー! 西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase