オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
グルメ情報

編集部御用達 キツい締切から現実逃避できるBAR


フレンドリーなネイバーフッド

Since I Left You

20/11/2014

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
 
 
 
フレンドリーなネイバーフッド
 
Since I Left You
 
 
 

クラレンス・ストリートのバー地帯の雰囲気とは一線を引いた、落ち着きのあるバーがケント・ストリートに点在する。今回は10年以上の友人ふたりの手で作り上げたバー、『シンス・アイ・レフト・ユー』を紹介したい。ニックさんとエルビスさんのふたりがヘリテージのストアハウスに自らの手で作りあげた当店は、バーテンダーがふたりで回すのに丁度いいサイズのスモールバー。ケント・ストリートの入り口から石畳のアーケードをくぐると、左手にバーカウンターのエントランスが現れる。アールデコ調のライティングや装飾品、家具で統一した店内は可愛らしく、そして品の良い空間が広がる。ファンクやソールの心地よいリズムが流れて実に居心地がよく、仕事帰りのオフィスワーカーの憩いの場として賑わっている。
バーカウンターには国内外から厳選されたワインやスピリッツが並び、自慢のフルーティなカクテルのセレクションも豊富。お酒を美味しくさせるおつまみは、どれもシンプルだが品質にこだわったメニューがグッド。イベントなどがあれば、カナッペやアンティパストなどのフィンガーフードも用意可能だ。

そしてキャンドル伝いに石畳を奥に抜けると、ビルの隙間の空間にすっぽりとコートヤードが広がっている。週末になれば野外でライブミュージックを楽しむこともできる異空間。これからの季節、開放感を感じながら野外でカクテルを楽しむのも悪くないだろう。
室内外で50人まで収容可能なので、これからの年度末、幹事の方はクリスマスや忘年会などのパーティに、オシャレなハイディングバーを貸しきってみるのも悪くないチョイスだろう。要望に合わせてフードからカクテルまでオリジナルスタイルで対応可能なので、まず相談してみてほしい。

最後に気になる名前の由来だが、上の歌詞を見てピンと来る方はオーストラリア通。メルボルン出身のオージーバンド『The Avalanches』の名曲、『Since I Left You』が由来だそう。『酔いしれて。素敵な時間を楽しんで。パラダイスへウェルカム』。
 
 
 
 
 
 
 
:THE SMUGGLERS RUN($18)

チェアマンズリザーブラム, アメールピコン、マッセナピアーをレモンジュース、シナモンとシェイク。甘すぎず柑橘系でジュースのように飲みやすい。
:SELECTION($16)

厳選されたチーズや生ハムなどのシャルキュトリなどお酒にあうおつまみが乗ったアンティパスト。


 
:LITTLE GRACE($18)

ジンとサワーアップルをサンジェルマンエルダーフラワーリキュール、りんごやレモンのジュースとシークレットスパイスとともにシェイク。フルーティな飲みくち。
中央:GUILTY PLEASURE($18)

ヘネシーとピムス、香ばしいフランジェリコをベースに自家製のスパイシーシロップとビターで香りつけしたステア。爽やかな甘酸っぱさとスモーキーな後味がいい。
 

 

 

 

幹事必見!
ベニューハイヤーはノーチャージ。フード&ドリンクのミニマムスペンドのみ。

月曜日: $1500 火曜日: $2000 水曜日: $2500
木曜日: $3000 金曜日: $5500 土曜日: $2500

 

 

Since I Left You

Tel:(02)9262 4986
338 Kent St., Sydney 2000
月 - 水: 17:00 - 22:00 / 木 - 金: 17:00 - 0:00 / 土: 18:00 - 0:00
Web:http://sinceileftyou.com.au

 



アクセス:タウンホールからドュリットストリートを下り、ケントストリートを右折。マーケットストリートとキングストリートの丁度真ん中あたりの右手。

 
 
 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

1893年創業当時のビクトリア朝の内装をそのまま残したクラシカルなバー。シドニー市内の中心に位置するヒルトンホテルの地下にあり、最高級の大理石で型取られたアーチやステンドグラス、重厚感のあるマホガニーのカウンターが優雅な空間を演出している。

この記事を詳しく見る

1990年にポッツポイントで生まれたナイトクラブ『クラブ・クレセント』。「落ち着いた雰囲気のラウンジで丁寧なサービス」をモットーに、オープン当時から日系企業の駐在員や永住者の憩いの場として存在していた。その後20年の歳月が流れた2010年の節目に、先代から息子である野田嘉宏さんとゆかりさんの世代へと引き継がれ、クラブ・クレセントの看板をタウンホールのジョージストリート沿いに掲げることとなった。新生クレセントとなってからも、同店の特徴である、華やかな中にも、ゆっくりと寛ぐことのできる雰囲気を保ち続け、昔と変

この記事を詳しく見る

ひと肌恋しいシドニーの寒夜、アーティなカフェやバーが軒を連ね、シドニーの若者が集うスポットとして人気のフォーブォー・ストリート。その一角に位置するKaguraは、半年前にオープンしたばかりの新気鋭のバー。オリジナリティ溢れる和洋のコラボレーション料理と、厳選されたワインやウィスキーのセレクションに加えてレアな日本酒が堪能できる、サリーヒルズの隠れ家的存在として、にわかに注目を浴びている。

この記事を詳しく見る

キングスクロスの裏路地に昨年登場した居酒屋『TABISURU』。赤い暖簾をくぐると正面にはきらびやかなバーカウンターが、左手にはアンダーグラウンド感が溢れるリラクシングスペースや中庭が広がっている。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

編集部御用達 キツい締切から現実逃避できるBAR

CATEGORY

グルメ情報

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase