オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
グルメ情報

編集部御用達 キツい締切から現実逃避できるBAR


フェイクの扉の先に隠れたパラダイス

The Soda Factory

27/03/2014

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
 
 
 
フェイクの扉の先に隠れたパラダイス
 
The Soda Factory
 
 
ポップでカラフルなホットドッグ屋『ボビーズ・ボス・ドッグス』の店内右手にあるコークマシーン。オールドファッションな自動販売機に見立てたその隠れ扉を引くと、裏には50年代を思わせるようなクラッシックな空間が広がり、タイムスリップしたような錯覚を引き起こす。日替わりで訪れるアーティストが舞台で奏でる心地よいライブミュージックに体を任せながら、バーカウンターでドリンクメニューに目を通すと、こんな詩が書かれていることにまず気がつく。
 
"Alcohol may be man's worst enemy, but the bible says love your enemy” 「酒は男にとって最悪の敵かもしれないけど、バイブルは『それでもあなたの敵を愛しなさい』と言っているじゃないか」。
 


第二次世界大戦の時代から90年代までの間、長きに渡り歌手として活躍し、多くのアーティストに影響を与え続けたフランク・シナトラの言葉だ。時代の栄光と闇を生き抜いた彼が、現実のすべてを忘れ一息つくとき、もしくはラッキー・ルチアーノとの密会をするさいに、このような隠れ扉をくぐり抜け、カーテンで隙間なく覆いシャットアウトされた空間で、ろうそくのともし火だけを頼りにグラスを傾けていたのかもしれない。

トーン・ナイト・クラブの跡地に店を構えてから1年を迎えた『ザ・ソーダ・ファクトリー』。オープンと同時に感度のいいバーとのクチコミでローカルに広く浸透し、今日ではシドニーを代表するバーのひとつにまで上り詰めた。クラシック・カクテルからオリジナル・カクテル、厳選されたワインのほか、こだわりのタップビールも用意。豊富なドリンクに合わせるフードにも情熱を注ぐ。オニオンリングやフライドチキンなどのスターターから、ホットドッグはもちろん、ナチョス、バーガー、シーフード、アイスクリームまで幅広く取り揃えている。

また、日替わりで行うイベントにも目を見張るものがある。月曜日はムービーナイト、木曜日はカクテル12ドル&フード5ドルで楽しめるレギュラーイベントがあるほか、1ドルでチキンウィング1本、10ドルでバケツいっぱいに食べられる「チキンウェンズデー」や、1ドルでホットドッグを楽しめる「ダラードッグス」など不定期イベントも見逃せない。

店内は常に賑やかで、構えることなく気軽に入れるバーなので、初心者でも安心。たまにはローカルのナイトライフにも足を踏み入れて酔い知れるのも悪くない。
 
 
 
 

 
 
Roy Orbison $18

ブレットバーボンにアプリコットのブランデー、バニラ、ビターで仕上げたステア。飲みやすく酔いやすい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
:The Levenstein $18

ズブロッカのウォッカにアップルジュース、レモンジュース、シナモンをシェイク。シナモンフロスの香りがたまらない。
:The Dick Jennings $20

ヘンドリックスのジンにキュウリ、ミント、ルバーブシロップとフレッシュアップルジュースをマドルしたステア。
 

 
:The Soda Factory Cheese Burger $13

ジューシーなビーフにアメリカンチェダーチーズの風味がよく合うチーズバーガー。備え付けのオリジナルソースはチップスに付けてもGOOD。
:Dr Claw’s Lobster Roll $18

フレッシュロブスターをレモンジュースとマヨネーズであえたドック。ふりかけられたタラゴンがロブスターの旨みを引き立てる。
 

 

The Soda Factory

16 Wentworth Ave., Surry Hills
Tel:(02) 8096 9120
Open:月-水 17:00-0:00,
木 17:00-1:00 、金-土 
17:00-5:00日 19:00-3:00
 
 
 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

1893年創業当時のビクトリア朝の内装をそのまま残したクラシカルなバー。シドニー市内の中心に位置するヒルトンホテルの地下にあり、最高級の大理石で型取られたアーチやステンドグラス、重厚感のあるマホガニーのカウンターが優雅な空間を演出している。

この記事を詳しく見る

1990年にポッツポイントで生まれたナイトクラブ『クラブ・クレセント』。「落ち着いた雰囲気のラウンジで丁寧なサービス」をモットーに、オープン当時から日系企業の駐在員や永住者の憩いの場として存在していた。その後20年の歳月が流れた2010年の節目に、先代から息子である野田嘉宏さんとゆかりさんの世代へと引き継がれ、クラブ・クレセントの看板をタウンホールのジョージストリート沿いに掲げることとなった。新生クレセントとなってからも、同店の特徴である、華やかな中にも、ゆっくりと寛ぐことのできる雰囲気を保ち続け、昔と変

この記事を詳しく見る

ひと肌恋しいシドニーの寒夜、アーティなカフェやバーが軒を連ね、シドニーの若者が集うスポットとして人気のフォーブォー・ストリート。その一角に位置するKaguraは、半年前にオープンしたばかりの新気鋭のバー。オリジナリティ溢れる和洋のコラボレーション料理と、厳選されたワインやウィスキーのセレクションに加えてレアな日本酒が堪能できる、サリーヒルズの隠れ家的存在として、にわかに注目を浴びている。

この記事を詳しく見る

キングスクロスの裏路地に昨年登場した居酒屋『TABISURU』。赤い暖簾をくぐると正面にはきらびやかなバーカウンターが、左手にはアンダーグラウンド感が溢れるリラクシングスペースや中庭が広がっている。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

編集部御用達 キツい締切から現実逃避できるBAR

CATEGORY

グルメ情報

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase