オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
イベント

チアーズニュース


We Pray For JAPAN From Sydney-You are not alone-Project

31/03/2011

このエントリーをはてなブックマークに追加

【We Pray For JAPAN From Sydney-You are not alone-Project】

 

活動結果報告 

 

Town Hall近くのSt Andrews Cathedral広場にて『We Pray For Japan From Sydney-You are not alone-』を開催いたしました。 

 当日は雨が降ったり止んだりと大変忙しい天候になりましたが、参加してくれたスタッフは30名を越える大人数になりました。

通行者の方に対して呼びかけをし、参加してくれたスタッフが作った折り紙のサクラの花びらに、日本の被災地へ向けてメッセージを記載していただきました。 雨の為、当初の予定と変更し、メッセージを記載していただいサクラの花びらを濡れないように袋の中に保管しました。

 

後日、日本の支援物資関係での現状が治まり次第、各地方の被災地へお送りします。 雨が振ると、途端に人の足はなくなるのですが、止むと集ってくれる人の数は一気に多くなり、沢山の方々がメッセージを記入してくれました。 サクラの花びらの枚数はカウントしていないのですが、おそらく500人は越えたかと思います。

 

【義援金】

各紙幣、硬貨で、まずそれぞれこのように集りました。

$50×5枚 $20×13枚 $10×39枚 $5×63枚 $2×101枚 $1×106枚 50c×84枚 20c×115枚 10c×120枚 5c×116枚

合計$1605.80

※3/29にANZより、日本赤十字社の方へ送金済み

 

雨の中でもかなりの人が足を止めてくださいました。 サクラの花びらのメッセージを見ると、中国語、韓国語、タイ語など、中にはローマ字で【gambate】や、外国の方が【がんばってください】などと日本語で記入してくれました。 私自身、被災地とはあまり縁の無い環境の出身でしたが、どのメッセージも感動して心にぐっと来るものが多々ありました。 私が勝手にサブタイトルで【You are not alone】をつけましたが、まさにその通りの内容でした。 一日でも早く、一人でも多くの人を助けたいという気持ちの下集ってくださったスタッフの方々には大変、感謝しております。 そんなスタッフからも、自分を変えるチャンスを得る事が出来た、人の温かさに直接触れることが出来たなど、参加してよかったとのお声を沢山いただけました。 本当にありがとうございました。

 

【今後の活動】 今回参加していただけた大半の方は語学生で、これから帰国される方が多くなります。 ですので、活動するにも人数が必要なので、また人が集り次第、検討させていただきます。 おそらくその際、今回と同様【赤十字社へ申請してチャリティーイベントを行う】という形になると思います。 今後もボランティア活動を手伝ってくださる方を募集しておりますので、連絡の方、お待ちしております。

 

代表者 とと。 連絡先:ototomen16@yahoo.co.jp へ連絡ください。

【その他コンタクト】 mixi⇒http://mixi.jp/show_profile.pl?id=33155781(29日の日記に当日の様子が詳しく掲載されています)

facebook⇒http://www.facebook.com/profile.php?id=100001735248129

 


この度、Red Cross社にて正式に認定を頂き、お名前を借りてシドニー市内(QVB付近)で活動できることになりました!!

 

【Project内容について】

【日時】3月27日(日)8:00~20:00

【場所】Town Hall 

大聖堂前 販売ブースにて折り紙を1枚=$1.00で販売します。(その$1.00がそのまま募金となります)

折り紙を購入後、隣の折り紙ブースにて[さくらの花びら]を折ってもらいます。

{折り方の説明書の作成&折り方を教えるスタッフによる直接指導(英語話せなくても大丈夫です)もいます}

折り終えた後、さくらの花びらにペンを使って[被災者へのメッセージ]を記入してもらいます。

そして記入したさくらの花びらは[さくらの木(手作りの柱)]へ貼っていただき、満開になるのを待ちます。

目標は500人集めること($500義援金を集める) 集ってから赤十字社の方へ責任を持って、代表者が確実に送金します。

集った[さくらの花びら]は、仕分けして各被災地へ送ります。

 

【何故折り紙なのか?】

街頭にて直接的な募金活動を行うにはNSW州のオーストラリア政府に申請する必要があります。 なので、様々な行政に立会い話をしてみたのですが、そうした募金活動を行う団体を立ち上げる為の条件があまりにも、こちらNSW州では難しく、クリアするのが難航して行動にうつせないため、そのルートを行動から外しました。 赤十字社へ話をしたところ『オーストラリアでは、政府への申請が降りていない団体活動の被災関係の街頭募金が法に触れる(詐欺罪になる)ので、チャリティーイベントを行ってお金を得ること』という条件を出されました。 なので、日本の文化である折り紙を通じ、こちらに住む方々に日本への関心を持っていただき、直接僕らと接することでより助け合いの精神に触れてもらおうと思っているからです。 日本の伝統的風景の一つである桜が、多々今回の津波と地震により消えてしまいました。 失ってしまったものを僕らの手で作り上げて、現地の人に少しでも桜を届けて、心を温めたいとおもっています。

 

【協力してほしいこと】

出来れば白無地のTシャツを用意していただきたいです。(本当に安いものでかまいません) そこで各自、今回のProjectの名前を記載していただき、参加(寄付)していただいた方からの色んなメッセージを書いてもらうなど、様々な形で使います。 そして、しっかりとまとまって動いてるという一体感、団結力を現したいと思います。

 

【その他】

・ピアノ伴奏など、何か特技をお持ちの方が居れば路上パフォーマンスも取り入れて、注目度をあげたい。

何か質問、ご意見、その他色々とありましたら、どんな方でもぜひ申し出てください、協力お待ちしております。

 

Project 代表【とと。】

0431768211

ototomen16@yahoo.co.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

Side girl 20190702
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示