オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheers インタビュー


日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター

DJ KRUSH #2

DJクラッシュが今年も来豪!!

24/12/2009

このエントリーをはてなブックマークに追加

DJ Krush

DJクラッシュが今年も来豪!!

yoji

日本のヒップホップを語る上で欠かせないサウンドクリエーター・DJ、Krush。日本で初めてターンテーブルを楽器として操るDJとして注目を浴び、1994年リリースの1stアルバム、『KRUSH』をきっかけにその名は国境を越え、世界中のヒップホップシーンで高い評価を受けることとなった。5月の来豪を前に、国内外で絶大な人気を誇るDJ Krushに話をうかがった。

まずは、今回のツアーでオーストラリアは何度目になりますか?

何度目かな。ツアーとしては4回目かな。でも単発の公演やフェスを合わせるとかなり来てるよね…。

2006年に来豪されてから約1年半になりますが、その間、Krushさん自身の音楽やプレースタイル、活動はどう変化されましたか?

ハードの面では約1年位前からRANE SELATO SCRATCH LIVEを使ってる。9.11のテロ以降、手荷物および預け荷物の基準が航空会社によってはかなり厳しくなってて、重たいレコードバッグを持ち込むとかなり高額な超過料金を取られてしまうのと、盗難防止対策で海外に関しては昨年くらいからラップトップに切り替えた。まぁ、良い面も悪い面もあり、何とも難しい感じだね。良い面は未発表曲をすぐにプレイできるし、またDJセット全てをオリジナルの新曲でプレイすることもできるから、お客さんの反応を随時感じることができることだね。またツアー中にアイデアが浮かんだら即ホテルで曲制作をして、その日の晩のイベントでプレイができると言った感じでフットワークが良いってのもあるかな。あと腰が痛くならないってこともね(笑)。悪い面は、時々ヘソを曲げてしまうコンピュータ… 突然に! 気持ちのどこかで安心できないとこかな。

今回で3度目となるTransmissionではどのような選曲、パフォーマンスが期待できますか?

“テック・ダンス”という言葉を最近かってに作って使っているんだけど、テクノ、ハードダンス、トランスが交じり合った新しいスタイルが今僕の中で新たな感覚として生まれている。長い間縦ノリのドンドンドンっていう音が人気だったけど、これからは少し横に揺れるバイブがはやると 思うよ。あと海外でプレーする時はその各地でみんなが知っている曲をリミックスすることもあるんやけど、今回はスケジュールが結構タイトなんで、実現できるか分からない。

昨年6月に自身初のDVD作品『吸毛常磨』をリリースされましたが、なぜ長き活動を行っている中、このタイミングで、そして何をきっかけにリリースを決意されたのですか?

前作のベストRemixアルバム『Stepping Stones』が過去を振り返ったアルバムだったので、その流れでDVDもリリースしたらどうかということになったんだ。日本では昨年の春にリリースしてたんだけどね。かなりの数の映像資料の中からの編集だったので制作サイドは大変だったよ。明けても暮れても俺の顔を見ての編集作業は想像を絶する…(笑)。監督も大変だったと思うよ!

収録されている映像の中で一番思い出深いものを、そのときのエピソードと一緒に教えてください。

どれもこれもとても刺激的な思い出として焼き付いているけど、同じDJという立場から親近感を感じたDJ SHADOWとのスタジオ作業は、お互い言葉が違い、住んでいる場所も文化も違うのに、とてもスムーズに事が運んで行ったのを覚えてるよ。スピーカーから爆音で吐き出されるピカピカのダークな音楽が、HIP HOPが、2人のコミュニケーションをつかさどる言葉に変貌して国境を超えてたね。音楽好きの俺たちにはそれだけでもう十分だったよ。

Krushさんはこれまで日本人のみならず、幅広いバックグラウンドの方をフィーチャーされていますが、オーストラリア人で誰か気にかけている方はいますか?

正直今のところパッと名前が出てくる人はいないな…。逆にオススメアーティストはいるかい?

音楽は時代とともに常に変化していくと思いますが、Krushさんの目から見て、最近のヒップホップはどのように変化していると思いますか? また今後どのような展開を見せるでしょうか?

世界中に広がって、各国独自のスタイルでHIP HOPを表現している人達がかなり増えたね。色々なスタイルに枝分かれして、様々なスタイルや言葉が世界各国から吐き出されて行くんじゃないかな。凄くポジティブに捉えてるよ。

ご自身のウェブサイトにDJ Krushさんが撮られた写真の数々が掲載されていますが、カメラは常に持ち歩いておられますか? ちなみに使われているカメラの種類は?

カメラの機種はPanasonic DMC-FZ-1。最近は持ち歩いてないですが一時期ハマッて持ち歩いてたね。

どれも素敵な作品ばかりで、吸い込まれそうになるのですが、どういった時がKrushさんにとってシャッターチャンスですか?

観てくれてとてもうれしいね。その風景を観て瞬間的に感じる物があれば自然にシャッターを押している感じかな。

作品の多くは大空に広がる雲や夕日ですが、いつもどのような心境で空を見上げているのですか? 

普段音楽制作の時は機材に向かい、下ばかりの視線で作業をしてる。だから背中に背負った色々な重みを時には噛み締めて、時には吐き出すことを空と向き合うんだ。どうにもならない位に空はとてつもなくデカイ!

これらの写真から音楽製作のインスピレーションを得られることはありますか?

ある瞬間を切り取る行為は音楽制作と似ている部分があると思うね。例えばある一瞬の空気を拾い上げ、サンプリングし構築し構成して一曲に仕上げて行く感じ。何か近い物を感じる。そして写真の世界も奥がとても深い。ハマったらまずいと恐怖すら感じるよ(笑)。

クラッシュさんにとって、音楽とはなんですか?

想像力の遊園地。

他に気になる、お気に入りのニューカマーはいますか?

日本人もヤバいアーティストが大勢いるのでぜひチェックしてみてほしいね。

曲の節々で和にたいする思いが感じられます。マーケットを海外に拡大するにおいて、日本発信の音楽はどう受けとめられていますか?

自分の中に潜む和という感性は日本独特の物だと思うので、自然に音に変換し世界に届けばと思っています。感じてくれてるかな?

20年という長い間活躍されていますが、ご自身の活動とパワーの源はなんですか?

想像力を掻き立てる物との出会いをオープンマインドで自分の脳内へ染み込ませる感じ。俺の音楽を聴いてくれる人達からのパワー。そして家族。

オーストラリア(シドニー)へ来る度に毎回欠かさず行かれるお店やレストラン、観光スポット、また訪問される友人などはいらっしゃいますか?

忙しい日程のツアーで訪れることがほとんどだから、特定なことは少ない感じだね。ホテルで死んでる率が高いよ…。

今回の公演ではどのようなパフォーマンスや選曲が期待できますか?

おたのしみ!

今後の展開をお聞かせください。

ニューアルバムに向けて色々と動いてるよ!

弊紙は今月号で10周年を迎えます。コメントをいただければ幸いです。

おめでとう!! 続けることは山あり谷ありの連続ですが、私もめげずに乗り越えてきたし、これからも乗り越えて行くのでお互いの道筋を楽しみながら歩きましょう!

最後に、シドニーでがんばっている読者の方にコメントをお願いします。

悔いの無い生き方を模索し、多いに悩み、多いに楽しんで、自分自身を探してください!

DJ Krush Profile
1962年東京生まれ。1980年代初頭に公開された映画『ワイルド・スタイル』に衝撃を受け、ヒップホップに足を踏み入れる。1987年にKRUSH POSSEを結成。日本を代表する実力派ヒップホップ・チームとして、様々なメディアで活躍。1992年の解散後はソロ活動を精力的に行い、日本で初めてターンテーブルを楽器として操るDJとして注目を浴びる。1994年に1stアルバム『KRUSH』をリリース。ソロ作品はいずれも国内外の様々なチャートの上位にランクインし、6thアルバム『漸-ZEN-』は、'インディーズのグラミー賞'といわれるアメリカのAFIMアワードにおいて特に芸術性の高い作品に贈られる'ベスト エレクトロニカ アルバム 2001'最優秀賞を獲得。2006年、自身による初のセルフリミックスベストアルバム「STEPPING STONES」をリリース。2007年、これまでの12年間の足跡を記録したドキュメンタリーDVD BOX 「吹毛常磨」をリリース。

 



※こちらの公演は
すでに終了しています



DJ KRUSH
日時:2008年5月24日(土)
会場:Oxford Art Factory

CHEERS 2008年5月号掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

ブリスベンでのファーストギグを終えたばかりのLICCAの素顔に迫った。

この記事を詳しく見る

交換留学を終えた後も、幾度となくシドニーに訪れ、現在までスタンダップ・コメディアンとして活躍してきたWAKAさんが、今回『シドニー・コメディ・フェスティバル』に出場すべく、再びシドニーの地に舞い戻った。

この記事を詳しく見る

日本やアメリカでプロの経験を経て、オーストラリアでチャレンジするバスケットボーラー伴晃生選手にインタビュー!

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

笑福亭笑子 ボンダイ・フィーストに登場! DJ LICCA TAKASHI WAKA 伴 晃生  Alex Brosque  アレックス・ブロスケ 岡涼介さんに インタビュー! 西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase