オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
今一番安くワーキングホリデーで行く方法
グルメ情報

編集部御用達 打ち合わせで使うCafé


クローズド・ループから生まれるアート

acre

22/02/2017

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

編集部御用達 打ち合わせで使うCAFE 72軒目

 

クローズド・ループから生まれるアート

 

acre

 

キャンパーダウンのコミュニティースペース『キャンパーダウン・コモンズ』内に、昨年6月登場したエーカーでは、同敷地内に併設されたシティ・ポケット・ファームや近隣のファームで育った食材のみをキッチンで調理し、食材そのものの味をシンプルに引き出してテーブルへと届ける。自然を配慮することに重きを置く当店では、廃棄は肥料としてリユースし、雨の恵みを集めてリサイクル・ウォーターを使用、メニューにはリサイクルペーパーを採用するほどの徹底ぶりだ。グローバル化が押し進む現在において、限られた地域でのクローズド・ループを尊重する当店のさまは、グローバル化に警鐘を鳴らし、アメリカ・ファーストを叫ぶドナルド・トランプのそれに比べれば、どこか平和的なアプローチに見える。


ガーデンテラスではカジュアルなフードを、そして店内ではファインダイニングが、オケージョンに合わせてそれぞれ楽しめる。大きな窓に囲まれたカントリースタイルの店内には温かい光が常に差し込み、シーリングファンが優しい風を運ぶ。テーブルやフローリングに用いられた木目の美しさとぬくもりが、シティ周辺にいることを忘れさせてくれるようだ。料理を飾る器にはイギリスを代表するスティーライトや手作り感が美しいロバート・ゴードンの、和食器のようなスタイルを採用。視的にも料理の魅力を引き出してくれる。


メニューに採用されている食材の約20パーセントは敷地内の農地シティ・ポケット・ファームから供給される。ファームで収穫される食材はトマトやジャパニーズ・パンプキン、ズッキーニ、、セロリ、ナス、レタス、ハーブ、レインボー・チャード、ローズマリー、ラベンダーなどさまざま。入口から店内へと続く道には今年ブドウを植えたばかりで、来年の夏には天井までツタを伸ばしていることだろう。フルタイムのファーマーが常駐して食べごろに実った野菜をシェフへ告げると、その食材をべースにメニューを考える。一週間おきにメニューがマイナーチェンジするのはそのためだ。


エグゼクティブ・シェフであるギャレス・ハワード氏はロンドンでジェイミー・オリバーのもと8年間腕を振るってきた。「オーストラリアは野菜の育ちが早い。これだけ太陽の光に恵まれているからね。ロンドンではこうはいかないよ」と、イギリスとオーストラリアの恵まれた環境とを比較する。バックグランドはフレンチ、地中海、そしてスパニッシュ。24歳でシーフードレストラン『ロッホ・ファイン』のヘッドシェフになるほどの腕前だ。その後ジェイミーのもとで、20店舗のレストランのオープンに携わった。そして、ジェイミー・オリバー・ブランドのリージョナル・エグゼクティブ・シェフとしてシドニーへと渡った。いままでの経験で培った、ゆっくりと時間をかけて肉の旨みを引き出す熟成技術は、現在のエーカーで発揮している。今回はエーカーでシグニチャーとされている料理を紹介したい。

 

  

左:Macadamia Hummus, Dukkah, Crisp Bread / $11
マカダミアンフムスを、ハーブやナッツなどを混ぜ合わせたデュカ、オリーブオイルで仕上げたスターター。焼き立てのクリスピーブレッドにたっぷりつければ病みつきに。

 

中:Slow Roasted Porchetta, Seasonal Roast Vegetables / $65
皮がパリパリに仕上がったポルチェッタは、フェネルシードやローズマリーなどのハーブとともに豚肉をロールして、ゆっくりとローストした料理。ズッキーニ、キャロット、ビートルートは甘みがあり、アップルバターの風味がとても豊か。

 

右:Garden Tomato Gazpacho / $16
夏に嬉しいトマトの冷製スープはサラサラとした喉越し。ファームで採れたてのさまざまな形をしたトマトを使用。トマトの酸味とペスト、ゴートチーズとの相性を楽しもう。

 

 

左:Farm House Lemonade / $17
ポケットシティファーム内のラベンダーやミントを使用。レモンとグレープフルーツのソーダのテイストがソーダと夏に合う。表面には花びらが浮かぶ。

 

右:latte / $3.50
コーヒー豆はBlind coffee roastersを使用。

 

 

 

 

acre

31a Mallett St.,Camperdown
Tel:(02)9194 3100
Web:www.acreeatery.com.au
水-金: 12pm~10pm
土: 8am~10pm
日: 8am~9pm
月、火:休み
入口のコーヒーテイクアウェイ
ショップは7am~3pmまで7日間営業
シティからバスの413、436、438、439、440、461、480、483に乗車し、Parramatta Rd near Mallett St, Camperdownにて下車。 Parramatta Rdをパラマタ方面へと進み、Mallett Stを左折して60m先の右手。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

秋を迎え徐々に寒さを増すシドニー。いよいよコーヒーのぬくもりを楽しめる季節の到来です。カフェ文化が色濃く根付くシドニーで、今回は年度末に伴い、過去1年で紹介してきたチアーズ的厳選カフェをおさらいしたい。

この記事を詳しく見る

秋を迎え徐々に寒さを増すシドニー。いよいよコーヒーのぬくもりを楽しめる季節の到来です。カフェ文化が色濃く根付くシドニーで、今回は年度末に伴い、過去1年で紹介してきたチアーズ的厳選カフェをおさらいしたい。

この記事を詳しく見る

秋を迎え徐々に寒さを増すシドニー。いよいよコーヒーのぬくもりを楽しめる季節の到来です。カフェ文化が色濃く根付くシドニーで、今回は年度末に伴い、過去1年で紹介してきたチアーズ的厳選カフェをおさらいしたい。

この記事を詳しく見る

最先端のカフェが集まるインダストリアルエリア、マリックビルに月登場した「マチネーコーヒー」。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

編集部御用達 打ち合わせで使うCafé

2017~2018年カフェ総集編 厳選カフェ in シドニー 2017~2018年カフェ総集編 厳選カフェ in シドニー 2017~2018年カフェ総集編 厳選カフェ in シドニー Matinee Coffee Devon North Sydney Bloody Mary’s オープンエアでヘルシーフードを楽しむ Girdlers コーヒーの研究に情熱を注ぎ込む サーフショップ&カフェのワンストップショップ ノーザンビーチで楽しむヘルシーフード CHOYA × Black Star Pastryのコラボレーション 新作ケーキ『CHOYA Black Forest Cake』が登場! 素敵カフェ in Sydney 2017 アースキンビルで楽しむこだわりのピクルス 手作りにこだわった グランマのレシピを受け継いだカレーライスが人気 チェイスコジマ氏の仕掛ける スシバーガーショップがカジノに登場! 可愛いメイドが「おかえりなさいませ」 クローズド・ループから生まれるアート キッズフレンドリーなカフェ フュージョン料理で日本文化を発信 和とイタリアンのコラボレーション 都会の喧騒から離れた隠れ家キオスク モーターバイクを眺めながらカフェでラーメンを楽しむ スタンモア住人の憩いの場所 寒さで縮こまった体を温めてくれる セントラルパークのグルメ通りケンジントン・ストリートが熱い 歴史を感じる審美的空間 屋内庭園で楽しむブランチ サイクリストの憩いの場 ノルディックと和の融合 8ドルでボリュームたっぷりのサンドイッチ 噂のカツサンドを求めて TV業界人が集うカフェ アジアンテイストとこだわりのエスプレッソの融合 ハンターズヒルでナチュラルフードを楽しむ 温泉卵をふんだんに取り入れたアジアン&ウェスタンカフェ カフェ総集編 レインコーブで楽しむ、ファイネストコーヒー ロシア伝統の味をそのままに バリスタが集うサリーヒルズのカフェ サワードウ専門のカフェ・ベーカリー 「普段とは違うものを食べてほしい」 ノーザンビーチ・モナベールの憩いの場 一流シェフとバリスタが手がける美食 今話題のクロナッツを求めてニュータウンへ 常に上を目指すコーヒー専門店 アッパーノースショアの人気カフェ 焼きたてパンの香りに包まれて 手作りにこだわった隠れ家カフェ ひと口で幸せを呼ぶ シドニー湾を眺めながら過ごす癒しカフェ ウェストサバーブの静かな住宅街で楽しむリラックスランチ ソウルミュージックが響く裏路地 人気と実力を兼ね備える 噂のバイシクルカフェへようこそ! いまカフェ業界で話題の 手作りパスタが絶品!  至福の一杯 学生の行き交う街並みで静かなひと時を 喧騒を離れたカフェ シドニーNo.1の珈琲専門店 海風とともに感じる幸福のひととき 打ち合わせで使うCAFE 2012年 本物の抹茶の香りがシドニーで楽しめる 和みのひと時を過ごせるグリーブのカフェ 穏やかな空間で味わう 伝統と新しさの融合 40種類以上のチョコレートが、甘く優しい香りを漂わせる ボンダイで味わう本格フレンチクレープ ファッション業界者ご用達のカフェ  行列が絶えない噂のパン屋さん 水着のままで過ごすビーチフロントカフェ ヘルシーライフスタイルへの第一歩 心と体が潤うオーガニックカフェ こだわりぬいたコーヒー専門店 内緒にしておきたいビーチサイドカフェ ゆったりと過ごすマンリーの寛ぎ空間 心を優しくほぐすジャパニーズ・カフェ 代々受け継がれてきたイタリア ・ママの味 焼きたて挽きたてのビーンズで楽しむ極上の1杯 レモンがはじけるポップなカフェ セレブな街で楽しむフレンチ風カフェ 選び抜かれた素材が作る絶品サンドウィッチ クロアチア料理を楽しむ 時の刻みを感じさせないノスタルジック空間 1杯のコーヒーで贅沢を感じられる 気取ることなくカジュアルに楽しんでほしい 心地よい空間で、癒されてほしい

CATEGORY

グルメ情報

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase