オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
今一番安くワーキングホリデーで行く方法
娯楽記事

Cheers インタビュー


「パ・リーグ最多セーブ王」

マイケル中村

勝ちたいという気持ちはどんな試合でも変わらない

16/12/2009

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝ちたいという気持ちはどんな試合でも変わらない

パ・リーグ完全制覇、日本シリーズ優勝、アジア杯優勝と三冠を果した北海道日本ハムファイターズ。44年ぶりの優勝を果したファイターズに不可欠な人物がいる。守護神マイケル中村投手。今シーズン64試合に登板し、5勝1敗39セーブという見事な成績でパ・リーグ記録を塗り替えたリリーフ投手。マイケルが投げれば勝つ。"勝利の方程式"と言われ、日本中を沸かせたマイケルが実家のあるメルボルンに帰国したところをキャッチ。日米豪と3カ国で活躍してきたマイケル選手に彼の歩むベースボールライフを語っていただいた。

パ・リーグ完全制覇、日本シリーズ優勝、アジア杯優勝、そして個人としてはリーグ最多セーブ王のタイトル獲得など、すばらしいシーズンをおくられましたが、まずは率直な感想からお願いします。

一言でいえば「ドリーム・シーズン」でした。夢のようだ。チームとしても個人としても、とても充実した1年だった。今年の日ハムには勢いがあって、とにかくチームの"絆"がグレイトだったよ。そして個人的にも"クローザー"という初のポジションを任せられ、一投手としてエスタブリッシュできた年だと思う。

2006年、一番印象に残ったゲーム、またはエピソードを教えて下さい。

そうだね・・・素晴らしい年だったから、ひとつに絞るのはなかなか難しい。新庄の逆転ホームランでプレーオフが決まった瞬間、福岡ソフトバンクを抑えてパ・リーグ優勝を果した瞬間、そして中日ドラゴンズを破り日本シリーズを獲得した瞬間。どれも譲れないほど素晴らしいゲームだったよ。

3回ものビールかけを経験したのですよね。

3度目のビールかけはやはり1回目より意気込みがなかったね(笑)。

そして忘れてはいけないアジアシリーズ制覇。マイケル選手にとっては2000年のシドニー五輪以来の国際試合となりましたが、どうでしたか?

日本一を勝ち得た後の試合だったので、メンタル面ではかなり難しかった。フィジカル面はトレーニングを欠かさないことでキープできたけど(選手としてのあたりまえだけどね、笑)、一度あげた テンションを再度あげる、これは容易でないことを今回実感させられたよ。アジアの王者を決める大会だけど、やはり日本シリーズに替えられるものはないと思う。

マイケル選手はクローザーとして想像しがたいプレッシャーを毎ゲーム受けていると思いますが、どんなピンチにも動じないその精神力はどうやって維持しているのですか?

10対1も、1対1も、僕にとっては単なる数字で、勝ちたいという気持ちはどんな試合でも変わらない。1点差でも8点差でも、1球1球を集中して投げることを心がけている。ストッパーに失敗は許されない。Can't have a bad day! プレッシャーは常にあるもので、それをどうするかがポイントだと思う。僕の場合、試合の30分前から集中モードに入る。ヘッドフォンをつけて音楽を聴く。ベンチ入りしたら誰とも口をきかないでとにかくゲームに集中。チームメイトもそれを承知してくれているからみんな僕をそっとしておいてくれるんだ。自分のやり方を一貫することでプレッシャーを跳ね除けているといったらいいのかな

どんな曲を聴かれるのですか?

スポーツ選手ってヘヴィーメタルやラップなどを聴いて"パンプアップ"すると思われがちだけど、少なくとも僕はメローな曲を聴いている。ラブソングじゃないよ(笑)。クリードやサードデーなど、クリスチャン的音楽で精神を統一して、冷静で安定した状態でスタンバイしている。

日ハムはグラウンドでのパフォーマンスが話題となりましたが、これについてどう思われましたか?

最高だね。僕自身、今話したように試合中は自分の世界に入り込んでいるから残念ながらパフォーマンスに参加することはできなかったけど、チームと観客を盛り上げることは本当に重要。新庄は本当に最高な選手だった。ある意味、彼は各メディアによる重荷を背負ってくれたんだ。新庄の場合ベースボールプレイヤーが野球をしているというよりも、「エンターテイナーが野球をしている」と言ったほうが正しいかもしれない(笑)。彼は選手としてまだまだやっていけると思うし、引退はもったいないと正直に思う。でも彼はこれからも華やかな道を歩むと思うよ。

11月18日には札幌で日ハム優勝パレードが行われましたが、その時点でマイケル選手はオーストラリアに帰国されていたのですよね?

そうなんだ。もちろん参加したかったけど。オーストラリア行きの飛行機が19日から27日まで満席で・・・。2週間も札幌で何をしていいのか・・・(笑)。早く帰国したかったからね。

シーズンオフはメルボルンで過ごされるのですか?

そうだね。地元でリラックスしようと思ってる。やっぱりここが一番落ち着くよ。

トレーニングは?

もちろん、今は週3回。でも年末に向けて週末を除く週5回に切り替えるよ。5時に起きてまずはジョギング。ストレッチをしてから6時にジム入り。ケガ防止のためにもバック・エクササイズやヨガ、ピラティスなども欠かさずやっているよ。

オーストラリアのどんなところが恋しくなりますか?

家・車・ゴルフ(笑)。やっぱり広々とした家がいいね。

日本での生活には慣れましたか?

そうだね。父が日本人だからさほど驚くことは無かったよ。家に上がる時は靴を脱ぐ、礼をするときにはおじぎする。ちゃんとマスターしているよ(笑)。日本語は「メチャメチャ」だけどね(笑)。通訳さんもいるし、チームメイトも僕が言いたいことをちゃんと理解してくれるからコミュニケーションには問題ないよ。

今お父さんの話がでましたが、聞いた話ではお父さんがグローブとボールを買ったことからマイケル選手のベースボールライフが始まったと・・・?

そう、今でも憶えているよ。あれは10歳の頃。父とのキャッチボールがすべての始まり。

いつ頃、プロ野球選手になりたいと思ったのですか?

14歳くらいの頃かな・・・。他の子よりもスキルが上であることに気づいたのもその頃。ちょうど一緒にプレーしていた16とか17歳の先輩達がプロ契約を交わし始めた頃で、プロ選手に凄く憧れたよ。

それでアメリカに?

そうだね。でも実はアメリカよりも父の祖国、日本でのプロ入りをしたかったんだ。でも"オーストラリアの野球選手"だとなかなか認識されなく・・・。で、父にも「大学だけは出ておけ、野球で食べていけるとは限らない」って言われたので、まずは大学へ。でも野球が目的だけどね(笑)。でも最終的にはよかったよ。こうして日ハムに入れたし。

日、米、豪と3カ国でのプレーの経験がありますが、そのプレースタイルの違いを教えてください。

まずはオーストラリアの野球スタイル。コピースタイルって言ったらいいのかな(笑)。悪く言うわけではないけど、まだ独自のスタイルがない。アメリカや日本のスタイルを真似しているのがオージーの野球スタイル。アメリカはパワースポーツ。でかくて、マッチョな彼らが打てばもちろんホームランになるでしょ(笑)。とにかく打ってホームランを狙う、それがアメリカンスタイルだね。そして日本。日本はディフェンスがしっかりしていて、基礎もしっかりできている。打者に関しては、パワーではなく"狙い"かな。常にランナーがベースに出ている、それが日本スタイルだね。でも野球のレベルで言えば、日本もアメリカも同レベルだと思うよ。

04年のアテネ五輪ではオーストラリアが日本を倒しましたが、予想外でしたよね?

そうだね。でも日本対オーストラリアの試合が10回あったとすれば、日本はきっと9回は勝つと思うよ。それだけ日本の野球はすごい。それに野球はスポーツだから何が起きるか分からない。それに最近では野球がマイナーであったオーストラリアからぞくぞく有望選手がでてきている。阪神タイガーズのリリーフを務めるトリオ、"JFK"の"J"を務めるジェフ・ウィリアムズなどダウンアンダーもこれからだよ。

最後に、読者の方々にメッセージをお願いします。

いつも応援・サポートありがとうございます。オーストラリアからもたくさんのメールやメッセージが届きました。そして、野球選手を夢みるお子さんを持つ方、ありとあらゆるチャンスを与え、夢を追わせて下さい。

プロフィール: 1976年生まれ。日本人の父とオーストラリア人の母を持つ。奈良県出身。3歳で渡豪。プロ選手を目指し、サウスアラバマ大に入学。ミネソタ・ツインズ、トロント・ブルージェイズのメジャー2球団を経て04年ドラフト4位で北海道日本ハムファイターズに入団。変則的なサイドスローと"魔球カーブ"を武器に06年パ・リーグシーズン最多セーブ新記録を達成した。

公式WEB

www.ballplayers.jp/micheal/

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

ブリスベンでのファーストギグを終えたばかりのLICCAの素顔に迫った。

この記事を詳しく見る

交換留学を終えた後も、幾度となくシドニーに訪れ、現在までスタンダップ・コメディアンとして活躍してきたWAKAさんが、今回『シドニー・コメディ・フェスティバル』に出場すべく、再びシドニーの地に舞い戻った。

この記事を詳しく見る

日本やアメリカでプロの経験を経て、オーストラリアでチャレンジするバスケットボーラー伴晃生選手にインタビュー!

この記事を詳しく見る

オランダやベルギーなど海外でのプレー経験を経て、Jリーグでは、清水エスパスルに所属していたブロスケ。グラハム・アーノルドが監督に就任後、UAEアル・アインに所属していたブロスケをシドニーFCに連れ戻したことは記憶に新しい

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

DJ LICCA TAKASHI WAKA 伴 晃生  Alex Brosque  アレックス・ブロスケ 岡涼介さんに インタビュー! 西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase