オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheers インタビュー


メルボルンの絵本作家・イラストレーター

Anna Walker

23/09/2013

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

それは雲が多く、冬風が冷たい、メルボルンらしいある午後の日。チアーズ編集部はメルボルン市内からほど近い町、リッチモンドのあるアトリエのドアを叩いた。我々を笑顔で迎えてくれた絵本作家・イラストレーターのアンナ・ウォーカーさんは、まるで絵本から飛び出した主人公のように小柄でかわいらしく、優しさがにじみ出ている、とても気さくな方であった。

 

 

 

アンナワールドが生まれるアトリエ。シンプルかつセンスが光る。

 

 

お忙しいところお時間を作っていただきありがとうございます。


パーフェクトなタイミングだったわ。普段は慌ただしい生活を送っているけど、今日はたまたま1時間だけ空いていたの。日本の新聞社からインタビューの依頼があったということで、昨日は夫との会話が盛り上がったのよ。私は日本が大好きでね、日本のアニメやおもちゃから作品のインスピレーションを得ることも多々あるのよ。


新婚旅行で一度だけ日本を訪れたことがあるというアンナさんは、ジブリの大ファン。宮崎駿監督の映画はほとんど鑑賞済みという。

 

これ、私が編んだの。自分で作っちゃうくらいジブリが大好きなのよ。

 

 

 

:毛糸で人形を編むのもアンナさんの特技。ジブリではトトロのほかに、猫バスや黒猫のジジが好き。

:アトリエにはアンナさん作の人形がたくさん並ぶ。その多くが絵本の主人公たち。

 

 

既製品とはひと味違う、とても暖かく、ぬくもりを感じるトトロの人形。それは彼女が手がける数多くの絵本に登場する主人公に通じるものがあった。繊細な水彩タッチで創り上げられるキャラクターたちは、まるで魔法で命が吹き込まれたようにリアルでありながら、どれも読者の心を和ませてくれる特別な何かを持っている。その代表的なキャラクターとも言えるのが、シマウマのオリーだ。

 

実はオリーは、私の長女、オリーブがモデルなの。彼女が2歳くらいの頃かしら。階段の上でよく歌ったり、踊ったりしていた彼女を見て、このキャラクターを思いついたのよ。

 

ひょうきん者のオリーと踊ったり、歌ったり、誕生日を迎えたり。そのシンプルなストーリーは子供たちの心をぐっとつかみ、そしてさまざまな想像の世界へと連れて行ってくれる。

 

 

 

 

 

 

I Love to DanceAnna Walker 

Scholastic 


Anna Walker
Scholastic
Ollie loves to dance and shake his belly like wobbly jelly!

 

 

 

 

 

 

 

 

オリーが主人公を務める『I Love…』シリーズは、アンナさんの処女作。それまではフリーのイラストレーターとして、雑誌やグリーティングカード、そしてハインズの幼児用スナック菓子やマクウィリアムズのワインラベルなど大手企業のデザインを手がけてきた。しかし、同じくメルボルン在住の絵本作家、ジョディ・ゴドウィンさんとのコラボレーションをきっかけに、自身も絵本作家の道を歩むようになる。アンナさんが一番大切にしていること、それはキャラクター創りであるという。

 

シンプルでありながら、子供たちが共感できるようなキャラクターを作りたい。だからストーリーは、普段の生活や、ささいな毎日がテーマになることが多いの。これまでの作品の多くには、私の子供たちや、実際に飼っている犬やインコ、うさぎ、魚、鶏が登場したり、モデルになっているのよ。先日発行されたばかりの『Peggy』も私が実際に飼っている鶏が主人公なの。

 

 

 

 

 

 

Peggy 

Anna Walker 

Scholastic 


Anna Walker

Scholastic Australia

Peggy lives in a small house in a quiet street. One blustery day a big gust of wind sweeps down and scoops up leaves, twigs and . . .

 

 

 

 

 

 

 

『Peggy』はシティまで吹き飛ばされてしまった鶏のペギーが、あらゆる困難を乗り越えて家まで戻るというストーリー。ある強風の日、鶏が飛ばされてしまうのではないか…というアンナさんの心配からこの1冊が生まれたのだ。

 

絵本作家・イラストレーターとして大活躍する彼女のもうひとつの姿、それは3児の母であること。現在11歳のジョディ君、9歳のオリーブちゃん、そして7歳のサム君。クリエイティブな母のもとに生まれた子供たちもその才能を譲りうけ、絵を描いたり、ものを創ったり、クラフトが大好きだといい、1冊の絵本を創り上げるプロセスをともに楽しむこともあるという。

 

オリーのシリーズでは表紙の裏に子供たちが描いたデッサンを使っているのよ。若干手直しはしたけど、大半は彼らの作品なの。

 

家庭と仕事、どのようにバランスをとられていますか?という質問に、「時間との戦いね」、と笑みをこぼす彼女。

 

子供たちが小さいころは、彼らが夜寝静まってから仕事をすることが多かったけど、学校へ通うようになった現在は、こうやって日中仕事に集中できるようになったわ。でも時間はあっという間に過ぎてしまう。休憩しようと、筆を置いたと思ったら、もうお迎えの時間だったり。今日もこれから子供たちのお迎えにいかないと。だから無駄な時間を過ごさず、上手に時間をやりくりできるようになったみたい。

 

ジョディ・ゴドウィンさんとのコラボレーション作、『Little Cat and the Big Red Bus(サラちゃんとおおきなあかいバス)』 や『Friends for Keeps(いっしょにあそぼう!)』シリーズは日本語の翻訳版が発行されていますが、『I Love…』のシリーズが翻訳される予定はありますか?

 

日本は大好きな国なので、いつかは絶対実現できたらと思っています。オリーは現在、ドイツやイギリス、中国など、すでに9ヵ国で愛されています。

 

現在も2冊の絵本に取り組んでいるアンナさん。そのプロセスを特別に少しだけ見せてくれた。自分が思い描いたストーリーのミニブックを作成、それを出版社に持って行き、編集者と相談する。ストーリーの方向性が決まったら、絵本に取り入れたいアイディアを1枚の紙にコラージュしていく。スケッチや雑誌の切り抜き、写真など、ここからアンナさんの絵本の世界が生まれるのだ。

 

2007年に始まった絵本作家のライフスタイルは順調に進んでいるというアンナさん。

 

一番厳しい評論家は出版社でも編集長でもなく、絵本を手にしてくれる子供たち。彼らが気に入ってくれるような作品をこれからもたくさん届けるのが私の夢かな。

 

最後に、読者の方々にメッセージをいただいた。

 

本を読む、本を楽しむ素晴らしさを子供に教えることは、親が子供に贈ることができる最大なプレゼントだと私は思います。子供ひとり一人に個性があるように、好む絵本もそれぞれ違ってきます。その子にどんな絵本が最適か、親子で探りながら、想像力のアドベンチャーに繰り出してほしいわ。

 

 


 

 

Anna Walker(アンナ・ウォーカー)


1994年、メルボルンのスインバン大学、グラフィックデザイン学部を卒業。雑誌をはじめ、グリーティングカードやワイン、食品ラベルなど、幅広いエリアでフリーのイラストレーターとして活躍後、2007年に絵本作家デビュー。処女作はシマウマのオリーが主人公の13作のシリーズ『I Love…』。2008年、イラストを手がけた『Santa's Aussie Holiday で、オーストラリア児童図書評議会が新人画家に送るクライトン賞を受賞。

Web:www.annawalker.com.au

ブログも好評更新中!

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

ブリスベンでのファーストギグを終えたばかりのLICCAの素顔に迫った。

この記事を詳しく見る

交換留学を終えた後も、幾度となくシドニーに訪れ、現在までスタンダップ・コメディアンとして活躍してきたWAKAさんが、今回『シドニー・コメディ・フェスティバル』に出場すべく、再びシドニーの地に舞い戻った。

この記事を詳しく見る

日本やアメリカでプロの経験を経て、オーストラリアでチャレンジするバスケットボーラー伴晃生選手にインタビュー!

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

笑福亭笑子 ボンダイ・フィーストに登場! DJ LICCA TAKASHI WAKA 伴 晃生  Alex Brosque  アレックス・ブロスケ 岡涼介さんに インタビュー! 西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase