オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheers インタビュー


豪州サッカーのプリンス

ハリー・キューエル

勝つことだけを目的に戦う それ以外の結果は考えない

16/12/2009

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝つことだけを目的に戦う それ以外の結果は考えない

10代でオーストラリアから英国に渡りプレミアリーグのスター選手に上りつめながらも、近年は相次ぐケガに悩まされてきた豪州サッカー界のプリンス、ハリー・キューエル(リバプールFC)。治療のため帰省したシドニーで直撃インタビュー、昨年のサッカー・ワールド・カップ(W杯)での豪代表の活躍ぶりや、プロサッカー選手としての今後のキャリアなどについて心境を聞いた。

「覚えていないくらい幼い時から、
プロサッカー選手になることが夢だったんだ」

シドニー郊外に生まれ育ち、イングランドのプレミアリーグでプレイすることを夢見たサッカー少年が初めてスパイクを履いたのは、5歳の時。 昨年6月のW杯ドイツ大会。オーストラリア代表「サッカルーズ」が32年ぶりのW出場を果たし、決勝リーグ進出という大活躍を見せたため、オーストラリア国内では観戦スポーツとしてはマイナーだったサッカーが大きな関心を集めた。それまで一般の国民の間では無名だったキューエルも、甘いマスクと爽やかな笑顔で一躍有名人となった。

「オーストラリアのサッカー人気は、ボクがプレイし始めたころよりもずっとずっと盛り上がってきている。メディアの関心の高さを見ると、一般の人たちがW杯での我々の活躍に非常に反応してくれていることがよく分かった。それに加えて、我々選手たちにも、より大きなチャンスが巡ってきた。世界でも有数のアジアの強豪チーム相手に今年のアジアカップで活躍できれば、オーストラリアの選手がもっともっと世界に羽ばたく機会が巡ってくると思うんだ。素晴らしいことだよ」

だが、ヨーロッパのサッカーファンの間では、ずっと以前の1990年代から、歴代で最も有名なオーストラリア人サッカー選手であったことに疑いの余地はないだろう。 ニューサウスウェールズ・インスティテュート・オブ・スポーツ在学中の95年、エクアドルで行われたU17世界選手権で1得点を上げ、一気に注目を集めた。この年、イングランドに渡り、リーズ・ユナイテッドに入団。96年3月30日にミドルズブラ戦で、オーストラリア代表としても同年4月のチリ戦で、それぞれデビューを飾っている。初ゴールは97年10月。以来、リーズの若手スターとしてめきめきと頭角を現し、同シーズンのリーグ戦で合計5ゴールを挙げた。21歳で迎えた99~2000年シーズン、10得点を挙げてチームのプレミアリーグ3位入りに大きく貢献、イングランドの最優秀新人賞を受賞。最強のオーストラリア人サッカー選手として世界的な名声を得ることになった。

02~03年シーズンもリーグ戦で14得点を挙げる大活躍を見せたが、経営危機に陥ったリーズを去り、子供のころからファンであったリバプールに移籍した。だが、この前後から度重なるケガに悩まされるようになる。 豪代表としては、2000年シドニー五輪、02年韓国・日本共催W杯出場をかけた予選のウルグアイ戦、05年コンフェデ杯のすべてをケガのため欠場。イングランドでも、リバプール移籍後、本来の実力を発揮できず、05年のリーグカップ決勝戦、チャンピオンズリーグ決勝戦のいずれも途中で退場している。昨年末から、家族を英国に残して、故郷のシドニーに長期間帰省しているのも、親元で治療を受けるのが目的だと報じられている。キューエルはこう打ち明ける。

「今度のケガは順調に回復しているよ。ケガをした時はいつもできる限り早く復帰したいと思っているんだけど、常に時間をかけて直すように医者に言われている。現時点で、トレーニングに完全復帰できるまでには、まだ数週間かかりそう。その後は、回復のスピード次第で、コーチ陣がGOというまで待つだけなんだ」

日本戦は最も過酷な戦いだった それでも、05年のW杯予選では、オーストラリアに勝利の女神を呼び込んだ。シドニー・テルストラ・ドームで行われた宿敵ウルグアイとの最終予選。途中出場ながら、W杯進出をかけた劇的なPK戦で、魔法の左足が最初のPKを決め、32年ぶりのW杯進出への道を開いた。 股の付け根を負傷し、最悪の状態で挑んだ昨年のW杯予選リーグでも、欠場と見られていた初戦の日本戦に出場を果たしたばかりか、3戦目のクロアチア戦で同点ゴールを叩き出し、史上初の決勝トーナメント進出を決めている。

「オーストラリア代表の一員として32年ぶりのW杯に出場できたことは、とても素晴らしいことだった。我々の可能性を最大限に引き出して、オーストラリアのプライドを示すことができたんだ。W杯予選リーグの日本戦、ブラジル戦、クロアチア戦。いずれも厳しい試合になると覚悟していた。なぜなら、サッカーの世界では、その日のチームのコンディションによって、結果が全く違ってくる。どのチームもベストを尽くせば、世界のどのチームでも破ることができる実力があることは分かっていたからね」

日本人にとっては、思い出したくもない悪夢だった日豪戦。だが、百戦錬磨のキューエルにとっても、決して楽な戦いではなかったようだ。

「日本代表の中では、やはり中田(英)を一番警戒していた。彼はイタリアやイングランドの最高の舞台で長くプレイしていたから。しかし、W杯の初戦で良いスタートを切らなければならないことは皆、分かっていたから、我々は勝つことだけを目的に戦ったし、勝つ以外の結果は考えていなかったんだ。3対1で勝利した日本との試合は、尋常ではない暑さの中で行われた。おそらく、それまでの人生でプレイしたサッカーの全試合の中で一番厳しい天候だったと思うよ。でも、僕たちは決して諦めなかった。そして、我々が欲しい結果を得るために全力を尽くした。W杯のどの試合が一番厳しかった、ということはない。すべての試合がタフだったよ。でも、中でも日本戦は今までで最も過酷な試合だった」

選手生活のほとんどをイングランドで過ごしてきたキューエル。リバプールでプレイすることを心から愛し、引退までずっとリバプールでプレイしてもいいとさえ思っている。ケガで療養中の今は、リバプールのためにベストコンディションで活躍できる状態に戻すことに全神経を集中している。ほかのチームでプレイすることは、今のところ考えていない。

「リバプールのチームメイトはみんな素晴らしい仲間なんだ。リバプールは本当に世界屈指の素晴らしいクラブだから、誰もがクラブのために良いサッカーをしようと心がけているし、クラブも選手を皆同等に扱ってくれる。サッカーをしている時も、プライベートも時間もみんな良き友人なんだ」

今年9月で29歳の誕生日を迎える。度重なるケガに見舞われ、かつての輝きを失ったかのように見えるキューエルについて「ピークを過ぎた」と評する声は少なくない。

「引退についてはまだ考えたことはない。今はいつからプレイするかということに集中している。ボクはこれまでも若い選手たちの育成には興味を持ってきたけど、今やることか引退後にやなるかは分からないけれど、さらに追求していこうと思っている。だけど、ちゃんとした施設や優れたコーチを確保するなど、今すぐやるにはやるべきことが多すぎる。ベストな環境が整えば、ぜひ選手の育成に力を入れていきたいと思っている」

7月7日、タイとベトナム、マレーシア、インドネシアの4カ国共催で開幕するアジアカップ2007。グループリーグでは、オーストラリアはグループリーグA組(ほかにタイ、オマーン、イラク)、日本は同B組(ほかにベトナム、カタール、アラブ首長国連邦)に入っており、決勝トーナメントの準々決勝では、同月21日にグループA1位とグループB2位がタイ・バンコクで、グループB1位とグループA2がベトナム・ハノイでそれぞれ対戦することが決まっている。そのため、日本とオーストラリアが勝ち残って対戦する可能性がある。 アジアカップでは、ベストコンディションのキューエルがエースナンバー「10」を背負い、かつての雄姿をピッチで見せてくれることを期待したい。

Harry Kewell

1978年9月22日、シドニー・スミスフィールド生まれ。
身長: 183センチ。体重: 85キロ。
ポジション: FW。 所属クラブ:リバプール(英)。国際試合ゴール数:7

February 2007 RHYTHM創刊号 掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

数少ない政府公認通訳士や大学教授として活躍する後藤昌代さんが、全世界195ヵ国北極点南極点タイタニック沈没地点(海底4000メートル)を達成した。旅や言語のスペシャリストである日本人冒険家の彼女に記念すべきチアーズ初インタビュー!

この記事を詳しく見る

ブリスベンでのファーストギグを終えたばかりのLICCAの素顔に迫った。

この記事を詳しく見る

交換留学を終えた後も、幾度となくシドニーに訪れ、現在までスタンダップ・コメディアンとして活躍してきたWAKAさんが、今回『シドニー・コメディ・フェスティバル』に出場すべく、再びシドニーの地に舞い戻った。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

後藤昌代さん インタビュー 笑福亭笑子 ボンダイ・フィーストに登場! DJ LICCA TAKASHI WAKA 伴 晃生  Alex Brosque  アレックス・ブロスケ 岡涼介さんに インタビュー! 西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase