オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」

グルメ情報 > 編集部御用達 打ち合わせで使うCafé

カフェの文化が根づく国、オーストラリア。シドニーの素敵なカフェの中から、チアーズスタッフが毎月、隠れ家的お店を見つけ出してご紹介します。

109 見つかりました

カツサンドや抹茶ラミントンで人気を博す『カフェ・オラトネック』のオーナーシェフであるケニーさんが月末、新店舗をサリーヒルズのバーク・ストリートにオープンした。店名は『カフェ・ケンタロウ』。オラトネック同様にメニュー以外に屋号はどこにも見当たらず、看板にはフォークのサインのみというスタイル。温かみのあるレトログリーンを基調とした食器やエスプレッソマシン、ライトの傘がオラトネックとの共通点とわかる人にはわかるはずだ。

この記事を詳しく見る

大手スポーツウェアのアウトレットや北欧の家具屋、評判のいいカフェが点在し、ますます注目を集めるシティ南部のグリーンスクエア。セントラルステーションからひと駅のインダストリアルエリアで一際人気を集めているのが、ジブリ好きならピンとくる店名のイタリアンカフェ「ポルコロッソ」。地元民だけでなく遠方の日本人もわざわざ訪れるという名店だ。

この記事を詳しく見る

わずか52件の家が点在するシドニー最小のサバーブ、コテージポイントは、約10キロメートルにも渡る美しいナショナルパークランドが都会の喧騒を遮断する、隠れ家のようなウォーターフロント•ブッシュランド。シドニーシティから約分、コテージポイント•ロードの行き止まりまで車を走らせると現れる『コテージポイント•キオスク』は、年以来営業する老舗ショップ。キオスクというと、出来合いのものが並んだイメージがあるが、ここはマフィンからケーキ、スコーン、そのすべてを手作りしている本格派カフェ。

この記事を詳しく見る

サブカルチャーの発信地ニュータウンのキングス・ストリートから一本入った裏路地に、モーターバイクを眺めながらこだわりのラーメンとコーヒーが楽しめる異色カフェ『Rising Sun Workshop』がある。以前ニュータウンのキャンパーダウン・メモリアル・レスト・パーク前に同店の前身となるカフェがポップアップで登場し、インパクトを与えたことを覚えている人は少なくないはずだ。その後、『Mitre10』の跡地をリノベートして、ついに3ヵ月前にグランドオープンを果たした。

この記事を詳しく見る

インナーウェスト界隈でクリッパーカフェやクローバーカフェなど人気カフェを作ってきた仕掛け人エイドリアーノ・マッテオーニ氏がスコットランドへ旅立つ前に、思いを詰め込んで作った最後の作品と言われている『ペーパーカップ』。スタンモア駅目の前で向いが小学校という好立地が後押しして、フレッシュなコーヒーを店内で楽しむお客やテイクアウェイしていく姿が後を絶たない。

この記事を詳しく見る

シドニーの冬を初体験して、あまりの寒さにビックリしている方も多いのではないだろうか。『寒いときは寒さを楽しもう』ということで、今回は冬のシドニーで心も体も温めてくれるオススメカフェをおさらいしたい。せっかくシドニーにいるのだから、美味しいコーヒーとカフェご飯を堪能してほしい。

この記事を詳しく見る

キングスクロスのビクトリア・ストリートに店を構えるカフェ『Glider』が、国際交流基金(ジャパンファウンデーション)やダイソーなどが入った『セントラルパーク』の横の屋台通り、ケンジントン・ストリートに昨年9月、2号店目となる『Glider KS』をオープンした。UTS学生などの間でホットスポットとなっているケンジントン・ストリートは、オーストラリアの縮図とも言えるほど、アジアン料理の屋台やこじゃれたヨーロピアン・ファインダイニング、スイーツバーまで、ボーダーレスにお店が並ぶ活気あるグルメ通り。混雑をかき

この記事を詳しく見る

デイライトセービングも終わり、暖秋を迎えるシドニーで、ウッドファイヤーの香りと温もりを感じながら、洗練された料理とコーヒーが楽しめるカフェがウィロビーにある。アメリカ出身で首都キャンベラの設計に携わった建築家Walter Burley Griffin氏によって、1932年に建設された焼却炉をリユースし、情熱とともに2014年1月にオープンした『The Incinerator』には、今日も多くのお客が訪れている。

この記事を詳しく見る

チャッツウッドの大型ショッピングセンター『ウェストフィールド』内に2月1日、植物園のようなカフェがオープンして話題を呼んでいる。

この記事を詳しく見る

ノースエリアからシティへ通勤するビジネスマンは多く、毎朝ハーバーブリッジから望むシドニー湾の絶景を眺めながら会社へ向かう人々も多い。彼らの通勤経路の一路である、ミルソンズポイントとノースシドニーとを繋ぐ抜け道、ミドルミス・ストリートに、サイクリストのための隠れ家カフェ『ベイ・テン・エスプレッソ』が存在してから早年を迎えた。

この記事を詳しく見る

クラウン・ストリートとリバプール・ストリートのコーナーに2014年月オープンした『エディション・コーヒー・ロースターズ』。メッカやトビーズ・エステートなどオーストラリアを代表する老舗カフェで腕を磨いたコリー・サザーランド氏と、ポッツポイントの『ルーム』やアナンデールの『クローバー』などの人気カフェを立ち上げたダニエル・ジャクソン氏の兄弟が手掛けたスモールカフェ。オープン当初からクリエイターや飲食業界人たちの注目を集め、現在では一般客に混じって人気ブロガーやメディア取材陣などが押し寄せている。

この記事を詳しく見る

賑やかなオクスフォード・ストリートから入ったサウス・ダウリング・ストリートには、街路樹の合間に落ち着いたカフェやベーカリーなどが点在している。その一角にこじんまりとお店を構える『サウス・ダウリング・サンドイッチズ』。15年以上前からこの場所で、シンプルでフレッシュ、ヘルシーなホームメイドのサンドイッチとサラダのみで勝負している名店だ。

この記事を詳しく見る

7月にレッドファンに登場して以来、ローカルのグルメ系メディアやSNSで露出の絶えないカフェがある。〝世界一おいしい朝食〟として日本でも名高い『ビルズ』本店の、元ヘッドシェフであるケニーさんが、隠れた和のテイストをアクセントに料理を提供している『オラトネック』。自身が中学生の頃から、将来『オラトネック』という名でレストランを開きたいという思いが、ヵ月前ここシドニーで花開いた。

この記事を詳しく見る

アーターモンのインダストリアル・エリアに、昨年月に登場したアンヴィル・コーヒー。キリビリワーフに隣接した繁盛店アンヴィル•コーヒー1号店は、現在別のオーナーの手に渡り、8月からアクシル•コーヒーと名前を変えて運営されているため、アンヴィル・コーヒーがキリビリからアーターモンへ移転したと言っても決して間違いではない。

この記事を詳しく見る

モーターエンジンなどの動力に頼らず、気流を読むことだけで大空を浮遊するグライダー。競技用の機体は乗り手が自作するのが多いことから、グライダーは製作とスポーツの要素が複合した特徴を持つと評される。キングスクロス駅の裏出口、ビクトリア・ストリートの一角に、こじんまりと店を構えるカフェ『グライダー』は、その名が指し示すよう、大規模な資金を投資せず、それを凌駕するユニークなアイデアをもとに、テラスからインテリア、キッチン、フードにいたるまでオーナー夫婦が作り上げ、お客の心を上手に読むことで、カフェ業界のメインスト

この記事を詳しく見る

レーン・コーブ・リバーとパラマタ・リバーの合流する場所に突き出た半島に位置するハンターズヒル。古き良き豪邸が並ぶ閑静な住宅街の一角に、ヒルの住人たちで賑わうカフェがある。昨年月にオープンした『ダックスフンドカフェ』は、サリーヒルズやマリックビルなど、シドニーで第一線を走るカフェに負けないクオリティを誇る。

この記事を詳しく見る

学生が多く住むマッコーリーユニバーシティ駅から徒歩数分のところに、今年月日にオープンしたばかりのカフェ『KIN by us』がある。閑静な住宅街に位置する当店では、アジアンディッシュをオーストラリア風にアレンジしたレシピが好評を得ている。

この記事を詳しく見る

秋空が広がり澄んだ空気が気持ちいいシドニー。温かいコーヒーが恋しく感じる季節の到来だ。今回は編集部が日頃ローテーションしているシドニー周辺のお勧めカフェベスト10を一挙公開したい。コーヒー豆にはもちろん、フードで使用する食材やテイストにも情熱を注ぎ込む名店の数々から、好みにあったカフェをぜひ見つけてみてほしい。

この記事を詳しく見る

郷愁を感じさせる秋晴れの青空のもと、落ち葉とレンガが似合うレインコーブの目抜き通りを歩くと、レインコーブプラザのコーナーにカフェ『パブロ&ラスティーズ(以下P&R)』が見える。もともとは本屋だったこの場所に2011年に登場して以来、レインコーブのローカルに愛され続けている当店。こじんまりとした店内には、開放感溢れる大きな窓から温かい光が差込み、木材や鉄の廃材をリユースして作られた空間をよりいっそう心地の良く演出している。

この記事を詳しく見る

2月に盛大なロシアンフェスティバルがロックスにて開催され、いま注目を集めているロシアンフード。昨年の9月にニュータウンのキング・ストリート沿いにオープンした『イズバ』は、同フェスティバルのメインスポンサーを務めた、ロシアン・コミュニティでは中心的なロシアンカフェだ。

この記事を詳しく見る
Banner3
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する