オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
今一番安くワーキングホリデーで行く方法
グルメ情報

編集部御用達 打ち合わせで使うCafé


伝統と新しさの融合

Kürtősh

03/09/2013

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

編集部御用達 打ち合わせで使うCAFE 35軒目


 


伝統と新しさの融合

 

Kürtősh

 


クローズネストの目抜き通り、ウィロビーロードに登場してわずか
2ヵ月あまり。早朝から夜まで、常に人が訪れる人気のカフェ『Kürtősh』がある。ガラス張りで水色を基調とした入り口は明るいが、奥に入ると一転して黒を基調とした落ち着いた趣きのある造り。広い店内には約50席が設置され、ゆったりとした空間が保たれている。フードとドリンクの2つのカウンターがあるが、そこにメニューはない。スタッフは一品一品に精通しており、ぜひ会話をして選んでほしい、とあえて書いていないのである。「家に帰ってきた感覚で、好きなものを好きなだけ飲んで食べて」というマネージャーのベンさんの言葉の示す通り、フードはすべて量り売り。日によって内容は変わるが、常時40種類ほど、毎日お店で手作りされたものが並ぶ。なかでもお勧めしたいのが店名にもなっている「クルトシュ」。ハンガリーおよびルーマニアのトランシルヴァニア地方に伝わる焼き菓子(ペイストリー)の1種であるクルトシュカラーチ(Kürtős kalács)に由来する。ハンガリー語で「煙突」を意味するクルトシュは、棒にパン生地を巻きつけて回転させながら焼き上げるため、わかりやすくいうなれば「大ぶりの竹輪」に似た円筒状の外見を呈する。当店ではシナモン&シュガー、ピスタチオ、チョコレートなど7種類のクルトシュがそろう。ここシドニーでは珍しい、ハンガリーのオリジナルレシピを採用したクルトシュ、ぜひオーダーしてほしい。

また、ドリンクも各種取り揃えがあり、同様にメニューはおいていない。その時に飲みたいものを作ってくれるスタイルだ。中でもコーヒーの提供は多種多様で、シドニーではいまだ珍しい、日本と同様のスタイルのアイスコーヒーなどもある。メッカエスプレッソのコーヒー豆を使用し、季節毎に旬な豆に変わる。行ってみたいけど、遠いな、と悲観することなかれ。クローズネストは実は3店舗目。本店のサリーヒルズをはじめ、ランドウィックにも店舗を構える『Kürtősh』。ぜひ一度家に帰ったつもりで、好きなものを好きなだけ食べに行って、いや「帰って」みてほしい。

 



Iced Coffee($5.50)


マーブル模様がオシャレ。下はミルクたっぷり。高級なコーヒー牛乳を連想させ、とても飲みやすい。氷が入っていないので、薄まらず、冷たすぎず、これからの時期にもお勧め。

 



Duo Mousse($4.50 per 100g)


ヘーゼルナッツビスケットの生地をベースに、ベーゼルナッツチョコムース、ホワイトチョコムースを重ね、トップにもチョコをコーティング。4層のチョコが織りなす絶妙なハーモニーがチョコ好きにはたまらない一品。

 

 

Flat White($3.50)


ほんのりとした酸味と苦味を効かせたコーヒー。クリーミーだがコーヒーの味はしっかりとしていて、甘いスイーツとのバランス抜群。





Cinnamon Swirl($4.90 per 100g)


名前通りのうずまき状の生地の上にたっぷりのシナモン&シュガーが乗っている。生地は甘くないので、決して甘すぎず、バランスがちょうどいい。

 

 

Kürtősh Pistachio($8.50 per unit)


1センチ弱の薄めの生地だが、外はパリパリ、中はふんわりの見事な2つの食感が楽しめる。ピスタチオが香ばしく、後をひく。一度食べたらやみつきに。

 

 

 

Kürtősh

110-112 Willoughby Road

Crows Nest NSW 2065

02-9439-4563

- 金: 7am - 10pm   

土・日・祝:8am - 10pm

http://www.kurtosh.com.au

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

秋を迎え徐々に寒さを増すシドニー。いよいよコーヒーのぬくもりを楽しめる季節の到来です。カフェ文化が色濃く根付くシドニーで、今回は年度末に伴い、過去1年で紹介してきたチアーズ的厳選カフェをおさらいしたい。

この記事を詳しく見る

秋を迎え徐々に寒さを増すシドニー。いよいよコーヒーのぬくもりを楽しめる季節の到来です。カフェ文化が色濃く根付くシドニーで、今回は年度末に伴い、過去1年で紹介してきたチアーズ的厳選カフェをおさらいしたい。

この記事を詳しく見る

秋を迎え徐々に寒さを増すシドニー。いよいよコーヒーのぬくもりを楽しめる季節の到来です。カフェ文化が色濃く根付くシドニーで、今回は年度末に伴い、過去1年で紹介してきたチアーズ的厳選カフェをおさらいしたい。

この記事を詳しく見る

最先端のカフェが集まるインダストリアルエリア、マリックビルに月登場した「マチネーコーヒー」。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

編集部御用達 打ち合わせで使うCafé

2017~2018年カフェ総集編 厳選カフェ in シドニー 2017~2018年カフェ総集編 厳選カフェ in シドニー 2017~2018年カフェ総集編 厳選カフェ in シドニー Matinee Coffee Devon North Sydney Bloody Mary’s オープンエアでヘルシーフードを楽しむ Girdlers コーヒーの研究に情熱を注ぎ込む サーフショップ&カフェのワンストップショップ ノーザンビーチで楽しむヘルシーフード CHOYA × Black Star Pastryのコラボレーション 新作ケーキ『CHOYA Black Forest Cake』が登場! 素敵カフェ in Sydney 2017 アースキンビルで楽しむこだわりのピクルス 手作りにこだわった グランマのレシピを受け継いだカレーライスが人気 チェイスコジマ氏の仕掛ける スシバーガーショップがカジノに登場! 可愛いメイドが「おかえりなさいませ」 クローズド・ループから生まれるアート キッズフレンドリーなカフェ フュージョン料理で日本文化を発信 和とイタリアンのコラボレーション 都会の喧騒から離れた隠れ家キオスク モーターバイクを眺めながらカフェでラーメンを楽しむ スタンモア住人の憩いの場所 寒さで縮こまった体を温めてくれる セントラルパークのグルメ通りケンジントン・ストリートが熱い 歴史を感じる審美的空間 屋内庭園で楽しむブランチ サイクリストの憩いの場 ノルディックと和の融合 8ドルでボリュームたっぷりのサンドイッチ 噂のカツサンドを求めて TV業界人が集うカフェ アジアンテイストとこだわりのエスプレッソの融合 ハンターズヒルでナチュラルフードを楽しむ 温泉卵をふんだんに取り入れたアジアン&ウェスタンカフェ カフェ総集編 レインコーブで楽しむ、ファイネストコーヒー ロシア伝統の味をそのままに バリスタが集うサリーヒルズのカフェ サワードウ専門のカフェ・ベーカリー 「普段とは違うものを食べてほしい」 ノーザンビーチ・モナベールの憩いの場 一流シェフとバリスタが手がける美食 今話題のクロナッツを求めてニュータウンへ 常に上を目指すコーヒー専門店 アッパーノースショアの人気カフェ 焼きたてパンの香りに包まれて 手作りにこだわった隠れ家カフェ ひと口で幸せを呼ぶ シドニー湾を眺めながら過ごす癒しカフェ ウェストサバーブの静かな住宅街で楽しむリラックスランチ ソウルミュージックが響く裏路地 人気と実力を兼ね備える 噂のバイシクルカフェへようこそ! いまカフェ業界で話題の 手作りパスタが絶品!  至福の一杯 学生の行き交う街並みで静かなひと時を 喧騒を離れたカフェ シドニーNo.1の珈琲専門店 海風とともに感じる幸福のひととき 打ち合わせで使うCAFE 2012年 本物の抹茶の香りがシドニーで楽しめる 和みのひと時を過ごせるグリーブのカフェ 穏やかな空間で味わう 伝統と新しさの融合 40種類以上のチョコレートが、甘く優しい香りを漂わせる ボンダイで味わう本格フレンチクレープ ファッション業界者ご用達のカフェ  行列が絶えない噂のパン屋さん 水着のままで過ごすビーチフロントカフェ ヘルシーライフスタイルへの第一歩 心と体が潤うオーガニックカフェ こだわりぬいたコーヒー専門店 内緒にしておきたいビーチサイドカフェ ゆったりと過ごすマンリーの寛ぎ空間 心を優しくほぐすジャパニーズ・カフェ 代々受け継がれてきたイタリア ・ママの味 焼きたて挽きたてのビーンズで楽しむ極上の1杯 レモンがはじけるポップなカフェ セレブな街で楽しむフレンチ風カフェ 選び抜かれた素材が作る絶品サンドウィッチ クロアチア料理を楽しむ 時の刻みを感じさせないノスタルジック空間 1杯のコーヒーで贅沢を感じられる 気取ることなくカジュアルに楽しんでほしい 心地よい空間で、癒されてほしい

CATEGORY

グルメ情報

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase