オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
グルメ情報

編集部御用達 キツい締切から現実逃避できるBAR


ジャパニーズティストが粋な個性派バー

Kagura

02/08/2015

このエントリーをはてなブックマークに追加


 

 

編集部御用達 キツい締切から現実逃避できるBAR 15軒目

ジャパニーズティストが粋な個性派バー

 

Kagura

 

 

ひと肌恋しいシドニーの寒夜、アーティなカフェやバーが軒を連ね、シドニーの若者が集うスポットとして人気のフォーブォー・ストリート。その一角に位置するKaguraは、半年前にオープンしたばかりの新気鋭のバー。オリジナリティ溢れる和洋のコラボレーション料理と、厳選されたワインやウィスキーのセレクションに加えてレアな日本酒が堪能できる、サリーヒルズの隠れ家的存在として、にわかに注目を浴びている。

 

一歩店内に入ると、天井から吊り下げられた何十もの折り紙の鶴がお出迎え。カウンターを含めた席数は20席ほどと、ひとり使いもしやすいサイズだ。各テーブルに箸置きとしても折り紙の鶴がセッティングされており、落ち着いた照明の中に華やかなアクセントを添える。壁には神棚が飾らていて、神道を感じさせる神楽の舞いや、般若、風神、そして日本の妖怪にいたるまで、日本を感じさせるチョークアートがダイナミックに描かれており、それらが店内に流れるR&Bサウンドとのギャップと絶妙にマッチして、アンダーグラウンドな雰囲気をかもし出している。また、化粧室にはメイク直しのコスメが用意されており、女子にはとってもフレンドリーな心使いも感じられて嬉しい。

 

シドニーで10年間シェフとしての経歴を持つヨシさん。カウンター越しに垣間見れる日本人特有のエレガントな所作が美しく、そこから生まれる和洋のコラボレーションは、ダシを感じさせる上品な味付けが魅力的だ。オリジナルのポン酢ジュレとハーブ入りのソースが絶品の魚のセビチェなど、料理を視覚でも楽しめるアイデアや、日本酒をだし汁にした鍋や、テキーラとハーブで味付けした和牛刺身など、一品一品に愛情と創意工夫が込められたユニークな料理が見逃せない。また、この季節ならではの、在豪日本人には嬉しいおでんも各種用意されている。

 

そして当店を語る上で欠かせないのが、ヒルトンホテル内のZeta Barや、ウィンヤードのバーUncle Ming’sなどで腕を振るってきたバーテンダーのフリンさんによる、幅広いウィスキーやワインのラインナップだ。『Plantation』のラム酒やイタリアの養命酒『AMARO』、サントリーの『響』シリーズや『山崎蒸留所シングルカスク1999年東武百貨店』など、通には嬉しい激レアものまで豊富に取り揃えている。日本酒とラム酒を合わせたカクテルや、かぼちゃのカクテルなど、フリンさんお手製のオリジナルドリンクが楽しめる。

 

日曜日の午後12時から6時までの間、ビールと合わせて焼き鳥と燻製ボックスの路面販売が7月よりスタートしたばかりなので、こちらも見逃せない。ふたりの出会いは意外にもMMAのジムだったという。料理のプロとお酒のプロが共に汗を流し意気投合して、Kaguraをオープンさせるに至ったのだ。

 

粋な大人のジャパニーズティストが随所に見られる、落ち着いたバー兼レストラン、Kagura。繊細で上品な料理とスペシャルなカクテルを楽しみながら、ゆったり大人の時間を過ごすのにもってこいの場所だ。

 

 

 

 

 

 

 

左:Yamazaki Pumpkin Flip $18
当店オリジナルのかぼちゃシロップに山崎シングルモルツのウィスキーを加えて作られたクリーミーな味わいのカクテル。濃厚なかぼちゃの風味と日本のウィスキーという意外な組み合わせが新しい。

 

右:Plum Ram Blazer $20
ラム酒をベースに黒糖梅酒、養命酒アマロなどをスローイングして仕上げるデザートワイン。マグからマグへ注ぎ込まれる火のついたラム酒が、甘い匂いを放ちながら、幻想的なブレイジングを楽しませてくれる。

 

 

 

Smokey Whisky $20
スコットランドのボウモア・ウィスキーを煙を瓶の中に閉じ込めてミックスさせたスモーキーなカクテル。グラスの中に煙がモクモクと立ち込めている様子から、別名『中国』とも呼ばれている。

 

 

 

Yuzu Shochu Sour $16
たっぷり絞った柚子汁と日本の麦焼酎、銀座のすずめをブレンドさせたオリジナルカクテル。口当たりもよく、お酒が苦手な人にも飲みやすいソフトな味。ペイショーズビターズが上にトッピングされており、ほどよい甘さをプラ

 

 

 

左:Salmon Stuffed Ginger Soy Squid, Rolled with Seaweed $10
プリプリのイカの中にサーモンを詰め、海苔で巻いたユニークな一品。ナチュラルであっさりとした口ごたえの中にかすかに感じる生姜のアクセントが、アルコールを進ませる。

 

右:Chawanmushi, Savoury Egg Custard $10
空也蒸し風の茶碗蒸し。口の中に入れると、あんに閉じ込められていただし汁の香りとともに、とろけるような極上の食感が楽しめる。海老やしいたけ、鶏肉と具も多く、表面にはトビコ、銀杏がほどこされている。

 

 

 

左:Ceviche $18
セロリときゅうり、赤たまねぎを、その日入荷した新鮮な魚とともに、特製ハーブソースでマリネしたセビチェ。ポン酢のジュレがトッピングされ、さわやか風味と新鮮野菜の食感が楽しめる。食べた後にくるピリ辛具合が病みつきに。

 

中:Daily Hot Pot $18
日本酒をベースにだし汁をとる、Kaguraならではの個性が光る一品。だしが沸騰してくると、ほんわかと日本酒の香りが漂う。竹に盛られたつくねを、同じく竹のスプーンで少しずつ熱い鍋の中に入れて野菜と共にいただく。

 

右:Yukke $16
日本では食べることのできないユッケも、当店では思う存分堪能できる。赤みが際立つ新鮮な和牛と卵の黄身、青ねぎのコンビネーションがたまらない。上にふりかけられた刻み海苔が香ばしさをプラスしている。

 

 

 

Kagura


84 Foveaux St., Surry Hills NSW 2010
Tel:(02) 9212 1981
営業時間:
火曜~土曜 ランチ 12:00 – 15:00
ディナー 18:00 – 23:00
日曜 12:00 – 18:00
※アルコールと焼き鳥&燻製BOX販売
月曜 定休日

アクセス:セントラル駅のサリーヒルズ側にあるウールワースからFoveaux Stをパディントン方面に歩いて5分ほど。進行方向に向かって左手にある。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

1893年創業当時のビクトリア朝の内装をそのまま残したクラシカルなバー。シドニー市内の中心に位置するヒルトンホテルの地下にあり、最高級の大理石で型取られたアーチやステンドグラス、重厚感のあるマホガニーのカウンターが優雅な空間を演出している。

この記事を詳しく見る

1990年にポッツポイントで生まれたナイトクラブ『クラブ・クレセント』。「落ち着いた雰囲気のラウンジで丁寧なサービス」をモットーに、オープン当時から日系企業の駐在員や永住者の憩いの場として存在していた。その後20年の歳月が流れた2010年の節目に、先代から息子である野田嘉宏さんとゆかりさんの世代へと引き継がれ、クラブ・クレセントの看板をタウンホールのジョージストリート沿いに掲げることとなった。新生クレセントとなってからも、同店の特徴である、華やかな中にも、ゆっくりと寛ぐことのできる雰囲気を保ち続け、昔と変

この記事を詳しく見る

ひと肌恋しいシドニーの寒夜、アーティなカフェやバーが軒を連ね、シドニーの若者が集うスポットとして人気のフォーブォー・ストリート。その一角に位置するKaguraは、半年前にオープンしたばかりの新気鋭のバー。オリジナリティ溢れる和洋のコラボレーション料理と、厳選されたワインやウィスキーのセレクションに加えてレアな日本酒が堪能できる、サリーヒルズの隠れ家的存在として、にわかに注目を浴びている。

この記事を詳しく見る

キングスクロスの裏路地に昨年登場した居酒屋『TABISURU』。赤い暖簾をくぐると正面にはきらびやかなバーカウンターが、左手にはアンダーグラウンド感が溢れるリラクシングスペースや中庭が広がっている。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

編集部御用達 キツい締切から現実逃避できるBAR

CATEGORY

グルメ情報

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase