オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

ワーホリ特集


ゴスフォードのゴッドハンド セラピスト 杉森 匠司 氏

19/09/2013

このエントリーをはてなブックマークに追加

918

大学時代、空手のオーストラリア全国大会の招待選手として呼ばれて初めてシドニーに降り立った杉森匠司氏。突き抜けるような青空や素晴らしい環境に一目惚れし、就職活動などすべて放り出して「ここに永住するんだ!」という決意を胸に、WHメーカーとしてやって来た。「自分なりに英語を勉強したつもりで来豪したんですが、生の英語は机上の勉強とは違って、痛い目にいっぱい会いました」と当時を振り返る。また「空手があったからこそ今の自分があります」という杉森氏は、全豪空手大会で複数回の優勝経験を誇る実力者だ。ところが来豪後に腰椎椎間板損傷(ヘルニア)を患い、生活もままならないほどの酷い腰痛を抱えることに。仕事と空手で無理をしたこともあり、いろんな治療を受けるも一向に改善せず「自分が勉強して知識を高め、治すしかない」とセラピストになることを決意した。
 
 
シドニー在住時から出張専門のマッサージをやっていたのだが、2010年にゴスフォードに引っ越したことをきっかけに、念願のホームクリニックを開いた。その後、世界で活躍する治療家のKen Yamamoto氏から革命的な手技治療を習い、腰痛は完治。恩師との出会いで人生の可能性が一気に広がったという彼の行うマッサージは、いろんな技法のいいところだけを取り入れた“ちゃんこ手技”。恩師に習ったテクニックを中心に、西洋式治療用マッサージの技法や、カイロプラクティックや指圧・スポーツセラピーなど、さまざまな技法を取り入れた施術を行い、お客様の不具合の原因を“根本的に治す”ことを重視する。その施術のモットーに「毎日勉強をすること」を挙げ、一生変化し続ける、という覚悟を持って真剣にお客様と向き合う杉森氏。常にお客様目線を忘れず、少しでも楽になってもらうという目標のもと、各種セミナーなど日本と豪州を結ぶいろんなプロジェクトを、今後もやっていくつもりだ。
 
 
「一歩踏み出す勇気を持つこと! やらない後悔よりも、やって反省。『一番の失敗はなにもしないこと』と肝に銘じて、自分から積極的に動いて、WH生活を充実したものにしてください」とメッセージをくれた杉森氏は、自身が歩んできた道のりを示すことで、何らかの答えや指針になれば、と電子書籍を刊行する。ビザの取り方や英語の勉強法、学校選びの方法、自身がどうやってプロのセラピストになったか、が綴られる。読むだけでちょっと勇気が湧いてくるような“夢の発信”を目指す同書は9月初めに刊行予定だ。売り上げはすべて東北大震災への復興資金として寄付される。興味のある方は、ぜひ手にとってみてはいかがだろうか。
 
  
 
 
プロフィール
1974年生まれ。大阪府出身。99年にWHで来豪。現在ゴスフォードにて経営する治療院は、開院2年目にもかかわらず予約も取れないほどの大盛況。Diploma of Remedial Massage、 Certificate IV of Massage TherapyとSenior First Aidの資格を有する。極真空手の黒帯二段を保持し、全豪大会など複数の大会での優勝経験を持つ。得意技は、料理と洗濯。趣味は、犬と遊ぶこと。
 
Balance and Posture ~Shoji Massage Clinic~
住所: 2/169 Gertrude St., Gosford
(セントラル駅から約1時間半)
電話: 0413-342-991
メール: [email protected]
営業時間:月 - 金 10:00 - 18:00
        土         10:00 - 12:00
 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

語学留学でゴールドコーストを訪れとても気に入り、WHで再渡豪を果たした佐藤真理氏。ゴールドコーストを拠点として、チョークアートのレッスンに励んだ。もともとアートをやったことがあるわけではなかったが「オーストラリアでしかできないことをしたいと思っていたとき、たまたま雑誌で見たチョークアートが楽しそうで、まずやってみようと思ったんです」。それがはじまりだった。オーストラリアならではのポップでカラフルな色使いと立体感、そして本物以上に美味しそうに見える絵が最大の魅力だという。第一人者のモニーク・キャノン氏のもと

この記事を詳しく見る

2012年、日本人初のシドニーズ・ベストバリスタの称号を得た佐々昌二氏。そんな彼のスタート地点もWHだ。WH時代、最も苦労したのは英語だという。「父に背中を押されてきた以上、手ぶらで日本に帰るわけにもいかないし、せめて英語だけでもマスターしたい」という気持ちもあり、日本語環境ではない場所を探して、たくさんのレジュメを落とした。とにかく足で稼いで、ようやく見つけたのは現地のカフェでの仕事だ。英語環境で働くことに抵抗はなかったが、思っていることを完全には伝えられないこと、また相手の言うこともすべては理解できな

この記事を詳しく見る

「日本と同じように海外でも働き、生活をすることができるのか試してみたかったんです」。オーストラリアのワイルドフラワーに興味を持ち、渡豪を選んだ青井友紀氏。WH中にはいくつかのアルバイトを通じて、英語力の大切さを痛感したという。仕事では大変だったこともあったが、仲間に恵まれ、協力して働くことの大切さ、またそれが売上にも通じるということを学べた。

この記事を詳しく見る

大学時代、空手のオーストラリア全国大会の招待選手として呼ばれて初めてシドニーに降り立った杉森匠司氏。突き抜けるような青空や素晴らしい環境に一目惚れし、就職活動などすべて放り出して「ここに永住するんだ!」という決意を胸に、WHメーカーとしてやって来た。「自分なりに英語を勉強したつもりで来豪したんですが、生の英語は机上の勉強とは違って、痛い目にいっぱい会いました」と当時を振り返る。また「空手があったからこそ今の自分があります」という杉森氏は、全豪空手大会で複数回の優勝経験を誇る実力者だ。ところが来豪後に腰椎椎

この記事を詳しく見る

CATEGORY

ワーホリ特集

CATEGORY

娯楽記事

Banner3
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する