オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
グルメ情報

編集部御用達 キツい締切から現実逃避できるBAR


チョーヤ梅酒のリニューアルを期して、カクテル・イベントを開催

The Owl House

25/03/2015

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
 
 
 
編集部御用達 キツい締切から現実逃避できるBAR 12軒目
チョーヤ梅酒のリニューアルを期して、カクテル・イベントを開催
 
The Owl House
 
 
 
8月9日に、クラウン・ストリートとウィリアム・ストリートの交差点近くに位置する、ベストスモールバーとの呼び名も高い、『ザ・オウルハウス』にて、リニューアルした、チョーヤの梅酒「CHOYA Classic」のローカル向けカクテル・イベントが開催された。

昨年末に「本当の梅酒を伝える」というコンセプトのもとリニューアルされたのが「CHOYA Classic」。現在主に流通しているワインを混ぜたタイプでなく、梅酒のみで仕上げた、実入りの梅酒となっている。パッケージもローカル向けに変更。その飲みやすさが相成って、いまスタイリッシュなジャパニーズ・リカーという位置づけで、ローカルの間で話題になっている。オーストラリアで手に入る梅酒はもちろん日本製。約1年かけて少しずつ梅の成分を引き出し、じっくりと熟成させ、梅のよさを最大限に活かした梅酒づくりを心がけているという。また酸味料、香料、着色料などの添加物を使わず、本物を追求しているから実に誇らしい。

イベント当日は、日本からブランドアドバイザーとして稲葉信二さんが赴き、1914年の創業からチョーヤ100年の歴史を振り返った。そしてニューヨーク出身のバーテンダー兼オーナーであるアミルさんが、チョーヤ梅酒のポテンシャルを最大限に活かした斬新なカクテルと、ヘッドシェフのロイさんがそれに合わせたフードを披露。目の前で繰り広げられるバーテンダーのテクニックやカクテル、料理のクオリティの高さに訪れたメディア関係者は大いに盛り上がりをみせた。

梅酒は日本人にはすでに馴染みがあり過ぎて、あまり特別な物ではないと感じるかもしれないが、実は世界にも通じる日本を代表するリキュールと言っても決して過言ではない。今後はザ・オウルハウスを皮切りに、オーストラリアのローカルバーやレストランなどの間でもさらに浸透し、日本を代表するリキュールとして、カウンターに並ぶことだろう。なお、「CHOYA Classic」は、小売はDan Murphy’sで、業務向けはDaiwa Foodにてそれぞれ取り扱っているので、興味のある方は問い合わせてみてほしい。
 
 


 
 
 
 
 
:CHOYATINI

大粒で果肉が厚い梅が沈むグラスに、梅酒とケテルワのウォッカを注いだチョーヤティーニ。。
:SCALLOP TARTARE

サクサクのクリスピーワンタンの上のプリプリのホタテは、味噌風味が濃厚な味わい。
 
:MINI STEAM BUN SLIDER

甘辛く味付けされたポークと人参、コリアンダーを、表面をふりかけで味付けしたふっくらバンで挟む。
:GEISHA MARMALADE

きゅうりと金柑の入ったグラスに、梅酒と極上吉乃川の吟醸、トニックを入れた爽やかなステア。
 

 
 
 
 
:THE INSURANCE POLICY

梅酒、カンパリ、グラン・マルニエのオレンジリキュールのステアに、フレッシュなブラッドオレンジで香り付け。
:SHORT RIB SAN CHOY BOW

丸く模られたレタスには、ジューシーなリブと刻んだセロリが入っている。クリスピーなオニオンクラッシュがリブの旨みを引き出す。
 
 
 
 
 
 

 

The Owl House

Tel: (02)9357 5060
97 Crown Street, Darlinghurst
Web:www.theowlhouse.com.au
営業時間: 火 - 木: 5pm - 12am 、金: 4pm - 12am 、土: 6pm - 12am 、日: 6pm - 10am
取り扱い業者: DAIWA FOOD CORPORATION PTY LTD
Web:www.ichibajunction.com.au
DAN MURPHY’SWeb:danmurphys.com.au

 



アクセス:タウンホールからPark Stを進み、ハイドパークを抜けて、William Stもさらにまっすぐ進み、Crown Stを右へ曲がってすぐ。ハイドパークを抜けて、William Stもさらにまっすぐ進み、Crown Stを右へ曲がってすぐ。

 
 
 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

1893年創業当時のビクトリア朝の内装をそのまま残したクラシカルなバー。シドニー市内の中心に位置するヒルトンホテルの地下にあり、最高級の大理石で型取られたアーチやステンドグラス、重厚感のあるマホガニーのカウンターが優雅な空間を演出している。

この記事を詳しく見る

1990年にポッツポイントで生まれたナイトクラブ『クラブ・クレセント』。「落ち着いた雰囲気のラウンジで丁寧なサービス」をモットーに、オープン当時から日系企業の駐在員や永住者の憩いの場として存在していた。その後20年の歳月が流れた2010年の節目に、先代から息子である野田嘉宏さんとゆかりさんの世代へと引き継がれ、クラブ・クレセントの看板をタウンホールのジョージストリート沿いに掲げることとなった。新生クレセントとなってからも、同店の特徴である、華やかな中にも、ゆっくりと寛ぐことのできる雰囲気を保ち続け、昔と変

この記事を詳しく見る

ひと肌恋しいシドニーの寒夜、アーティなカフェやバーが軒を連ね、シドニーの若者が集うスポットとして人気のフォーブォー・ストリート。その一角に位置するKaguraは、半年前にオープンしたばかりの新気鋭のバー。オリジナリティ溢れる和洋のコラボレーション料理と、厳選されたワインやウィスキーのセレクションに加えてレアな日本酒が堪能できる、サリーヒルズの隠れ家的存在として、にわかに注目を浴びている。

この記事を詳しく見る

キングスクロスの裏路地に昨年登場した居酒屋『TABISURU』。赤い暖簾をくぐると正面にはきらびやかなバーカウンターが、左手にはアンダーグラウンド感が溢れるリラクシングスペースや中庭が広がっている。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

編集部御用達 キツい締切から現実逃避できるBAR

CATEGORY

グルメ情報

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase