オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheers インタビュー


日本の技術をシドニーで再現する陶芸家

徳竹秀美

12/09/2013

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

瀬戸物の本場、愛知県瀬戸市で修業を積め、明治時代までさかのぼる、日本美術展覧会に名を2回も残した徳竹秀美。グローバルにその技術を活かしたいと、2005年に来豪し、現在ダーリングハーストにある名門校、ナショナルアートスクールに通う。学生ながらも、1018日から114日まで開催していた、オーストラリア最大級のアウトドア展覧会、『スカルプチャー・バイ・ザ・シー』で自身の作品が出展へと選び抜かれた。陶芸の話はもちろん、オーストラリアでの学生生活やアート活動などについて、お話をうかがった。

 

 

 

『つがい』2011 抽象的に、素材の素朴さを生かした鳥の像

 

 

瀬戸で師匠に弟子入りしたとお聞きしました。「瀬戸物」はもはや陶器の一般名称。日本伝統技術で学んだことは、今でも影響していると思われますか?

 

ものすごく思いますね。技術が少ない人たちを見ると、「え?」ってクエスチョンマークが頭の中で浮かび上がります。やっぱり自分にはスキルがあると感じます。大きなものも創れるし、人より速く創れる。それはやはり日本から持ってきた技術のおかげだと思います。ただ、「頭の中が保守的すぎるのかな?」って思うときも…。

 

 

日本では厳しい弟子入りを経験したとうかがっています。現在はオーストラリアの学校に通われていますが、日本とオーストラリアの教育の違いとは、どんなものでしょう?

 

オーストラリアの教育の良さは、何に対しても褒めることです。みんなに褒めるので、先生に"Yeah! That's great!"と言われると、「本当にこの人そう思ってるのかな?」と考えてしまいます。みんなに褒めるんですよね。でも、よく聞いてみると"great" "nice" "absolutely fantastic"など、評価の差もちゃんと見えてきます。叩いて伸ばす日本はもう少し褒める教育をした方がいいと思います。オーストラリアでは、小さい頃から人前でしゃべらせるプレゼンテーションがあり、終わったらディスカッションをします。けなすのではなく、話された内容に対して問いかけ、話を膨らませる。日本ももっとディスカッションやプレゼンテーションを教育に取り入れるべきではないかと思いますね。

 

 

来豪当初は語学学校に通い、その後ホーンズビーTAFEで陶芸を学ばれました。当時慣れないことなどありましたか?

 

先生に「コンセプトは何?」って聞かれたとき、私はそういったものを考えたことがないことに気づきました。「分からない」と答えたら、「え? じゃ、そのアイデアはどこから来たの? どうやって作ったの? あなたが作ったのに、なんでコンセプトがないの?」と先生は大変驚かれていました。でも今の学校に入学し、そのTAFEのときの出来事を教授に相談したら、「あ、そういう人もいるから大丈夫。人それぞれだから」と慰められ、ホッとしましたね。

 

 

ナショナルアートスクールでセラミック科の困難な修士課程を終えようと奮闘するなか、アート活動でも多忙な毎日を送られていると思います。今回は『スカルプチャー・バイ・ザ・シー』にも選抜され、より大変な日々を過ごされていると思いますが、卒業の方は順調に進んでおりますか?

 

卒業にあたり個展と論文に追われていて、学校を歩き回っていても、先生に「書いてるの?  ちゃんとやってるの」と、少しでも気を落とすとすぐに注意されますね。

 

 

ご自身のテーマのひとつとして、オーストラリアの植物に惹かれたと聞きましたが…?

 

日本の植物と大きく違うところでしょうか。種類や形がいくつもあり、自分の中では放っておけないぐらい惹かれます。例えばバンクシアは、すごく卑猥な形をしていて魅力を感じます。散歩の途中で見つけた植物を家に持って帰ったりすることもあります。

 

 

そういったオーストラリアの植物に対する興味が、アート創りへのインスピレーションになることなどはありますか?

 

植物の中の種が非常に気持ち悪い。生き物のような不思議な種だってあります。グロテスクなものに惹かれるんですよね。人間って綺麗なものよりも、美しくないものを見て、「うわ、見ちゃった」って、それが脳の中に残る。私が思う「美」というのは「見たくないけど、好奇心が沸くもの」。今回の「スカルプチャー・バイ・ザ・シー」でも、展示の準備中に親子がやって来て、「中に何か入ってるのかな?」と観察してたんです。砂しか入ってなかったので、あとからバンクシアの実をこっそり入れておきました(笑)。ちょっと覗いてみたくなるような感じを狙いました。

 




グローバルにも展開しているアウトドア展覧会、『スカルプチャー・バイ・ザ・シー』。ボンダイの海岸を歩きながら、ビーチ沿いに飾られた作品を見るこの展覧会は、50万人もの観客が集まるシドニーの大イベントとなっています。出展者のひとりとして選ばれた感想を教えてください。

 

来豪してから、初めて見た大きな展覧会でした。こっちでいう「彫刻(スカルプチャー)」は、立体でしたらなんでもあり。だから、西洋的に考えると、スカルプチャーはもっとも自由な芸術であります。オーストラリアで過ごした初めての夏に『スカルプチャー・バイ・ザ・シー』を見に行き、オープンエアで作品を飾れることに圧倒されました。そのうち、「陶器も出せるよ」と知人に言われ、いつか自分の作品も飾りたいなと夢を持つようになりました。以前通っていた学校のプロフィール欄に、「自分の作品をいつか『スカルプチャー・バイ・ザ・シー』に出したい」と記入していたぐらいです(笑)。

 

 

今回の展覧会の他にも、いろいろな芸術活動をされていますが、シドニーのアートムーブメントは日本人の目から、どのように見えますか?

 

ひと言でいうと、「自由」。陶芸の中でも、自分で窯を焼けない子、轆轤がうまく回せない子、自分で大きなものが造れない子など、短所があってもそれは指摘されません。オーストラリアのアートは、アイデア勝負。アイデアが強かったら、そういうコンペティションにも入選できます。

 

 

要するに、技術よりもアイデア重視ってことでしょうか?

 

「コンセプト」を重視します。私自身も抽象的な作品を創っています。花だったり、植物だったり、時には女性の性器と言われることも(笑)。何を思うかは、それもその人の自由です。作品を買っていただき、そして作品を可愛がってもらえれば、私としては満足です。

 

 

オーストラリアで再スタートを切った徳竹さんですが、なぜ、ここでアート活動を続けようと思ったのでしょうか?

 

日本で壁にぶち当たり、インターナショナルなものを見たくなって飛び出しました。たまたまうちの母親の知り合いがここにいたというきっかけで、来豪する決意をしたんです。海外に出たことがなかったので、最初はちょっと不安でしたが、英語が分からなくても知識はあったので、とりあえずもの創りには力を入れてました。

 

 

最後に、オーストラリアで今現在、そしてこれからもさまざまな形で活躍する日本人の若者に、なにかアドバイスをお願いします。

 

一日三回は人を褒めてください。そうすると、自分のことも他の人が気づいてくれるので、視野が広がります。一日三回人を褒めろと言われたら、人を観察するようになり、人に対する心がけが広まると思います。

 

 

 

Profile:徳竹秀美


愛知県出身。瀬戸市にて、陶芸家・加藤令吉を師事する。日本を代表する展覧会、日本美術展覧会で2回の展示を果たす。2005年、来豪。TAFEにて陶芸を学び、2011年からナショナル・アート・スクールで修士課程。

個人ホームページ: www.hidemitokutake.com.au

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

ブリスベンでのファーストギグを終えたばかりのLICCAの素顔に迫った。

この記事を詳しく見る

交換留学を終えた後も、幾度となくシドニーに訪れ、現在までスタンダップ・コメディアンとして活躍してきたWAKAさんが、今回『シドニー・コメディ・フェスティバル』に出場すべく、再びシドニーの地に舞い戻った。

この記事を詳しく見る

日本やアメリカでプロの経験を経て、オーストラリアでチャレンジするバスケットボーラー伴晃生選手にインタビュー!

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

笑福亭笑子 ボンダイ・フィーストに登場! DJ LICCA TAKASHI WAKA 伴 晃生  Alex Brosque  アレックス・ブロスケ 岡涼介さんに インタビュー! 西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase