オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
娯楽記事

世界の珍ニュース


世界の珍ニュース

08/10/2019

このエントリーをはてなブックマークに追加

Artboard 1

ああ忙しい! 猫の手も借りたい?州議会

今年6月中旬、パキスタンで起きたある珍事が通信技術の進歩がもたらす思わぬ弊害を浮き彫りにしたと「SBS」などが報じた。
近年フェイスブックやインスタグラムの生配信機能を利用する企業や団体が増えており、この日パキスタンのカイバル・パクトゥンクワ州議会は記者会見の質疑応答をフェイスブックの公式アカウントにて生配信中だった。しかし、ヨセフ・シャウカット・ザイ情報相の応答中に事件は起きた。真剣な表情で答える同氏の顔にポップな「猫フィルター」がかかってしまい、可愛らしい猫耳とひげが生えしまったのだ。「もっ…萌え〜?」さらに頬はピンク色に染まり、これでは威厳も信憑性もないとスタッフは大慌て。数分のうちにフィルターを取り外したものの、目ざといネット住民がこんな面白いニュースを黙って見過ごすわけはない。「おいおい、議会に猫がいるぞ(笑)」「ちょっと、情報大臣になにしてんの、やばい(笑)」などと画像が瞬く間に拡散される事態となった。同氏の所属政党は公式ツイッターにてこれを「人為的ミス」と認め、今後二度とこのような事件が起きないように適切な措置をとったと発表したという。

銀行のミスで買い物三昧

アメリカ・ペンシルバニア州在住の夫婦が1ヵ月の買い物三昧の末、逮捕されるという事件を9月8日「ワシントンポスト」などが報じている。
窃盗の罪で逮捕されたのは、ロバート・ウイリアムズとティファニー・ウイリアムズ夫妻の2名。話の真相はこうである。5月末に彼らが利用している銀行の手違いで、別の預金者が預け入れた12万ドル(約1300万円)が誤って彼らの口座に振り込まれてしまった。額が額なだけに、常識的に考えれば銀行に報告し返金するのが筋なのだが、この夫婦は違った。「えっ、なんかめっちゃ大金入ってる、超ラッキー!」と言わんばかりに贅の限りを尽くしたのだ。2人はキャンピングカーやトレーラーを含む5台を購入し、3週間足らずで10万ドルを消費。さらに「お金が必要な友人」に1万5千ドルを渡したという。悪人なのか善人なのかよくわからないが、たとえ自分の口座に振り込まれたとしても他人の預金を無断で使用すれば窃盗罪にあたる。警察によると夫婦は、「自分のお金でないことは認識していたが、それでも使ってしまった」と供述しているという。

清掃フェチの置き土産

アメリカ・マサチューセッツ州でなんとも奇怪な事件が起きた。「BBC」や「CBS」などが伝えている。
ネイト・ローマンさんが勤め先から帰宅すると、何者かが自宅の鍵を開けて侵入した形跡があった。「まさか、空き巣…?」まだ中に潜んでいるかもしれないと警戒しながら足を踏み入れたネイトさんは、ある違和感に気づく。なんと家中がピカピカに掃除されていたのだ。物を盗られた形跡はなく、息子のおもちゃはきれいに整頓され、おまけにバスルームにはトイレットペーパーで作ったバラが残されていた。犯人からの粋な「置き土産」まで見つかった今回の事件だが、これを趣味でやっているとしたら非常に気味の悪い話である。警察はこれまでに前例がないとし、容疑者はいないと伝えた。ネイトさんは「もしかしたら自分が裏口の鍵を閉め忘れ、家事代行サービスが誤って入ってしまったのかもしれない」と証言したが、真相は明らかになっていない。無料の清掃サービスなら大歓迎だが、ぜひ一報入れてほしいものである。

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

Side girl 20190702
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示