オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

Kinokuniya発 本屋さんが選ぶ読書ガイド


Kinokuniya発 本屋さんが選ぶ読書ガイド

今月のテーマ:夏に読みたい本!

11/01/2019

このエントリーをはてなブックマークに追加

今月のテーマ:夏に読みたい本!

すべてがFになる
著者:森 博嗣 / 出版社:講談社文庫
価格:A$18.60 / メンバー価格:A$16.74

孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季。彼女の部屋からウェディング・ドレスをまとい両手両足を切断された死体が現れた。偶然、島を訪れていたN大助教授・犀川創平と女子学生・西之園萌絵が、この不可思議な密室殺人に挑む。新しい形の本格ミステリー登場。

サマーウォーズ
著者:岩井 恭平 / 出版社:角川
価格:A$13.35 / メンバー価格:A$12.01

小磯健二は、憧れの先輩・篠原夏希に、「4日間だけフィアンセの振りをして!」とアルバイトを頼まれ、長野県の田舎に同行することに。夏希の曾祖母を中心にご親戚に囲まれながらも、大役を果たそうと頑張る健二のもとに、謎の数列が届く。数学が得意な彼は、夢中で答えを導きだすが、翌朝世界は一変していた。世界の危機を救うため、健二と夏希、そして親戚一同が立ち上がる。熱くてやさしい夏の物語。映画『時をかける少女』の細田守監督・最新映画を完全ノベライズ。

月光ゲーム
著者:有栖川 有栖 / 出版社:東京創元社
価格:A$18.66 / メンバー価格:A$16.79

夏合宿のために矢吹山のキャンプ場へやってきた英都大学推理小説研究会の面々。江神部長や有栖川有栖らの一行を、予想だにしない事態が待ち構えていた。矢吹山が噴火し、偶然一緒になった3グループの学生たちは、一瞬にして陸の孤島と化したキャンプ場に閉じ込められてしまったのだ。その極限状況の中、まるで月の魔力に誘われでもしたように出没する殺人鬼。その魔の手にかかり、ひとり、またひとりとキャンプ仲間が殺されていく…。いったい犯人は誰なのか。そして、現場に遺されたyの意味するものは何?

愚者のエンドロール
著者:米澤 穂信 / 出版社:角川
価格:A$13.35 / メンバー価格:A$12.01

「折木さん、わたしとても気になります」。文化祭に出展するクラス製作の自主映画を観て千反田えるが呟いた。その映画のラストでは、廃屋の鍵のかかった密室で少年が腕を切り落とされ死んでいた。誰が彼を殺したのか? その方法は? だが、すべてが明かされぬまま映画は尻切れとんぼで終わっていた。続きが気になる千反田は、仲間の折木奉太郎たちとともに結末探しに乗り出した! さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリの傑作。

 


【住所】The Galeries Level 2, 500 George St., Sydney
【Tel】02-9262-7996
国内64店舗、海外24店舗を展開する日本最大の書店チェーン。オーストラリアでは2003年からタウンホール駅傍に南半球最大の店舗を構え、洋書・中文書・和書を含む30万冊の書籍在庫と、他では手に入りにくい文房具を取り揃えている。併設のアートギャラリーでのローカルアーティストの作品展示や、著者によるサイン会、コミックファンのためのイベントなども開催し、人種・年齢を問わず“Kino”の愛称で親しまれている。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

CATEGORY

Kinokuniya発 本屋さんが選ぶ読書ガイド

CATEGORY

娯楽記事

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase