オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」
グルメ情報

Cheap Eats Great Taste


"やみつきライス"が自慢のトルコ料理店! Erci

22/08/2013

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 





トルコと言えばケバブ? いえいえ、それだけじゃない! 今回紹介するのは、本格トルコ料理を味わえる、サリーヒルズのレストラン「エルジュス」。 世界三大料理のひとつと謳われ、「懐かしくて、でもエキゾチック」と食べ歩き隊員が舌鼓を打ったトルコの味とは? リーズナブルな店が見つからないシティで、心もお財布も喜ぶリピート必至のレストランへ、食べ歩き隊がいざ出陣!

今回のターゲットは、日本ではまだあまり馴染みのないトルコ料理。一見するとテイクアウェイの店だが(取材陣も一瞬ためらった)、一歩中に入ればそこは広々としたレストラン。本格的なメニューが揃い「スミマセン、ココハ 本当ニ リーズナブルデスカ?」と思いつつ、トルコな夜がスタートした。

 

紹介してくれた初登場のN隊員いわく、「どれもおいしいですよ! 野菜のディップはまず頼んでください」とのこと。それなら、とMixDips(Sml $16Lag $22)を即注文。運ばれてきたのは、ピンク、オレンジ、グリーンとカラフルなディップが盛りつけられたプレート。これは、まるでマルディグラ!?7色のディップはチリ、ナス、ビートルート、ひよこ豆、パセリ、ほうれん草、キャロット。Dr.Oが「え! ウニ?! トルコ人ってウニ食べるのかと思ったー」と、天然ボケをかます。どうやらキャロットのディップをウニと勘違いした様子。さらに「日本人にはバレちゃうけど、寿司屋でご飯の上にのせて出しても大丈夫だよね」と続け、一同爆笑。ディップのいちばん人気は、赤紫色のビートルート。チリは見た目よりも結構辛いが、女性陣には人気。「心地よい辛さでお酒がすすみます」とN隊員。ヤマグチ隊長は「最後に全種類をまぜて食べてもおいしい。一緒に出てくるターキッシュブレッドも非常にうまい」と満足気。聞けば隊長、毎日ターキッシュブレッドを食べているらしい。オリーブオイルが塗られた上にたっぷりのセサミ、外がパリパリで中がもちっとした食感が絶妙だ。

 



Taba (s)$18.00 (L)$22.00
Chiken Shish Kebab $22.00


2品目はピデ(トルコ風ピザ)。野菜やらラムやら種類が豊富なので、大人数なら2種類は試してみたい。一同もどれにしようかメニューとにらめっこをしていたところ、ヤマグチ隊長がふと「く、くすばしり」と意味不明な言葉をぽろり。

 

隊長:  「ラムはトルコ語でkusbasiliっていうんだなー。早口言葉みたいだ、ちょっと3回言って ごらん!」

隊員A:「クスバシリ、クスバシリ、クスバシリ! (拍手)」

隊長:  「おーー! アナウンサーになれるね!」

と本戦から脱線しながら、連呼されたクスバシリつまりLamb($14)と、SpinachCheeseMince and Garlic($14)のPideを注文。「温かいうちに食べないとだめよ!」の号令で、熱々のPideを口に運ぶ。「チーズがのっていない分、トッピングの肉や野菜の味がよくわかる。トルコ料理らしい一品」とヤマグチ隊長。「ほうれん草とチーズのは繊細で上品な味」とH隊員。さらに「村上春樹(H隊員の名Harukiにかけて)風にいえば"味に広がりがある"」と高評価。一方、Y隊員は「ラムは味付けがしっかりしていて、おいしい。照り焼き風だから日本人にはなじみやすい」と、こちらも人気。隣の席のDr.Oは「ナイフとフォークを使って食べるスタイルがおしゃれ! 青山あたりで2000円くらいで出してそう! 小さいポーションにして、パーティで出ていてもおかしくない」と、プレゼンテーションの仕方に女心をつかまれた様子。


サイドディッシュには、パセリやミントがもりもり入ったトルコならではのサラダ/span>Tabouli($8)。レモンが効いていて、口の中をさっぱりさせたいときにお勧めだ。「パセリはデトックスにいいんですよ!」「そうそう! あと、ガーリックを食べた後の口臭も防ぐんですよね」と、女性隊員からのプチトリビアも飛び出し、身体にいいと聞くと余計おいしくなるような気がしながら、次の品へ。





Pide $14.00
Tabouli $8.00


運ばれてきたのは、トルコといえばお決まりの一品"ケバブ"。「ところでケバブって本当にトルコ料理? レバノンにもあるよね?」という疑問から、レストランスタッフに尋ねたところ「我々トルコ人から言えば、トルコ料理よ(笑)」とのこと。レバノンはもちろん、中近東で広く食されているのだそう。日本人の感覚からするとケバブ=そぎ落とした肉と野菜を一緒にラップ状で食べる、どちらかというとファーストフードなイメージかもしれないが、これがまったく違う。テーブルに並んだのは、ナイフとフォークで頂くさながらメインディッシュ。チキンの胸肉を使ったChicken Shish Kebab($22)は「やわらかくておいしい!」「炭火のいい香り! 焼き方も完ぺき」と一同が太鼓判。「チキンの下に敷かれたブレッドにも味がしみ込んでいるから、ぜひ味わってほしい」とR隊員。薄切りビーフのIskender Kebab($14)は、上にかけられたヨーグルトとの相性が抜群。ちょっと濃いめの味付けは「ご飯、パスタ、パン、なんでも合いそう」とN隊員。「ビーフストロガノフみたい」という声もちらほら。

「それにしても、このご飯おいしい!」と人気を集めたのが、チキンケバブのサイドについている"ライス"。え? ライス? と思うかもしれないが、侮るなかれ。炒めたウィートのような茶色い粒が入ったバターライスが、もう絶品! 筋金入りの食べ歩き隊でさえ味わったことがない!と、うなるほどのライスなのだ。隊長いわく「パラパラした米でなく、やや日本の米に近い蒸したような米」。そして、このあと運ばれてくる最後の品で、さらに"ライス熱"があがることに…。

 




Pide $14.00
Iskender Kebab $14.00


最後に登場したのは、ラムを柔らかく煮込んだ野菜たっぷりのTava(Sml $18 Lag $22)。「やわらかーい!」「全然ラムの臭みがしない」「日本人の口に合う」と今日イチバンの盛り上がり。と、ここでも「ライスと一緒に食べて! 本当においしいから」とさすが日本人。米への情熱はハンパじゃない。煮込みラムとライスの絶妙なマリアージュからDr.Oが名付けたのが、ズバリ、吉野家の牛丼もとい"トルコ屋の牛丼"(よく考えれば牛じゃないが)。周りの客を尻目に我がテーブルだけ「ごはん」を連発し、最終的に「もう一杯!」とおかわりまで注文(笑)。ラム、ナス、オニオン、トマトの旨味がぎゅっとつまった温かいスープと、ご飯。トルコの"つゆだく"。この間違いない取り合わせに一同の手は止まることなく、満場一致で今回のイチオシに決定した!

 

たらふく食べた後は、もちろんデザート。トルコのスイーツは、ヤマグチ隊長いわく「甘い。けれどうまい」。パン生地にバターと甘いナッツが挟み込まれたWalnut Dessert Pizza($14)は「焼きたてでおいしい」とH隊員。伝統的なお菓子を盛り合わせたMixed Dessert(Sml $12 Lag $17)は「上品な味。シロップがさらさらしていて、フレッシュ。特にバクラバは絶品!」とR隊員。「そんなに甘く感じないね」とA隊員。ただし、甘いことは甘いので、少人数で行く場合は控え目のオーダーが無難だろう。併せて頼んだTurkish Coffee($3)とApple Tea($2)も心地よい甘さで、ほっこりとディナーを締めくくってくれる。

 


Mixed Dessert  (s)$12.00 (L)$17.00
Walnut Dessert Pizza $14.00



我々が訪れたのは、月曜。しかも雨ということもあって人もまばら。スタッフも余裕があったのか、フレンドリーでいろいろな質問に丁寧に答えてくれた。が、このレストランを紹介してくれた
N隊員いわく、金、土曜はベリーダンスのショーがあるため店内は一気に賑やかになり、スタッフも忙しく動き回っているそう。みんなでワイワイとショーを楽しむディナーなら週末に(要予約)、ゆっくり味わいたいならウィークデイに訪れよう。

 

 

 

 

Erciyes

409 Cleveland Street, Redfern 2010 NSW

Open:  11am 12 midnight
Tel:           9319 1309
Web:               www.erciyesrestaurant.com.au

 Email:    erciyesrestaurant@gmail.com

酒類:          BYO (徒歩1分のサリーヒルズショッピング
ヴィレッジ内にリカーランドあり)

 

アクセス:セントラル駅から徒歩で約10分。クリーブランドストリートとクラウンストリートの交差点からすぐ。バスは303372393M50が近くのバス停まで運行。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「カジュアルな店内で本格派のできたてイタリアンをゆっくり楽しめる」というコンセプトのもと、2002年にドイツで産声を上げた『バピアーノ』。

この記事を詳しく見る

まるで2本撮りをしたかのように、前回に続きまたまたチャッツウッドに終結した食べ歩き隊一向。今回は2005年にアッシュフィールドで産声を上げたオーストラリア初の餃子専門店シャンハイ・ダンプリングがチャツウッドに登場した情報をキャッチし、日本からのスペシャルゲスト、ミスターを向かえ潜入を試みる。餃子専門店のクオリティはいかに!?

この記事を詳しく見る

アジア系の飲食店が急増しているチャッツウッドに、マレーシア国内でファイン・ダイニングのレストランを店舗展開しているシェフ・ラサ・サヤン・グループが半年前に上陸した。日本から戻ったばかりでもヤマグチ隊長のアンテナは常に感度良好。早速食べ歩き隊を引き連れてチャッツウッドへと乗り込むことに!

この記事を詳しく見る

ヤマグチ隊長不在の中、記念すべき200回を迎えてしまったチープイート…。今回は200回記念特別企画として、いままで訪れたレストランの中から印象に強い、安くて旨いベスト3レストランご紹介しよう。

この記事を詳しく見る

CATEGORY

Cheap Eats Great Taste

カジュアルに究極のできたてが楽しめる チャッツウッドに餃子専門店登場! マレーシアの繁盛店がシドニーに上陸! チープイート・グレートテイスト200回記念特別企画 編集部のリアル台所 ベトナム中部の母の味をマリックビルで楽しむ 成長を続けるチャッツウッドにフィリピン料理が登場 チープイートの原点回帰 本場セネガルの味をエンモアで タイ南方料理でヘルシーにお腹を満たそう! エキゾチックなスパイスの香りに包まれて 本場ナポリの情景をレーンコーブで インドネシア的おふくろの味がここに!PINANG BISTRO オリジナルメニューに誇りを持つ香港料理 OLD TOWN HONG KONG CUISINE 本家とはひと味違う新感覚をチャッツウッドで楽しめる Bassim 新感覚なエスニックの味を楽しめるアフガン料理 Bamiyan Afghan Cuisine 自家製パスタの旨みを堪能できる Porcorosso アーターモンで味わう家庭的台湾料理 Taipei Chef Restaurant 薪オーブンで焼き上げるピザに舌鼓 gigi pizzeria アジアンフード激戦区、チャッツウッドで注目! Golden Bo 15周年特別企画、初パブ飯!Glasgow Arms Hotel シティのとっておきの穴場で、東南アジアを感じる Holy Basil 一生通い続けたいイタリアントラットリア Made in Italy グラシャス! アミーゴ・セニョリータ!! Dos Senoritas International College of Management アッシュフィールドのニューカマーShanghai Memory トマトソースが絶品の地中海料理 MARSFIELD restauran 熱々サクサクの海鮮ちぢみが美味しい O Bal Tan "やみつきライス"が自慢のトルコ料理店! Erci さまざまな既成概念を覆す!Albee's Kitchen フラメンコギターの生演奏 El Bulli Spanish Tapas 韓国人街の最繁盛店はベトナム料理!? Saigon Bowl VIETNAMESE RESTAURANT 創造的な和モダン・タパスの世界 BIG STONE Modern Japanese Tapas 四川山椒を心行くまで楽しもう Red Chilli Sichuan Restaurant ボンダイビーチのマイリストランテ GELBISON PIZZERIA RISTORANTE ベリーダンスに誘われて The Cushion House 幻の麺“ミーカレット”に出会う Pinangsia Noodle House Indonesian Restaurant 幻のアンコウを求めて 名家 (ミュンガ) 食の交差点・クローズネストで楽しむヘルシー・ネパール料理  MUSTANG 肉食系はクージーに集まれ Brazilian stlye BBQ Churrasco@Sydney ついに2号店がチャッツウッドに登場! Mamak 幻のホワイトベイトのピザ"NANNATO"に迫る wood fire pizza Fratellis チャイナタウンで発見!進化し続けるモダン台湾料理 TAIWAN 激戦区に佇む穴場レストラン CHILLI CHA CHA 情熱の国で見つけた故郷の味 CAPITAN TORRES モダン・オーストラリアの魅力とは? Piemonte Cafe Restaurant 北方拉麺館 ボンダイで堪能するグリルの魅力 Hurricane's Grill & Bar TAGINE(タジン) エジプト伝統料理 ARISUN-中華と韓流が巡り合った場所 tipico-新イタリア人街・ファイブドックで見つけた名店 Na Zdrowie-ポーランド料理に感じる欧州の旅情 Papaya -モダン・タイで大切なひとときを Chinense Fast Food -激安区域アッシュフェ-ルドで本格上海料理 Cafe Kasturi -やさしさが沁みるマレーシア料理 2007年度 シドニー食べ歩き賞発表 Prasit's -チープな値段とタイの本格的な味 La Locanda -海の帰りに気軽に寄れるおしゃれイタリアン Chu Bay -シティの穴場ベトナム料理 Verde Miho -本場のポルトガル料理を食べるなら Forbes & Burton -スタイリッシュなモダン・オーストラリアン Dong Xanh -カブラマッタのベトナム料理店に挑戦 Galileo Restaurant -5つ星ホテルで贅沢なひと時を Mirac -韓国人がイチオシするうわさの韓国料理店 Moretti -イタリア人の常連客で賑わうイタリアン My Thuan Restaurant -カブラマッタの穴場的レストラン Grape Garden Peking Restaurant -本格的北京料理を堪能できる Kuali Malaysian Restaurant -シドニーで本場マレーシアンを求めるなら Hunter Connection -学生・ワーホリ必見! 激安・激うまフードコート Newtowns Cocina Morern Mexicana Cuisine -若者の間で人気のメキシコ料理店 RIPPA'S -本格ピザ・パスタ専門店 Lebanon and Beyond -母親から受け継いだレバノンの家庭料理 Last Train to Bombay -世界初のインド料理コンセプト Satang Thai -シドニーで本場タイの屋台の体験! La Disfida -ピザの歴史が味わえる ピット・ストリート地下フードコート -激安・激うまフードコート 第2弾! Kingsford Chinese Restaurant -食べてビックリ!! 払ってビックリ!! Tran's -洗練されたモダン・ベトナミーズ Elysium -素材を知り尽くす男が創るモダン・オーストラリアン Rosso Pomodoro -本場イタリアンの味をバルメインで Mamak -マレーシア料理 庶民の味が良心価格で The ttokssam Age -“韓国街”にあるコリアンバーベキュー Red Chilli -ウマ辛! 四川料理が今熱い Bundu Khan -ミステリアスな街Auburnでパキスタン料理 daGianni -家庭的なイタリアンをAnnandale楽しもう! APERITIF -キングスクロスで味わった本格ヨーロッパ料理 CAFFE ROMA -ポッツポイントで見つけた安らぎイタリアン DOMA -ビールで味わうチェコ料理の伝統 Madang -はずれ知らずの王道韓国レストラン DIN TAI FUNG -洗練された場で極上の小龍包 NAPOLI IN BOCCA -イタリアン・ビレッジで見つけた究極のピザ Chat thai -モダンな空間で味わう本場のタイ BUZZZBAR CAFE -休日にカフェでブランチを JINGOGAE -ふるさとの味を伝える韓国家庭料理 Taste of Shanghai -行列のできる上海料理店 in イーストウッド Hunter Connection Food Court -シティの中心地で最安値に挑む PHAMISH -エレガントに味わうベトナム料理 NEW SHANGHAI(新上海) -革命的中華がノースに進出 Bahay Kubo -Lidcombeで知ったフィリピン料理の魅力 SULTAN'S TABLE - Enmoreで味わうトルコ料理の奥深さ KAMMADHENU - ノースでスリランカの味を探る

CATEGORY

グルメ情報

Side 1
Side 2

FOLLOW US

SNSで最新情報をゲット!

NEWSLETTER

メールで最新情報をゲット!

メールを登録する

COUPON

オトクなクーポンをゲット!

全てのクーポンを表示
Suitecase