オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
グルメ情報

編集部御用達 打ち合わせで使うCafé


The Angry Gnome Espresso Bar

ロックデールでファイン・ダイニング・クオリティをリーズナブルに楽しむ

10/10/2018

このエントリーをはてなブックマークに追加

編集部御用達 打ち合わせで使うCAFE 88軒目

 

ロックデールでファイン・ダイニング・クオリティをリーズナブルに楽しむ

The Angry Gnome Espresso Bar

ボタニック・ベイからほど近いサウスエリアの町ロックデール。中国人をはじめネパール人、マケドニア人、バングラディッシュ人など多民族が集い、シドニー国際空港のお膝元に位置する同サバーブは、日本人があまり踏み入れないエリアだ。プリンセス・ハイウェイ沿いのショップを眺めていると、古き良き時代のシドニーにタイムスリップした感覚になる。そんなロックデールの何気ないアーケード内に、カフェ・フードの最先端を目指す穴場カフェ『The Angry Gnome Espresso Bar』がオープンした。
ロックデールの駅裏にある靴修理店の脇から続くアーケードに入ると、タバコ屋や年配の常連が親しむバーバー、アジア人が母国語で会話を交わすネイルサロンなどが並ぶ。立地的には決してカフェに向いている場所とは言えないが、本物は場所を選ばないということだろうか。
白とウッドを基調とした店内には、店名の由来であるイギリスの伝説に登場する小人の妖精『Gnome』の飾り物や観葉植物が並ぶコジ―スタイル。磨き上げたコンクリート、黒い天井にはむき出しのパイプ、カウンターの奥には白いタイルを天井まで貼り上げ、確かにシドニーカフェ文化の流れをしっかり汲んでいることが伺える。
カウンターで働くクリスティーナとキャメロンは、常連客と世間話を交えジョークを飛ばしながら、手際よくフードとコーヒーをさばいてく。そしてすぐに悟ことだろう。美しきエルフのようなクリスティーナの横で、怪訝な表情で繊細な料理を仕上げるキャメロンが、店名に由来していることを。イギリスで生まれ育ち、10代の頃からシェフを目指したキャメロンは、老舗『Marriott Sprowston Manor Hotel』に見習いとして入り腕を磨いた。そこで覚えたファイン・ダイニングのスキルを、渡豪後にメルボルンの『Reserve』や『Hugemont』といったトップレストランで発揮。チャンネル10の人気番組『Masterchef』の司会者ジョージ・コロンバリスが10年前にヘッドシェフを務めていたレストランでは、右手の存在にまで上り詰めている。いまでも自宅での独学を怠らず、常に美味しさと実験的な技術を追求すえるキャメロン。ブロッコリやメキャベツを使用したサラダや抹茶とアボカドのフルーツボウルなど、斬新なアイデアのディッシュには彼の食材に対する好奇心が現れている。
オープン当初、ファイン・ダイニング・レベルのフードをロックデールで展開することに不安を感じたという2人だが、世間は着実に当店に魅了されている。「せっかくシドニーにいるのにシティやボンダイビーチにとどまらず、もっと面白いローカルシーンを体験して欲しい。」とクリスティーナ。ファインダイニングの技術をできる限りリーズナブルな価格で楽しめる当店に、ぜひ一度足を運んでみてほしい。

Cold Drip $5
9時間かけて引き出すアイスコーヒーの味はまるでリキュールのよう。

Mushroom Madness $22
種類たっぷりのキノコをサワードウトーストにのせてトリュフオイルで香り高く仕上げている。キノコの食感と種類豊富の味比べが楽しい。

 

Green Means Go! $16
抹茶パウダーとアボカドをブレンドし、フルーツをたくさん並べたデザートブレックファースト。その斬新な組み合わせは一見思えぬほど相性がマッチしている。

 

Poached Pear and Raspberry Smoothie $8
洋梨とラスベリーをブレンドしたスムージーはあっさり甘く、表面に乗っているチアシードや、ミツバチが集めた花粉をペレット状に丸めたビーポーレンが綺麗に仕上げる。

Mr Reuben $17
サンドイッチが山のように重なっててボリュームたっぷり。コーンビーフとチーズを挟むサワークラウトはキャメロン自慢の自家製。

 

Brassica Bowl $19
アブラナ科の野菜をたっぷりソテーしたサラダボウルは中東のドゥカースパイスとニンジンをブレンドしたフムスディップで美味しく盛り付け。

 

Latte $3.50
ホワイトベースのコーヒーは『Little Marionette』の豆を使用。まろやかで飲みやすいコーヒーでありながらしっかりコクが感じられる。

 


 

The Angry Gnome Espresso Bar

495 Princes Hwy., Rockdale
TEL:0413 131 040
WEB:www.theangrygnome.com.au
営業時間:月〜金 6am〜4pm、土 7am〜3pm
アクセス:セントラル駅の25番線に乗ってRockdale駅で下車。駅を出てから左の階段を降り、バス停並びにある小道に入って小人のノームの看板が目印。

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

CATEGORY

編集部御用達 打ち合わせで使うCafé

Baby Coffee Co The Angry Gnome Espresso Bar Vogue Cafe Calabur Cafe & Diner Matcha-ya Celsius Coffee Co. Baby Coffee Co Textbook of Boulangerie Patisserie Petal Met Sugar キングスクロスで不動の人気店 Room10 Cafe 都心の喧騒を離れて味わうサバーブのカフェ Panivore 2017~2018年カフェ総集編 厳選カフェ in シドニー 2017~2018年カフェ総集編 厳選カフェ in シドニー 2017~2018年カフェ総集編 厳選カフェ in シドニー Matinee Coffee Devon North Sydney Bloody Mary’s オープンエアでヘルシーフードを楽しむ Girdlers コーヒーの研究に情熱を注ぎ込む サーフショップ&カフェのワンストップショップ ノーザンビーチで楽しむヘルシーフード CHOYA × Black Star Pastryのコラボレーション 新作ケーキ『CHOYA Black Forest Cake』が登場! 素敵カフェ in Sydney 2017 アースキンビルで楽しむこだわりのピクルス 手作りにこだわった グランマのレシピを受け継いだカレーライスが人気 チェイスコジマ氏の仕掛ける スシバーガーショップがカジノに登場! 可愛いメイドが「おかえりなさいませ」 クローズド・ループから生まれるアート キッズフレンドリーなカフェ フュージョン料理で日本文化を発信 和とイタリアンのコラボレーション 都会の喧騒から離れた隠れ家キオスク モーターバイクを眺めながらカフェでラーメンを楽しむ スタンモア住人の憩いの場所 寒さで縮こまった体を温めてくれる セントラルパークのグルメ通りケンジントン・ストリートが熱い 歴史を感じる審美的空間 屋内庭園で楽しむブランチ サイクリストの憩いの場 ノルディックと和の融合 8ドルでボリュームたっぷりのサンドイッチ 噂のカツサンドを求めて TV業界人が集うカフェ アジアンテイストとこだわりのエスプレッソの融合 ハンターズヒルでナチュラルフードを楽しむ 温泉卵をふんだんに取り入れたアジアン&ウェスタンカフェ カフェ総集編 レインコーブで楽しむ、ファイネストコーヒー ロシア伝統の味をそのままに バリスタが集うサリーヒルズのカフェ サワードウ専門のカフェ・ベーカリー 「普段とは違うものを食べてほしい」 ノーザンビーチ・モナベールの憩いの場 一流シェフとバリスタが手がける美食 今話題のクロナッツを求めてニュータウンへ 常に上を目指すコーヒー専門店 アッパーノースショアの人気カフェ 焼きたてパンの香りに包まれて 手作りにこだわった隠れ家カフェ ひと口で幸せを呼ぶ シドニー湾を眺めながら過ごす癒しカフェ ウェストサバーブの静かな住宅街で楽しむリラックスランチ ソウルミュージックが響く裏路地 人気と実力を兼ね備える 噂のバイシクルカフェへようこそ! いまカフェ業界で話題の 手作りパスタが絶品!  至福の一杯 学生の行き交う街並みで静かなひと時を 喧騒を離れたカフェ シドニーNo.1の珈琲専門店 海風とともに感じる幸福のひととき 打ち合わせで使うCAFE 2012年 本物の抹茶の香りがシドニーで楽しめる 和みのひと時を過ごせるグリーブのカフェ 穏やかな空間で味わう 伝統と新しさの融合 40種類以上のチョコレートが、甘く優しい香りを漂わせる ボンダイで味わう本格フレンチクレープ ファッション業界者ご用達のカフェ  行列が絶えない噂のパン屋さん 水着のままで過ごすビーチフロントカフェ ヘルシーライフスタイルへの第一歩 心と体が潤うオーガニックカフェ こだわりぬいたコーヒー専門店 内緒にしておきたいビーチサイドカフェ ゆったりと過ごすマンリーの寛ぎ空間 心を優しくほぐすジャパニーズ・カフェ 代々受け継がれてきたイタリア ・ママの味 焼きたて挽きたてのビーンズで楽しむ極上の1杯 レモンがはじけるポップなカフェ セレブな街で楽しむフレンチ風カフェ 選び抜かれた素材が作る絶品サンドウィッチ クロアチア料理を楽しむ 時の刻みを感じさせないノスタルジック空間 1杯のコーヒーで贅沢を感じられる 気取ることなくカジュアルに楽しんでほしい 心地よい空間で、癒されてほしい

CATEGORY

グルメ情報

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase