オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

ワーホリ特集


華麗なる和洋のコラボレーション 花 講師 青井 友紀 氏

青井 友紀 氏

19/09/2013

このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本と同じように海外でも働き、生活をすることができるのか試してみたかったんです」。オーストラリアのワイルドフラワーに興味を持ち、渡豪を選んだ青井友紀氏。WH中にはいくつかのアルバイトを通じて、英語力の大切さを痛感したという。仕事では大変だったこともあったが、仲間に恵まれ、協力して働くことの大切さ、またそれが売上にも通じるということを学べた。

服飾デザイナーからの転職後、もっと日常的にできるデザインはないかと探していたとき、花の良さと出会う。渡豪後Yuga Floral Design and Cafeで柳澤勢津子氏のフラワーアレンジメントレッスンを受け、「フラワーアレンジメントに大事な空間認識力、自分がどうしたいのかと心を見つめ、花の良さを引き出せる感受性を養いました」と語る。WH後は学生ビザで4ヵ月滞在を延長して、同レッスンにてフラワーアレンジメントのベーシッククラスを修得し、レッスン以外にもウェディングの現場で何度かインターンシップの経験を積んだ。帰国後に入社した切花輸入専門商社でのOL時代や、結婚後の外国人の多く住む横須賀の生花店でのパート勤務では在豪時に鍛えた英語が活用できた。さらにWH時代の引越し経験から、「生活に必要な物が洗練された」という。
 
 
結婚退職後にはじめた花レッスンでは、最初はひとりだった生徒も、今では毎回平均10人ほどの受講者が集まる。今後は「花育士の資格を取得し、さらに深い内容の花レッスンを展開したいと思っています。また恩師のレッスンを受けにオーストラリアにも行きたいし、花と同時に着物もライフワークにしているので、いつか着付け講師として海外でもレッスンをしてみたい」と夢を語る。
現在のWHメーカーの皆さんに「健康第一! 限られた時間、一日一日を大切に、良い思い出が作れますように」とメッセージをくれた青井氏。「ちなみに、お花屋さんになるために必要な資格は自動車免許。仕入れや配達などで必ず必要になるので」と教えてくれた。WH当時、オーストラリアで免許を取ろうとLearner免許を取得した彼女。免許取得は、英語の勉強にもなるし、身分証明書にもなるので便利だという。「またいい記念にもなるので、何かしたいけど思いつかない、というWHの方にはKnowledge test だけでも受けてみるのもお勧め」だそうだ。 
 
 
 
 
プロフィール
1978年生まれ。東京都大田区出身。高校卒業後、服飾デザイナーを目指しバンタンデザイン専門学校へ入学。卒業後アパレル商社や貿易事務などを経験の後、2007年にWHで渡豪。帰国後、オーストラリアで得た「花と英語」の経験を活かすため、切花輸入専門商社へ入社。2011年に結婚退職後、2012年5月より花講師として月一回、花レッスンをスタート。現在は産休中。ベーシックフラワーアレンジメント修得、着付け講師、準一級免許取得。
 
☆現在産休中だが、年内には花レッスンを再開予定。
レッスン詳細はaoiyuki1187@gmail.comまで。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

語学留学でゴールドコーストを訪れとても気に入り、WHで再渡豪を果たした佐藤真理氏。ゴールドコーストを拠点として、チョークアートのレッスンに励んだ。もともとアートをやったことがあるわけではなかったが「オーストラリアでしかできないことをしたいと思っていたとき、たまたま雑誌で見たチョークアートが楽しそうで、まずやってみようと思ったんです」。それがはじまりだった。オーストラリアならではのポップでカラフルな色使いと立体感、そして本物以上に美味しそうに見える絵が最大の魅力だという。第一人者のモニーク・キャノン氏のもと

この記事を詳しく見る

2012年、日本人初のシドニーズ・ベストバリスタの称号を得た佐々昌二氏。そんな彼のスタート地点もWHだ。WH時代、最も苦労したのは英語だという。「父に背中を押されてきた以上、手ぶらで日本に帰るわけにもいかないし、せめて英語だけでもマスターしたい」という気持ちもあり、日本語環境ではない場所を探して、たくさんのレジュメを落とした。とにかく足で稼いで、ようやく見つけたのは現地のカフェでの仕事だ。英語環境で働くことに抵抗はなかったが、思っていることを完全には伝えられないこと、また相手の言うこともすべては理解できな

この記事を詳しく見る

「日本と同じように海外でも働き、生活をすることができるのか試してみたかったんです」。オーストラリアのワイルドフラワーに興味を持ち、渡豪を選んだ青井友紀氏。WH中にはいくつかのアルバイトを通じて、英語力の大切さを痛感したという。仕事では大変だったこともあったが、仲間に恵まれ、協力して働くことの大切さ、またそれが売上にも通じるということを学べた。

この記事を詳しく見る

大学時代、空手のオーストラリア全国大会の招待選手として呼ばれて初めてシドニーに降り立った杉森匠司氏。突き抜けるような青空や素晴らしい環境に一目惚れし、就職活動などすべて放り出して「ここに永住するんだ!」という決意を胸に、WHメーカーとしてやって来た。「自分なりに英語を勉強したつもりで来豪したんですが、生の英語は机上の勉強とは違って、痛い目にいっぱい会いました」と当時を振り返る。また「空手があったからこそ今の自分があります」という杉森氏は、全豪空手大会で複数回の優勝経験を誇る実力者だ。ところが来豪後に腰椎椎

この記事を詳しく見る

CATEGORY

ワーホリ特集

CATEGORY

娯楽記事

Side girl
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示