オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
今一番安くワーキングホリデーで行く方法
娯楽記事

Cheers インタビュー


Fujiベーカリー社長

宮本豊

「おいしかった」の笑顔と言葉のためにパンを作り続ける

16/12/2009

このエントリーをはてなブックマークに追加

シドニーに日本の味を広めたい。

仕事は立ちっぱなし、パン窯があるので四季を問わず室温が高く、そんな中で、重い粉袋を担いだり、朝早くから仕込みにとりかからねばいけない。突然の雨で大赤字なんてこともある。けれどもパン窯を開けると、ふかふかの焼き立てのパンたちや、湯気と共に漂う香ばしい香りが、苦労した分、お返しのようにたちまち工房いっぱいになる。そしてそれが自分の元を離れ、シドニーで楽しみに待っていてくれる人たちの元に届き、「おいしかった」の笑顔と言葉のためにパンを作り続ける。Fujiベーカリー、宮本 豊さん。

始めにシドニーに来た経緯教えてください。

「こっちに来たのは1982年で、26歳の時かな。日本でも神戸で5年くらいパン屋の仕事をしてたんですけど、当時パン屋になるって人は少なかったんですよ。週1日の休みと、正月3日以外は、毎日朝5時から夜8時くらいまで働かなきゃいけないし、そりゃいませんよね、夜逃げした人とかも少なくないですよ。私が来ることになったのは、当時シドニーの駐在員さんたちが出資してシドニーにパン屋を作ろうってなって、彼らが日本から職人を呼んだことがきっかけです。本当は私の上で働いてた人が呼ばれてたんですけど、その人妻子持ちでお金がかかるからって私に白羽の矢が立ったんです(笑)。始めは2週間視察して、一回帰っての予定だったからボストンバックひとつで来たんですけど、当時航空券が本当に高くて、そのまま駐在員さんの家に住まわせてもらいました」 そんな滑り出しをした後、シドニーでパン屋を始めたという。

始めはどんなだったのだろう。

「当時、シドニーって本当に何にもない所で買い物にも困るくらいだったんだけど、ノースブリッジに小さなショッピングセンターみたいなのがあって、賑わってたんですよ。そのショッピングセンターに一角借りて、店を出したんです。英語なんてYESかNOくらいしか話せなかったけど、そこで1年契約だったけど1年半働いたのかな。その後は日本に一度帰って、会社務めしてたんですけど、16歳の子で、弟子っていうか、そんな感じの子がいて、その関係もあって2ヶ月で戻ってきたんです」。

どんな事情だったのですか?また同じ所に戻ったんですか?

「いえ、その後はDEE WYHに店を出しました。実はシドニーでパン職人になるためには、1週間に1日学校に行って、後の4日をパン屋で働かないといけないんです。そして、その契約をしたパン屋は4年間その子をクビにできないんですね。で、さっき言った16歳の子がその契約をして、ノースブリッジのパン屋で私の下で働いていたんですよ。けど、私が帰国した後に入って来た人と折り合いがつかなかったみたいで。元々その子とは、家族ぐるみで仲良くさせてもらってたこともあって、お父さんにも"パン屋を開くなら場所を探してやるから"という風にも言われまして戻ってきたんですよ。まぁ実は半分は戻ってくるつもりだったんですけどね。その後はその子を連れて新しいお店を出しました。それが今のFujiベーカリーの始まりです。このFujiベーカリーって名前も彼が決めたんですよ。"日本のもので何を知ってる?"って聞いたら"FujiとGeisha"だって言って、"Geishaベーカリーじゃさすがにまずいだろう"って、Fujiベーカリーに決まったんです(笑)」

その後、いつこのKILLARNEY HEIGHTSに来たんですか?

「DEE WHYでは4年やったんで、今から18年前です。今シドニーで、同じ場所で店を構えてる食べ物屋さんの中では、うちが一番古いんじゃないかな。まぁ、家賃も安かったのもありましたが、うちは出ては消えて出来るほど、流行りや時代の波に乗れなかっただけなんですけどね(笑)」

弟子の彼も一緒に?

「いえ、彼はDEE WHYで卒業して、ウールワースのパン屋さんに勤めました。今はもう40過ぎて結婚もしたし、シドニーを出ちゃいました。たまに連絡もとるけど、お互い仕事してると中々ね」

一番つらかった時期はありますか?

「そうですね。細々ながら食べてくだけの収入はあったんですが、そうですね、嫌な思いをしたのは昭和天皇が亡くなった時ですかね。アメリカや他の国の首相は葬儀に行ったのに、オーストラリアの首相は外務次官しか行かなかったんですよ。それが当時オーストラリアで議論を起こしてて。そしたら面白半分か、行かない賛成派か分からないけども、鍵穴を、汚い話、う●ちでふさがれたり、それで壁にスラングを書かれたり。"早く終われー!"って思いましたよ。他にも、当時アジア人を否定派の人が多くて、すれ違いざまに唾をかけられたり。でもやっぱりいい人も多くて助けられてました。あとは日本で務めていた所はドイツ菓子専門店だったから、惣菜パンや菓子パンなんて作ったこともなくて、苦労しました。作っても真空パックで来たものを作ってたんで、シドニーに来た時にはそんなこと頭になかったんです(笑)。だから始めはひどかったですよ(笑)あんこの作り方も知らなくて、和菓子屋の人に聞いて作ってみたけど、アンパンのあんとは違うからまずかったし、カレーパンも普通のカレーで作ったりしたんですけど食べれたものじゃなかったし。周りの皮のほうがおいしかった時期もありました」

当時16歳だった弟子が名付けたFujiベーカリーも18年目。そこまで続けていけた秘訣はありますか?

「そうですね、材料費を落さないことです。パンって材料費を落そうと思えば本当に落せるんです。でもパン屋はパンしか扱わないから、そこで手を抜いたらいけないんですよ。シドニーのパン屋って2日売りとか平気でするけど、それもしない。初めから分かってたらいいんですが、いきなり雨が降ってきてお客さんの足が遠のくと、ゴミ袋ひと袋とかになっちゃたりしますよ。けどパン屋はパンの味でしか勝負できませんから」

日本人の知っている、日本のパンを提供しているFujiベーカリーのこれからは?

「まだ先の話で分からないんですが、息子が継いでくれるかも知れないんです。私は英語も話せないけど、息子の代になったら色々な国の人を雇ってシドニーに日本の味を広めたいですね」

日々たくさんの店が閉店し、たくさんの店が新たに生まれる。しかし、一般に悪い立地で、長く長く愛されている店もある。ただひたすらに、日々大切なことを確実にこなす。誰かが見ている見ていないではなく、自分の信念をひとつひとつに込めて。謙虚に、急がず、あせらず、時間をかけて。「ゆっくり行けばいいじゃない」宮本さんは、そんな言葉を語ってくれた気がした。

Fuji Japanese Bakery

5 Tramore Pl Killarney Heights NSW 2087
ph: (02) 9975 1095

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

ブリスベンでのファーストギグを終えたばかりのLICCAの素顔に迫った。

この記事を詳しく見る

交換留学を終えた後も、幾度となくシドニーに訪れ、現在までスタンダップ・コメディアンとして活躍してきたWAKAさんが、今回『シドニー・コメディ・フェスティバル』に出場すべく、再びシドニーの地に舞い戻った。

この記事を詳しく見る

日本やアメリカでプロの経験を経て、オーストラリアでチャレンジするバスケットボーラー伴晃生選手にインタビュー!

この記事を詳しく見る

オランダやベルギーなど海外でのプレー経験を経て、Jリーグでは、清水エスパスルに所属していたブロスケ。グラハム・アーノルドが監督に就任後、UAEアル・アインに所属していたブロスケをシドニーFCに連れ戻したことは記憶に新しい

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

DJ LICCA TAKASHI WAKA 伴 晃生  Alex Brosque  アレックス・ブロスケ 岡涼介さんに インタビュー! 西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase