オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

  娯楽記事

487見つかりました

落語には枕がつきものだ。枕とは、演目へ入るさいの導入部分のこと。客席が本題の演目に入りやすくするための工夫のひとつである。 春風亭小朝師匠の枕話で、有名なのがある。「うちの師匠が脳梗塞で倒れまして。命はとりとめたんですが左半身がマヒしちゃうようなことになりましてね。看護婦さんが師匠にそのことを言いましたら、そっとおちんちんを右に寄せました」。 ある落語家が、枕で、日本の三大シツゲンというのがありまして…尾瀬沼、釧路、渡邊ミッチー…結構の笑いを客席からとった時代があった。ミッチーこと故渡邊美智雄代議士の

この記事を詳しく見る

サマータイムも始まり、徐々に気温が上がってきたシドニーでは、ビーチに繰り出す人々も増えてきたのではないだろうか? オーストラリアといえば、青く澄んだ海と真っ白な砂浜のビーチを想像する人も多いと思うが、今回はこの美しいビーチも、時には人を死に招く、恐ろしい牙を向けることに、スポットを当ててみたい。ビーチに出かけるさい、「リップに気をつけて!」と声をかけられたことはないだろうか? オーストラリアの水難事故(洪水、サイクロン、サメによる事故を含む)の中で、一番多くの命を奪っているリップ。リップの知識、そしてその

この記事を詳しく見る

プロローグ NSW州最西部の町ブロークンヒルに、シドニーからドライブしたことがある人は、少ないだろう。シドニーから陸路一千キロは、ジェフリー・ブレイニーの著書のタイトルではないが、やはり“距離の暴虐”を感じる。 最寄りの最大の町は、南に三百キロ行ったVIC州のミルジューラ。最寄りの大都市では、南西に五百キロのSA州の州都アデレードだ。このような遠隔地での位置関係のために、ブロークンヒルはSA州と強いつながりを持ち、NSW州にありながら、東部標準時間より三十分遅れた中部時間で生活している。 かつてこの

この記事を詳しく見る

インスタグラムのフォロワーが27万5000人。FIG&VIPERのクリエイティブ・ディレクターであり、DJとしても世界各地で活動しているインフルエンサーの植野有砂さんは「ネオギャル」のパイオニア的存在だ。そんな有砂さんが8月30日にシドニーのジャパンファンデーションにて開催されたイベント『Tokyo FRUiTS』に招かれトークイベントを行った。今回弊紙では大盛況のうちに幕を閉じたトークイベントを終えたばかりの有砂さんにお話を伺った。

この記事を詳しく見る

8月10日は、枯れ葉剤の撒布が自然環境と人間の健康に与えた壊滅的な影響を忘れないために定められた「枯れ葉剤被害の日」。今なお苦しんでいる枯れ葉剤の被害者の痛みを和らげるため、共同の努力を呼びかける日として、世界的に広く認知されるべき1日だ。

この記事を詳しく見る

2001年に日本テレビで放送されたリアリティ番組『マネーの虎』で〝冷徹の虎〟との異名を持っていた南原竜樹氏。彼が出資するレストランのひとつ『Tokyo Laundry(以下:東京ランドリー)』が、サーキュラキーに登場したことはすでにご存じであろうか。今回弊誌では新たなビジネス展開を見据えて来豪した南原氏にインタビューを敢行。波乱万丈な生きざまを振り返りながら、南原氏のビジネス感覚を学ぶ。

この記事を詳しく見る

オーストラリア全国を対象に、遊び・イベント情報/レストラン情報/学校情報/ショップ情報/実際に滞在している方の体験ブログ/住まい、求人、売買などのクラシファイドも盛りだくさん!

この記事を詳しく見る

今や世界の頂上を走り続ける日本のウィスキー。シングルモルトやブレンデッド・ウィスキーが世界一に選ばれるまでに至ったニッカウヰスキー。その創業者である竹鶴政孝さんとリタさんのウィスキー造りにかけた人生をとりあげる。

この記事を詳しく見る

日本から和菓子文化を世界に伝える菓道家の三堀純一さんが来豪した。8月2日にオペラ・ハウスで行われたイベント「エクスペリエンス・ジャパン」では、面貌を付けて観衆を引き込むような煉切のお点前を、8月6日にはクローズネストの華・樹林にて会話を交えながら楽しく煉切のお点前を披露した。自ら菓道一菓流を開派した菓道家の三堀純一さんが抱える、和菓子文化に対する一貫した願いに迫る。

この記事を詳しく見る

月日の日曜日から1週間、オーストラリア先住民アボリジナルと、トレス海峡諸島の先住民の歴史や文化を理解し、功績を讃え祝うNAIDOC(National Aboriginal and Islander Day Observance Committee)WEEKが今年もやってきた。オーストラリア全土の各地ではNAIDOC WEEKに基づいたイベントが開催された。今回弊紙ではNAIDOC WEEKにちなんで、東のウルルと呼ばれる南東エリアのアボリジナルの聖地『マウント・イェンゴ』付近にあるアボリジナル・カルチ

この記事を詳しく見る

現在オーストラリア全土には10万5237人のホームレスがいる。そのうち男性が約56パーセントで、女性が約44パーセント。NSW州が最も多い2万8190人だ。毎週日曜日の午後5時、ウルムルの警察署の裏の公園には、80人を超すホームレスが『Street Buffet(ストリート・ビュッフェ)』と呼ばれる配給を得るために集まる。今回は毎週60人のボランティアが各々の料理を持ち寄って振る舞うボランティア団体の発起人で、以前、日本の格闘技団体K-1で活躍した経験を持つ、イアン・シャファーに話を伺った。

この記事を詳しく見る

文化の多様性とは、その人の出生国、先祖、両親の出生国、言語、祖先がアボリジニナルまたはトレス諸島民であるか、さらには信仰している宗教に関連する。オーストラリアの豊かな文化の多様性をハイライトする特徴に関する情報を2016年に収集したセンサスの結果の一部を今回は紹介してみたい。

この記事を詳しく見る

年度末に向けて弊紙では、エリアや年齢、ビザ、職業、性別をミックスした名を対象に、アンケート調査を実施しました。今回の特集では収集した回答の一部をご紹介します。読者の皆さまは集まった意見をぜひ参考にして、今後のオーストラリアライフに活かしてもらえればと思います。招集に協力していただいた留学エージェントさんをはじめ支援者の皆さま、ご尽力ありがとうございました。

この記事を詳しく見る

日本で煙草の代替品と言えば、iQOS(アイコス)がブームを生んでいるが、最近シドニーのウィンヤードやタウンホールのオフィスビルの下では、最新のヒートテクノロジーを搭載したヴェポライザーを楽しむサラリーマンの姿が目に付く。

この記事を詳しく見る

スパイとして私たちが描くモデルとしては、ジェームズ・ボンド、ロバート・ラドラムの小説『暗殺者』、およびマット・デイモン主演の映画『ボーン・アイデンティティー』に登場する架空の人物、ジェイソン・ボーンとか、トム・クランシーの小説の主人公、ジャック・ライアンなどが最も有名なものだろう。実世界では、時折、不意にカーテンが引かれて、表舞台に登場することもある。今回は、スパイを経て奴隷解放運動家になった異色の元奴隷「タブマン将軍」をご紹介しよう。

この記事を詳しく見る

5月10日から6月9日までの間、ジャパン・ファウンデーション・シドニーのギャラリーにて写真展『Unseen Everyday Japan』が開催されている。インスタグラムを用いて、あまり見られない日本の『日常』を切り取った作品が並ぶ同イベント。今回弊誌ではそのキューレターを担う、世界的に活躍するドキュメンタリーフォトグラファー、Q. Sakamakiさんにインタビューをした。

この記事を詳しく見る

第一次世界大戦は、三国同盟(ドイツ・オーストリア・イタリア)と三国協商(イギリス・フランス・ロシア)との対立を背景として一九一四年から一九一八年にかけてヨーロッパを主戦場として戦われた人類史上最初の世界大戦であった。同盟側にはトルコ・ブルガリアなどが、協商側には同盟を脱退したイタリアのほかベルギー・日本・アメリカ・中国などが参加した。結果は、ドイツが敗戦に追いやられ、ドイツ人捕虜は、オーストラリアまで送られてきた。捕虜到着から百年目の一昨年、サザン・ハイランドのべリマにドイツ人捕虜を偲ぶ遊歩道ができた。

この記事を詳しく見る

タウンホール・ジョージストリートの交差点で黄色いダックの恰好をしてバケツを叩くパフォーマーを見たことはないだろうか。みんなに笑顔を振りまくダックマン演じるエンターテイナーTKがシドニー生活を終えてカナダに旅立つことを聞きつけて、ダックマンの誕生秘話に触れるつもりで近づいたら、なんとエンターテイナーTKの超絶人生に迫ることになった。TKがみんなに笑ってもらいたいその理由とは?

この記事を詳しく見る

アーネムランドのアボリジニ・カルチャーでディジュリドゥを追求し、帰国後の2009年11月26日に、首都高で受けた追突事故によって高次脳機能障害を抱えながら音楽活動を行うGOMAさんが再び来豪。ジャパン・ファウンデーション・シドニー(国際交流基金)主催の日豪共振カルチャーカルチャーイベント『ECHOES』の一環で、2月23日にトークショーを、2月25日にはソロコンサートを行う。来豪目前に迫ったGOMAさんにインタビュー!

この記事を詳しく見る

ウィンヤードで人気のViViDネイルサロンが、グレイスホテル向かいの新店舗に移転した。長年サロンのあったウィンヤードのメンジーズ・アーケードが、シドニー市内の大規模都市開発に伴い、コンストラクションの対象となりサロンの移動を余儀なくされたためだ。

この記事を詳しく見る

日清戦争で日本が清国に勝利し、一八九五年四月十七日に下関で日清講和条約が調印された。この通称「下関条約」で、台湾が日本に割譲された。日本の領土となって十五年目、ひとりの優秀な若い水利技師が台湾に渡った。 八田與一(よいち)。一八八六年、金沢市に生まれ、東大・土木科を卒業後、二十四歳のとき(一九一〇年)、台湾総督府内務局土木課技手として就職。最初の仕事が、台北近郊の桃園地区に水路を張り巡らせ、二万二千ヘクタールの水田をつくる「桃園大圳(とうえんだいしゅう)」の設計・監督だった。時に八田は二十八歳。一任され

この記事を詳しく見る
Side girl
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示