オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

娯楽記事 > ワンダラーズを追え!

29 見つかりました

ウエスタンシドニー・ワンダラーズで2年間活躍し、レジェンドの名を残して、オーストラリアを去った小野伸二選手が、次のステージに選んだ札幌の地に足を踏み入れた。

この記事を詳しく見る

14日のサンフレッチェ戦を見事勝利で飾り、オーストラリアでは初の快挙となるACL準々決勝へと駒を進めたWSW。最高のプレゼントをチームに残して日本帰国をすることとなった小野は、6月半ばから新天地コンサドーレ札幌に合流する。小野のラストゲームを御覧ください。

この記事を詳しく見る

AFCチャンピオンズリーグと平行して過酷なスケジュールをこなしてきたリーグ戦終盤ではあったが、蓋を開けてみれば2位通過でファイナルシリーズに駒を進めることができたWSW。しかしファイナルシリーズを迎える前に4月15日のAFCアウェイ戦、22日のAFCホーム戦の試合が残っているため余談を許さない状況が続く。そしてAFCホーム戦の3日後から、いよいよファイナルシリーズへと突入。小野のプレーをオーストラリアで見ることができるのも、残すところAFCを含めてあと3試合のみとなった。小野が移籍した昨シーズンは、リーグ

この記事を詳しく見る

AFCチャンピオンズリーグ(以下ACL)が開幕し、未経験の過密スケジュールで乱調気味と言わざるを得なかったWSW。3試合連続での黒星から迎えた、3月12日のACL、貴州人和(中国)とのアウェイ戦を何とか勝利で収めることができ、復活の兆しを見せつつある。今後、小野のプレーを見ることができるのは、3月14日時点でリーグでは24節を含め、残り4試合のみ。このまま2位をキープしてファイナルシリーズに突入することに期待したい。

この記事を詳しく見る

Aリーグ2013/2014シーズンのWSWの試合数は残り8試合。ホームの試合は4試合のみとなり、移籍が迫る小野のプレーのひとつ一つを目に焼けつけようと、会場に訪れるファンの数が増えているパーテックスタジアム。1519節は勝1敗2分とやや渋めの結果だったが、引き分け2試合に関して内容は悪くなかったので余計に悔やまれる。2月15日現時点で2位を走るWSWのすぐ後ろには、3位に同ポイントで並ぶアデレード・ユナイテッド、メルボルン・ビクトリー、セントラルコースト・マリナーズが迫っているが、徐々に主要選手がケガ

この記事を詳しく見る

年末からオーストラリアや日本のメディアを騒がしている小野選手の移籍について触れないわけにはいかないだろう。Aリーグの移籍期間である1月中に小野選手を獲得しようと、J1やJ2の複数のチームからオファーが、小野個人やWSWに殺到した。

この記事を詳しく見る

今月はアウェイの試合が多く続き、小野やヘルシ不在の状況での試合もあったが、5戦中2勝1負分とまずまずの成績だったWSW。惜しくも首位を落としてしまったが位をキープし、ホームではいまだ負けなしだ。一方2014ACLの抽選会も終わり、WSWのグループの最後のチーム、J第位がどこになるのか天皇杯の結果が待ちどうしい。

この記事を詳しく見る

WSWにとって2シーズン目が始まりすでにラウンドを迎えた。出だしのシーズン初戦とホーム初戦の試合以降は、3連続勝利と負けがなく、良い滑り出しと言っていいだろう。小野もダービー選で無事に今シーズン初得点をあげ、ワンアシストワンゴールを達成と、フィットネスの仕上がりもよさそうだ。また新人フォワードのサンタラブとユーリックの活躍が目覚しく、徐々に頭角を現していっているので、今後注目していきたい。

この記事を詳しく見る

10月11日のAリーグ開幕戦、アレッサンドロ・デルピエロのオープニングゴールで華やかにスタートした2013/2014シーズン。その翌日、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC(以下WSW)もゴスフォードにて、新しいチームメンバーと共に初戦を迎えた。相手は昨年チャンピオンを争った宿敵であり、小野選手が来豪してAリーグで初の試合出場を果たしたさいの対戦相手、セントラルコースト・マリナーズだった。あれから早一年が経ち、日本が誇るスーパースターは今、昨年の功績から、Aリーグを引っ張る最重要人物のひとりとして注目を

この記事を詳しく見る

Aリーグ開幕まで1ヵ月を切ったウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC(以下WSW)は、その最終調節というべくトレーニングのため、海を越え、日本と中国を訪れた。日本ではJリーグ1部チームの清水エスパルスと東京ヴェルディと練習試合を行い、中国では1週間のキャンプを行った後、同国1部リーグのチームと戦った。猛暑や豪雨といった厳しいコンディションでプレイした選手たちは、Aリーグはもとより、来年出場するACLに向けて、貴重な経験を積めた、と手応えを感じている。

この記事を詳しく見る

リーグ開幕まで2ヵ月を切り、準備を着々と進めるウェスタンシドニー・ワンダラーズFC(以下WSW)。プレシーズンマッチの日程も公開され、8月7日にはファンが待ち望んだ約4ヵ月ぶりの試合が行われた。8月12日現在、すでにAリーグトップを誇る1万4600人がメンバー登録。昨シーズン以上に注目が高まるWSWから目が離せない。

この記事を詳しく見る

Aリーグオールスター対マンチェスター・ユナイテッド(以下マンチェスター・U)の試合がいよいよ7月20日へと迫まり、盛り上がりを見せているシドニー。小野伸二選手を含めたマーキープレーヤー3人と、マンチェスター・Uの香川真司選手、ウェイン・ルーニー選手が出場しないとの情報が出回り、波乱の予感がする中、次のシーズンへ向けてWSWも新たな気持ちで練習を再開した。今月は新たにクラブに入団した選手や、ファンにはうれしい親善試合のお知らせなど、WSWの最新ニュースをお届けしよう。

この記事を詳しく見る

2012/2013年の今シーズンからオーストラリアのA-リーグに参入したウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(以下WSW)。新たなチームにとって必要な即戦力、注目度、そしてカリスマ性の3拍子揃ったビッグスターが10月1日、J1清水エスパルスから移籍した。元日本代表、MF小野伸二選手だ。チアーズ編集部は、デビュー戦から4日経った10月10日、シドニー西部で行われていたWSWトレーニングに合流。「シンジ」の愛称でチームに親しまれる小野選手に新天地での心境を伺った。

この記事を詳しく見る

元日本代表の小野伸二選手が激的なAリーグ参入を果たしてはや1ヵ月。クラブ結成から1年も経たないウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(以下WSW)にとって、小野選手の獲得はビッグニュースのほかならなかった。11月13日現在、全6試合に出場し、チームに多いに貢献している小野選手の活躍ぶりは言うまでもない。新連載「ワンダラーズを追え!」は、小野選手のみならず、WSWクラブそのものにスポットライトを当て、いま熱く燃えるチームに、そしてAリーグという熱い戦いをもっと身近に感じてほしいという願いとともにスタートさせる。

この記事を詳しく見る

クロアチア出身の23歳。身長182センチ。クロアチアU19代表。クロアチアリーグ、NKロコモティヴァ・ザグレブにて4シーズンプレイ。「テクニカルで、Aリーグでの成功を強く願う期待の選手」とポポビッチ監督が評価。笑顔が可愛い

この記事を詳しく見る

元日本代表の小野伸二選手が激的なAリーグ参入を果たして2ヵ月。12月15日現在、全試合に出場し、第10節目には念願の初得点を挙げている小野選手の活躍は言うまでもない。結成から1年もたたないウェスタンシドニー・ワンダラーズ(以下WSW)は、失点が少ない、固いディフェンスでも知られ、選手・監督ともに口を揃えて言うように、「現在の内容を保ち、あとは点を取るのみ」。無得点の試合が続いたものの、それを乗り越えたWSWはいま熱い! この1ヵ月のワンダラーズの戦いを振り返る。

この記事を詳しく見る

シドニー西部・ウェイクリー出身の31歳。身長191センチ。キャプテン。元オーストラリア代表。ドイツ、スウェーデン、UAEをはじめ、Aリーグではセントラルコースト・マリナーズ、メルボルン・ハーツ、シドニーFCなど、国内外での経験が豊富なカリスマ的選手。典型的オージーで、フレンドリーなナイスガイ

この記事を詳しく見る

12月9日の第10節ブリスベンロアー戦で小野伸二選手が初得点を決めてから、ウェスタンシドニー・ワンダラーズ(以下WSW)が明らかに違う。Aリーグ開幕からこの新規参入チームを追ってきたファンであったら、そう思うに違いない。大注目のシドニーダービー第11節は2-0で勝利、続く第12節、リーグ2位のアデレード戦では6-1という快進撃を、そして新年が明けた元旦の第14節では小野選手が2得点をあげ、2-1で白星を飾るなど、勢いが止まらない。1月14日現在、WSWはリーグ4位。折り返し地点を迎えたいま、ホームゲームは

この記事を詳しく見る

ドイツ・ベルリン出身の26歳。身長183センチ。「WSWの失点が少ないのは、ジェロームの大いなる貢献があるから」と、ポポビッチ監督の評価も高いディフェンダー。フィットネスがピークに達した今はゴール前で得点を狙う場面も。甘いマスクと社交的な性格はチームメイトをはじめ、クラブ、そしてファンからの人気も根強い。残念ながら既婚者です。

この記事を詳しく見る

5試合連続優勝。結成からわずか5ヵ月のチームが、今季Aリーグでは初とのなる快挙を成し遂げた。2月10日現在、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC(以下WSW)はリーグ2位。他のクラブがその才能を見過ごした選手たちを集め、短期間で最強のチームを作り上げたポポビッチ監督の評価は、「将来のサッカールズ監督有望」とも言われるようになった。契約延長を発表した選手のすべても、「ポポビッチ監督の下で自分のサッカーが開花した」と豪語している。限られた数の選手をホーム&アウェイでやりくりし、ケガや累積も最小限に抑えること

この記事を詳しく見る

エチオピア生まれ、オランダ育ちの30歳。180cm。13歳でオランダサッカーリーグの名門チーム、アヤックスに入団。キャリアの大半をオランダで過ごす。スピードのある攻撃的なウィンガーで、持久力には絶対の自信を持つ。エキサイティングなパフォーマンスは、ファンから大人気。小野選手との連携プレイも見所だ。現在シングルで、パートナーを探しているとか?

この記事を詳しく見る
Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase