オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheers インタビュー


世界を股にかけるDJ/プロデューサー

Nik Fish

夢はニセコでスノボーしながら自分のクラブで回すこと!

16/12/2009

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界を股にかける DJ/プロデューサー

ダーリングハーバーにそびえ建つガラス張りの巨大ナイトクラブ、HOME。ここで毎週金曜日に開催されてきたクラブイベント、Sublimeが7月11日で12周年を迎えた。記念すべきナイトにライナップされた36人のDJたち。中でもカリスマ的存在とも言われ、国内外で活躍するのがDJ Nik Fishだ。2008年、Sublimeはアジアへのクラブツアーを予定。日本への進出もたくらんでいる。彼が乗り込めば日本のダンスシーンに火がつくこと間違いなし!そんな彼をいち早くキャッチ!

ニックさんは20年間に渡りクラウドを驚嘆させてきましたが、いつ、そして何をきっかけにDJ業を始められたのですか?

音楽に対する情熱は昔からあったんだ。音楽好きの家庭で育ったからね。高校生の頃からビッグなダンスパーティに行くようになったんだけど、そこで何千人ものクラウドの前でプレーするDJらに舌を巻かされ、なんてクールな仕事なんだ、って思ったんだ。そんなとき、自分が希望する音楽にアクセスできるレコードショップ、Central Station Recordsで働かせてもらうことになり、またSydney Education RadioっていうところでラジオDJも始めたんだ。自分のスキルをポリッシュすると同時に、自分の名前を世に知ってもらうこともできた。とにかく待つことができなかったんだ!

ヒップホップやオールドスクールなど、ダンス以外のジャンルにも触れ、常に自身のスタイルを精製されてきましたが、これまでニックさんが歩んできた道について教えてくれますか?

僕にとって初めてのDJギグはKinselasというクラブの中にあった小さなバーでプレーしたヒップホップだった。当時、1980年代はアメリカからきたヒップホップが人気だったんだ。UK発祥のハウスにも興味があったんだけどね。ある日、メインルームのDJが病気で休んだため、代わりにハウス・ミュージックを初めてプレーすることになったんだ。クラウドからは歓声がおき、プロモーターも気に入ってくれた。気がついたころにはメインルームでプレーしてたんだ。

現在はハードスタイルダンスで落ち着いたようですが、どうしてでしょう?

ハードな音楽が放つエネルギーが好きなんだ。ダンスフロアが動くし、クラウドも楽しんでくれる!

ダンスシーンはニックさんが初めて踏み入れた時からどう変化したと思いますか? 最近ではダンスシーン、特にトランスの人気が落ちてきていると耳にしますが…。

以前ダンスシーンというものはアンダーグラウンドだったんだけど、今ではメインストリームになり、コマーシャル化されてきた。だからより多くの人が楽しむようになったんじゃないかな。人気が落ちてきているとは思わないよ、ただ昔とは違うだけ。

ダンスがメインストリーム化したと言えば、7月11日で12周年を迎えたクラブ、Sublimeについてお聞きしたいのですが…。そもそもSublimeとはいつから関わるようになったのですか?

Sublimeとは12年前オープンした初日からのお付き合いなんだ!オープンした当時、そして今でも(オーストラリア)で一番デカいクラブなんだ!

DJネーム、Nik Fishの由来は?

友達が'フィッシュ'っていう名前を僕につけたんだ。なぜだかよく分らないけどね。でも聞こえが良かったんで、彼の言うままにしたんだ!あ、そしてニックに'c'は入ってないよ。僕の名前はNikkiってスペルするんだ。どうやらうちの親、ホテル日光の'Nikko'から僕の名前をつけたらしいんだ(笑)。

日光ホテルから?

そうなんだ。両親はすごい親日家で、父は東京オリッピクの頃、6ヶ月もの間日本にいたんだ。リビングルームにはフレームされた日本の国旗もあるんだよ!

日本は好きですか?

うん、日本は大好きだ! ほら今日僕が着ている服を見れば分るよね。I love Tokyo! あ、そして中のTシャツも。I am big in Japan!(笑)。

じゃあ日本へは行かれたことはありますよね?

日本は2度訪れたことがあるよ!ニセコや札幌、北海道でスノボーをするんだ。東京、特に渋谷や原宿でショッピングするのも大好き! Wombというクラブへ行ったこともあるよ。そこでいつかDJできるようになったら最高だな!

次の質問に繋がるんですけど、最近「Shibya Knights」って曲をリリースされましたよね?

今年の2月に東京へ行ったときにインスパイヤーされた曲なんだ。日本はオールドとニューが交じり合っていて好きなんだ。都会はネオンライトやテクノロジーで溢れているのに、山や桜の木など自然もあり、歴史も深い。曲を聴いてくれれば分ると思うけど、リリックにもそんなことを書いたんだ。

Sublimeの12周年に合わせてミックッスCDもリリースされると聞きましたが?

ミックスCDはSublimeの道のりを表した音で、過去12年の間に流されてきたビッグヒットも取り入れているよ。オープン当時からサポートしてくれた皆にありがとうの気持ちを込めたものだよ。リリースは8月2日。あと海外でのSublimeツアーも予定しているんだ。日本にも行けるといいな。

人気DJの1週間のスケジュールはどんな感じですか?

僕がリラックスできる‘ウィークエンド’は月曜日と火曜日。水曜日からメールをチェックしはじめ、エージェントとその週に入ったブッキングについて話し合いするんだ。木曜日は音楽創り。金曜日は最新のトラックをダウンロードしてギグに向けて準備。金曜と土曜の夜はクラブイベントやパーティでプレーするため、オーストラリア各地へ飛び回っているよ。

DJとして一番思い出深いエピソードは?

2006年ベルリンで開催されたLoveparade Street Partyでプレーしたこと! 移動する大型トラックの上で、150万人の前でプレーしたんだ! あんな経験は初めてだったよ!

人気DJとして国内外に大きなファン層をもっていると思いますが、これまでもらったプレゼントの中で面白かったものは?

前回韓国のソウルへ行ったときテコンドーのユニフォームをもらったよ(笑)。当時テコンドーを習っていたから、それを知っていてくれたことにびっくりしたけどね。

オフの日は何をされますか?

家でリラックスしながらテレビを観るよ。

余談ですが、8月に開催されるCity to Surfに参加し、Shepard Centreというチャリティーのために募金活動をされると聞きましたが…?

そうなんだ、Shepard Centreというチャリティーのため、14キロメートルを走る予定なんだ。このチャリティーは生まれつき耳が聞こえない子供や耳に重い障害をもっている子供に医療的支援を提供する団体なんだ。

大会のためトレーニングなどはされますか?ニックさんの運動神経はどうですか?

実はアンフィットなんだ。だからこの1ヶ月、トレーニングはもちろんするよ!

でもDJですから、土曜の夜は一番忙しいのではないですか? レースの前夜にブッキングは入ってるんですか?

そうなんだ、前夜にデカいレイブ・パーティでプレーすることが決まってるんだ、だから回した足で走りにいかないと…。

最後に、5年後のビジョンは?

ニセコでスノボーしながら自分のクラブで回すこと!

Nik Fish (ニック・フィッシュ)
DJ/プロデューサー

オーストラリアで1、2を競うダンスミュージックDJ/プロデューサー。国内にとどまらず、ヨーロッパをはじめアジア各国へも足を運ぶ。Ministry Of SoundやCentral Station Records、Sony、Volition、Venom Musikなどから20を超えるミックスアルバム、多数のシングル、そしてリミックスをリリース。過去にはARIAノミネートの実績も。実は家族揃って親日家。夢はニセコで自身のクラブを持つこと。






Sublime XII (3枚セット)
8月2日発売



Sublime@Home Nightclub
毎週金曜日
101 Cockle Bay Wharf, Darling Harbour, Sydney
www.homesydney.com


CHEERS 2008年8月号掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

数少ない政府公認通訳士や大学教授として活躍する後藤昌代さんが、全世界195ヵ国北極点南極点タイタニック沈没地点(海底4000メートル)を達成した。旅や言語のスペシャリストである日本人冒険家の彼女に記念すべきチアーズ初インタビュー!

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

シドニー出身の女優、日本映画祭ゲストとして来豪  忽那汐里 無重力飛行への挑戦 富樫 勇樹選手 独占インタビュー 後藤昌代さん インタビュー 笑福亭笑子 ボンダイ・フィーストに登場! DJ LICCA TAKASHI WAKA 伴 晃生  Alex Brosque  アレックス・ブロスケ 岡涼介さんに インタビュー! 西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase