オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Cheers インタビュー


世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに!

DJ MURO

01/05/2014

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

世界一のDiggerとして「King Of Diggin’」の名も持つDJ MURO。1980年代後半から、KRUSH POSSE、MICROPHONE PAGERでの活動で、日本にHIP HOPを根付かせた先駆者。2007年のミラノで行われたNIKE AIRFORCE 1のイベントや、FENDIのファッションショー、アメリカやヨーロッパへの海外ツアーなど、ワールドワイドに活躍の場を広げている。近年ではMISIAや安室奈美恵など、女性アーティストのプロデュースなども手がけ、DJ、ラッパー、プロデューサー、デザイナーなどさまざまな顔を持つ。そんなMUROが遂に、オーストラリアに上陸。メルボルンでのプレイを終えた彼にインタビュー!

  

 

HIPHOPに出会った、またDJになったきっかけは?

 

もともとDJがやりたかったんですが、DJをやっている人は当時いませんでした。専門学校に通っているときに友達に「歩行者天国で、お前がやりたいことをやっている人がいるよ!」って言われて見に行ったら、DJクラッシュとかがそこでやっていて。クラッシュに可愛がってもらい始めたのがきっかけですね。中学の頃には、ディスコにも興味があったんですが、やっぱり厳しくて入れなくて…。でも隣地元にあったローラースケート場みたいなところが、ディスコみたいな選曲をしていて、なおかつ真ん中ではブレイクダンスをしている人もいたので、そこで曲をチェックしていました。当時「貸しレコード屋さん」っていうのがあったんですが、チェックした曲をそこで借りて、カセットテープに落として、そのカセットテープを繋ぎ合わせるという、DJの真似ごとみたいなことをしていました(笑)。

 

 

カセットテープって懐かしいですね。

 

そうですね。でもカセットテープがなかったら今の自分はない!みたいな(笑)。それくらい自分の世代はカセットテープが主流だったんですよ。お気に入りの女の子にラブレター、じゃないですけど、カセットテープを送るときは「ハイポジション」とか「メタルポジション」とか、ちょっと値が張って音質がいいのがありまして、そういうのでわざわざ作ったりとか。そういうことしてましたね、一生懸命に。

『Do the Right Thing』っていうスパイク・リーの映画に、レディオ・ラヒームって人が出ているのですが、昔は彼の真似をして、大きなラジカセを持って、地元の川口から友達がバイトしている原宿まで行って「ちょっと新しい曲聞いてよ!」って、その場でそのラジカセでプレイするっていう…とにかく面倒くさい人でした(笑)。


 

HIPHOPに惹かれる理由は?

 

HIP HOPのルーツを辿っていくと、やっぱり、色んなジャンルの音楽を切り貼りして、ひとつのものを作るっていう作業に一番惹かれますね。そのHIP HOPのおかげで、食わず嫌いしないで色んなジャンルの音楽を聴く「習慣」みたいなのが、若い頃からできていたし、凄く恵まれていたな~と思います。色んな音を吸収し、その吸収した音をどう発信したらよいのかもHIP HOPから学びました。

  

 

今回のメルボルンでのイベントはいかがでしたか?

 

すごく面白かったですね。ヨーロッパとアメリカの文化が混ざっているような感じがしました。「この曲知っているから踊る」とかじゃなく、グルーブさえキープしてれば、本能で楽しんでくれる感じがいいですね。去年ロシアで回したんですけど、そこと似てるかな。

 


日本と海外との活動で、どのような違いを感じることがありますか?

 

日本の場合はまだまだ構えちゃうというか、場所によってはブースの前でも立ちん坊になっちゃうところもいまだにあります。せっかくだから、もっと音を聴いて音を楽しんで帰ってもらえたらな、ってDJとしては思うんですけどね。

 

海外のDJ活動で、今までで一番印象に残っている出来事などありますか?

 

一昨年の10月に、日本とイスラエル国交樹立60周年記念のイベントがあって、SOIL & "PIMP" SESSIONS、HIFANA、DJ MITSU THE BEATS、DJ OKAWA、KENICHI EBINA AND TAKAHIROたちとイスラエルに行ったんですけど、なんだろう、2回くらい空爆を聞いてちょっと凄かったですね。イベント自体は、700から800人くらいが入って盛り上がりましたが、こういうところにもちゃんとシーンはあるのかと関心しました。税関でも大使館の人がひとりずついて、荷物ももの凄~くチェックされました(笑)。

 

 

今後、行ってみたい国や場所などあれば教えてください。

 

絶対アフリカにもう一度行きたいですね。あとはブラジル。今年は特にサッカーがあるんで(笑)。もともとアフリカに行けたのも、MISIAと前回のワールドカップの応援歌を作らせてもらったからで、観戦しながら行ってきました。今年はまたブラジルであるから、行けたらいいな(笑)。

 

 

今までで一番辛かったことはなんですか?

 

小学校2年生から高校上がるまで、お爺ちゃんと2人暮らしだったんですけど、7~8年前に、俺の誕生日の生まれた時間にお爺ちゃんが亡くなってしまったんです。爺ちゃんに精神的に助けられていたことが多いので、そのときは本当にきつかったですね。あとは、僕が謎がられているっていうか、まあ謎が売りだった部分もあるんですけど(笑)。だから今でもマネージメントや事務所で、なかなか理解してもらえないことが多いです。自分の言いたいことが伝わらないってことが多いですね。昔からクラッシュの教えで、「来るもの拒まず、去る者追わず」っていうのがあって、それをずっと信じてます。だから仕事も本当に自分からアプローチしたことがないんですよ…。恵まれてるんですけどね、本当に。
MUROさんといえば、世界的にも有名なレコード・ディガーであり、アナログのプレイというイメージですが、海外でのイベントでも毎回ご自分のレコードを日本から持っていくのですか?

どこに行くにも持っていきます。DJはレコードでずっと続けていて、ドーナツ盤7インチでプレイすることが多いんです。以前は誰もそんなのやっていなかったから、すごく気持ちよかったんですけど(笑)。ここ数年、世界的にはアナログのプレイが一大ブームなんです。僕にとって、ひとりでレコードを聴く時間は昔からとても重要で、曲を聴いたり、レコード屋さん堀にいったりするのが、リラックスできる時間だなとつくづく思います。

 

 

2月24日に、入籍されたというニュースを耳にしました。ご結婚おめでとうございます。ところでなぜ今まで独身だったんですか?

 

ありがとうございます! ニュースに出てたんですか? ビックリだな~。独身だったのは…やっぱり「レコードレコード」言っているからみんな呆れてどっか行っちゃうのかな(笑)。「どっちが大事なの?」みたいな。あとは結婚すると構えちゃうっていうイメージで。家庭が一番、子供が一番ってなっちゃうだろうし。そうなると音楽が一番じゃなくなるのは流れだし、自分が結婚しちゃったらきっと今と同じことができなくなるなって思っていました。けど、自分がやっている7インチのプレイとか、若いDJでもスキルフルな子たちがいっぱい出て来ていて、そろそろ自分は違うとこに進む時期なのかなって思いました。

 

 

では、また新しいフィーリングの音楽がMUROさんから生まれるんじゃないでしょうか?

 

そうですね、そうかもしれないです。次はプロデュースを多めにやりたいなと思ってます。春くらいにビクターから新しくプロデュースした音楽が出ます。「流行る、流行らない、売れる、売れないとか、一切考えないで作っていいよ」って言われたので、全編英語歌詞のミニアルバムを製作中です。あとはバンドをプロデュースしたいですね。自分が指揮をとれるようなバンドを探しています。夏をテーマにしたような、自分のMIX CDのシリーズで「Tropicooool Boogie」というのがあるんですけど、そのままそれをバンド名にできるような、南国をイメージしたソウルファンクなバンドをプロデュースしたいですね。

 

 

帰国直前に急遽シドニーからもラブコールが入りイベントを開催されましたが、ここのシーンはどうでしたか?

 

日本との環境や気候なども違いとても新鮮でした。今回のオーストラリアツアーはメルボルン、アデレードのWOMADのフェスティバルにも参加させて頂いたのですが、シドニーでの現場も夕方からスタートして、お子さま連れのお客さま、真剣に音楽を追求されている方、純粋に音を楽しんでいる方などが感じ取れて自分も楽しんでプレイすることができました。今回初めて、オーストラリアでのプレイでしたが、ぜひ戻って来たいと思っていますので、そのときはまた宜しくお願いいたします。今回携わって頂いた関係者の皆さん、交流できた日本の方々ありがとうございました。感謝感謝です。


 

最後にオーストラリアにいる読者にメッセージをお願いします。

 

オーストラリアのお祭り騒ぎのイイ感じの「ノリ」を日本に持って来てほしいです(笑)。この「楽しもう!」っていうスピリッツをぜひ日本へ届けてください!

 

 

 

 

プロフィール


 

DJ MURO
日本が世界に誇るKing Of Diggin'ことMURO。80年代後半からKrush Posse、Microphone Pagerでの活動を経て99年にソロとしてメジャーデビュー以来、MCとしてはもとより、「世界一のレコードDigger」としてプロデュース/DJでの活動の幅をアンダーグラウンドからメジャーまで、そしてワールドワイドに広げている。2011年にはセレクトショップ『DIGOT』をオープンさせる。


 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

ブリスベンでのファーストギグを終えたばかりのLICCAの素顔に迫った。

この記事を詳しく見る

交換留学を終えた後も、幾度となくシドニーに訪れ、現在までスタンダップ・コメディアンとして活躍してきたWAKAさんが、今回『シドニー・コメディ・フェスティバル』に出場すべく、再びシドニーの地に舞い戻った。

この記事を詳しく見る

日本やアメリカでプロの経験を経て、オーストラリアでチャレンジするバスケットボーラー伴晃生選手にインタビュー!

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheers インタビュー

笑福亭笑子 ボンダイ・フィーストに登場! DJ LICCA TAKASHI WAKA 伴 晃生  Alex Brosque  アレックス・ブロスケ 岡涼介さんに インタビュー! 西村義明プロデューサー 米林宏昌監督 ウェクスラー・ジェフリー国際部部長 kozee インタビュー 「FIG&VIPER」クリエイティブ・ディレクター、DJ、ネオギャル 世界にトレンドを発信する日本屈指のインフルエンサー マネーの虎でおなじみ マネーの虎でおなじみ LUFTホールディングスの代表取締役 和菓子文化を世界に伝える ホームレスを救い職につなげるFull Circle 元K-1ファイター インスタグラムで切り取る、日本のあまり見られない『日常』 エンターテイナーTKの超絶人生をオブラートに包まずお届け! 記憶障害から奇跡の復活 落語は究極の芸 自分の可能性を信じて 世界が絶賛する次世代エンターテイメント集団 クチコミで人気を集める引越し屋さん Tetsuya's Restaurantで働くワーキングホリデー 日本の伝統芸術「和彫り」を海外へ Cirque du Soleilのツアーショー『Koozå』 WSWに日本人チャレンジャーが移籍 ドキュメンタリー映画「牡蠣工場」が SYDNEY FILM FESTIVALにて上映 挑戦し続けることに意味がある レーシングドライバー 失敗を恐れないで、恥をかいた数だけ成長できる 異色の1MC1DJユニット NSA全日本サーフィン選手権・ガールズクラス2連覇の国内チャンピオンがウーマンズ・クオリファイング・シリーズ(QS)2016にチャレンジ! スキッピングロープ・アーティスト オーストラリア・バレエ団プリンシパルアーティスト “Gaijin”が肌で感じた日本とは?! 翁さんラーメン店主 Interview with Graphic Artist 板野友美 in Sydney 来豪直前インタビュー ウェスタンシドニーワンダラーズと日本人プレーヤー2人が契約!! 音のない世界で 日本を代表する歌姫が来豪! よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪NSC30期生 世界のトップで活躍する日本人 UFC JAPANに参戦する地元オージーのMMAファイター 世界のトップで活躍する日本人 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像問題について 慰安婦像が子供に与える影響 &専門家による歴史検証 オーストラリアで自分の世界観をシャープにしたい 世界を繋ぐ エモーショナルなプレイがそこに! ストラスフィールド市議会が 4月1日に公聴会を開催! プロジェクト主要メンバーの最側近にインタビュー &歴史検証 結成から祝20周年! 充電期間からノリノリEDMで復活を遂げた非凡な2MC&1DJ 日本が誇る実力派ファンクバンドが来豪 爆音のデスジャズがオーストラリアで鳴り響く アドベンチャー・ランナー 全身全霊でパーティをロックするDJ集団 スピリチュアルのススメ Music Art Healer シドニー生まれのメンズモデル 「人に与える」人生にしたい” チアーズ独占! きゃりーぱみゅぱみゅに直撃インタビュー! シドニー発! あの人気急上昇グループ Sydney's Best Barista 異色の日本人ユニット メルボルンの絵本作家・イラストレーター プロ格闘家MMAデビュー戦見事勝利!! 新たなるステージの幕開け ウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC 人の感情の動きを捉え、作品に投影させていく 映画監督 「目標は常に次回作」~努力派映画監督 映画監督 日本の技術をシドニーで再現する陶芸家 日本人初!オープンウォーター五輪代表 「ものづくり」のわくわく感をプラレールの大型インスタレーションで伝えるアートユニット 豪ポップ・プリンセスが日本デビュー ノーザンビーチで活躍する日本人サーフボードクラフトマン 東京ヤクルトスワローズ 世界に本物の「グリーンティー文化」を創造し続ける日本茶のイノベーター 前田園  彼らの「心」を引き出し、描くことに僕の仕事のすべてがあります 終わりがないものに挑戦し続けるからおもしろい 日本体操の金メダリスト 塚原直也選手  笑い楽しみながら、 ロマンティックに動けば世界が変わる SydneyFC : Long Interview Vol.1 進化し続けるクリエイター・ユニット スポンテニア シドニーに上陸 20周年目を迎えた世界のキッズバンド お金に働いてもらう生き方を説く! 色鮮やかな音色を操るムードメイカー トップヘアスタイリスト・相羽克利氏 存在感とテクニック ローカルミュージックシーンに眠れる才能を発掘 Fishing 日本人ソロギタリスト 人気ファッションモデルが AUSに短期留学 IFA国際資格保持者、マーヴォアロマスクール講師 荒削りの鬼才たち インディーズバンド シドニーのミュージックシーンを揺るがすバンド 映画作りの真髄を、学生たちに伝えたくて 日本ヒップホップ界のパイオニア再びシドニー上陸 『OCEAN ROOM』オーナーシェフ 野田雷太  日本初の『MASTER OF WINE』保持者 NED GOODWIN 朝食の王様 チアーズブロガーが漫画家デビュー! 世界を巡る日本人モデル 謎の覆面ダンサー、豪州上陸 ファッション・デザイナー オーストラリアを制した日本人スイマー、次は世界へ Boyz Ⅱ Menのメインボーカリスト、ウォンヤ・モリス 世界を股に駆ける野生生物保護活動家 豪日交流 シドニーから世界を 狙う若きゴルファー 東京ヤクルトスワローズの3選手がシドニーに! AFLのスーパールーキー 次の舞台へと向かうK-1のカリスマ 豪・総合格闘技界のパイオニア K1ダイナマイトを語り尽くす~勇気の力2009~ ボンダイ・レスキュー2009 RESCUE最前線、ライフガードに迫る フロアを揺らす怒涛のファンク集団 スーパー・タレント 日本が世界に誇るアーティスト フレンチシェフ / 水産物仲買人 AUを代表するファッション・デザイナー シドニーが生んだタイの国民的歌姫 日本が世界に誇るクリエーター 人気アイドルグループ、ボーカル 豪州サッカーのプリンス 伝説のスケーター Bloom Cosmetics 創設者 「パ・リーグ最多セーブ王」 19歳でブランドを立ち上げた可愛い若き実業家 AU発ブレイクビーツ界のスーパースター 81年間の世界記録を破ったマラソンスイマー 日本のダンス業界の最先端を走る ピンクソルト ダブルベイ - レストランオーナー Fujiベーカリー社長 ジュエリーアーティスト 日本人カメラマン 士道館空手シドニー支部長 ARCADIA MOTORS社長 日本人DJ オーストラリアにはディジュリデュを吹きに来ました 日本ヒップホップ界に欠かせないサウンドクリエーター オーストラリアで活躍する日本人デザイナー 売れっ子ダンサー&コレオグラファー 世界を股にかけるDJ/プロデューサー 卍LINE #01 世界に羽ばたくジャパニーズR&B界のディーバ 今から目が離せない!将来有望なサッカー少年 東京ヤクルトスワローズ注目の3選手! 愛があるから創れる美味しい料理 水泳界期待の星と熱血コーチ オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍するインディーズ・バンド 今話題のあのアーティストを直撃! K-1WORLD MAX 2003 & 2008 世界王者 オーストラリアで活躍する日本人 オーストラリアで活躍する日本人 世界ランキング No.1のDJが来豪! 話題のRagga DJ来豪! 日本で活躍する格闘家 オーストラリアで活躍する日本人 真実を追跡するUFOハンター

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase